明治民法(明治29・31年)

民法修正案理由書

参考原資料

第四編
(理由)本編ハ既成民法人事編中親族關係及ヒ後見ニ關スル規定ニ該當ス既成法典ハ人事編ニ於テ民法全躰ニ通スヘキ總則ト親族的諸關係ニノミ當ルヘキ特則トノ間ニ區別ヲ設ケス且公法ニ屬スヘキ規定ヲモ併セテ之ヲ一編中ニ收メタルヲ以テ或ハ人事編中ノ規定ニシテ他ノ各編ノ通則タルヘキモノアリ或ハ民法中ノ規定ニシテ私法ニ屬セサルモノアリ分類體裁共ニ其宜シキヲ得タルモノニ非サルヲ以テ法典調査會ニ於テ之ニ修正ヲ加フルニ當リ人事編ノ規定ヲ三分シ其一部ハ之ヲ民法中ヨリ削除シ他ノ一部ハ之ヲ民法第一編總則編中ニ揭ケ其他ノ部分ハ之ヲ本編中ニ收メタリ蓋シ人事編第二章及ヒ第十六章ニ於テ國民分限及ヒ身分證書ニ關スル規定ヲ揭ケタルモ是等ノ規定ハ公法ニ屬スヘキモノニシテ之ヲ私法タル民法中ニ揭クルハ其當ヲ得タルモノニ非ス故ニ之ヲ國籍法、戶籍法等ノ特別法ニ讓ルコトトセリ其他手續ニ關スル事項ノ如キモ之ヲ民事訴訟法、非訟事件手續法等ニ讓ルヲ至當ト認メ總テ之ヲ民法中ヨリ削除セリ又人事編第一章、第十二章、第十四章及ヒ第十五章ニ揭ケタル私權ノ享有及ヒ行使、禁治產、準禁治產及ヒ失踪ノ規定ノ如キハ皆權利ノ主格タル人ニ關スル規定ニシテ各種ノ權利ニ共通ナルモノナルヲ以テ之ヲ民法第一編總則編中ニ揭ケタリ
本案ニ於テハ人事編中前ニ擧ケタル二部ヲ除キ家族及ヒ親族ニ關スル規定ヲ總括シテ之ヲ民法中ノ一編ト爲シ古來ノ法令、慣習、裁判例及ヒ官廳ノ伺指令等ハ勉メテ廣ク之ヲ參酌シ以テ既成法典ノ條規ニ必要ナル修正ヲ加ヘタリ
本案ニ於テハ人事編中ノ法規排列ノ順序ニ著シキ變更ヲ加ヘタリ既成法典ニ於テハ戶主家族ニ關スル規定ヲ人事編第十三章ニ揭ケ之ヲ親族的諸關係及ヒ後見ニ關スル規定ノ後ニ置キタリト雖モ我邦現今ノ狀態ハ家族制ヲ以テ社會ノ基礎ト爲スヲ以テ本編ニ於テハ既成法典ニ於ケル戶主家族ニ關スル規定ノ位置ヲ顛倒シテ之ヲ親族編ノ首部ニ置クコトトセリ
第一章
(理由)本章ニ於テハ親族ノ範圍及ヒ親等ノ算定法ニ關スル規定ヲ揭ク而シテ之ヲ親族編ノ總則トシテ本編ノ冐頭ニ置キタル本章ノ規定ハ親族法ノ基礎ニシテ他ノ各章ニ揭ケタル規定ニ共通ナルモノナルヲ以テナリ
本章ノ規定ハ人事編第三章ニ該當ス人事編第十九條乃至第二十五條ノ規定ハ一部之ヲ本章ニ採用セリト雖モ同第二十六條乃至第二十九條ハ扶養ノ義務ニ關スル規定ナルヲ以テ之ヲ分チテ本編第八章ニ揭ケタリ
第七百二十五條
(理由)既成法典ニ於テハ親族及ヒ姻族ノ區別ヲ設ケ血統ノ相連結スル者ノミヲ指シテ親族ト稱セリ今我邦ノ慣習ヲ見ルニ親族ナル文字ハ必スシモ血統ノミヲ指スモノニ限ラサルカ如シ加之ナラス一々親族ト姻族トヲ區別スルハ甚タ煩ハシキヲ以テ本案ニ於テハ親族ナル文字ヲ血族及ヒ姻族ニ通シテ之ヲ用井タリ又既成法典ハ親族又ハ姻族ノ關係ヲ指ス場合ニ於テ親屬又ハ姻屬ナル文字ヲ用井タルモ本案ニ於テハ親族關係又ハ姻族關係ナル文字ヲ用井タリ
法律上親族ト稱スル者ノ範圍ニ付テハ諸國ノ立法例區々ニシテ獨乙民法草案ノ如キハ親族關係ヲ無限ニ認メタリ此主義ハ實際ニ於テ甚タ不便ナルカ故ニ諸國ノ立法例ニ於テハ何レモ之ニ適當ノ制限ヲ設ケタリ西班牙法及ヒ白耳義民法草案ニ於テハ六親等以上ノ者ノミヲ以テ親族ト爲シタリト雖モ佛蘭西民法ハ相續ニ關シテ十二親等マテノ者ヲ親族トシ又伊太利民法ハ十親等マテノ者ヲ親族トスル主義ヲ採レリ而シテ明律ニ於テハ四代マテノ者ヲ親族ト爲セリ大凡六親等以內ノ者ニ當ルナラン我邦ニ於テモ古來親等ニ依リテ親族ト親族ニ非サル者トヲ區別シタルコト更ニ疑ナキ所ナリ新律綱領及ヒ刑法ハ列擧法ヲ採リタルモ六親等以外ノ者ヲ以テ親族ト爲サス而シテ民事訴訟法ハ刑法ノ親屬例ニ依リテ親族ノ範圍ヲ定メタリ本案ニ於テハ從來ノ慣習ト實際ノ便利トニ適スルモノト信シテ親族ハ六親等以內ノ者ニ限ルモノト定メタリ
人事編第二十五條第一項ニ依レハ既成法典ハ血族關係ト同一ノ程度ニ於テ姻族關係ヲ認メタルカ如シ是レ實ニ我邦ノ慣習ニ反スルモノトス現行刑法ノ如キモ實質上三親等以下ノ姻族ヲ以テ親族ト認メス故ニ本案ニ於テハ人事編第二十五條第一項ヲ削除シ姻族ハ三親等以內ノ者ニ非サレハ親族ト爲ラサルモノト定メタリ
人事編第二十四條第一項ハ特ニ之ヲ置クノ必要ナシ又同第二項ニ揭ケタル者ノ關係ハ姻族關係ニ外ナラス然ルニ既成法典ハ之ヲ以テ血族關係ニ準スルモノト爲セリ今此ノ如ク既成法典ニ於テ人事編第二十四條第二項ニ揭ケタル者ヲ血族ニ準スルモノト爲シタル所以ハ畢竟婚姻又ハ扶養義務ノ制限等ニ關スル規定ヲ之ニ適用スルカ爲メナラン本案ニ於テハ婚姻ノ制限ニ關スル特別ノ規定及ヒ扶養ノ義務ニ關シテ此等ノ者ニ適用セラル可キ規定ヲ設ケタルカ故ニ人事編第二十四條第二項ハ之ヲ置クノ必要ナシ加之ナラス同條第二項ニ揭ケタル者ヲ血族ニ準スルトキハ被相續人ニ對シ血族ノ關係ヲ有スル者ノ現ニ存スルニ拘ラス之ヲ血族ノ關係ナキ者カ相續權ヲ取得スル結果ヲ生スルコトナキニ非サルカ故ニ人事編第二十四條ハ全部之ヲ削除セリ
第七百二十六條
(理由)本條ハ親等ノ算定法ヲ定メタルモノニシテ人事編第二十條第一項及ヒ第二十一條ト其主意ヲ同フス抑親等ヲ定ムルニ二種ノ主義アリ其一ハ之ニ依リテ親族間ニ於ケル尊卑ノ階級ヲ定ムルモノニシテ他ノ一ハ之ニ依リテ血統ノ親疎ヲ示スモノナリ本案ニ於テハ血統ノ親疎ヲ以テ親等計算法ノ基礎ト爲スヲ以テ最モ自然ニ適スルモノトシテ第二ノ主義ヲ採用セリ
人事編第二十條第二項ハ親等ニ直系ト傍系トノ二種アルコトヲ示シ同第三項ハ直系ノ親族ニ尊屬親ト卑屬親トアルコトヲ示シタルモノナリ然レトモ是等ノ諸關係ハ特ニ法文ヲ待テ後ニ之ヲ知ルモノニ非サルヲ以テ之ヲ削除セリ
第七百二十七條
(理由)本條ノ規定ハ人事編第二十二條本文ノ規定ヲ採用シタルモノニシテ從來ノ慣習ト全ク符合スルモノトス今本條ノ規定ヲ以テ養子緣組ノ效力ニ關スル規定ト爲ストキハ養子ト題スル第四章第二節中ニ揭クルヲ至當トスヘキモ本條ノ規定タルヤ素ト養子緣組ヨリ生スル親族關係ノ性質ヲ定メタルモノナルヲ以テ之ヲ本章中ニ揭ケタリ
人事編第二十二條但書ニハ養子トハ男女ヲ總稱ストアルモ單ニ養子ト言ハヽ男女ヲ含ムハ當然ナルヲ以テ特ニ之ヲ明言スルノ必要ヲ觀ス
第七百二十八條
(理由)本條ノ規定ハ人事編第二十三條ノ規定ヲ採用セルモノニシテ只其主意ヲ明ニシタルノミ本案ニ於テハ庶子ヲ認メタルカ故ニ嫡母ト庶子トノ關係ヲ規定スルノ必要アリ而シテ配偶者ノ一方ト其實子トノ間ニハ親子ノ關係アルヲ以テ其子ト配偶者ノ他ノ一方トノ間ニ於テモ亦親子ノ間ニ於ケルト同一ノ親族關係ヲ生スルモノト爲スノ必要アラン
第七百二十九條
(理由)本條ノ規定ハ人事編第二十五條第二項ト其主意ヲ同フス同條ニ於ケル婚姻無效ノ判决ナル文字ヲ削除シタルハ婚姻ノ無效ナルトキハ初ヨリ姻族關係ノ成生セサルヲ以テナリ外國ノ立法例ニ於テハ婚姻ノ解消ハ姻族關係ノ消滅ヲ來ササルモノト爲スモノアリ獨乙民法草案ノ如キハ本則トシテ此主義ヲ採レリ又伊太利民法ハ配偶者ノ一方ノ死亡シタルカ爲メ婚姻ノ解消ヲ來シタル場合ニ於テハ例外トシテ姻族關係ノ消滅ヲ來ササルモノト爲セリ我邦ノ慣習ニ依レハ姻族關係ハ婚姻ノ解消ニ依リテ止ムモノナリト雖モ夫婦ノ一方ノ死亡シタル場合ニ於テハ生存配偶者カ其家ヲ去リタルトキニノミ姻族關係ノ消滅ヲ來スモノトス本條ハ即チ此慣習ヲ採用シタルモノニ外ナラサルナリ而シテ前條ノ親族關係ハ親ノ婚姻ニ依リテ生スルモノナルカ故ニ其離婚ニ依リテ消滅スルニ至ルモノトスルハ至當ナリト謂フ可シ
第七百三十條
(理由)本案第七百二十七條ニ於テハ養子緣組ニ依リ養子ト養親及ヒ其血族ノ間ニ親族關係ヲ生スル旨ヲ規定シ且ツ前條ニ於テハ姻族關係ノ消滅スル場合ヲ規定セルカ故ニ本條第一項ノ規定ヲ置キ養子緣組ニ依リテ生シタル親族關係ハ離緣ニ依リテ消滅スルコトヲ明ニスルヲ可トス而シテ他家ヨリ入リタル養親カ離緣又ハ離婚ニ依リテ養家ヲ去ル場合往々之アルカ故ニ亦第二項ヲ置キ他家ヨリ入リタル養親カ養家ヲ去リタルトキハ其者及ヒ其實家ノ血族ト養子トノ親族關係ハ之ニ依リテ止ムコトヲ規定スルノ必要アルヘシ之ヲ要スルニ第一項ハ養子カ離緣ニ依リテ養家ヲ去リタル場合ヲ規定シ第二項ハ養親カ養家ヲ去リタル場合ヲ規定セルモノナリ而シテ第三項ノ規定ハ家ノ觀念ニ基キタルモノニシテ前二項ノ規定ト同シク之ヲ置クノ必要アルハ勿論ナラン
第七百三十一條
(理由)本條ノ規定ハ我邦ノ家族制度ニ照シテ之ヲ置クノ必要アルヲ知ル可シ凡ソ生存配偶者カ本家相續、分家又ハ廢絕家再興ノ爲メ其家ヲ去リタルトキハ其生存配偶者ハ依然其家ニ在ルト之ヲ同一視セサル可カラス又他家ヨリ入リタル養親カ同一ノ原因ニ依リテ養家ヲ去リタルトキハ離緣又ハ離婚ニ依リテ養家ヲ去リタル場合ト異ナリ依然養家ニ在ルト殆ト同一ナルカ故ニ第七百二十九條第二項及ヒ前條第二項ノ規定ハ全ク此等ノ場合ニ適用スヘカラサルナリ
第二章
(理由)本章ニ於テハ戶主ト家族トノ關係ヲ示シ併セテ何人カ戶主ニシテ何人カ家族ナルカヲ定メタルモノナリ而シテ本章ハ分チテ三節ト爲シ第一節ヲ總則トシ戶主權取得ノ原因及ヒ家族ト爲ル事由ヲ揭ケ第二節ヲ戶主及ヒ家族ノ權利義務トシ戶主ト家族トノ間ニ如何ナル權利義務ノ關係ヲ生スルカヲ定メ第三節ヲ戶主權ノ喪失トシ隱居、廢家及ヒ絕家ニ關スル規定ヲ設ケタリ
第一節
(理由)本節ニ於テハ當然家族タル者及ヒ甲家ヨリ轉シテ乙家ニ入ル者ヲ規定シ且家ヲ轉スルニ付キ必要ナル條件ヲ定メ併セテ女戶主ノ入夫婚姻、新家ノ創立ノ如キ戶主權取得ノ特別原因ヲ揭ケタリ若シ夫レ戶主權取得ノ普通原因ハ家督相續ニシテ是レ專ラ相續編ニ規定スル所ナリ
第七百三十二條
(理由)本條ハ專ラ舊慣ニ仍レルモノニシテ人事編第二百四十三條第一項ト大差ナシ唯第七百二十五條ヲ以テ親族ノ範圍ヲ限レルカ故ニ稀ニ從來ノ慣行ト合ハサルコトナキニ非サルヘキモ本條第二項ノ規定アルヲ以テ决シテ激變ヲ生スルノ虞ナク又現在ノ家族ニ付テハ施行法第六十二條ノ規定アルヲ以テ直チニ家族ノ組織ヲ變更スルカ如キコトハ斷シテ之ナキコトヲ信ス
第七百三十三條
(理由)是レ亦舊慣ヲ襲ヘルモノナリ唯第三項ノ場合ノ如キハ從來必スシモ一家ヲ創立スルモノトセサルモ是レ實ニ止ムコトヲ得サル所ニシテ若シ一家ヲ創立スルモノトセサレハ數歲月ノ間無籍者ヲ出タスニ至ル是レ第三項ヲ置キタル所以ナリ既成法典ニハ第三項ノ規定ノミヲ存シ(人二五五)第一項、第二項ノ規定ヲ缺ケリ是レ以テ缺典ト爲スヘシ
第七百三十四條
(理由)是レ亦舊慣ニ仍レルモノナリ入夫カ離婚ニ因リテ家ヲ去リ養子カ離緣ニ因リテ實家ニ復歸スル場合ニ於テ其妻カ懷胎セルトキハ前條ノ規定ニ依レハ子ハ其出生ノ時父カ屬スル家ニ入ルヘキカ如キモ是レ正ニ舊慣ニ反スルモノナリ故ニ此場合ニ於テハ懷胎ノ始ニ父カ屬セシ家即チ母ノ家ニ入ルヘキモノトセリ
然リト雖モ養子カ離緣ニ因リテ養家ヲ去ルニ拘ハラス若シ同時ニ離婚ナキトキハ妻モ亦隨テ其家ヲ去ルヘシ此場合ニ於テハ其子ヲ養家ニ入ルル理由ナキヲ以テ前條ノ原則ヲ適用シ子カ出生ノ時其父カ屬スル家即チ通常父ノ實家ニ入ルヘキモノトセリ(七三九)唯母ハ協議上離婚ヲ爲シテ生家ニ歸ルカ又ハ三个月內ニ離緣ヲ理由トシテ離婚ノ訴ヲ提起シ(八一三、一〇號、八一八、二項)子ノ出生前ニ復籍ヲ爲シタルトキハ寧ロ其子ヲ父ノ舊養家ニ屬セシムルヲ妥當■■是レ第二項ノ規定アル所以ナリ
既成法典ニハ全ク本條ノ規定ヲ缺ケリ是レ以テ缺典ト爲スヘシ
第七百三十五條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニハ全ク缺ケル所ナリト雖モ其必要ナルコト疑ナシト信ス蓋シ家族カ婚姻ニ因リテ子女ヲ擧クルハ人倫ノ常ニシテ戶主タル者之ヲ自家ノ家族ト爲スコトヲ拒ムノ權ナシト雖モ婚姻外ニ於テ庶子、私生子ヲ擧クルハ倫理ニ悖レルモノナリ故ニ戶主タル者之ヲ自家ノ家族トシテ扶養、敎育スルノ義務ナシ是レ家族カ之ヲ自家ニ入レルニハ戶主ノ同意ヲ要スル所以ナリ而シテ第二項、第三項ノ規定ハ當然ニシテ別ニ說明ヲ要セスト信ス
第七百三十六條
(理由)是レ亦舊慣ニ仍レルモノナルカ故ニ別ニ說明ヲ費サス既成法典ニハ「入夫ハ戶主ヲ代表シテ其權ヲ行フ」トセシモ(人二五八)是レ舊慣ニ反スルヲ以テ之ヲ取ラス
第七百三十七條
(理由)既成法典ニハ次條ノ場合ノ外甲家ヨリ乙家ニ入リテ家族ト爲ルコトヲ認メスト雖モ今日ノ實際ニ於テハ汎ク轉籍ヲ認ムルヲ以テ一朝之ヲ禁スルトキハ大ニ不便ヲ感スヘキノミナラス事情之ヲ必要トスル場合ナキニ非ス而シテ別ニ弊害アルヲ見サルカ故ニ本條ニ於テハ兩家ノ戶主ノ同意及ヒ未成年者ナレハ父、母、後見人ノ同意ヲ以テ轉籍ヲ爲スコトヲ得ルモノトセリ
本條第二項ノ規定ヲ要スル所以ハ他ナシ父、母、後見人ハ財產ニ付テノミ法定代理人ニシテ(八八四、九二三、一項)人事ニ付テハ之ヲ法定代理人ナリト謂フヘカラス從テ第四條ニ依リ當然其同意ヲ要スルモノトスヘカラサレハナリ
第七百三十八條
(理由)本條ハ人事編第二百五十六條ト異ナル所ナシ故ニ說明ヲ加ヘス
人事編第二百五十四條ノ規定ハ明文ヲ要セスト信スルヲ以テ之ヲ削除セリ
第七百三十九條
(理由)本條ハ人事編第二百四十七條第一項ト異ナル所ナシ唯同條ニハ婚姻及ヒ養子緣組ノ無效即チ新法典ニ所謂取消ノ場合ヲモ包含セリト雖モ取消ハ元來行爲ヲ始ヨリ無效ナリシモノノ如クスルヲ以テ普通ノ原則ヨリ之ヲ言ヘハ始ヨリ實家ヲ去ラサリシモノノ如ク視ルヲ當然トス唯第七百八十七條ノ規定アルヲ以テ多少ノ疑ヲ抱ク者ナキヲ保セスト雖モ是レ單ニ取消ノ效力カ既往ニ及ハサルコトヲ言ヘルニ過キサルカ故ニ將來ニ於テハ始ヨリ無效ナリシニ等シキコト第百二十一條ノ規定ニ由リテ明カナリ即チ離婚、離緣ヲ爲シタル者ハ當然實家ニ復歸スヘキコト特ニ明文ヲ須タサルナリ(既成法典ニハ七八七ノ規定ナシ故ニ殊ニ取消ノ場合ニ付キ人二四七、一項ノ規定ヲ要セサリシナリ)
第七百四十條
(理由)本條ハ人事編第二百四十九條ト殆ト異ナル所ナシ唯離籍、復籍拒絕ノ場合ハ別ニ一條ヲ設クルカ故ニ(七四二)本條ヨリ之ヲ除キタリ又實家ニ歸ルコトヲ得サル者ト雖モ必スシモ新ニ一家ヲ創立セサルヘカラサルノ理ナシ若シ實家ヲ再興セント欲セハ之ヲ許シテ可ナリ是レ本條ノ但書ヲ加ヘタル所以ナリ
第七百四十一條
(理由)本條ハ人事編第二百四十八條ト聊カ其趣意ヲ異ニセリ同條ニ依レハ婚姻ニ因リテ他家ニ入リタル者ハ一旦實家ニ復歸シタル後ニ非サレハ更ニ他家ニ入ルコトヲ得サルモノトセリト雖モ是レ徒ラニ煩勞ヲ重ヌルモノニシテ苟モ婚家及實家ノ戶主ノ同意アル以上ハ直チニ他家ニ入ルコトヲ得ルモノトスルモ別ニ弊害アルヲ見ス唯兩家ノ戶主又ハ其一方ノ戶主ノ同意ヲ得スシテ他家ニ入リタル者ニ對シテハ第二項ノ制裁ヲ付スルノ必要アリ是レ既成法典ノ規定ヲ改メタル第一㸃ナリ
既成法典ニハ婚姻ニ因リテ他家ニ入リタル者ニ就テノミ規定セリト雖モ養子緣組ノ場合ニ於テモ亦同樣ノ規定ヲ要スルカ如シ是レ既成法典ヲ改メタル第二㸃ナリ
第七百四十二條
(理由)本條ノ規定ハ復籍拒絕ノ場合ニ付テハ暗ニ人事編第二百四十九條中ニ包含セリ唯本案ニ於テハ離籍ナルモノヲ認ムルカ故ニ(七四九、三項、七五〇、二項)併セテ之ヲ規定シタルニ過キス而シテ甲家ヲ去リテ乙家ニ入ルコトヲ得サル者ハ一家ヲ創立スルノ他アラサルヲ以テ本條ノ規定ノ必要ナルコトハ更ニ喋喋ヲ待タサルナリ
第七百四十三條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ在ラサリシ所ナリト雖モ其缺典タルコト盖シ疑ヲ容レス家族カ本條ニ揭ケタル行爲ヲ爲スコトヲ得ルコトハ既ニ慣習ノ認ムル所固ヨリ之ヲ禁スルノ理由ナシ而シテ戶主ノ同意ヲ要スルコトハ現行法既ニ然ル所ナリ蓋シ現行法ニ於テハ此等ノ人事ハ戶主ヨリ其屆出ヲ爲スヘキモノトスレハナリ
本條但書ノ規定ハ第七百三十七條第二項ノ規定ニ同シ故ニ再ヒ贅セス
第七百四十四條
(理由)本條ノ規定モ亦既成法典ニ缺ケル所ナリ而シテ其缺典タルコト亦疑ヲ容レス蓋シ我邦ニ於テハ家ヲ重スルノ風俗ヨリシテ法定ノ家督相續人ハ叨ニ之ヲ廢シ又ハ辭スルコトヲ得サルモノトセリ故ニ法律ノ規定ニ依リテ廢除ヲ爲シタル場合ヲ除ク外(九七五)其家ヲ去ルコトヲ許サス既成法典ニ於テモ他家ヲ相續スルコトヲ許サス(取二九一)是レ本條ノ原則ヲ揭クル必要アル所以ナリ
然リト雖モ之ニ二ノ例外ナキ能ハス一ハ分家ヨリ入リテ本家ヲ相續スル必要アル塲合一ハ戶主ノ同意ヲ得スシテ妻ヲ娶リ又ハ養子ヲ爲シタルニ因リ離籍セラレタル場合是ナリ甲ハ慣習ノ認ムル所ニシテ同シク家ヲ重スルノ精神ニ出テ既成法典ニ於テモ分家ノ戶主スラ廢家ヲ爲シテ本家ヲ相續スルコトヲ許セリ(七六二、二項、人二五一)乙ハ之ヲ認メサレハ戶主權ニ制裁ナク殊ニ戶主カ以テ不適當ナリトスル妻若クハ養子ヲ其家ニ入レ終ニ系統ヲモ紊ルノ虞ナシトセス既成法典ニ於テハ之ニ付キ如何ナル制裁ヲモ認メスト雖モ(人二五〇)其不當ナルコトハ葢シ言フヲ俟タサルナリ
第七百四十五條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ全ク缺ケル所ナリト雖モ慣習ノ確認スル所ニシテ之ヲ規定セサルハ缺典ト爲ササルコトヲ得ス是レ本條ヲ設ケタル所以ナリ
第二節
(理由)本節ハ戶主ト家族トノ權利ヲ明カニシタルモノニシテ戶主權ノ範圍、其行使ノ方法等ヲ定メタルモノナリ
第七百四十六條
(理由)本條ハ人事編第二百四十三條第二項ニ同シ故ニ說明ヲ加ヘス
第七百四十七條
(理由)本條ハ殆ト人事編第二百四十四條ニ異ナルコトナシ唯扶養ノ義務ノ敎育マテヲモ包含スルコト及ヒ扶養權利者カ自ラ生活及ヒ敎育ノ費用ヲ支辨スルコト能ハサル場合ニノミ扶養ヲ求ムルコトヲ得ルコトハ扶養ノ義務ノ章ニ於テ之ヲ規定セルカ故ニ(九五九、一項)茲ニハ之ヲ削リタルト同條但書末段ノ規定ハ割キテ之ヲ別條ト爲シタルトニ因リ(七四九)頗ル簡短ト爲リタルノミ但敎育ノ程度ニ付テハ同條ニハ『普通敎育』ト曰フト雖モ本案ニ於テハ『扶養權利者ノ需要ト扶養義務者ノ身分及ヒ資力トニ依リテ之ヲ定ムヘキモノ』トセルカ故ニ(九六〇)貧家ニ在リテハ必スシモ完全ナル普通敎育タモ與フルコトヲ要セス富人ニ在リテハ高等敎育マテヲモ授ケサルヘカラサルコトアルヘシ是レ固ヨリ當然ナル所ナリト信ス
第七百四十八條
(理由)本條ハ大躰ニ於テ人事編第二百四十五條ト其趣意ヲ異ニセス唯家族カ有償ニテ取得シタル財產ニ付テハ特別ニ職業ヲ營ムニ因リテ得タル利益ニ非サレハ其特有財產トシテ之ヲ認メス然リト雖モ其不當ナルコトハ無償ニテ取得シタル財產ヲ以テ他ノ財產ニ換ヘタル場合ニ於テ之ヲ特有財產トセサルコトヲ得サルノ一事ヲ以テ知ルヘキナリ故ニ本條ニ於テハ寧ロ『自己ノ名ニ於テ得タル財產』トセリ而シテ特ニ明文ヲ要スルハ戶主、家族ハ通常一家ニ同居スルカ故ニ其孰レニ屬スルカ分明ナラサル財產多キヲ常トス而シテ我從來ノ家制ヨリ言ヘハ戶主ハ祖先傳來ノ家產ヲ擧ケテ之ヲ相續スルヲ原則トスルカ故ニ一家中ノ財產ハ皆其有ニ在ルヲ本則トセサルコトヲ得ス是レ本條第二項ノ推定ヲ必要トスル所以ナリ
若シ夫レ人事編第二百四十五條第二項ノ規定ハ其必要ヲ認メス蓋シ扶養ノ義務ハ自活スルコト能ハサル者ニ對シテノミ存スルニ因リ家族カ其家ノ爲メ消費シタル財產カ自家ノ生活ニ必要ナル範圍內ニ於テハ自ラ之ヲ負擔スヘキコト勿論ニシテ別ニ明文ナキモ敢テ戶主ニ對シテ償還ヲ求ムルコトヲ得サルヘク若シ又此程度ヲ超エテ戶主ニ立替ヲ爲シタルトキハ親族關係ニ因リ家族カ戶主ヲ扶養スル義務ヲ負ヘル場合ヲ除ク外(九五四乃至九六〇)其償還ヲ求ムルコトヲ得スンハアルヘカラス是レ右ノ第二項ヲ削除シタル所以ナリ
第七百四十九條
(理由)本條ノ原則ハ既成法典ニハ敢テ之ヲ明定セス唯人事編第二百四十四條ニ本條第二項ノ制裁ヲ揭ケ暗ニ其原則ヲ認メタリト雖モ是レ法文ノ躰裁ニ於テモ不完全タルコトヲ免レス殊ニ第三項ノ制裁ナキトキハ無賴ノ家族カ自活スルコトヲ得ル間ハ戶主ノ命ニ從ハス自活スルコト能ハサルニ至リ遽ニ其家ニ歸リテ戶主ノ扶養ヲ受クルコトヲ得テ戶主權ヲシテ毫モ實際ニ行ハシメサルニ至ルヘシ是レ第三項ノ規定ヲ必要トスル所以ナリ唯未成年者ハ未タ思慮ノ全カラサル者ナルカ故ニ之ニ此制裁ヲ加フルハ却テ不良ノ少年ヲ驅リテ終ニ恢復スヘカラサル惡漢タラシムルノ患ナキニ非ス是レ第三項但書ノ必要アル所以ナリ尙ホ本條ノ規定ハ推定家督相續人ニ付テハ適用ナキコト第七百四十四條ノ規定ニ由リテ明カナリ
第七百五十條
(理由)本條ノ規定ハ人事編第二百四十六條、第二百四十七條第二項及ヒ第二百五十條ノ規定ヲ一括シテ之ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ既成法典ニ據レハ家族カ戶主ノ同意ヲ得スシテ妻ヲ娶リタル場合ニ於テハ當然一家ヲ創立スヘキモノトシ自活スルコトヲ得ル家族ニ在リテハ却テ戶主ノ覊伴ヲ脫スルヲ喜フノ奇觀ヲ呈スヘク家族カ戶主ノ同意ヲ得スシテ養子ヲ爲シタル場合ニ於テハ全ク制裁ヲ缺キ戶主ノ承諾ナキ養子カ其家ニ入リテ將來永ク其扶養ヲ受クル權利ヲ有スヘキノミナラス動モスレハ相續權マテモ得ントスルカ如キ不當ノ結果ヲ生スヘシ故ニ本條ニ於テハ家族カ婚姻、養子緣組ニ因リテ他家ニ入リタルトキハ其復籍ヲ拒ミ他家ヨリ又ハ養子ヲ其家ニ入レタルトキハ之カ離籍ヲ爲スコトヲ得ルモノトシ以テ兩ナカラ戶主ノ權力ニ任セ其必要ト認ムル場合ニ於テ此制裁ヲ施スコトヲ得セシメタリ
既成法典ニ據レハ戶主カ復籍ヲ拒ムハ離婚、離緣等ノ後ニ於テスヘキモノトセルカ故ニ通常ノ場合ニ於テハ全ク無制裁ニ終ハラントス本案ニ於テハ婚姻、養子緣組ノ時直チニ之ヲ爲スヘキモノトセシカ故ニ其制裁タル性質特ニ明カナルコトヲ得ヘシ殊ニ一个月ヲ改メテ之ヲ一年トシタルカ故ニ戶主ハ熟慮ノ後此制裁ヲ加フルノ餘裕ヲ得ヘシ
本條第三項ノ規定ハ一且離籍ヲ認メタル以上ハ當然ノ規定ト謂ハサルヘカラス但養子ノ場合ニ付テノミ言ヘルハ他ナシ婚姻ニ付テハ第七百四十五條アルヲ以テ特ニ同樣ノ規定ヲ置クコトヲ要セサレハナリ
第七百五十一條
(理由)本條ハ人事編第二百五十七條及ヒ第二百五十九條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ唯人事編ノ規定ハ場合ヲ限定シテ未成年、意思欠缺及ヒ失踪ノ場合ニ付テノミ規定セリト雖モ其他不在者ニ在テモ亦同樣ノ規定ナケレハ實際頗ル困難ヲ感スルコトアルヘシ故ニ本條ニ於テハ汎ク『戶主カ其權利ヲ行フコト能ハサルトキ』ト云ヘリ(尙ホ既成法典ノ所謂失踪ハ新法典ノ所謂失踪ニ非サルコトハ云フヲ待タス)
既成法典ニ於テハ未成年、意思欠缺ノ場合ニ付テモ玆ニ其規定ヲ置クト雖モ本案ニ於テハ親權及ヒ後見ノ章ニ之ヲ規定セリ(八九五、九三四、一項)且禁治者ハ其精神通常錯亂セル者ナルカ故ニ常ニ後見人ヲシテ代ハリテ其戶主權ヲ行ハシムルコトトセリ
既成法典ニハ戶主失踪ノ場合ニ於テ家督相續占有者ヲシテ戶主權ヲ行ハシムルト雖モ新民法ニ於テ失踪ノ宣吿ハ死亡ニ等シク相續開始ノ原因ニシテ失踪前ニ在テハ假令生死ノ分明ナラサル者ト雖モ單ニ財產管理人ヲ置クニ止マルカ故ニ親族會ヲシテ戶主權ヲ行ハシムルコトトシ尙ホ未成年、禁治產ノ場合ヲ除ク外總テ親族會ヲシテ戶主權ヲ行ハシムルコトトセリ
第三節
(理由)戶主權ハ一家組織ノ至重ノ要素ニシテ戶主ニ屬スル權利義務ノ得喪ハ極メテ之ヲ明確ナラシムルコトヲ要ス然レトモ分家ヲ爲シ其他一家ヲ創立スルコトニ因リテ戶主權ヲ取得スル場合ノ如キハ別ニ民法上ノ規定ヲ要セス又家督相續ニ因ル戶主權ノ取得ハ相續編ノ規定ニ依リテ明白ナルヲ以テ本章ニ於テ特ニ戶主權ノ取得ニ關スル規定ヲ設クル必要アルコトナシ之ニ反シ戶主權ノ喪失ニ付テハ其原因種々ニシテ法律ノ明文ニ依リ特ニ之ヲ規定スルコトヲ要スル事項決シテ尠シトセス而シテ失踪、死亡、國籍喪失、入夫戶主ノ離婚ノ如キハ總テ戶主喪失ノ原因タルヘシト雖モ此等ハ別ニ明文ヲ以テ玆ニ之ヲ規定スル必要ナキニ反シ戶主カ隱居ヲ爲シ又ハ一家ヲ廢絕セシムルコトニ因リテ戶主權ヲ喪失スル場合ノ如キハ他ニ之ヲ規定スヘキ適當ノ場所ナキヲ以テ本章ニ於テ其規定ヲ設ケ隨意ニ戶主權ヲ抛棄シテ濫リニ公私ノ利益ヲ害スルコト勿カラシムルコトヲ要ス是レ即チ本案カ既成法典ニ其例ナキニ拘ハラス本節ノ規定ヲ設ケ戶主權喪失ノ原因トシテ殊ニ規定ヲ要スルモノヲ揭クル所以ニシテ就中隱居ニ關スル規定ハ既成法典ニ於テハ之ヲ財產取得編ニ揭ケ單ニ財產相續ノ原因ト認ムルカ如シト雖モ隱居ハ即チ戶主權喪失ノ直接原因ニシテ之ニ因リテ相續問題ヲ生セシムルモノナレハ本案ハ隱居ニ關スル規定ニシテ戶主權ノ喪失ニ關スルモノハ之ヲ本節ニ揭ケ其相續ニ關スルモノハ之ヲ相續編ニ揭クルコトトセリ
第七百五十二條
(理由)本條乃至第七百六十一條ハ隱居ニ關スル規定ニシテ就中本條ハ既成法典財產取得編第三百六條ニ修正ヲ加ヘ隱居ヲ爲スニ必要ナル法律上ノ條件ヲ指定セルモノナリ盖シ一家ノ戶主タル者カ自己ノ安逸ヲ計リ隨意ニ戶主權ヲ讓リ或少壯有爲ノ戶主カ隨意ニ隱居ヲ爲シテ其力ヲ公私ノ利益ニ盡ササルカ如キハ之ヲ家族制度ノ本旨ヨリ推スモ亦之ヲ一般經濟上ノ利益ヨリ觀ルモ之ヲ禁止セサルヘカラス又戶主カ隱居ヲ爲ス以上ハ戶主タル資格ヲ以テ負擔スル義務ハ總テ之ヲ免ルルコトヲ得ヘキモノナレハ苟モ戶主カ隨意ニ隱居ヲ爲スコトヲ得ルニ於テハ之カ爲メニ債權者ニ不慮ノ損害ヲ被ラシムルコト少シトセス故ニ隱居ハ法律上之ヲ認メサルヲ以テ至當ト爲ストノ立法論ナキニ非スト雖モ我國ニ於テハ夙ニ隱居ノ風習公行シ一朝之ヲ禁止スルハ頗ル妥當ナラサルノミナラス實際上戶主タル位置ニ堪ヘサル理由アル者ヲシテ尙ホ强ヒテ戶主タル資格ヲ保續セシムルハ其當ヲ得サルニ因リ本案ハ既成法典ノ如ク法律上隱居ヲ爲スコトヲ公認スト雖モ豫メ其要件ヲ指定シテ適當ノ制限ヲ加ヘ隱居ノ制度ニ因リテ生スル種々ノ弊害ヲ豫防センコトヲ期セリ
左ニ隱居ヲ爲スニ必要ナル條件ニ關シ既成法典ニ修正ヲ加ヘタル諸點ヲ說明セン
一、 壯年ノ戶主ヲシテ濫リニ隱居ヲ爲サシムルノ不得策ニシテ且不必要ナルコトハ言ヲ俟タサル所ナルニ因リ相當ノ老年ニ達スルニ非サレハ隱居ヲ爲スヿヲ得サラシムルハ固ヨリ至當ノ制限タルヘシ而シテ此年齡ニ付テハ或ハ七十歲トシ或ハ五十歲ト爲ス先例アリト雖モ一般ニ我國人民ノ心身衰耗ノ狀况ニ徵スルトキハ既成法典ノ如ク滿六十歲ヲ以テ隱居年齡ト爲スコト其當ヲ得タルモノト認ムルニ因リ本案ハ即チ此例ニ從フト雖モ既成法典ノ如ク隱居ヲ以テ本人ノ任意ニ出ツルコトヲ要スル旨ヲ明示スルハ言フヲ俟タサル所タルニ因リ本案ハ別ニ此要件ヲ揭ケスシテ却テ隱居ノ取消ヲ規定スルニ當リ本人ノ任意ニ出テサル隱居ハ之ヲ取消スコトヲ得ヘキ旨ヲ明記シ之ニ依リテ立法上ノ體裁ト實際ノ必要ニ適セシメタリ
二、 戶主タル身分ニハ特別ノ權利義務ノ伴フモノナレハ戶主カ隱居ヲ爲スニ當リテハ此等ノ權利義務ヲ繼承シテ一家ノ長タルニ堪フル者カ單純ニ家督相續ヲ爲スコトヲ要スルハ勿論ナリト雖モ既成法典ノ如ク右ノ場合ニ於テハ實際家政ヲ執ルノ能力アル家督相續人ノ存在スルコトヲ必要ト爲スハ相續人タル者ノ條件頗ル嚴ニ失シ且其家督相續人カ果シテ實際家政ヲ執ルニ堪フルヤ否ヤヲ判別スルハ至難ナル事ニ屬スルヲ以テ本案ハ單ニ完全ナル能力ヲ有スル家督相續人タルヲ以テ足レリトシ其能力者ナルト無能力者ナルトハ能力ニ關スル總則編ノ規定ニ從ヒ之ヲ定メシムルモノト爲セリ其他既成法典ハ家督相續人カ單純ノ受諾ヲ爲スコトヲ要スト云フニ止マルト雖モ之レ固ヨリ相續ニ關スルモノナレハ本案ハ明カニ相續ノ單純承認ヲ爲スコトヲ要ストシ單純承認ノ何タルヤハ相續編ノ規定ニ依リテ明白ナラシムルモノトス
三、 既成法典ハ隱居ヲ爲スニ付キ必ス配偶者ノ承諾アルコトヲ要セリ之レ戶主カ戶主權ヲ喪失スルニ付テハ其配偶者モ亦利害關係ヲ有ルコト甚タ大ナルニ因リ頗ル妥當ノ規定ナルヘシト雖モ法律上ノ通則トシテ此條件ヲ揭クルハ其當ヲ得タルモノニ非ス何トナレハ戶主タル夫ヲシテ其妻ノ承諾アルニ非サレハ隱居ヲ爲スコトヲ得サラシムル如キハ我國ノ人情風習ニ適セサルミノナラス隱居ヲ爲サントスル戶主ハ必ス其配偶者アルニ限ラサレハナリ只有夫ノ女戶主カ隱居ヲ爲スニ當リ此者ヲシテ其夫ノ承諾ヲ求メシムルハ至當ノ制限タルヘキニ依リ本案ハ第七百五十條ニ於テ配偶者ノ承諾ヲ以テ隱居ヲ爲スニ必要ナル條件ノ通則ト爲サスシテ有夫ノ女戶主カ隱居ヲ爲ス塲合ニ於テ此條件ヲ必要ト爲セリ
第七百五十三條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第三百七條ト同一ノ趣旨ニ基ツクト雖モ聊カ適用ノ範圍ヲ擴張セリ抑モ法律上隱居ナルモノヲ公認スル所以ハ主トシテ實際家政ヲ執ルコト能ハサル狀况ニ立至リタル戶主ヲシテ强ヒテ戶主タラシムルハ却テ實際上ニ不利不便ヲ與フルニ過キサルヲ以テ右ノ事由ノ存スル以上ハ隱居ヲ爲スコトヲ得セシムルヲ以テ至當ト認メタルニ因レリ故ニ本案モ亦既成法典ノ如ク戶主カ疾病、本家相續其他已ムコトヲ得サル事由ニ因リ實際家政ヲ執ルコト能ハサル狀况ニ立至リタルトキハ隱居ヲ爲スニ必要ナル條件ヲ具備セスシテ隱居ヲ爲スコトヲ許スト雖モ既成法典ノ如ク此等ノ事由ノ存スルトキハ單ニ年齡ノ條件ヲ宥恕スルコトヲ得ルニ止ムルハ聊カ狹キニ失スルモノト云ハサルヘカラス何トナレハ本家相續ノ場合ノ如キハ完全ナル能力アル家督相續人ナキニ拘ハラス分家ノ戶主ヲシテ本家ヲ相續セシムル必要アルヲ以テ此ノ如キ場合ニ於テハ單ニ年齡ノ條件ヲ宥恕スルニ止マラサレハナリ故ニ本案ハ本條ノ場合ニ於テハ隱居ノ要件ニ關スル前條ノ規定ニ拘ハラス隱居ヲ爲スコトヲ得ルモノトシ其適用ノ範圍ヲ適當ニ擴張スト雖モ之カ爲メニ一家斷絕ノ結果ヲ生セシムルカ如キハ固ヨリ之ヲ制止セサルヘカラサルニ因リ特ニ但書ノ規定ヲ設ケテ此弊ナカラシメンコトヲ期セリ
隱居ニ關スル事項ハ從來行政官廳ノ管轄ニ屬セシト雖モ隱居ヲ爲スコトハ本人其他利害關係人ノ權利ニ重要ナル關係ヲ有シ且本條ノ場合ノ如ク法定ノ要件ニ反シテ隱居ヲ爲スニ當リテハ其原因タル事由ノ確實ナルコトヲ保チ濫リニ公私ノ利益ヲ害スルコト勿カラシメサルヘカサルニ因リ本案ハ既成法典ノ如ク本條ノ場合ニ於テハ裁判所ノ許可ヲ必要ト爲スコトヲ定メタリト雖モ裁判所ノ管轄權限ニ至リテハ裁判所構成法其他ノ特別法ノ規定ニ依リテ定マルヘキモノナルヲ以テ本條ニ於テハ特ニ其管轄裁判所ヲ指定スルノ必要ヲ觀サルナリ
第七百五十四條
(理由)戶主殊ニ女戶主カ婚姻ニ因リテ他家ニ入ラントスルコトハ實際上往々見ル所ニシテ家ヲ重ンスル趣旨ニ拘泥スルトキハ或ハ戶主カ婚姻ニ因リテ他家ニ入ルコトヲモ禁セサルヘカラスト雖モ之レ頗ル人情ニ反シ實際ノ事情ニ適セサルノミナラス既ニ法律上女戶主ノ存在ヲ認ムル以上ハ此者カ婚姻ニ因リテ他家ニ入ルコトヲ得ストセハ其結果殆ント女戶主ヲシテ婚姻ヲ爲スコト能ハサル事情ニ陷ラシムルニ至ラン何トナレハ女戶主カ他ニ婚嫁スルコトハ容易ナルモ入夫ヲ迎フルコトハ實際甚タ困難ナレハナリ故ニ男女兩戶主カ互ニ婚姻ヲ爲シ或ハ戶主カ他家ノ者ト結婚シテ他家ニ入ルコトハ之ヲ許ササルヘカラスト雖モ此場合ニ於テハ他家ニ入ラントスル者ハ自家ノ戶主タル權利ヲ失ハサルヘカラサルハ當然ニシテ此事タルヤ一身一家ノ利害ニ重大ナル關係ヲ有シ且隱居ノ要件ヲ具備セスシテ戶主權ヲ喪失スルモノナレハ濫リニ此結果ヲ生スルコト勿カラシムルコトヲ要ス之レ本案ニ於テ戶主カ婚姻ニ因リテ他家ニ入ラント欲スルトキハ恰モ前條ノ場合ニ於ケルカ如ク隱居ノ要件ヲ具備セサルモ裁判所ノ許可ヲ得テ隱居ヲ爲シ然ル後他家ニ入ルヘキモノト爲ス所以ニシテ即チ本條ノ事由ヲ以テ隱居ヲ爲スコトヲ許スヘキ理由ノ一ト認ムト雖モ婚姻ハ前條ニ所謂已ムコトヲ得サル事由中ニ包含セサルニ因リ別ニ本條ノ明文ヲ揭クルモノトス
戶主カ隱居ヲ爲サスシテ婚姻ノ屆出ヲ爲シタルトキハ戶籍吏ハ第七百七十六條ノ規定ニ依リ其屆出ヲ受理スルコト能ハサルモノナリト雖モ誤テ一タヒ之ヲ受理スルトキハ其婚姻ハ第七百七十五條ノ規定ニ依リ有效ニ成立スルモノナリトス此場合ニ於テハ其婚姻ヲ解除スルカ其戶主ヲ廢スルカ二中ノ一ヲ擇ハサルヘカラス婚姻ヲ解除スルハ人情ニ反ス寧ロ家ヲ重ンセサル戶主ノ權利ヲ失ハシムルノ優レルニ如カス是レ本條第二項ヲ置キタル所以ナリ
第七百五十五條
(理由)女子ト雖モ戶主タルコトヲ得ルハ法律ノ認ムル所ナリト雖モ從來ノ慣習並ニ一家組織ノ必要ヨリ見ルモ婦ハ其夫ニ從順ナルコトヲ要シ或ハ女子ハ家督相續ノ順位ニ於テ男子ノ後ニ立タサルヘカラサル立法ノ本旨ニ徵スルモ女戶主ノ變則ニシテ通常男子カ戶主タルヘキハ疑ナキ所トス故ニ女子カ一旦戶主ト爲リタルモ完全ノ能力ノ有スル家督相續人カ相續ノ單純承認ヲ爲ス以上ハ女戶主ノ年齡カ滿六十歲ニ達セサルモ戶主權ヲ讓リテ退隱スルコトヲ得セシムルハ却テ立法ノ夲旨ニ適シ實際ノ必要ニ應スルモノトス是レ本條第一項ハ女戶主カ隱居ヲ爲スニ當リテハ年齡ニ關スル法定ノ要件ニ從フコトヲ要セスト爲ス所以ナリ
之ニ反シテ隱居ヲ爲スニ必要ナル條件ノ通則トシテ配偶者ノ承認ヲ其中ニ加ヘサルコトハ既ニ第七百五十二條ニ於テ說明セル如クナリト雖モ有夫ノ女戶主カ隱居ヲ爲スニ當リテモ右ノ通則ニ從ヒ配偶者ノ承諾ヲ要セスト爲スニ於テハ夫婦ノ倫序ニ悖リ一般ノ風習ニ反スルノミナラス婦ハ其夫ニ從順ナルコトヲ要スル義務ヲ盡ササラシムルモノナレハ本條第二項ハ有夫ノ女戶主カ隱居ヲ爲スニハ其夫ノ承諾ヲ要ストシ即チ第七百五十二條ニ揭ケタル要件以外ニ特別ノ要件ヲ加ヘタリ然レトモ右ノ場合ニ於テ夫ハ自己ノ利益ノ爲メニ或ハ不正ノ事由ニ基キ其承諾ヲ與フルコトヲ拒ミ之カ爲メニ隱居ヲ爲スニ必要ナル他ノ條件カ具備シ且實際隱居ヲ爲スコトヲ得セシメサルヘカラサル事情ノ存スルニ拘ラス女戶主ヲシテ隱居ヲ爲スコト能ハサラシムル弊ナシトセス之レ本條第二項但書ノ規定ヲ設クル所以ナリ
第七百五十六條
(理由)無能力者カ身分ニ關スル法律行爲ヲ爲スニハ法定代理人ノ同意ヲ要スヘキモノナルヤ否ヤニ付テハ往々疑義ノ生スルコトヲ免レス民法第四條ニ於テハ未成年者カ律法行爲ヲ爲スニハ其法定代理人ノ同意ヲ要スルモノトシ法定代理人ノ同意ナクシテ爲シタル行爲ハ之ヲ取消スコトヲ得ルモノトセリ又第九條ニ於テハ禁治產者ノ行爲ハ之ヲ取消スコトヲ得ルモノトセルヲ以テ未成年者又ハ禁治產者カ其法定代理人ノ同意ナクシテ隱居ヲ爲シタル場合ニ於テハ或ハ其隱居ハ之ヲ取消シ得ヘキモノナリトノ解釋ヲ生スルコト無シトスヘカラス素ヨリ法定代理人ノ權限ハ法律ニ依リテ定マルモノナルヲ以テ敢テ本條ノ規定ヲ俟タスシテ本條ト同一ノ結果ヲ生スヘシトスル者無キニ非スト雖モ民法第四條ノ法文ハ極メテ廣汎ナルヲ以テ反對ノ見解ヲ容ルルニ餘地アルモノト謂ハサルヘカラス故ニ本條ヲ置キテ明確ニ此問題ニ關スル疑義ヲ決定センコトヲ期セリ
第七百五十七條
(理由)本條ハ隱居ノ效力發生ノ時期ヲ定ムルモノニシテ既成法典財產取得編第三百十條及ヒ第三百十一條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ即チ既成法典ノ規定ニ依レハ隱居ノ效力發生ノ時期ハ頗ル瞹眛ニシテ第三百十條ニ於テハ身分取扱吏ニ屆出テタル時ヲ以テ效力發生ノ時期ト爲スモノノ如ク而シテ第三百十一條ニ於テハ右屆出前ノ利害關係人ノミニ對シテハ第三百八條ニ揭ケタル故障期間滿限ノ時又ハ故障ノ棄却カ確定シタル日ヲ以テ效力發生ノ時期ト爲スモノナレハ其結果ハ即チ或人ニ對シテハ相續人カ戶主タルモ他ノ人ニ對シテハ隱居者カ仍ホ戶主タルカ如ク實際上頗ル煩雜ナル關係ヲ生スルコトヲ免レサルヘシ故ニ隱居ノ效力發生ノ時期ハ既成法典ノ如ク之ヲ二段ニ分ツコトハ其當ヲ得サルモノニシテ寧ロ其草案ノ如ク確一ノ時期ヲ指定スルヲ以テ至當ト認ムルニ因リ本案ハ隱居者及ヒ其家督相續人ヨリ戶籍吏ニ屆出テタル時ヲ以テ隱居ノ效力ノ發生時間ト爲セリ盖シ此主義ハ婚姻緣組等ニ通シテ一般ニ本案ノ採用スル所ニシテ最モ實際ノ事情ニ適スルモノト云フヘシ
第七百五十八條
(理由)既成法典財產取得編第三百八條ハ隱居ニ付キ故障ヲ申立ツルコトヲ得ヘキ旨ヲ認ムルモノニシテ立法ノ本旨ハ固ヨリ至當ノ事ニ屬スト雖モ故障ノ效力ニ關スル立法ノ主義ハ明確ヲ缺クモノト謂ハサルヘカラス即チ一方ニ於テハ故障ノ申立ハ隱居ノ成立ヲ妨クルカ如シト雖モ他ノ一方ニ於テハ第三百十條ノ規定ニ依リ故障ノ有無ニ拘ハラス屆出ニ因リテ隱居ハ成立スルモノノ如クナレハナリ而シテ本案ハ已ニ前條ニ於テ隱居ハ屆出ニ因リテ其效力ヲ生スヘキコトヲ確定シタルヲ以テ隱居ヲ爲スニ必要ナル法定ノ條件ヲ缺キタル塲合ニ於テハ已ニ成立シタル隱居ヲ取消スコトヲ得ヘキモノトシ取消ノ效力ハ法律行爲ノ取消ニ關スル總則編ノ通則ニ依リテ定マルモノニシテ之ニ依テ立法ノ主義ヲ判然タラシムルト同時ニ隱居ヲ爲スコトニ付キ利害關係ヲ有スル親族及ヒ女戶主ノ夫ノ利益ヲ保護シ且公益ヲ保護スル檢事ヲシテ右ノ取消權ヲ行フコトヲ得セシムルモノトセリ
本條第二項ハ既成法典財產取得編第三百九條第一項ノ範圍ヲ縮小シ女戶主カ其夫ノ承諾ヲ得スシテ隱居ヲ爲シタル塲合ニ限ルモノニシテ是レ本案ハ既ニ說明セシ如ク一般ニ配偶者ノ承諾ヲ以テ隱居ノ要件ノ通則ト爲ササリシ當然ノ結果タルニ過キス
第七百五十九條
(理由)隱居ハ本人ノ任意ニ出ツルコトヲ要スルハ別ニ法律ノ明文ヲ俟タサル所ニシテ又家督相續人カ相續ノ單純承認ヲ爲スコトヲ以テ隱居ノ要件ト爲スヿハ既ニ第七百五十二條ノ明示スル所ナレハ第七百五十七條ハ即チ隱居カ其效力ヲ生スルニハ隱居者及ヒ家督相續人ヨリ隱居ノ届出ヲ爲ス事ヲ必要トセリ然ルニ隱居者又ハ家督相續人カ他人ヨリ詐欺又ハ强迫ヲ受ケ之ニ因ヨリテ隱居ノ屆出ヲ爲スニ至ルコトハ實際上徃々ニシテ存スル所ナルヲ以テ斯ノ如ク本人ノ任意ニ出テサル隱居ハ之ヲ取消スコトヲ得セシムルヲ以テ至當トス而シテ既成法典財產取得編第三百八條第二項ハ任意ニ出テサル隱居ニ付テハ隱居者ニ於テ故障ヲ申立ツルコトヲ得ヘキ旨ヲ認ムト雖モ家督相續人ニ付テ之ヲ認メサルハ其缺點ト云ハサルヘカラサルニ因リ本案ハ家督相續人ニモ隱居ノ取消權ヲ行フコトヲ得セシメ且既成法典ノ如ク故障期間ヲ以テ僅ニ隱居屆出ノ日ヨリ六十日ト爲スハ短期ニ失スル弊アルニ因リ本案ハ隱居者又ハ家督相續人カ其詐欺ニ陷リタルコトヲ發見シ又ハ强迫ヲ免レタル時ヨリ一年內ニ隱居ノ取消ヲ請求スルコトヲ得ルモノト爲セリ其他詐欺又ハ强迫ニ因リテ隱居ノ届出ヲ爲シタルモ本人カ此隱居ヲ追認シタルトキハ强ヒテ之ヲ取消サシムヘキ必要ナキヲ以テ本案ハ特ニ本條但書ノ規定ヲ設ケ本人カ追認ヲ爲シタルトキハ以後取消ヲ請求スルコトヲ得サル旨ヲ明カニセリ
隱居ヲ爲スコトヲ公私ノ利益ニ種々ノ關係ヲ有スルモノナレハ既成法典財產取得編第三百八條第一項ハ隱居者ノ親族及ヒ檢事ニモ隱居ニ付テ故障ヲ申立ツル權利ヲ認ムルモノニシテ本案モ亦本條第二項ニ於テ此等ノ者ニ隱居ノ取消權ヲ與ヘタリ然レトモ隱居又ハ家督相續人カ詐欺ニ因リテ隱居ノ屆出ヲ爲シタルコトヲ知リ又ハ隱居ノ届出ヲ爲スコトニ强要セラレタルモ既ニ此强迫ノ狀態ヲ免レテ隨意ニ隱居ノ取消ヲ請求スルコトヲ得ル狀態ニ復シタルニ拘ハラス本人ヨリ其取消ヲ請求セサルニ於テハ假令多少ノ利害關係ヲ有スル親族又ハ公益ヲ保護スル檢事タリトモ他ヨリ隱居ノ取消ヲ請求シテ却テ當事者ノ意思ニ反スル結果ヲ生セシムヘキニ非ス故ニ既成法典ノ如ク任意ニ出テサル隱居ニ付キ本人カ別ニ故障ノ申立ヲ爲ササルニ拘ハラス親族又ハ檢事ヨリ隨意ニ故障ヲ申立ツルコトヲ得セシムルハ往々本人ノ意思ニ反シ濫リニ私事ニ干涉セシムルノ弊ヲ免レサルモノニシテ要スルニ隱居ヲ爲スニ付キ最モ利害關係ヲ有スル者ハ本人及ヒ其家督相續人ナレハ此等ノ者カ別ニ任意ニ出テサル隱居ノ取消ヲ請求セサル限リハ他ヨリ之ヲ取消サシムル必要ナカルヘシ只隱居者又ハ家督相續人カ隱居ノ屆出ハ詐欺ニ因リテ之ヲ爲サシメラレタルコトヲ知ラス又ハ隱居ノ屆出ヲ爲スコトニ强要セラレタル强迫ノ狀態カ尙ホ存續スル間ハ親族又ハ檢事ヲシテ隱居ノ取消ヲ請求スルコトヲ得セシムルハ當事者ノ利益ノ爲メ其他公私ノ利益ノ爲メ其必要アルモノナレハ本條第二項ハ即チ隱居者又ハ家督相續人カ詐欺ヲ發見セス又ハ强迫ヲ免レサル間ハ其親族又ハ檢事ヨリ隱居ノ取消ヲ請求スルコトヲ得ルモノトナセリ加之假令親族又ハ檢事カ右ノ場合ニ於テ隱居ノ取消ヲ請求スルモ隱居者又ハ家督相續人カ其任意ニ出テサル隱居ヲ追認スルトキハ他ヨリ强ヒテ隱居ヲ取消サシムヘキ理由ナク寧ロ當事者ノ意思ニ從ハシメサルヘカラサルニ因リ本條第二項ハ特ニ但書ノ規定ヲ設ケ隱居者又ハ檢事ノ隱居取消權ハ消滅スヘキ旨ヲ明カニセリ
其他隱居ノ取消ハ戶主權ノ所在ヲ變更セシメ種々ノ法律關係ニ重大ナル關係ヲ有スルモノナレハ隱居ノ屆出ニ付キ如何ナル事情ノ存セルニ拘ハラス右ノ取消權ヲ存シテ永ク立セシムルコトハ法律上ノ實際ニ於テ其當ヲ得タルモノニ非ス是レ即チ本條第三項ハ隱居ノ取消權ノ消滅ニ付キ特別時效ヲ定ムル所以ニシテ隱居屆出ノ日ヨリ十年內ニ非サレハ隱居ノ取消ヲ請求スルコトヲ得サルモノト爲セリ
第七百六十條
(理由)隱居ヲ爲シ又ハ之ヲ取消スコトハ隱居者ノ債權者又ハ家督相續人ノ債權者ニ對シ重要ナル利害關係ヲ有スルニ拘ハラス既成法典ハ此等債權者ノ利益ヲ保護スルニ付キ別ニ規定ヲ設ケサルハ其缺點ト云ハサルヘカラス故ニ本案ハ先ツ隱居ノ取消ニ關スル規定ニ連續シテ本條ノ規定ヲ設ケ隱居取消ノ場合ニ於ケル債權者ノ利益ヲ保護センコトヲ期セリ
隱居取消以前ニ一旦家督相續人ト爲リタル者ハ即チ其當時ノ戶主ニシテ此者ニ對シテ債權ヲ取得スル者アルヘキハ更ニ言フヲ俟タサル所ナリ而シテ此等ノ債權者ハ通常其相手方カ戶主タル身分ヲ有スルコトニ重キヲ置クモノナレハ一朝隱居ノ取消ニ因リテ隱居者カ再ヒ戶主ニ復シ右ノ相手方カ戶主タル身分ヲ失ヒテ推定家督相續人タル位置ニ復シタル場合ニ於テ前ニ戶主タル身分ヲ有セシ家督相續人ニ對シテ權利ヲ取得シタル債權者カ隱居ノ取消ニ因リテ戶主ト爲リタル者ニ對シ其權利ヲ行フコトヲ得サルニ於テハ往々不慮ノ損失ヲ蒙ムルコトアルハ敢テ辯明ヲ要セサルヘシ故ニ隱居取消ノ場合ニ於テ債權者ノ利益ヲ保護シ取引ノ安全ヲ保タントスルニハ隱居ノ取消以前ニ家督相續人即チ其當時ノ戶主タル者ノ債權者ト爲リタル者ヲシテ隱居ノ取消ニ因リテ戶主ニ復シタル者ニ對シテモ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得セシムルノ外ナキヲ以テ本條第一項ハ此趣旨ヲ明示セリ然レトモ若シ此規定ノミヲ揭クルニ止ムルトキハ債權者ハ爾後家督相續人ニ對シテ其權利ヲ行フコトヲ得サルカノ疑ヲ生セシムヘキヲ以テ本條第一項ハ特ニ但書ノ規定ヲ設ケ債權者ハ家督相續人ニ對シテモ辨濟ヲ請求スル權利ヲ失ハサルヘキ旨ヲ明カニセリ然レトモ債權者カ其債權ヲ取得セル當時隱居ノ取消原因ノ存スルコトヲ知リタルトキハ家督相續人ノ戶主タル身分ニ重キヲ置カスシテ却テ家督相續人ノ一身上ニ着眼シ後日隱居ノ取消カ行ハルルモ自己ノ利害ニ關係ヲ有セサルコトヲ豫期セルモノト云ハサルヘカラサルニ因リ斯ノ如キ債權者ニ對シテハ本條第一項ニ揭クル所ノ特別保護ヲ與フル必要アルコトナシ故ニ本條第二項ハ債權取得ノ當時隱居ノ取消原因ノ存スルコトヲ知リタル債權者ハ家督相續人ニ對シテノミ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルモノトセリ其他本項末段ニ規定スル所ノ家督相續人カ相續前ヨリ負擔セル債務及ヒ其一身ニ專屬スル債務ニ付テハ其債權者ハ亦家督相續人ニ對シテノミ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルニ止マルヘキハ別ニ說明ヲ要セサルヘシ
第七百六十一條
(理由)戶主カ隱居ヲ爲スコトハ此者ノ債權者及ヒ債務者ニ種々ノ利害關係ヲ及ホスモノナルヲ以テ假令隱居ノ效力ハ其屆出ニ因リテ既ニ發生シタルモ未タ隱居ノ事實ヲ知ラサル債權者又ハ債務者ニ對シテ其效力ヲ主張スルコトヲ得セシムルニ於テハ此等ノ者ヲシテ往々不慮ノ損失ヲ蒙ラレメ法律保護ノ不完全ナル譏ヲ免レサルヘシ然レトモ隱居ハ必ス之ヲ隱居者又ハ債務者ニ通知スルコトヲ要ストシ又ハ必ス之ヲ公示スヘシト爲スカ如キハ頗ル煩雜不便ニシテ實際ノ事情ニ適セサルヘシト雖モ既成法典ノ如ク此等保護ノ方法ニ付キ別ニ何等ノ規定ヲ設ケサルハ其缺㸃ト云ハサルヘカラス故ニ本案ハ法律保護ノ必要ト實際ノ事情トヲ酙酌シテ特ニ本條ノ規定ヲ設ケ之ニ依リテ殊更ニ通知ノ義務ヲ負ハシメサルモ自ラ通知ヲ爲スコトヲ怠タラサラシムルト同時ニ債權者及ヒ債務者ノ利益ヲ適當ニ保護センコトヲ期セリ
第七百六十二條
(理由)本條及ヒ次條ハ戶主權喪失ノ一原因タル廢家ニ關スル規定ヲ揭クルモノニシテ就中本條ハ廢家ヲ爲スコトヲ得ルモノヲ指定シ家ヲ重ンスル立法ノ本旨ヲ全カラシムルモノトス盖シ祖先ヨリ繼承シタル家ヲ廢スルコトハ極メテ重大ナル事件ニシテ我邦古來ノ慣習ニ依ルモ祖先ノ祭ヲ絕チテ其家ヲ廢スルハ容易ニ之ヲ許スヘカラサルコトハ別ニ辯明ヲ要セサル所ナリ然リト雖モ新ニ一家ヲ立テタル場合ニ於テハ假令戶主カ之ヲ廢シテ他家ノ家族ト爲ルモ之レカ爲メニ祖先ノ祭ヲ絕ツモノニ非サルヲ以テ之ヲ許スモ敢テ家ヲ重ンスル立法ノ本旨ニ悖ルニ至ラス反之一旦新立シタル家ハ必ス之ヲ維持スルコトヲ要ストセハ徃々困難ナル事情ノ存スルアリテ實際ニ適セサル結果ヲ生スルコトナシトセス故ニ本條第一項ハ新ニ家ヲ立テタル者ニ限リ其家ヲ廢シテ他家ニ入ルコトヲ得ルモノトシ以テ實際ノ事情ニ適セシメタリト雖モ家督相續ニ因リテ戶主ト爲リタル者ハ既ニ說明セシ所ノ理由ニ因リ決シテ此例ニ從ハシムヘキニ非サルヲ以テ本條第二項ハ既成法典人事編第二百五十一條ノ如ク家督相續ニ因リテ戶主ト爲リタル者ハ其家ヲ廢スルコトヲ得サル旨ヲ明カニセリ只既成法典ハ此通則ニ對スル例外トシテ本家相續其他正當ノ事由アル塲合ニハ廢家スルコトヲ得ヘキ旨ヲ規定スト雖モ本家再興ノ塲合ニ於テモ已ムコト得サルトキハ分家ノ戶主ヲシテ其分家ヲ廢セシムル至當ノ理由アルニ因リ本案ハ本條第二項但書ニ於テ此趣旨ヲモ明白ナラシメ且裁判所ノ許可ヲ必要トシテ濫リニ廢家ヲ爲スノ弊ヲ防カンコトヲ期セリ
第七百六十三條
(理由)本條ハ戶主カ適法ニ廢家シタルニ因リ其家族ニ及ホス戶籍上ノ效果ヲ規定スルモノニシテ既成法典人事編第二百五十三條ノ字句ニ修正ヲ加ヘタルニ過キス
第七百六十四條
(理由)本條ハ戶主ノ死亡又ハ國籍喪失ニ因リテ一家ノ斷絕スル場合ニ關スル規定ニシテ戶主權喪夫ノ結果ナルヲ以テ之ヲ本節中ニ揭ケタリ而シテ本條ノ趣旨ハ既成法典人事編第二百六十一條ト毫モ異ナル所ナキヲ以テ別ニ說明ヲ要セスト雖モ既成法典ノ如ク本條ノ塲合ニ於テ家族ハ總テ一家ヲ創立スト云フニ止マルトキハ家族ニシテ他ノ者ノ子タル者モ其父又ハ母ノ家ニ入ラスシテ別ニ一家ヲ創立シ家族ニシテ妻タル者モ其夫ノ家ニ入ラスシテ別ニ一家ヲ創立スルコトヲ要スルカノ如ク解セシムルハ當然ノ結果タルニ因リ本案ハ特ニ本條第一項但書ノ規定ヲ設ケ家族ニシテ他ノ家ノ子タル者ハ其父ニ隨ヒ又父ノ知レサルトキ、他家ニ在ルトキ、若シクハ死亡シタルトキハ母ニ隨ヒテ其家ニ入ルヘキ旨ヲ明カニシ又本條第二項ノ規定ニ依リ戶主ノ家族ニシテ夫タル者カ一家ヲ創立シタルトキハ妻ハ之ニ隨ヒテ其家ニ入ルヘキ旨ヲ明カニセリ
第三章
(理由)本章ハ既成法典人事編第三章ニ相當スレトモ其節欵ノ分類及ヒ規定ノ實質ニ至リテハ改正ヲ加ヘタル㸃尠シトセス人事編第三章ハ之ヲ七節ニ分チテ第一節婚姻ヲ爲スニ必要ナル條件第二節婚姻ノ儀式第三節日本人外國ニ於テ爲シ及ヒ外國人日本ニ於テ爲ス婚姻第四節婚姻成立ノ證據第五節婚姻ノ不成立及ヒ無效第六節婚姻ノ效力第七節罰則トシタルヲ一括シテ第一節婚姻ノ成立トシ第四節婚姻成立ノ證據トセルモノヲ廢シ其規定ノ實體ハ特ニ本章ニ規定スヘキモノ及ヒ之ヲ規定スルヲ便トスルモノノミヲ採集シテ他ハ悉ク之ヲ證據法其他ノ法令ニ讓ルコトトシタリ而シテ既成法典ニ於テ第六節婚姻ノ效力ト題セルヲ本章ニ於テ第二節トナシタリ其第七節罰則ト題スルモノノ如キハ之ヲ民法中ニ規定スルノ要ナシトシテ之ヲ削除セリ
既成法典ハ第四章婚姻第五章離婚トシ婚姻ト離婚トヲ分チテ規定セリ之レ理由ナキニ非サルモ離婚ハ亦畢竟婚姻ノ效力ヲ失フ一原因トシテ之ヲ觀察スルコトヲ得ルモノナルヲ以テ婚姻ノ章中ニ置クヲ寧ロ便ナリトス即チ本章第四節離婚ノ表題ヲ設クル所以ナリ第三節夫婦財產制ハ既成法典人事編ニ之ヲ見ルヲ得スシテ却テ財產取得編第十五章ニ之ヲ見ル財產ニ關スル規定ナルヲ以テ財產法ノ中ニ置クハ其故ナキニ非ス且外國ニモ其例アル所ナルヲ以テ或ハ其儘ニテモ可ナランカナレトモ夫婦ノ財產制ハ夫婦ノ身分ニ關スル所頗ル多ク身分ニ關スル事項ハ之ヲ親族法中ニ規定スルヲ至當トスルヲ以テ之ヲ本章中ニ規定スルヲ至當トス然レトモ夫婦ノ財產制ニ付キ其身分ニ關スルモノト財產ニ關スルモノトヲ明カニ分別シテ之ヲ別個ノ編章ニ置クハ啻ニ至難ノ事タルノミナラス却テ實際ニ不便ヲ來スヘキヲ慮カリ一括シテ本章中ニ置キタルナリ夫婦財產制ハ婚姻ノ效力ト見ルヲ得ヘキモノナレトモ唯事多ク財產ニ關スルヲ以テ第二節婚姻ノ効力ノ下ニ規定スルヲ得スシテ獨立ノ一節ヲ設ケタルナリ
第一節
(理由)本節ニハ婚姻ノ要件ト婚姻ノ無效及ヒ取消トニ關スル規定ヲ揭ク既成法典ニ婚姻成立ノ證據ヲ規定セルモ本案ニ之ヲ採ラサリシハ既ニ述ヘタルカ如シ尙ホ少シク之ヲ詳細ニ說明セン既成法典ニハ第四節婚姻成立ノ證據トシテ二個ノ條文ヲ揭ケタリシ事ハ證據ニ關スルモ苟モ婚姻ノ規定ニ密接ノ關係ヲ有シテ必ス民法ニ揭ケサルヘカラス且十分ニ規定スルコトヲ得ルニ於テハ之ヲ民法ニ揭クルモ可ナレトモ既成法典ニ揭ケタル條文ニ規定セルモノヲ見ルモ必スシモ民法ニ揭クルヲ要スルモノニ非ス又之ヲ揭クルモ他ニ特別法ノ規定ナキトキハ殆ント何等ノ用ヲモ爲ササルモノナルヲ以テ寧ロ全ク之ヲ證據法戶籍法等ノ特別法ニ委スルヲ可トシタルナリ
第一欵
第七百六十五條
(理由)既成法典人事編第三十條ニ同シ我國從來ノ慣習ハ區々トシテ一定セス甚タシキハ十二年未滿ノ女子ニシテ婚姻スルモノアリシモ婚姻年齡ヲ限定スル法令ナキカ爲メニ行政官廳ハ之ヲ如何トモスルヲ得サリシナリ然レトモ早婚ノ弊ハ何人モ認ムル所ニシテ而シテ醫家ノ說ニ依レハ我國人ノ婚姻年齡ハ男十七年女十五年ニ達スレハ可ナリトスルニアルヲ以テ既成法典ニ於テ第三十條ノ規定ヲ設ケタルヲ本案ニ於テ採用シタルナリ外國ニハ種々ノ例アレトモ外國人種ト我國人種トノ間ニ異ナル所アルヲ以テ此種ノ規定ニ關シテハ外國ノ法令ヲ模スヘキニ非ス
第七百六十六條
(理由)既成法典人事編第三十一條ニ同シ一夫一婦ノ制ヲ採リシナリ
第七百六十七條
(理由)本條ハ既成法典人事編第三十二條ノ規定ニ該當シ二個ノ點ニ於テ修正ヲ加ヘタリ
一 同條ニハ女ハ前婚解消ノ後六个月內ニ再婚ヲ爲スコトヲ得ストシ六个月內ニ再婚ヲ爲スヲ得サルヲ婚姻ノ解消シタル場合ニ限リタルヲ本案ニ於テ取消ノ場合ヲモ加ヘタリ一般ノ原則ニ依ルトキハ法律行爲ノ取消ハ既往ニ遡リテ其效ヲ生スルモノナレトモ婚姻ノ取消ニ限リテ其效ヲ既往ニ遡ランメサルヲ以テ實際ノ效力ニ至リテハ取消ト解消トノ間ニ殆ト差異ナキニ至レリ從テ再婚ノ時期ニ關スル規定ヲモ同一トシタリ伊太利民法、獨逸民法、白耳義民法草案等ニ於テ此ノ例ヲ見ル
二 同條ニハ夫ノ失踪ニ原因スル離婚ノ場合ヲ除ク外女ハ云々トシテ此場合ヲ例外トシ夫ノ失踪ニ原因スル離婚ノ際ニハ女ハ直チニ再婚ヲ爲スコトヲ得ルモノトシタルヲ本案ニ之ヲ改メ此塲合ヲモ例外トセス女ハ六个月內ハ决シテ再婚ヲ爲スコトヲ得サルモノトシタリ既成法典ニ於テ失踪ノ場合ヲ例外トシタルハ盖シ失踪ノ宣吿ハ夫カ其家ヲ去リテヨリ早クモ數年ノ後ニ非サレハ之ヲ爲スヲ得サルモノナリ家ヲ去ルコト數年ナルニ於テハ夫婦ノ同居スルコトナク從テ婦ノ懷胎スルコトナシト言フニアランカナレトモ家ニ在ラス夫婦同居セストハ證據ノ問題ニ關スルヲ以テ事實上屢同居スルモ之ヲ證明シ難キ場合アリテ偶他人ノ血統ヲ亂ルノ虞ナシトセサルヲ以テ此場合ニ於テモ等シク六个月內ハ再婚スルヲ得サラシムルヲ可トス况ンヤ若シ或場合ヲ採リテ直チニ再婚ヲ許スヘキキモノトスレハ决シテ之ヲ失踪ニ原因スル離婚ノ場合ニ限ルノ理ナク夫カ重禁銅一年以上ノ刑ニ處セラレ又ハ惡意ノ遺棄ヲ爲シタルニ因リテ離婚ノ生シタル場合ニモ婦ノ直チニ再婚スルヲ許ササルヘカラス何レニスルモ失踪ノ場合ヲ本條ノ例外トスルノ理由ナキヲ以テ此點ニ改正ヲ加ヘタルモノトス
本條ノ期間ヲ六个月トシタルハ醫家ノ所說ヲ參照シタル所多シ或ハ之ヲ十个月トシ或ハ之ヲ四个月トスルモノアルモ一ハ長キニ失シテ婦ノ再婚ヲ妨クルコト多ク又一ハ短キニ失シテ殆ト期間ヲ設ケタル精神ヲ貫クヲ得サルニ因リ中ヲ取リテ六个月トシタルナリ既成法典ノ期間ト同一ナルヲ以テ深ク其立法ノ理由ヲ述ヘサルヘシ
第七百六十八條
(理由)本條ハ既成法典人事編第三十三條ニ二個ノ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニハ離婚ノ裁判ヲ言渡サレタル曲者ト稱シテ其曲者ノ夫タリ妻タルヲ問ハサルモ我國從來ノ慣習及ヒ現在ノ事情ニ於テ未タ此點ニ關シテ男女ヲ同一規定ノ下ニ置クヲ得サルニ依リ本案ニ於テハ特ニ妻ニ限リ姦夫ト婚姻ヲ爲スヲ得サルモノトシタリ次ニ同條ニハ離婚ノ裁判ヲ言渡サレタル場合ニノミ本條ノ適用ヲ限レルモ苟クモ妻ハ他ノ男子ト姦通シテ刑ヲ受ケタリトセハ姦通ニ因リテ離婚セラレタル場合ト否トヲ問ハス後ニ至リ其姦夫ト婚姻スルヲ得サラシムルヲ可トス是レ本條ニ於テ姦通ニ因リテ刑ニ處セラレタル妻ハ其姦夫ト婚姻ヲ爲スコトヲ得スト修正シタル所以ナリ其必ス刑ニ處セラルルヲ要シタルハ假令姦通ノ行爲ハ國家ノ善良ノ風俗ヲ害スルモノタルニ相違ナキモ事ハ家內ノ細微ニ涉リ之ヲ摘發スルトキハ却テ風俗ヲ害スルノ虞アルヲ以テ婚姻ノ能力ヲ剝奪スル場合ヲモ刑ニ處セラレタル場合ニ限リシモノトス
姦通ニ依リテ離婚ノ宣言ヲ受クルモ刑ニ處セラレサルコトアラン又刑ニ處セラレルモ離婚セラレス後ニ他ノ原因ニ因リテ離婚セラルルカ或ハ夫死シテ寡婦トナルコトアラン何レノ場合ニ於テモ其妻ハ姦夫ト婚姻スルヲ得サルモノトス
第七百六十九條
(理由)本條ハ既成法典人事編第三十四條及ヒ第三十五條ヲ併合シタルモノナリ第一項ハ第三十四條ニ當リ第二項ハ第三十五條ニ當ル同條ニハ兄弟姉妹伯叔父等ト列擧シタルヲ改メテ代フルニ傍系ノ三親等トシタルハ文字上ノ修正ナリトス規定ノ實質ヲ改メタルハ但書ヲ挿入シタル㸃ニアリトス曰ク『養子ト養方ノ傍系血族トノ間ハ此限ニ在ラス』ト即チ養子ト養親ノ親族トノ間ニアリテハ兄弟姉妹及ヒ叔姪ノ間ニアリテモ婚姻スルコトヲ許スモノナリ既成法典亦或ハ之ヲ許スノ主意ナリシナランカナレトモ既ニ人事編第二十二條ニ於テ養子緣組ハ養子ト養父母及ヒ其親族ニ同シキ關係ヲ生ストシ而シテ第三十五條ニ於テ血緣ニ基ク兄弟姉妹タルト緣組ニ因レル兄弟姉妹タルヲ區別シテ兄弟姉妹等ノ間ニ婚姻ヲ禁シタルヲ以テ解釋上養子ト養親ノ親族トノ間ニアリテモ三親等內ハ婚姻ヲ爲スコトヲ得サルモノトナルハ亦止ムヲ得サルコトタリ
我國從來ノ慣習ハ養子ト養親ノ親族トノ間ニアリテモ三親等內ハ婚姻ヲ許ササルヲ原則トシタルカ如シト雖モ實際ノ必要ニ迫ラレ之ヲ許シタルノ例ハ維新以後ニ在リテモ頗ル多シ養子ノ妻死シタル後亡妻ノ姉妹ト婚姻シ又ハ其伯叔母ト婚姻スルカ如シ一旦兄弟姉妹等ノ名ヲ附シタル者ノ間ニ婚姻ヲ爲スハ其名義ニ於テ妥當ナラストシテ或ハ其家ノ姉妹ヲ一旦他家ノ養子女トシ或ハ養子ヲ一旦離緣シテ兄妹ノ稱ヲ絕チ更ニ再ヒ之ヲ養子トスルカ如キ行爲ヲ爲シタルコトアリシモ徒ラニ虛式ニ過キスシテ却テ他ニ種種ノ困難ヲ惹起スルノ虞アルヲ以テ寧ロ此煩雜ナル無用ノ手數ヲ廢シテ容易ニ同一ノ目的ヲ達スルヲ得セシムヘキナリ養子緣組ハ人爲ナリ婚姻ニ關シテハ之ヲ實子ト區別シ養家ノ兄弟ト姉妹ト婚姻セシムルモ決シテ亂倫ノ行爲ニ非スシテ且現在我國ニ於テ至ル所ニ之ヲ見ルノ事實タリ
直系ノ血族間ニハ婚姻ヲ禁シ傍系タリトモ三親等內ハ之ヲ禁スルハ既成法典ト異ナル所ナク其理由ノ如キハ殆ト說明スルヲ要セサルヘシ三親等內ノ親族中叔姪ノ間ニアリテハ獨逸及ヒ紐育ノ民法草案ハ之ヲ許シ佛蘭西伊太利等ハ特別ノ事情アル場合ニ限リテ特許セルモ三親等內ノ婚姻ハ之ヲ禁スルヲ我國情ニ適スルモノトス
第七百七十條
(理由)本條ハ既成法典人事編第三十六條ト其趣意ヲ同シウシ唯其文字ヲ異ニシタルノミ諸國ノ立法例ヲ見ルニ或ハ傍系ノ姻族間ニ於テモ婚姻ヲ禁スルコトアレハ或ハ特別ノ事情アル場合ニ限リテ之ヲ許セルモノアリ又本案ノ如ク全ク之ヲ許スモノアリ我國ノ慣習亦畵一ナラスシテ時トシテ姻族ノ兄弟姉妹等ノ婚姻ヲ禁スル令ヲ下シタルコトアルモ多クハ之ヲ許ス方針ニシテ殊ニ亡妻ノ姉妹ト婚姻スル例ハ頻々之ヲ見ル所ニシテ亡兄ノ遺妻ト婚姻ノ如キモ當事者ノ請願ヲ待チテ槪子之ヲ許可シオルヲ以テ寧ロ總テノ場合ニ之ヲ許スノ優レルニ如カサルヲ信シテ婚姻ヲ獨リ直系ノ姻族間ニ限リタルノミ本條ノ未文ヲ設ケタルハ假令姻族ノ關係止ムモ曾テ父ト呼ヒ子ト呼ヒタル者ノ間ニ婚姻ヲ許スヲ不當ト認メタレハナリ
第七百七十一條
(理由)本條ハ既成法典人事編第三十七條ト其大躰ヲ同シウス唯既成法典ニナカリシ養子ノ直系卑屬ノ配偶者ト養親及ヒ其直系尊屬トノ間ノ婚姻ニ關スル事項ヲ加ヘタルノ差アルノミ
第七百七十二條
(理由)本條ハ既成法典人事編第三十八條乃至第四十二條ニ該當スルモノトス子カ婚姻ヲ爲スニ當リテ其父母ノ承諾ヲ要スルハ我國情ニ照ラシテ至當ノ事ニシテ決シテ其子ノ年齡ノ多少ヲ問ハサルヘキナリ從テ外國ノ民法ニハ或ハ成年ノ子ハ婚姻ヲ爲スニハ父母ノ承諾ヲ要セストシ或ハ男三十年女二十五ニ達スルトキハ承諾ヲ要セストスルモノアレトモ本案ハ之ヲ採ラスシテ婚姻ヲ爲スニハ總テ其父母ノ承諾ヲ要ストスルコト既成法典ニ於ケルト等シクシタリ其既成法典ト異ナル所大凡三アリ
一 既成法典人事編第三十八條第一項ニハ子ハ父母ノ承諾ヲ受クルニ非サレハ婚姻ヲ爲スコトヲ得ストシ其父母ノ家ニ在ル塲合ト否トヲ區別セザルヲ以テ子ハ婚姻ヲ爲スニハ其家ニ在ラサル父母ノ承諾ヲモ經ヘキヿト爲リテ不都合ナルヲ以テ本案ニ於テハ明カニ限定シ父母カ其家ニ在ル場合ニ於テノミ子ハ其承諾ヲ得ルコトヲ要ストシタリ又同項ニハ廣ク父母ト稱スルヲ以テ實父母養父母繼父母ノ各種ヲ包含スルカ如シト雖モ第三項ニ於テ繼父アル場合ニ於テ其配偶者タル母ノ死亡シタルトキハ繼父ノ許諾ヲ受クヘシ云々ト言ヘルヲ以テ第一項ニ稱スル父母トハ實父母ヲ指スモノナルヤヲ疑ハシメ又果シテ實父母ノミヲ指スモノトセハ狹隘ニ失シテ不可ナルヲ以テ本案ニ於テ之ヲ改メ苟クモ子ノ父母タルニ於テハ實タルト養タルト將タ又繼タルトヲ區別セスシテ其承諾ヲ經ヘキモノトシ而シテ繼父繼母等ノ承諾ヲ與ヘサル場合ニ處スヘキ特別ノ規定ヲ設ケタリ
二 既成法典ノ第三十九條ニハ父母共ニ死亡シ又ハ其意思ヲ表スル能ハサルトキハ其家ノ祖父母ノ許諾ヲ受ク可シトシタルヲ本案ニ於テ削除シタリ從テ子ハ成年者ナルトキハ何人ノ承諾ヲモ要セスシテ婚姻スルコトヲ得ヘク未成年者ナルトキハ後見人ノ承諾ヲ得ルコトヲ要ス祖父母ニシテ後見人ナルトキハ即チ祖父母ノ承諾ヲ得ルヲ要スルナリ
三 既成法典第四十二條ニ育兒院ニ在リテ父母ノ知レサル子ハ院長ノ許諾ヲ受クヘシトシタルヲ削除シタリ父母ナシトスルモ後見人アルトキハ其後見人ノ承諾ヲ得レハ可トスヘシ育兒院ニ在ル子ハ多クハ後見人ト爲ルヘキ親族ヲ有セサルニ依リ院長ヲ以テ此等不幸ナル子ノ後見人ト爲スヲ可トス從テ同條ヲ削除シ單ニ本條第二項ノ規定ノミトスルモ實際ノ事實ニ於テハ甚シキ差異ナカルヘシ
第七百七十三條
(理由)本條ハ前條第一項ノ原則ニ制限ヲ加ヘタルモノナリ前條第一項ニハ子ハ父母ノ承諾ヲ得ルヲ要ストシ廣ク父母ト稱シテ實父母繼父母等ト分タサルヲ以テ苟クモ家ニ在ル父母タルニ於テハ必ス其承諾ヲ得ヘキコトト爲ル而シテ承諾ヲ與フルト否トハ全ク父母ノ任意ニシテ之ヲ拒ムニ於テ理否ノ如何ヲ問ハサルヲ以テ若シ父母ニシテ何等ノ理由モナキニ子ノ婚姻ヲ拒ムトスルモ子ハ之ヲ如何トモスルヲ得サルヘシ父毋ニシテ實父母タルトキハ之ニ關シテ爭ヲ生スルコト尠ナカルヘク又不當ニ子ノ請求ヲ拒ムコト殆トナカルヘシト雖モ血族ノ關係ナキ嫡母又ハ繼父母ニアリテハ往々其不當ナルヲ知リナカラ子ノ婚姻ニ承諾ヲ與ヘサルコトナシトセサルヘシ此等ノ場合ニ於テハ子ニ與フルニ親族會ニ請求スルノ權ヲ以テス親族會ハ子ノ請求ニ因リ其婚姻ヲ許可スルコトヲ得ルモノトス
第七百七十四條
(理由)婚姻ハ一ノ法律行爲ナルヲ以テ禁治產者カ其精神ヲ囘復シタル時ニ於テ婚姻ヲ爲スニハ或ハ他ノ法律行爲ト同シク後見人ノ同意ヲ要スルモノナリトノ解釋ヲ生スルコトナシトセス然レトモ後見人ノ法定代理權ハ禁治產者ノ療養看護及ヒ財產ノ管理ニ限ルヲ至當トスルヲ以テ本條ニ於テ明カニ婚姻ノ事ニ付キ同意ヲ與フコトハ其職務中ニ包含セサルコトヲ示シタリ
第七百七十五條
(理由)本條ハ婚姻ノ方式ヲ定メタルモノニシテ既成法典ノ規定ヲ改メタル所多シ既成法典人事編第四十三條以下ヲ見ルニ婚姻ヲ爲サントスル者ハ先ツ其地ノ身分取扱吏ニ婚姻ヲ爲サントスル申出ヲ爲シ次ニ證人ノ立會ヲ得テ婚姻ノ儀式ヲ行ヒ之ヲ行フタル後更ニ身分取扱吏ニ之ヲ屆出ツヘキコトト爲シ頗ル煩雜ナル規定ヲ設ケタリ殊ニ婚姻ヲ爲サントスルニ先チテ之ヲ屆出ツルカ如キハ關係人ヲシテ故障ヲ爲スコトヲ得セシムルノ餘地ヲ與フルノ主意ニ出テタルモノナルモ何レノ規定ニモ未タ關係人ニ故障ヲ唱フル權ヲ與ヘタルヲ見ス且屆出ヲ公示スル方法ヲモ定メサルヲ以テ婚姻前ノ屆出ハ殆ト何等ノ益ナクシテ當事者ニ煩累ヲ釀スコト大ナルヲ以テ此屆出ハ之ヲ廢スルヲ可トス次ニ既成法典ニハ婚姻ノ效力ヲ生スルハ其儀式ヲ行ヒタル時トシ夫婦財產契約ノ第三者ニ對シテ效ヲ生スルハ婚姻ノ届出後トシタリ夫婦財產契約ノ第三者ニ對シテ效ヲ生スルコトニ關シテハ後ニ規定スヘシ婚姻ノ效力ヲ生スル時期ヲ定メテ儀式ヲ行ヒタル時トシタルハ事實ニ重キヲ置カント欲シタルニ出ツルモノナルヘシト雖モ却テ成立ノ時期ヲ瞹眛ナラシメ實際ノ混雜ヲ生スヘキヲ以テ本案ハ之ヲ改メ戶籍吏ニ届出ツルノ時ヲ以テ婚姻ノ效力ヲ生スル時期トシタリ屆出ハ公然ノ事タルヲ以テ婚姻ノ成立時期モ亦公然ト爲リ之ニ關シテ爭ヲ生スルコトナキニ至ラン是レ本條ノ如ク改メタル所以ナリ
尙ホ既成法典ニ於テハ婚姻ノ儀式ハ當事者ノ住所又ハ居所ノ地ニ於テ之ヲ行ヒ其地ノ身分取扱吏ニ之ヲ屆出ツヘシトセルモ本案ニ於テ屆出地ハ戶籍法ノ規定ニ依リテ定マルヘキヲ以テ之ヲ揭ケス又證人二人ノ立會トアリシヲ改メテ二人以上トシタルハ證人ノ二人タルハ尤モ普通ノ事實タルニ相違ナキモ之ヲ二人ニ限ルノ必要ナシト信シタルニ因レハナリ
婚姻ノ屆出ハ口頭ニテ又ハ自ラ署名シタル書面ヲ以テ之ヲ爲スコトヲ要ストシ代理人ヲ以テ口頭ニテ屆出テ若クハ代署書面ヲ以テ屆出ツルコトヲ許サス以テ當事者双方ヲシテ眞ニ婚姻ヲ爲スノ意思アルヲ表示セシムルノ用ニ供ス煩務ヲ帶ヒテ自ラ陳述シ難キ者ハ自署ノ書面ヲ以テ屆出ツヘシ無筆ニシテ署名スルコト能ハサル者ハ勞ヲ厭ハス面陳スヘシ
第七百七十六條
(理由)本條ハ既成法典人事編第四十四條及ヒ第四十六條ト大躰ノ主意ヲ同シウス唯其煩雜ニ失スル㸃ヲ改メ且民法ニ規定スヘカラサルモノヲ削除シタル差アルノミ同第四十四條ニハ當事者双方ヨリ出生證書以下三個ノ書類ヲ呈出セシムルコトトスルモ當事者ヨリ呈出シタル出生證書及ヒ前婚ノ解消ヲ證スル證書ナキモ戶籍吏ハ戶籍法ニ依リテ當事者ノ出生ニ關シ又ハ夫タリ妻タルコトニ關シテ知リ得ルヲ以テ殊更ニ當事者ノ双方ヲシテ此ノ如キ書類ヲ呈出セシムルヲ要セサルヘク又婚姻ニ必要ナル父母戶主等ノ許諾ハ必ラスシモ書類ヲ以テスヘキ必要ナク父母戶主等ハ戶籍吏ニ對シ口頭ニテ之ヲ述フルモ差支ナカルヘシ故ニ此等ノ書類ヲ必要トセスシテ當事者ノ手數ヲ除キ成ヘク法律ノ實際ニ行ハルルヲ期セサルヘカラス况ンヤ假ニ此ノ如キ書類ヲ必要トスルモ多クハ手續若クハ證據ノ事ニ屬スルヲ以テ戶籍法ニ讓ルヲ可トシ本案ニ於テ全ク之ヲ削除シタリ既ニ出生證書ノ呈出ヲセサルコトトスレハ出生證書ヲ呈出スル能ハサル場合ニ關シテ何等ノ規定ヲ設クルノ必要ナキヲ以テ同條第一項第一號ヲ削除シタル當然ノ結果トシテ次ノ第四十五條ヲ削除シタリ
同編第四十六條ニハ身分取扱吏ハ婚姻ノ儀式ヲ行フコトヲ差止ムル場合ニ於テハ理由ヲ記シタル差止書ヲ授付ス可シトシタルモ特ニ差止書ヲ授付スルノ必要ナキヲ以テ改メテ此ノ如キ場合ニハ戶籍吏ハ婚姻ノ届出ヲ受理スルコトヲ得ストシタリ尙同條ニハ當事者ニ與フルニ區裁判所ニ抗吿シテ差止ノ取消ヲ求ムルノ權ヲ以テシ裁判所ノ之ヲ取扱フヘキ手續ニ關シテ規定スル所アルモ民法ニ規定スヘキ事項ニアラスト信シテ同シク之ヲ削除シタリ
本條ノ但書ヲ設ケタルハ當事者カ戶主ノ承諾ヲ經スシテ婚姻ヲ爲サント欲シ之ヲ屈出テタル際戶籍吏ハ之ヲ知ルトキハ戶籍吏ヲシテ當事者ニ一應ノ注意ヲ與ヘ離籍ニ關スル反省ヲ爲スヲ得セシメントスルモノナリ戶籍吏カ注意ヲ爲シタルニ拘ラス屆出ヲ受理センコトヲ請求スルトキハ之ヲ受理スヘキモノトセリ
第七百七十七條
(理由)本條ハ既成法典人事編第五十一條ニ相當ス婚姻ノ成立ニ關シテ既成法典ノ規定ヲ改メタル當然ノ結果トシテ同條第一項ニ修正ヲ加ヘ同第二項ヲ削除シタリ
第二款
(理由)本欵ハ既成法典人事編第四章第五節ニ該當スルモノナリ既成法典ニハ題シテ婚姻ノ不成立及ヒ無效ト言ヒシヲ改メテ婚姻ノ無效及ヒ取消トシタルモ其中ニ規定スル事項ハ既成法典ニ規定シタル事項ト異ナルニ非ス唯本案ハ法律行爲ノ初メヨリ效ナキモノヲ無效ト稱シ一旦成立シテ效力ヲ生シタルヲ後ニ至リテ恰モ初メヨリ成立セサリシカ如クスルヲ取消ト稱シタルヲ以テ既成法典トハ用語ノ意味ヲ異ニスルニ至リ從テ不成立及ヒ無效トシタルヲ改メテ無效及ヒ取消トシタルノミ既成法典ノ不成立ハ本案ノ無效ニ當リ無效ト言ヘルハ畧取消ニ當ルト解セハ可ナラン
第七百七十八條
(理由)本條ハ既成法典人事編第五十五條及ヒ第五十九條ニ修正ヲ加ヘタルモノトス同第五十五條第一項ニハ當事者間ニ婚姻ヲ爲ス意思ナキ場合ヲ限リテ人違、喪心又ハ强暴ト爲スモ此他ノ場合タリトモ苟モ當事者ニ婚姻ヲ爲ス意思ナキコト明カナルニ於テハ其婚姻ヲ無效トスヘキモノナリトシテ本條第一號ノ如ク改メタリ次ニ同條第二項ニハ第三十四條乃至第三十七條ノ規定ニ違ヒテ爲シタル婚姻モ亦不成立トシ近親間ノ婚姻ヲ無效トスレトモ之ヲ無效トスルハ事實上存スルモノヲ存セサルコトト看做スモノニシテ聊カ妥當ナラサル所アルノミナラス之ヲ無效トスルニ於テハ此ノ如キ行爲ヲ爲シタルヨリ生シタル子ノ身分ニ關シテモ面倒ヲ生スルヲ以テ寧ロ之ヲ取消ノ原因トスルヲ可トス刑法ニ禁スル重婚ヲ爲スモ其婚姻ヲ無效トセス唯或者ノ請求ヲ待チテ之ヲ取消スヘキモノトシタルヲ見テモ婚姻ノ無效ハ容易ニ定ムヘキモノニ非サルヲ知ルヘシ
本條第二號ハ既成法典ノ第五十九條第一項第一號ニ當ルモノトス既成法典ハ婚姻ノ届出ヲ爲ササルモ事實上夫婦ト認ムヘキ情態ニアルトキハ婚姻ハ成立シタルモノトシ唯後ニ之ヲ取消スコトヲ得ルノミトシタルモ本案ニ於テハ屆出ヲ婚姻ノ成立ニ必要ナル條件トシタルヲ以テ屆出ナキトキハ婚姻ハ成立セサルモノトス之ニ反シ屆出ヲ爲ストキハ婚姻ハ完全ニ成立スルモノトシ些少ノ方式ニ違フ所アルモ爲メニ婚姻取消サルルコトナキモノトセリ即チ第二號ニ但書ヲ加ヘタル所以ニシテ亦既成法典ト異ナル所トス既成法典ニハ管轄違ノ身分取扱吏ニ屆出テタルトキ婚姻ノ儀式ヲ行フヘキ日ヲ誤リタルトキ等ハ婚姻ヲ取消スコトヲ得ルモノトシタリ
第七百七十九條
(理由)婚姻ハ他ノ法律行爲ト異ナリテ容易ニ之ヲ取消スヘキモノニ非ス又一般ノ廢罷訴權ノ原則ヲ此場合ニ適用スルヲ得スシテ必ス特別ノ規定ニ由ルヘキモノトシ第七百八十條以下ニ之ヲ規定スルコトトシタリ
第七百八十條
(理由)本條ハ既成法典人事編第五十六條ニ相當ス既成法典ハ近親間ノ婚姻ヲ不成立トスル主義ナルヲ以テ取消ヲ規定セル第五十六條ニ之ヲ包含セサルハ勿論ノ事トス又同條ハ婚姻年齡ニ達セサル者カ婚姻ヲ爲ス場合、配偶者アル者カ重子テ婚姻ヲ爲ス場合及ヒ離婚ノ裁判ヲ言渡サレタル者カ相姦者ト婚姻ヲ爲ス場合ヲ規定スルニ止マリ女カ前婚解消後六个月內ニ再婚ヲ爲シタル場合ヲ言ハサルヲ以テ此場合ニハ婚姻ヲ取消スヿヲ得サルモノト解セラルルヲ以テ本條ハ之ヲ改メ第七百六十五條乃至第七百七十一條ノ規定ニ違反シタル婚姻云云ト稱シテ其中ニ婚姻解消ノ後六个月內ニ婚姻ヲ爲シタル場合ヲ規定セル第七百六十七條ヲモ包含セシメタリ之ヲ包含セシメタルハ此ノ如キ婚姻ハ血統ヲ亂スノ虞アリテ公益ニ關スル所大ナルヲ以テ一定ノ期間各當事者、其戶主等ヨリ其取消ヲ請求スルコトヲ得ルモノトシタリ
取消スコトヲ得ル者ニ至リテモ改メタル所アリ既成法典ニ於テハ尊屬親及ヒ現實ノ利益ヲ有スル者トセルモ本案ニ於テハ之ヲ改メテ親族トシ又單ニ財產上ノ利害關係ヲ有スル者ヲシテ親族上ノ關係ニ容喙スルヲ得セシムルノ非ナルヲ信シテ之ヲ削除シタリ此削除ヲ爲シ而シテ既成法典ニナカリシ戶主ヲ加ヘタリ是レ我家族制度ノ下ニアリテハ戶主ノ意見ハ重要視スヘキモノニシテ婚姻ヲ爲スニモ必ス其承諾ヲ要スルヿトシ即チ家族上財產上諸般ノ關係ヲ有スルコト頗ル大ナル者ナルヲ以テ之ヲシテ違法ナル婚姻ノ取消ヲ請求スルヿヲ得セシムルハ至當ナレハナリ尙ホ本條第二項ヲ設ケタルハ重婚、再婚及ヒ姦者間ノ婚姻ノ場合ニハ當事者ノ現在ノ配偶者又ハ前キニ配偶者タリシ者ヲシテ新ナル婚姻ノ取消ヲ請求スルコトヲ得セシムルヲ可トスルニ由リシモノトス
既成法典ニハ當事者尊屬親等カ婚姻ノ無效ヲ請求スルコトヲ得ル期間ヲ一般ニ無限ノモノトシタルモ或婚姻ニ付テハ其取消ヲ請求スルコトヲ得ル期間ヲ限ルヘキモノト信シ本案ニ於テハ次條以下ニ其期限ヲ定メタリ既成法典ニ於テモ總テ無限ノモノトスルニ非スシテ現ニ其第五十七條ニ於テ當事者ノ不適齡ニ付キ取消ヲ請求スルコトヲ得ル期間ヲ定メタルヲ以テ規定ノ實質ニ至リテハ本案ト大差ナカルヘシト雖モ『何時ニテモ』ト言ヘル總括的ノ文句ハ稍不穩當ノ嫌アルヲ以テ之ヲ削除シタルナリ
第七百八十一條
(理由)本條ハ既成法典人事編第五十七條ニ改正ヲ加ヘタルモノナリ同條ハ不適齡者ヨリ其婚姻ノ取消ヲ請求スル場合ト不適齡者以外ノ者ヨリ之ヲ請求スル場合トヲ區別セサリシヲ本條ニ於テハ之ヲ區別シ不適齡者以外ノ者ハ不適齡者カ適齡ニ達シタルトキハ最早其取消ヲ請求スルヲ得サルコトトシ不適齡者ニアリテハ適齡ニ達シタル後尙ホ三个月間ハ之ヲ請求シ得ルコトトシタルナリ是レ父母戶主等ハ十分ノ意思ヲ有シ婚姻者カ適齡ニ達スルマテニ其取消ヲ請求スルコトヲ得ルモ不適齡者ハ不適齡ノ間ハ意思ノ能力十分ナラスシテ其間ニ取消ヲ請求スルコトヲ得サルニ依リ適齡ニ達シタル後尙ホ三个月ノ猶豫ヲ與フヘキ必要アルヲ以テナリ
同條ハ第二號及ヒ第三號ヲ以テ婦カ懷胎シタルトキハ婚姻ノ取消ヲ請求スルコトヲ得ストシタルモ本案ハ婦ノ懷胎スルコトヲ得ルト否トニ依リテ此場合ノ區別ヲモ爲サス其適齡及ヒ不適齡ニ依リテ之ヲ區別スルノ主義ヲ採リタルヲ以テ右ノ規定ハ之ヲ削除シタリ
第七百八十二條
(理由)既成法典ハ解消後六个月內ニ爲シタル婚姻ヲ取消スコトヲ得ルモノトセサルニ依リ本條ニ相當スル條文ナキハ自然ノ結果ナリ本案ハ此ノ如キ婚姻ヲモ取消スコトヲ得ルモノトシ取消ノ期間ハ成ヘク短縮スルヲ可トシテ婚姻ノ解消又ハ取消ノ日ヨリ六个月トシタリ又假令六个月內タリトモ若シ女カ再婚後懷胎シタルトキハ最早其婚姻ヲ取消スコトヲ得サルモノトシタルナリ又再婚後懷胎シタル確證アルトキハ其懷胎ハ前婚ニ因リテ生シタルモノニ非サルコト判然シ決シテ血統ノ混交ヲ生スル虞ナキヲ以テ必スシモ前婚ノ解消又ハ取消後六个月內ハ取消スコトヲ得ヘキモノト爲シ置ク必要アルコトナキヲ以テ本條後段ノ規定ヲ設ケタリ
第七百八十三條
(理由)本條ハ既成法典人事編第六十條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニハ許諾ヲ經ヘキ者ノ許諾ヲ經スシテ婚姻ヲ爲シタルトキハ許諾ヲ與フヘキ者又ハ之ヲ受クヘキ者ヨリ其取消ヲ請求スルコトヲ得ルコトトシタリ許諾ヲ受クヘキ者ヨリモ取消ヲ請求スルコトヲ得トシタルハ婚姻ハ人生ノ大事ニシテ家族及ヒ財產上ニ關係ヲ有スル所多キヲ以ヲ違法ノ婚姻ハ成ルヘク廣ク之ヲ取消スコトヲ得セシメンコトヲ欲シテ婚姻ノ當事者ヲシテ之カ取消ヲ請求スルコトヲ得セシメタルモノナラン外國ニ於テモ其例多シトス然レトモ婚姻ノ當事者カ婚姻ヲ爲スニ父母後見人等ノ同意ヲ經ヘキニ之ヲ經スシテ隨意ニ婚姻シ而シテ後ニ至リ自ラ其取消ヲ請求スルコトヲ得トスルハ却テ婚姻ヲ輕視スルニ至ラシムルモノナルヲ以テ本案ニ於テ之ヲ改メテ婚姻ノ當事者ニハ其婚姻ノ取消ヲ請求スル權ナキコトトシタリ
同條ニハ父母後見人等ノ許諾アリタル場合ト雖モ其許諾カ强暴ニ原因シタルトキハ父母後見人等ハ其婚姻ノ取消ヲ請求スルコトヲ得トシ許諾カ强暴ニ原因シタル場合ノミ其許諾ノ瑕疵アルモノトシ婚姻ノ取消ヲ請求スルコトヲ得ルモノトシタルモ詐欺ニ因リテ同意ヲ與ヘタル場合モ眞正ノ同意ニ非サルヲ以テ婚姻ノ取消ヲ請求スルコトヲ得セシメサルヘカラスト信シテ本條末文ノ如ク修正シタリ
同編第六十一條ニハ婚姻ノ許諾ヲ與フヘキ者カ之ヲ與ヘスシテ死亡シ又ハ其意思ヲ表スルコト能ハサルトキハ次ノ順位ニアリテ許諾ヲ與フヘキ者ヨリ婚姻ノ取消ヲ請求スルコトヲ得トセルハ本案ノ採ラサリシ所ナリ同意ヲ爲スヘキ者カ同意セサルニ子被後見人等カ恣ニ婚姻ヲ爲シタルニ依リ同意ヲ爲ス權利ヲ有スル者ヲシテ其取消ヲ請求スルヲ得セシムル必要アルモノニシテ畢竟スル所同意權ヲ害セラレタル者ニノミ此請求權ヲ與フヘキナリ從テ婚姻ノ當時ニ同意權ヲ有セサリシ者ニ婚姻ノ取消ノ請求スル權ヲ與フヘキ理ナシ
第七百八十四條
(理由)本條ハ既成法典人事編第六十二條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニハ婚姻ノ許諾ヲ與フヘキ者カ婚姻アリタルコトヲ知リタル後三个月ヲ過キタルトキハ婚姻ノ取消ヲ請求スル權ハ消滅スヘシ此場合ニ於ケル取消ノ請求權ノ消滅時效ヲ定メタルモ强暴ニ因リテ許諾ヲ與ヘタル場合ニ關スル消滅時效ヲ定メサル缺點アリタルヲ本條ニ於テ補足シ且本案前條ニ於テ詐欺ノ爲メニ同意ヲ爲シタル場合ニ取消權ヲ與ヘタルモノナルヲ以テ其消滅時效ヲ定メ此等ノ修正增補ヲ爲シテ本條第一號ヲ生シタルモノトス消滅時效ノ期間ヲ六个月ト改メタルハ三个月ニテハ短キニ失スル嫌アルニ由レハナリ
同條第二號ニハ婚姻ノ許諾ヲ受クヘキ者カ婚姻上ノ成年ニ至リ又ハ死亡シタルトキハ取消權ハ消滅ストシタルモ所謂婚姻上ノ成年ナルモノノ意味頗ル不明ニシテ且如何ニ之ヲ解スルモ此場合ニ取消權ヲ消滅セシムルハ本案ノ主義ニ合セサルモノアリ又許諾ヲ受ク可キ者カ死亡シタルトキハ取消權ハ消滅ストスルモ理由ナキ所ナリ一旦生シタル取消權ハ其取消ノ影響ヲ受クヘキ婚姻者ノ死亡ニ因リテ當然消滅スト言フハ理由ナキノ言ナリ或ハ婚姻者ニシテ既ニ死亡シタルトキハ婚姻ハ自然ニ解消スルヲ以テ最早之ヲ取消スノ必要ナシト言フ者アレトモ解消ト取消ノ差ヲ知ルトキハ婚姻ノ解消シタル後モ尙ホ之ヲ取消スノ必要ノ存スルコトヲ解スルヲ得ヘシ故ニ本案ニ於テハ婚姻者カ死亡シタル後モ尙ホ同意ヲ爲スヘキ者ノ取消權ヲ存在セシムルコトトシ從テ既成法典ニ於ケル右ノ規定ヲ全ク削除シタリ
本條第三號ヲ設ケタルハ婚姻ハ種々ノ事項ニ關スルモノナルヲ以テ成ヘク其速カニ確定スルヲ欲シ從テ之カ取消權ノ消滅スル時期モ普通ノモノヨリモ短縮セントシタルニ因ルナリ
第七百八十五條
(理由)本條ハ既成法典人事編第六十三條及ヒ第六十四條ヲ補修シタルモノナリ既成法典ハ此場合ニ於テモ單ニ强暴ニ基ク取消ヲ言フノミナルモ本案ハ詐欺ノ場合ニモ婚姻ノ取消ヲ請求スルコトヲ得セシメタリ外國ノ法律ニハ或ハ錯誤ヲ原因トシテ婚姻ヲ取消スコトヲ得セシムルモノアリ又ハ婚姻ヲ契約ノ一種ト看做シテ契約ノ取消シ得ヘキ場合ニハ婚姻モ取消スコトヲ得ルモノトスルモアレトモ此ノ如キハ婚姻ヲ取消スコトヲ得ル場合ヲ不當ニ擴張スルモノニシテ公益ニ害アルヲ以テ本案ニ於テ之ヲ採用セサリキ獨逸及ヒ紐育ノ民法草案ハ殆ト本案ト等シ
次ニ既成法典ハ婚姻ノ取消權ハ男女同居シタルトキハ三个月ニテ消滅シ同居セサルトキハ一个年ヲ以テ消滅ストシ同居ノ有無ニ因リテ取消ノ存續期間ニ差異ヲ附シ其例、外國ニ徃往見ル所ナルモ本案ハ同居ノ有無ヲ問ハス通シテ三个月トシ其起算㸃ヲ當事者カ詐欺ヲ發見シタル時若クハ强迫ヲ免レタル時ト定メタリ
當事者カ婚姻ヲ追認スルニ因リテ取消權ハ消滅ストスルハ既成法典モ本案モ同シキ所ナレトモ既成法典追認ハ明示ノモノタルヲ必要トシタルヲ本案ニ於テ默示ノモノタルモ可ナリトスルノ差アリ
第七百八十六條
(理由)本案ハ既成法典人事編第百三十三條ト其趣旨ヲ同シクシ之ニ些少ノ修正ヲ加ヘタルニ過キス其第一㸃ハ緣組ノ無效又ハ取消ノ請求ニ附帶シテ婚姻ノ取消ヲ請求スルコトヲ妨ケストシテ養子關係ノ既ニ絕ヱタル後尙ホ婚姻關係ノ繼續スルカ如キ不都合ヲ避クルノ便宜ヲ得セシメタリ其第二㸃ハ既成法典無效言渡ノ時ヨリ三个月ノ期間ヲ計算セルモ本案ハ之ヲ改メテ無效又ハ取消ヲ知タル時ヨリ計算スルコトトシ且之ニ取消權ヲ抛棄シタル場合ヲ加ヘタルニアリ蓋シ其理由ノ如キハ別ニ說明ヲ要セスシテ明カナリ
第七百八十七條
(理由)本條ハ既成法典人事編第六十六條ニ相當スレトモ其規定ノ實質ニ於テ改メタル㸃多シ既成法典ニハ婚姻ヲ取消シタル後モ子ノ身分ニ關シテハ之ヲ有效トスト規定シタルモ本案ニ於テハ總テノ塲合ニ於テ婚姻ノ取消ハ其效力ヲ既往ニ及ホササルモノトシ子ニ關シテモ親ニ關シテモ取消前ノ婚姻ハ之ヲ有效トシタリ外國ノ法律中ニハ當事者中善意ノ者ニ對シテハ取消ノ效ヲ既往ニ及ホサシメスシテ正當ノ夫若クハ妻タラシメ惡意ノ者ニ對シテハ其效ヲ遡ラシメテ之ヲ私通ノ男若クハ女トスルモノアリト雖モ此ノ如クスルトキハ正當ノ妻ニ私通ノ男アリ母ハ正當ノ母ニシテ子ハ正當ノ嫡子タリ而シテ父ト爲ルヘキ者ナキカ如キ變躰ヲ生スルコト多カルヘキヲ以テ理論上ノ是非ハ暫ラク措キ總テノ者ニ對シテ取消ノ效ヲ既往ニ及ホサシメサリシナリ
尙ホ既成法典ニハ財產ニ關シテ何等ノ特例ヲモ定メサルヲ以テ解釋上婚姻ノ取消ハ財產ニ關シテハ其效力ヲ悉ク既往ニ及ホスヘキコトト爲リ當事者ノ各自ヨリ婚姻中ニ得タル物ヲ悉ク返還シ其他總テ舊狀ニ復スヘキニ至リ頗ル混雜ヲ生スルヲ以テ本案ニ於テハ財產上ノ關係ニ就テモ取消ハ其效ヲ既往ニ及ホサストシテ此混雜ヲ避ケ唯不法行爲不當利得等ノ原則ニ基キ各自ノ返還スヘキモノヲ定メテ之ヲ本條第二項及ヒ第三項ニ規定シタルナリ中ニ就キ善意ノ當事者ト惡意ノ當事者者トヲ區別シ善意ノ者ニハ唯現ニ利益ヲ受クル限度ニ於テ返還ヲ爲セハ足レリトシ惡意ノ者ニハ婚姻ニ因リテ得タル利益ノ全部ヲ返還セシメ尙ホ善意ノ相手方ニ對シテ損害ヲ賠償スル責ヲ負ハシメタリ
第二節
(理由)既成法典人事編ニハ婚姻ノ效力ト題スル下ニ婚姻ノ效力ヲ生スル時期及ヒ妻ノ能力ニ關シテモ規定スル所ナレトモ本案ニ於テハ既ニ婚姻ノ成立ト題スル下ニ婚姻ノ效力ヲ生スル時期ヲ規定シ妻ノ能力ニ關シテハ既ニ民法ノ總則編ニ十分ノ規定アルヲ以テ何レモ本節ニ之ヲ置クヲ要セサルニ至レリ本節ニ規定スルモノハ妻ノ夫家ニ入ルコト夫婦ノ權義及ヒ夫婦間ノ契約ニ關スル原則等ノ數項ニ過キス而シテ夫婦ノ權義ニ至リテモ尤モ必要ニシテ且强行シ得ヘキ性質ノモノノミヲ揭クルニ止メ彼ノ相互ニ敬愛スル義務夫ノ妻ヲ保護スル義務妻ノ夫ニ貞操ナル義務等ノ如ク道德ノ範圍ニ涉ルモノハ全然之ヲ揭ケサルコトトシタリ夫婦財產契約ハ婚姻ヨリ生スル重大ノ効力ニシテ宜シク民法中ニ規定スヘキモノナルモ便宜上特ニ一節ヲ置キテ之ニ關スル條項ヲ纒括スルコトトシタルヲ以テ本節ハ極メテ簡單ナルモノト爲レリ
第七百八十八條
(理由)妻ハ夫ノ家ニ入リ入夫及ヒ婿養子ハ妻ノ家ニ入ルヘキハ家族制度ヲ維持スルニ必要ナル事項ニシテ本條ノ主意ハ既ニ第二章戶主及ヒ家族ノ規定ニ於テ定マリシモノトス夫カ戶主ナルトキハ其妻ハ夫ノ家ニ入リ妻ハ戶主ナルトキハ其入夫及ヒ婿養子ハ妻ノ家ニ入ルハ勿論家族ノ夫若クハ妻モ本條ノ規定ニ依リ悉ク其家ニ入ルヘキモノトナリシナリ既ニ其家ニ入ルトキハ其家ノ氏ヲ稱シ其家ニ屬スル身分待遇等ヲ受クヘキモノトス此等ノ事タル從來ノ慣習ニシテ婚姻ノ效力中最モ重要視スヘキモノナルヲ之ヲ以テ本節ノ首條ニ置キシナリ
第七百八十九條
(理由)何レノ國法モ夫婦ハ同居スヘキモノトシ既成法典人事編モ亦同一ノ主義ヲ採レリ唯之ヲ表面ニ示ササルモ規定ノ實質ヨリ我民法モ此原則ヲ採レルコトヲ知ルヲ得ルナリ(六五、八四、八五參照)然ルニ本案ニ於テハ之ヲ明言スルヲ可ナリト認メテ本條ヲ設ケタリ
本條ノ義務ハ之ヲ强行スルコトヲ得ルモノナリヤ外國ノ立法例ハ二種ニ分ルレトモ本案ハ之ヲ强行シ得ルモノトシタルナリ故ニ妻ニシテ同居ヲ肯セサルトキハ强力ヲ用ヒテ之ヲ同居セシメ隱匿逃亡スル等ノ場合ニハ捜索引致シテ夫ノ居所ニ至ラシムルコトヲ得ヘシ
第二項ハ夫ニモ妻ヲシテ同居ヲ爲サシムル義務ヲ負ハシメタルモノナリ既ニ妻ニハ夫ト同居スル義務ヲ負ハシメタリ而シテ夫ハ妻ヲシテ獨居セシムルモ可ナリトスルトキハ二者ノ間ニ權衡ヲ得サルヲ以テ必ラス夫ニモ同居ノ義務ヲ負ハシメサルヘカラス
第七百九十條
(理由)本條ニハ夫婦互ニ扶養ヲ爲ス義務ヲ負フコトヲ示スニ止メ扶養ノ順序程度方法等ハ第八章ノ定ムル所ニ依ル
第七百九十一條
(理由)未成年者ノ後見人トナルヘキ者ハ親權ヲ行フ者カ遺言ヲ以テ撰定シタル者、戶主若クハ親族會ノ選定シタル者ナレトモ未成年者ニシテ人ノ妻タル場合ニ於テハ他人ヲ以テ其後見人ト爲スヨリモ寧ロ成年ノ夫ヲシテ後見人ノ職務ヲ行ハシムルヲ可トシテ本條ヲ設ケタルナリ
第七百九十二條
(理由)夫婦ノ間ニ於テハ他人間ニ於ケルト異ナル關係アリテ契約ヲ爲スニ當リテモ或ハ妻ハ夫ニ威壓セラレテ十分ノ意思ヲ述フルヲ得サルヿアリ或ハ夫ハ妻ノ愛ニ溺レテ不知ノ間ニ意思ノ自由ヲ奪ハルル等ノアルヲ以テ夫婦間ニ爲シタル契約ハ婚姻中何時ニテモ之ヲ取消スヲ得ヘキモノトシタリ他國ノ法律ニハ夫婦間ノ賣買及ヒ贈與ヲ禁スルモノアリ賣買ハ許シテ贈與ノミヲ禁スルモノアリ或ハ何レヲモ許スモ後ニ取消スコトヲ得セシムルモノモアリ既成法典財產取得編モ之ニ類スル規定ヲ爲シ賣買ハ之ヲ禁シ贈與ハ之ヲ許シ二者共ニ後ニ至リテ取消スコトヲ得ヘキモノトシ而シテ交換ハ完全ニ成立シ决シテ後ニ至リテ取消スコトヲ得サルモノトセリ賣買ト贈與トニ依リテ其規定ヲ異ニシタルハ全ク理由ナシトスヘカラサルモ未タ十分ノ理由ト爲スニ足ラス殊ニ賣買ト交換トニ依リテ著シク之ヲ異ニシ明文ヲ以テ特ニ之ヲ指示シタルニ至リテハ殆ト其主意ヲ解スルヲ得サルナリ本案ハ契約ノ有償タルト無償タルト及ヒ契約ノ目的物ノ金錢タルト金錢以外ノ物タルトニ依リテ其規定ヲ異ニセス總テノ契約ハ之ヲ取消スコトヲ得ルモノトシタリ然レトモ之カ爲メニ第三者ノ權利ヲ害スルコトナカラシメント欲シテ本條ニ但書ヲ設ケタリ尙ホ取消ノ場合ヲ少カラシメンカ爲メニ契約ヲ取消スコトヲ得ル時期ヲ限リテ婚姻中トシ取消權ヲ行フコトヲ得ル者ヲ限リテ夫婦ノ一方トシタリ
第三節
(理由)既成法典ハ之ヲ財產取得編中ニ置キタルヲ本案ニ於テ改メテ親族編中ニ入レタル理由ハ既ニ陳ヘタル所ナリ尙ホ其表題ニ至リテモ異ナル所アリ既成法典夫婦財產契約トシタルヲ改メテ夫婦財產制トシタリ是レ本節ニ規定スル所多クハ法定ノ財產制ニシテ當事者ノ契約ヲ以テ定ムルコトニ關スル規定甚タ少キヲ以テナリ當事者カ何等ノ契約ヲモ爲ササルトキハ法定ノ財產制ニ依ルヘキ默約ヲ爲シタルモノト見ルヘシト言ヒ强ヒテ之ヲ夫婦財產契約ト稱セントスル者アルモ其言採ルニ足ラス
第一欵
(理由)既成法典財產取得編中ニアリテ削除シタル條文ハ第四百二十三條ナリトス同條ニハ未成年者カ財產契約ヲ爲スニハ尊屬親又ハ後見人ノ立會ヲ要ストシタルモ既ニ民法總則編ニ於テ未成年者カ法律行爲ヲ爲スニハ其法定代理人ノ同意ヲ得ルコトヲ要ストシ此外ニ夫婦財產契約ヲ爲スニ當リテ尊屬親又ハ後見人ノ立會ヲ要ストノ條文ヲ特ニ設クル必要ナキヲ以テ之ヲ削除シタルナリ
第七百九十三條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第四百二十二條及ヒ第四百二十四條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ其婦ヲシテ財產ニ關スル契約ヲ自由ニ爲スコトヲ得セシムルハ既成法典ト本案ト異ナル所ナシ其相異ナルハ既成法典ニ於テ財產契約ハ公證人ヲシテ證書ヲ作ラシムルニ非サレハ成立セストシタルヲ本案ニ於テ削除シタルニアリ之ヲ削除シタルハ公證ノ事タル從來我國人ノ爲ササル所ニシテ今之ヲ强ユル必要ナキト且公證ハ專ラ證據ノ問題ニ關スルヲ以テ民法ニ規定セサルヲ至當ト信シタルニ因ル其財產契約ヲ第三者ニ對抗スル方法ニ至リテハ公證ヨリ寧ロ登記ヲ可ナリトシテ後ニ規定スヘシ
第七百九十四條
(理由)本條ハ既成法典ノ民法中ニ見サル所ニシテ却テ商法中ニ夫婦財產契約ニ關スル規定ヲ見ル即チ商法ハ夫婦間ニ在リテハ財產ハ共通ノモノト推定シ之ニ異ナリタル契約ヲ爲ストキハ其契約ヲ登記セシムルコトトシタルナリ財產ノ共通ヲ法定ノ財產制トスルノ可否ハ本條ノ理由ニ於テ述フヘキ所ニ非ス又商法ニ之ヲ挿入シタル理由モ深ク玆ニ探求セサルヘシ外國ニ於テモ夫婦ノ財產契約ニ關スル對抗方法ヲ商法ニ規定スルモノアルモ一般ノ事ハ寧ロ民法ニ規定スヘキヲ至當トシテ新タニ本條ヲ設ケタルナリ財產契約ヲ對抗スル方法トシテ婚姻證書中ニ之ヲ附記セシムルコトアレハ又ハ公證人ヲテ證書ヲ作ラシムルコトモアリ國情ニ依リテ其方法ヲ異ニス我國ニ於テハ登記ヲ以テ對抗ノ方法トシタリ登記ノ手續ノ如キハ一ニ登記法ノ定ムル所ニ依ル
婚姻ノ屆出マテニ登記ヲ爲スニ非サレハ之ヲ以テ夫婦ノ承繼人及ヒ第三者ニ對抗スルコトヲ得ストシ特ニ承繼人ヲ此中ニ入レタルハ承繼人ハ夫婦ノ財產ニ重大ノ利害關係ヲ有シ殊ニ夫婦ノ死亡シタル際ニ其遺產ヲ整理スヘキ者ナルカ故ニ彼ヲシテ豫メ夫婦財產契約ノ如何ナルモノナルヲ知ラシムルノ必要アルヲ以テナリ登記ハ婚姻ノ屆出マテニ之ヲ爲スヘシ
第七百九十五條
(理由)本條ハ日本ノ國籍ヲ取得スル外國人又ハ日本ニ住所ヲ有スル外國人ノ夫婦財產制ニ關スル規定ナリ法例草案ニ於テハ夫婦ノ財產制ハ夫ノ本國法ニ依リテ定マリ國籍變更ノ爲メニ變更セサルモノナリトノ主義ヲ採用シタルヲ以テ外國人カ夫ノ本國ノ法定財產制ニ異ナリタル契約ヲ爲シタル後日本ノ國籍ヲ取得シ又ハ日本ニ住所ヲ定メタルトキハ前條ト同一ノ理由ニ依リ日本ニ於テ其登記ヲ爲サシムルコトヲ要スルカ爲メニ本條ノ規定ヲ設ケタリ
第七百九十六條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第四百二十二條及ヒ第四百三十二條ヲ併合シテ修正ヲ加ヘタルモノナリ既成法典ニハ夫カ婦ノ財產ヲ危クシタルトキハ婦ハ自ラ其財產ヲ管理セント請求スルヲ得トシタルヲ改メテ夫婦ノ一方カ他ノ一方ノ財產ヲ危クシタルトキハトシテ婦カ夫ノ財產ヲ危クスル場合ヲモ包含セシムルコトトシタリ
既成法典ハ左ノ條文ヲ法定財產制ノ節ニ置キ獨リ法定財產制ノ場合ニノミ適用セラルヘキモノノ如クシタルヲ本條ニ於テ總則ノ部ニ入レ其適用ノ範圍ヲ大ナラシメタリ盖シ右ノ如キ規定ノ生スルハ財產關係ノ定ニ因リテ夫婦ノ一方カ他ノ一方ノ財產ヲモ管理スル場合ニ投機業ヲ試ミ放蕩逸樂ノ資ニ供スル場合等ニ他ノ一方ヲシテ自ラ其財產ヲ管理スルコトヲ得セシメントスルニ外ナラサルヘシ果シテ此主意ナリトセハ其財產關係ハ法定ノ制ナル場合モ之ニ異ナリタル契約ニ基ク場合モ等シク他ノ一方ヲシテ自己ノ財產ヲ管理スルコトヲ得セシメサルヘカラス是レ本案ニ於テ右ノ規定ヲ夫婦財產制ノ總則中ニ轉置シタル所以ナリ
此場合ノ財產制ニシテ法定制ノ如ク別產主義ニ基キシモノナルトキハ夫婦ノ一方カ自ラ自己ノ財產ヲ管理スルコトヲ得ルニ因リテ十分ノ保護ヲ受クルコトヲ得ヘシト雖モ若シ隨意ニ共產主義ニ依ル財產關係ヲ定メタルトキハ單ニ第一項ノ規定ノミニテハ他ノ一方ノ利益ヲ保護スルヲ得サルヲ以テ其場合ニ於テハ共有財產ヲ分割スルコトヲ得セシメサルヘカラス本條第二項ハ分割ヲ請求スルコトヲ得セシムルヲ明言シタリ
第七百九十七條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ見サル所ナルモ或ハ法定ノ財產制ニ異ナル事ヲ爲シ或ハ既ニ登記シアル事實ニ變更ヲ加フルモノナルヲ以テ之ヲ承繼人及ヒ第三者ニ對抗スルニハ登記ヲ要スルハ別ニ言フヲ待タスシテ明カナリ其外國ノ立法例モ槪子登記ヲ要セルニ依リ本案ニ於テ新タニ本條ヲ設ケタリ
第二欵
(理由)本欵ハ既成法典財產取得編第十五章第二節ニ當リ其法定ノ制ト題シタルヲ改メテ法定財產制トシタルモノトス規定ノ實質ニ至リテハ既成法典ト大差ナク何レモ無共產制ヲ採リタリ即チ夫婦ハ各別ニ自己ノ財產ヲ有シ夫又ハ戶主タル妻ハ其配偶者ノ財產ヲ使用收益スル權ヲ有スルノミトスルニ在リ獨逸民法澳太利民法等モ亦之ニ同シ他ノ諸外國ニハ之ト異ナル制ヲ採ルモノ多ク佛蘭西、和蘭、瑞典、那威等ノ民法ハ共產制ヲ採リ西班牙、瑞西、及ヒ米國ノ「ルイジアナ州」等ハ所得共產制ヲ採リ英吉利、魯西亞等ニ於テハ純然タル別產制ヲ採ルモ或ハ我國ノ事情ニ適セサルカ或ハ往往混雜ナル計算ヲ要スルモノナルカ故ニ本案ニ於テハ何レモ採用セスシテ佛法學者ノ所謂無共產制ヲ採リシモノトス其果シテ如何ナルモノナルカハ逐條ノ規定ニ依リテ明カナリ
本欵ノ主義ハ其大躰ニ於テ既成法典ト同一ナリトス其第四百二十六條ヲ改メタル理由ハ第七百九十九條ノ下ニ之ヲ陳フヘシ又同第四百三十三條及ヒ第四百三十四條ヲ削除シタルハ無共產制ノ當然ノ結果ニシテ殊更明言ヲ要セサルモノナレハナリ
第七百九十八條
(理由)既成法典ニハ本條ニ相當スル條文ナシ其財產取得編第四百二十六條ニ婦ハ特有財產ノ果實及ヒ自己ノ所得ヲ費用分擔ノ爲メニ配偶者ニ供出シタルモノト看做スト言フモ唯此規定ノミニテハ婚姻ヨリ生スル一切ノ費用ヲ夫ノ負擔ナリトノ主意明カナラサルヲ以テ寧ロ之ヲ明言スルニ如カス獨逸民法草案ハ本條ト等シク之ヲ明言シタリ但書ヲ加ヘタルハ妻カ戶主タルトキハ妻カ一切ノ費用ヲ負擔スヘキハ當然ナレハナリ
第二項ハ假令本條第一項ノ規定アルモ夫婦間及ヒ近親間ノ扶養ノ義務ニ變更ヲ加フルコトナキヲ示シタルモノナリ故ニ本條ニ於テ夫カ婚姻ヨリ生スル一切ノ費用ヲ負擔スト定ムルモ若シ夫ニシテ貧困ニ陷リタルトキハ妻ハ之ヲ扶養セサルヘカラス
第七百九十九條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第四百二十六條ヲ修正シタルモノナリ其重要ナル點ハ左ノ如シ
一 同條ニハ夫ハ婦ノ特有財產ヨリ生スル果實ヲ得ルノ權アリトシ夫ノ有スル權利ハ恰モ收益ノ權ノミナルカ如キ疑ヲ生セシム其次條ニ於テ夫カ婦ノ特有財產ニ付テ有スル權利ハ用益者ノ權利ニ同シト言ヘルヲ以テ解釋上夫ハ妻ノ特有財產ヲ使用スル權利ヲモ有スルモノトシ以テ初メノ疑ヲ解クコトヲ得ンカナレトモ始メヨリ疑ノ生セサルヲ一層可ナリトシテ本條ニ於テ夫ハ其妻ノ財產ノ使用ヲ爲ス權利ヲ有スト明言シタリ
二 同條ニハ汎ク婦ノ勞力ニ因リテ得タル所得ハ之ヲ配偶者ニ供出スト謂ヒテ何等ノ制限ヲモ附セサルヲ以テ例ヘハ婦カ獨立ノ商業ヲ營ミテ得タル所得ヲモ悉ク供出スヘキコトトナリ從テ商業ヲ爲シテ得タル利益ハ之ヲ夫ニ供出シ其蒙ムリタル損失ハ元本ヲ以テ補足スヘキ結果ヲ生スヘシ果シテ此ノ如クナルトキハ遂ニ婦ハ商業ヲ營ムヲ得サルニ至ルヲ以テ本案ニハ婦ノ供出スヘキ收益ニ制限ヲ附シ夫ハ唯婚姻ヨリ生スル需要ノ爲メ其妻ノ財產ノ使用及ヒ收益ヲ爲ス權利ヲ有ストシタリ如何ナルモノヲ以テ婚姻ヨリ生スル需要ト認ムヘキカハ事實ノ問題ナリトセリ
三 同條ニ夫ハ婦ノ特有財產ヨリ生スル果實ニ付テ權利ヲ有ストシ次條ニ於テ其有スル權利ハ用益者ノ權利ニ等シトシタルモ新民法ニハ用益權ナルモノナキヲ以テ自ラ之ニ關スル條文ヲ變更セサルヘカラサルコトト爲レリ加之假ニ用益權アリトスルモ既成法典ニ於ケル用益權ノ規定ハ複雜ニ失シテ本條ノ場合ニ準用スルヲ得サルニ依リ其形績ヲモ採ラスシテ本條ノ如キ簡明ナル規定ヲ設ケタルモノトス收益ノ重ナルモノハ果實ヲ得ルニ在リ果實ノ何タルハ新民法第八十八條及ヒ第八十九條ニ依リテ明カナルヘシ終身定期金ニ至リテハ之ヲ果實ト言フヲ得サルヲ以テ本條第二項ヲ置キテ之ヲ果實ト看做シテ夫ノ得ヘキモノトシタリ
夫ハ妻ノ財產ヨリ生スル果實ヲ得レトモ若シ妻ニシテ債務ヲ負擔スルトキハ其利息ハ自己ノ特有財產ノ果實中ヨリ控除スルコトヲ得セシムルハ至當ナルヲ以テ第三項ヲ設ケテ妻ノ權利ヲ認メタリ
以上ハ說明ノ便宜ヲ計リテ常ニ夫ハ妻ノ財產ノ使用及ヒ收益ヲ爲ス權利ヲ有スル例ヲ採リタリ妻カ戶主タルトキハ夫ノ財產ノ使用及ヒ收益ヲ爲ス權利ヲ有シ之ニ關スル立法上ノ理由ハ總テ前ニ述ヘタル所ニ同シトス
第八百條
(理由)既成法典財產取得編第四百二十七條第二項ハ夫又ハ女戶主ハ其配偶者ノ特有財產ニ關シテ用益者ノ負擔スル修繕ヲ負擔シ其他收益ヲ以テ辨濟スヘキ義務ヲ負フトシタルヲ本案ニ於テ改メ使用貸借ノ規定ヲ凖用シテ夫ハ妻ノ特有財產ノ通常ノ必要費ヲ負擔スルコトトナシ又特有財產ニ工作ヲ施シタル等ノコトアルトキハ之ヲ原狀ニ復シテ之ニ附屬セシメタル物ヲ收去スルコトヲ得トシタリ
第八百一條
(理由)本條第一項ハ既成法典財產取得編第四百二十八條ノ規定ニ同シ而シテ同條ノ規定ノミニテハ足ラサル所アリトシテ本條第二項ヲ設ケタルモノトス即チ第一項ノミナルトキハ夫ハ瘋癲者、白痴者等ナル場合ニモ妻ノ財產ヲ管理スヘキコトト爲リ而シテ能力ヲ欠クカ故ニ自ラ之カ管理ヲ爲スヲ得サルニ依リ法定代理人ハ無能力ノ夫ニ代ハリテ妻ノ財產ヲ管理スルコトト爲ラン此ノ如クナルヲ非ナリトシテ第二項ヲ設ケ夫カ管理スルコト能ハサルトキハ妻ヲシテ自ラ財產ヲ管理セシムルコトトシタリ
第一項ニハ夫ハ妻ノ財產ヲ管理スト言ヒ普通婚姻ノ場合ト入夫婚姻ノ場合トヲ區別セサルヲ以テ入夫婚姻ノ場合ニモ其夫ノ戶主タルト否トヲ問ハサルヲ以テ妻ハ戶主タル場合ニ於テモ夫ハ妻ノ財產ヲ管理スルコトト爲ルナリ既成法典モ亦本條ト同一ノ主意ニシテ即チ戶主權ノ行使ト財產管理トハ必スシモ常ニ相伴フモノニ非ストシタル結果ナリトス
第八百二條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第四百二十九條乃至第四百三十一條ヲ併合シタルモノナリ其改正シタル㸃ハ左ノ如シ
一 既成法典第四百二十九條ノ但書ハ妻ハ禁治產者若クハ失踪者ナルトキハ夫ハ妻ノ財產ヲ讓渡シ又ハ之ヲ擔保ニ供スルニ妻ノ承諾ヲ得ルコトヲ要セス禁治產者タル場合ニハ親族會ノ許可アリ失踪者タル場合ニハ區裁判所ノ許諾アレハ可ナリトスル意ヲ表ハシタルモノナルモ本案ニ於テハ妻ノ禁治產者タル場合ノコトハ後見ノ章ニ之ヲ規定シタリ其失踪者タル場合ノコトハ民法總則編失踪ノ節ニ於テ汎ク規定セラレアルヲ以テ玆ニ再ヒ之ヲ言フハ要ナシトシテ同條但書ヲ削除シタリ
二 既成法典第四百三十條ハ入夫ハ婚姻中ノ所得ヲ讓渡シ又ハ之ヲ擔保ニ供スルニハ妻ノ承諾ヲ得ルコトヲ要ストシ但書ヲ以テ自己ノ特有財產ヨリ生スル果實及ヒ自己ノ勞力ニ因リテ得タル所得ヲ讓渡シ又ハ之ヲ擔保ニ供スルニハ妻ノ承諾ヲ得ルヲ要セストシタリ若シ入夫ノ果實及ヒ所得ニシテ婚姻ニ因リテ女戶主ノ有ト爲ルモノトスレハ入夫ハ自己ノ隨意ニ之ヲ讓渡シ又ハ之ヲ擔保ニ供スルヲ得サル理ナリ初ヨリ女戶主ノ有タリシ果實ト所得ハ女戶主ノ承諾ナクシテ讓渡若シクハ擔保ト爲スヲ得サルモ婚姻後女戶主ノ有ト爲リシモノハ入夫ノ隨意ニ讓渡若クハ擔保ト爲スヲ得トスル理由ヲ發見スルヲ得ス故ニ同條但書ヲ削リ夫カ妻ノ財產ヲ讓渡シ若クハ擔保ニ供スルニハ常ニ妻ノ承諾ヲ受クヘキコトトシタリ
三 同條ニハ夫ハ婚姻中ノ所得ヲ讓渡シ又ハ之ヲ擔保ニ供スルニハ妻ノ承諾ヲ要ストシ妻ノ特有財產ノ外果實ヲ處分スル際ニモ妻ノ承諾ヲ經ヘキモノノ如クスルモ財產ノ管理ヲ爲ス者ハ其管理ノ範圍內ニ於テ果實ヲ處分スルニハ何人ノ承諾ヲモ經ルヲ要セサルヲ可トシ特ニ本條但書ヲ設ケテ此ノ如キ場合ニハ夫ハ妻ノ承諾ヲ要セサルコトトシタリ
四 既成法典ニハ妻ノ財產ヲ讓渡シ又ハ之ヲ擔保ニ供スル場合ニノミ其承諾ヲ得ルコトヲ要シタルヲ本條ニ於テ夫ハ妻ノ爲メニ借財ヲ爲ス場合ニモ其承諾ヲ得ルヲ要ストシタリ此場合ニモ妻ノ承諾ヲ要スル理由ハ辯ヲ待タスシテ明カナルヘシ
第八百三條
(理由)夫ハ妻ノ財產ヲ管理シ之ヲ危クスルコト往往アルヲ以テ妻ヲシテ其不利益ヲ蒙ムルコトナカラシムル爲メニ妻ノ爲メニ種々ノ規定ヲ設クルコトアリ佛國民法ハ妻ハ夫ノ不動產上ニ法律上ノ抵當ヲ有スルトシ我既成法典亦之ニ倣フ所アリト雖モ本案ニハ法律上ノ抵當ナルモノヲ認メサルヲ以テ此場合ニ際シテモ妻ノ爲メニ法律上ノ抵當ヲ設ケサリシナリ和蘭、西班牙ノ民法等ハ契約上ノ抵當アリトスレトモ本案ハ又之ヲモ採ラスシテ唯夫カ妻ノ財產ヲ管理スルニ當リテ危險アルトキハ相當ノ擔保ヲ供セシムルコトヲ得トシタルナリ夫ノ管理其當ヲ失シ妻ノ財產ヲ危クシタルトキハ妻ハ夫ノ管理權ヲ剝奪シテ自ラ其財產ヲ管理スルコトヲ得ルモ夫ノ管理ハ未タ其甚タシキニ至ラス唯危險アルノミナルトキハ單ニ擔保ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルニ止メタリ而シテ之ヲ法定財產制ノ下ニ置キ當事者ヲシテ自由ニ之ニ異ナル契約ヲ爲スコトヲ得セシメタリ
第八百四條
(理由)既成法典財產取得編第四百三十四條第一項ニハ婦ノ名ヲ以テ生セシメタル債務カ家事管理ノ爲メニ生シタルモノナルトキハ夫ハ之ヲ辨濟スヘキモノトシ暗ニ妻ハ家事ヲ管理スル者ト認メ本條第一項ト其主意ヲ同ウスルモノノ如シ外國ノ法律亦槪ネ之ト同一ノ規定ヲ爲セリ唯諸國ノ間ニ異ナル所ハ或國ニ於テハ妻ノ代理權ハ法律ニ規定シタシモノニ限リ毫モ之ヲ伸縮スルヲ得ストスルモノトシ我國ニ於テハ契約ヲ以テ自由ニ之ヲ變更スルコトヲ得トスルニ在リ本案ハ後ノ主義ヲ採リテ當事者間ニ自由ノ契約ヲ爲スコトヲ許シタリ第二項ノ規定ハ別ニ説明ヲ要セサルヘシ
第八百五條
(理由)既成法典ニハ夫カ妻ノ財產ヲ管理スルニ當リテ有スル權利及ヒ負擔スル義務ヲ規定シタルニ止マリ管理ノ際ニ用ユヘキ注意ノ程度ヲ示サス何等ノ明文ヲ示ササルヲ以テ他ノ場合ニ於ケル注意ノ規定ヨリシテ此場合ニ於テモ夫ハ善良ナル管理人ノ注意ヲ用ユヘキコトト爲ルヘシ然レトモ親子夫婦等ノ間ニ於テ財產ヲ管理スルニ當リテ善良ナル管理人ノ注意ヲ親若クハ夫ニ責ムルハ稍其情ニ適セサル所アルヲ以テ本案ニ於テハ親又ハ夫カ子又ハ妻ノ財產ヲ管理スルニ當リテハ自己ノ爲メニスルト同一ノ注意ヲ爲セハ足レリトシテ親權ノ章ニ於テモ本條ニ於テモ其主意ヲ表ハシタリ而シテ妻カ夫ノ代理ヲ爲ス場合ニ於テモ亦之ト同一ノ規定ヲ爲シタルモノトス
第八百六條
(理由)本條ハ極メテ必要ナル規定ナリトス諸國ノ民法ニ本條ニ類スル條文ナキハ或ハ他ノ規定ヨリシテ當然生スル結果ナルニ依リ或ハ明文ヲ揭ケサルモ疑ヲ生スルコトナシト思惟シタルニ依ルナリ然レトモ明文ナキトキハ或ハ疑ヲ生スルヤモ計ラレス且右ノ條文ハ委任ニ關シテ規定シタルモノニシテ夫婦間代理ノ關係ハ委任ニ基クモノニアラサルヲ以テ之ヲ夫婦間ノ關係ニ凖用スルニハ必ス明文ヲ要スルモノナリ
第八百七條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第四百三十五條ニ相當ス一見スルトキハ本條ハ右ノ條文ヲ詳述シタルニ過キサルカ如クナルモ能ク其規定ノ實質ヲ見ルニ二者大ニ相異ナル所アリ既成法典ニ於テハ婦ノ財產ニ非サルモノハ悉ク夫ノ財產ナリト看做シ又入夫ノ財產ニ非サルモノハ女戶主ノ財產ト看做シ恰モ一家ノ中ニハ夫婦二人アルノミノ如ク思惟シ西洋諸國ニ於テハ又多クハ然リトスルヲ以テ同條ノ規定ハ西洋ノ諸國ノ規定トシテハ或ハ其當ヲ得タル所ナランモ我國ニ於テハ一家ノ中ニハ夫婦ノ外ニ種々ノ家族アリ殊ニ夫婦自ラ家族ナルトキハ夫婦ノ外ニ戶主ノ存スルモノナリ然ルヲ夫又ハ婦ノ特有財產ニ非サルモノハ總テ其配偶者ノ財產ト看做スハ恰モ眼中他ノ家族アルヲ認メサルノ觀アルヲ以テ本案ニ於テ之ヲ改メ或財產カ夫婦ノ孰レニ屬スルヤ判然セサル場合ニ於テノミ之ヲ夫又ハ女戶主ノ財產ト推定スルコトトシタリ
本條第一項ノ規定ハ既成法典ニ存セス或ハ明文ヲ待タスシテ本項ノ如クナルヘシト雖モ我國從來ノ慣習トシテ妻ハ特有財產ヲ有セサルヲ通常トシタルヲ以テ若シ本項ノ規定ナキトキハ妻ノ持參シ來リシ財產ハ夫ノ有ニ歸スルヤノ疑ヲ生スヘキヲ以テ明文ヲ設ケテ其然ラサルヲ示シタルナリ既ニ家族ノ權利ヲ規定スル場合ニ家族カ自己ノ名ニ於テ得タル財產ハ其特有財產トスト言ヒタルト同一ノ趣意ニ出ツルモノトス
第四節
(理由)離婚ニハ協議上ノ離婚ト裁判上ノ離婚トノ二種ヲ認ムルコト既成法典ニ同シ唯既成法典離婚ニハノ效力ナル一節ヲ置ケリ然レトモ其規定スル所ハ一ハ離婚ノ效力ヲ生スル時期ヲ定メ協議上ノ離婚ハ屆出ノ時ヨリ裁判上ノ離婚ハ裁判確定ノ時ヨリ其效力ヲ生スルモノトスルニ在リ(人八九)是レ協議上ノ離婚ヲ以テ屆出ニ成ルモノトシ裁判上ノ離婚ハ訴ヲ以テ之ヲ請求スヘキモノトシタル以上ハ當然ノ結果ニシテ別ニ明文ヲ須タス一ハ子ノ監護ニ關スル離婚ノ效力ヲ定ムルニ在リ(人九〇)是レ別ニ一節ヲ置クノ價値ナキノミナラス人事編第九十條第二項ノ規定ノ如キハ協議上ノ離婚ニハ適用シ難キモノアリ是レ右ノ第三節ヲ削除シタル所以ナリ
第一欵
(理由)本欵ノ規定ハ人事編第五章第一節ト大差ナシ唯當事者カ差出タスヘキ書類ノ種類等ハ之ヲ戶籍法ノ規定ニ讓リ離婚ノ成立ニ關スル條件ハ稍明確ニ之ヲ規定セリ且離婚ノ效力ニ關スル一節ヲ削リタル結果、子ノ監護ニ關スル離婚ノ效力ヲ規定セリ(八一二)
第八百八條
(理由)本條ハ人事編第七十八條ト異ナルコトナシ唯『下ニ定メタル條件及ヒ方式ニ從ヒ』ノ文字ハ必要ナキヲ以テ之ヲ省キタリ
第八百九條
(理由)本條ハ人事編第七十九條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニハ年齡ノ如何ニ拘ハラス父母祖父母ノ許諾ヲ要スルモノトセルモ本條ニ於テハ二十五年未滿ノ者ニ限レリ且婚姻ノ場合ニ於ケルカ如ク父母ナキトキハ祖父母ノ同意ヲ得ルコトヲ要セサルモノトシ唯未成年者ニ限リ後見人ノ同意ヲ必要トシ而シテ後見人ハ既成法典ニ於ケルカ如ク隨意ニ離婚ヲ許スコトヲ得ス必ス親族會ノ同意ヲ得ルコトヲ要スルモノトセリ
第八百十條
(理由)人事編第八十條ニハ離婚屆出ノ時ニ提出スヘキ書類ヲ列擧セリト雖モ是ハ戶籍法ニ讓ルヲ可トシテ玆ニ揚ケサルコト既ニ述ヘタルカ如シ而シテ屆出ニ關スル實質ノ條件及ヒ其構成ノ要素ハ同條ニハ之ヲ揭ケス本條ニ於テハ婚姻ニ關スル第七百七十四條及ヒ第七百七十五條ヲ準用シ以テ能力ニ關スル問題ヲ决シ、離婚カ屆出ニ因リテ其效力ヲ生スヘキコトヲ明カニシ且其屆出ノ要素ヲ定メタリ
第八百十一條
(理由)本條ニ於テハ離婚ノ屆出ヲ受ケタル戶籍吏ノ義務及ヒ戶籍吏カ此義務ヲ盡サスシテ屆出ヲ受理シタルモ一旦受ケタル離婚ノ屆出ハ敢テ其效力ヲ失フコトナキ旨ヲ定メタリ是レ婚姻ニ關シ第七百七十六條及ヒ第七百七十八條第二號ノ規定アルト同一ノ主意ニ出テタルモノニシテ戶籍吏ハ力メテ違法ノ離婚ヲ防遇スヘク而モ戶籍吏カ其違法ナルモノヲ默過シタルトキハ後日其離婚無效ト爲ルノ不幸ナカラシメタルナリ但意思ナカリシ屆出ノ無效ナルコトハ固ヨリ言フヲ待タス蓋シ屆出ハ他ノ行爲ノ如ク必ス意思ヲ要スルモノナレハナリ而シテ婚姻ニ付キ特ニ之ヲ言ヘルモノハ(七七八、一號)他ナシ民法ニ揭ケタル原因ニ據ルニ非ラサレハ一切婚姻ノ無效又ハ取消ヲ主張スルコトヲ得セシメサル爲メナリ離婚ニ至リテハ此ノ如キ必要ナシ故ニ他ノ法律行爲ノ如ク詐欺、强迫ニ因リテ之ヲ取消スコトヲモ得ヘシ
第八百十二條
(理由)本條ハ人事編第九十條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ノ規定ニ依レハ第一夫婦ノ協議ヲ許サス是レ現行法ニ反シ實際ノ便利ヲ顧ミス且協議離婚ノ性質ニ悖レルモノト謂フヘシ故ニ先ツ夫婦ノ協議ヲ許シタリ
第二協議離婚ノ場合ニハ力メテ裁判所ノ關與ヲ避クヘキコト我邦ノ慣習ニ照シテ尤モ必要トスル所ナリ故ニ人事編第九十條第二項ヲ以テ削除シタルコト前ニ言ヘルカ如シ
第三本條ノ規定ハ單ニ子ノ監護ノミニ關スルモノニシテ親權ノ他ノ效力其他親子間ノ權利義務ニ影響ヲ及ホササルモノトセサルコトヲ得ス是レ本條第三項ノ規定ヲ必要トシタル所以ナリ
第二欵
(理由)人事編第五章第二節ハ之ヲ分チテ『離婚及ヒ不受理ノ原因』『假處分』『離婚ノ訴』ノ三欵トセリト雖モ假處分ハ之ヲ手續法ニ委ネ離婚ノ訴ニ關シテモ何人カ之ヲ提起スルコトヲ得ルカト云ヘルカ如キ實體法ニ屬スル規定ハ(人八七)固ヨリ之ヲ民法中ニ收ムヘシト雖モ證據方法ニ關スル規定ノ如キハ(人八八)之ヲ手續法ニ讓ルヲ當然トシ之ヲ玆ニ揭ケス之ニ反シテ離婚ノ原因及ヒ其訴權ノ消滅スヘキ原因ハ細ニ之ヲ規定シ大ニ既成法典ノ缺典ヲ補ヒタリ其詳細ニ至リテハ請フ各條ニ付テ之ヲ論セン
第八百十三條
(理由)一、人事編第八十一條ニハ離婚ノ原因ノミヲ揭ケ何人カ其訴ヲ提起スルコトヲ得ルカハ之ヲ離婚ノ效力トシテ現定セルコトハ(八九)既ニ言ヘルカ如シ本條ニ於テハ直チニ夫婦ノ一方カ玆ニ列擧セル原因ニ據リテ離婚ノ訴ヲ提起スルコトヲ得ル旨ヲ定ムルヲ簡便ト認メタリ
二、既成法典ニハ配偶者カ重婚ヲ爲シタルヲ以テ離婚ノ原因トセス是レ盖シ重婚ハ婚姻取消ノ原因ナルカ故ニ(七八〇、人五六)其取消ヲ請求スレハ可ナリトセルモノカ然リト雖モ既ニ他人ヲ配偶者トスルコトヲ欲シタル者殊ニ多クノ場合ニ於テハ既ニ他人ト夫婦ノ生活ヲ爲シタル者ヲ依然夫トシ妻トスルコトハ人情ノ欲セサル所ナリ况ヤ刑法ニ於テ六月以上二年以下ノ重禁錮ヲ以テ之ヲ罰シ尙ホ罰金ヲ附加スルニ非スヤ(刑三五四)而シテ既成法典ニ於テハ重婚ハ猥褻罪ニ非サルカ故ニ假令一年以上ノ重禁錮ニ處セラルルモ以テ離婚ヲ請フコト能ハス豈ニ缺㸃ト謂ハサルヘケンヤ或ハ曰ハン重婚ノ場合ニハ必ス姦通アラント然レトモ第一重婚ハ屆出ニ因リ法律上成立スルニ止マルコトアリ第二假令同衾ヲ爲スモ重婚ハ取消アルマテハ成立スルヲ以テ其同衾ハ法律ノ許ス所ナリト謂ハサルヘカラス故ニ姦通、有夫姦ヲ以テ論スヘカラサルコト刑法ニ於テ各別ノ犯罪トスルニ據ルモ明カナリ
三、既成法典ニハ夫ノ姦通ヲ刑ニ處セラレタル場合ニ限リ之ヲ離婚ノ原因トセリ是レ頗ル理由ニ乏シキ所ナリ若シ姦通ハ夫婦ノ義務ヲ破ルコト尤モ甚タシキヲ以テ之ヲ離婚ノ原因トスルカ然ラハ敢テ刑ニ處セラルルト否トヲ問フノ要ナシ若シ又夫婦間尤モ重スヘキ事項ニ付キ犯罪ヲ行ヒ刑ニ處セラルルニ至リタルカ故ニ離婚ヲ許ストセハ豈ニ啻有夫姦ノミナランヤ刑法第三百四十八條及ヒ第三百四十九條ニ揭ケタル姦淫罪ニ因リテ處刑ヲ受ケタルトキモ亦同シカラサルコトヲ得ス故ニ本案ニ於テハ汎ク『夫カ姦淫罪ニ因リテ刑ニ處セラレタルトキ』トセリ
四、既成法典ニハ『重罪ニ因レル處刑』及ヒ『竊盜、詐欺取財又ハ猥褻ノ罪ニ因レル重禁錮一年以上ノ處刑』ヲ以テ離婚ノ原因トセリ然レトモ假令重罪ニ因ルモ其情輕クシテ輕罪ノ刑ニ處セラルルトキハ必シモ之ヲ以テ離婚ノ原因ト爲スノ理由ナシ重罪必スシモ破廉耻罪ナリト謂フコトヲ得ス國事犯中往々其情ノ憐ムヘキモノアルニ非スヤ殊ニ犯罪ノ種類ヲ限ルハ一見理アルカ如キモ細ニ之ヲ觀察スレハ大ニ然ラサルモノアリ詐欺取財ノ破廉恥ナルコト疑ナシ然レトモ外國貨幣又ハ銅貨ノ變造行使ハ如何(刑一八三、二項、一八五、二項)私印、私書ノ僞造ハ如何(刑二〇八、二一〇)破廉恥罪ト其他ノモノト甄別スルコト極メテ難シ故ニ寧ロ重禁錮三年以上トシ犯罪ノ種類ニ依リテ區別ヲ爲ササルコトトセリ
五、既成法典ニハ『婦又ハ入夫ヨリ其家ノ尊屬親ニ對スル暴虐、脅迫及ヒ重大ノ侮辱』ヲ以テ離婚ノ原因トセリト雖モ是レ聊カ狹キニ失スル嫌アリ夫カ妻ノ父母、祖父母ニ對シ、女戶主カ入夫ノ父母、祖父母ニ對シ虐待ヲ爲シ又ハ之ニ重大ナル侮辱ヲ加フルカ如キコトアラハ其子孫タル妻、入夫ハ豈ニ袖手傍觀スルニ忍ヒンヤ此ノ如キ場合ニ於テハ寧ロ夫、妻ヲ去テ生家ニ還ランコトヲ欲スル者多カルヘシ故ニ本案ニ於テハ汎ク『配偶者カ自己ノ直系尊屬ニ對シテ虐待ヲ爲シ又ハ之ニ重大ナル侮辱ヲ加ヘタルトキ』トセリ
六、既成法典ニハ失踪ヲ以テ離婚ノ原因トセリト雖モ新民法ニ於テハ失踪者ハ死亡者ト看做スカ故ニ當然婚姻解消ヲ來スヘク又既成法典ニ所謂失踪モ五年若クハ七年ノ後始メテ之ヲ宣吿スルコトトセルヲ以テ我慣習上聊カ長キニ失スルノ感ナキニ非ス從來ノ慣習ニ依レハ原則トシテ二年特別ノ事情アレハ十个月ノ後離婚ヲ許セリ(近年ニ至リテハ特別ノ事情ナキモ婚家、實家協議ノ上ハ之ヲ許シタル例アリ)是レ亦早キニ失スルカ如シ故ニ本案ニ於テハ之ヲ三年トセリ
七、本條第十號ノ場合ニ付テハ人事編第百四十八條ノ規定ナキニ非スト雖モ離緣ノ效力トシテ之ヲ規定スルハ當ラサルノミナラス之ヲ婿養子緣組ノ場合ニ限リタルハ缺點タルコトヲ免レス養子カ家女ト婚姻ヲ爲シタル場合ニ於テモ養子離緣ノ結果家女モ共ニ其家ヲ去リテ動モスレハ家ニ其系統ヲ絕ツニ至ラントス故ニ此場合ニ於テモ亦離婚ヲ許ササルヘカラス而シテ是レ養子緣組ノ取消アリタル場合ニ於テモ亦同シキ所ナリ
第八百十四條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニハ之ヲ缺ケリ然レトモ其必要ナルコトハ盖シ多辯ヲ須タス前條第一號乃至第四號ノ事項ハ皆不法ナル事項ナリト雖モ夫婦ノ一方カ他ノ一方ノ之ヲ爲スニ同意シタルトキハ己モ之ヲ是認シタルモノナルカ故ニ或ハ犯罪ヲ搆成セス或ハ己モ共犯ヲ以テ論セラルルコト多ク之ニ據リテ其配偶者ヲ尤メ爲メニ離婚ヲ請求スルコトヲ得サルハ固ヨリ當然ナル所ナリ又假令初ヨリ之ニ同意セサルモ若シ後日之ヲ宥恕スルトキハ是レ未タ以テ離婚ヲ請求スルニ足ラストシタルナリ然ルニ更ニ後日ニ至リテ之ヲ理由トシテ離婚ヲ請求スルハ多クハ自己ノ便宜等他ノ原因ニ由リテ之ヲ請求スルモノナルヘシ故ニ之ニ因リテ離婚ヲ許スノ必要ナシ是レ第五號乃至第七號ノ場合ニ於テモ同シキ所ナリ
第八百十五條
(理由)本條ハ全ク人事編第八十二條第二項ト異ナル所ナシ同條第一項ヲ削リタルハ自ラ手續法ニ屬スルモノナレハナリ
第八百十六條
(理由)夫婦ハ愛情ヲ以テ成ル故ニ他人間ニ在テハ恕スヘカラサル事由モ夫婦間ニ在テハ容易ク之ヲ恕スルコト多シ故ニ一年以上モ離婚ノ原因アルヲ知リツヽ敢テ離婚ヲ請求セサルハ大抵之ヲ恕シタルナリ假令之ヲ知ラスシテ十年以上ヲ經過シタリトスルモ十年前ノ行爲ハ其感覺既ニ薄ク眞ニ此原因ノ爲メニ離婚ヲ請求セント欲スル者ハ稀ナルヘク况ヤ之ヲ知リタル際ハ實際ニ擧ケ難ク之ヲ知リタル者モ之ヲ知ラサリシト主張センニ反對ヲ證スルコト能ハサル場合多カルヘキニ於テオヤ殊ニ十年前ノ行爲ハ之ヲ證スルコト極メテ難ク徒ラニ舊惡ヲ訐カンカ爲メニ無數ノ聞ヲ厭フ事跡ヲ白日ニ晒スニ至ルヘキヲ以テ本條ノ規定ヲ必要トセリ既成法典ニ之ヲ缺ケルハ缺典ト謂フヘシ
第八百十七條
第八百十八條
(理由)本條第一項ノ規定ナクンハ離緣又緣組ノ取消カ離婚ノ原因ナルカ故ニ先ツ離緣又ハ緣組ノ取消ヲ請求シ其裁判確定ノ後ニ非サレハ離婚ヲ請求スルコトヲ得サルヘシ然レトモ離緣又ハ緣組ノ取消ノ場合ニ於テ離婚ヲ爲サント欲スルトキハ當事者ハ寧ロ直チニ離別ヲ欲スルコト多カルヘシ故ニ離緣又ハ緣組ノ取消ニ附帶シテ離婚ヲ訴フルコトヲ得ルモノトセリ
本條第二項ノ一半ハ既ニ人事編第百四十八條ニ規定セリ唯當事者カ離婚請求ノ權利ヲ抛棄シタルトキモ亦其權利消滅スルモノトセサルヘカラス盖シ第八百十三條第十號ノ規定ハ當事者カ養子關係ヲ條件トシテ婚姻ヲ爲シタルナラント想像シテ設ケタルモノナリト雖モ若シ其一方又ハ双方カ此規定ヲ以テ與ヘタル權利ヲ抛棄スルトキハ是レ養子關係ヲ條件トセサルコトヲ自認スルモノナリ故ニ其抛棄ヲ爲シタル者ヨリ離婚ノ請求ヲ爲スコトヲ得サルモノトスルハ固ヨリ當然ナル所ナリ
第八百十九條
(理由)本條ハ人事編第九十條ト殆ト異ナル所ナシ唯同條ハ前ニ言ヘルカ如ク協議上ノ離婚ニモ關スルト雖モ本案ニハ之ヲ削ルコト既ニ述ヘタルカ如シ且第八百十二條ニ於テ當事者ノ協議ヲ容レタルト此監護權ノ範圍ヲ明カニシタルトヲ玆ニ準用セリ
第四章
(理由)本編ハ人事編第六章及ヒ第七編ニ該當ス人事編第六章ハ親子ト題シテ親ト實子トノ關係ヲ規定シ又第七章ハ養子緣組ト題シテ養親トノ關係ヲ規定セリ然レトモ養親ト養子トノ關係モ亦親子ノ關係ナルカ故ニ本章ハ之ヲ親子ト題シ第一節ニハ實子ニ關スル規定ヲ揭ケ第二節ニハ養子ニ關スル規定ヲ揭ケタリ
第一節
(理由)人事編第六章ハ之ヲ三節ニ分チ第一節ニハ嫡出子、庶子及ヒ私生子ニ關スル規定ヲ揭ケ第二節ニハ嫡出子ニ關スル人事編第九十一條ノ推定ヲ避クル否認訴權ノ規定ヲ揭ケ第三節ニハ庶子及ヒ私生子ノ嫡出子ト爲ル權利ヲ規定セリ然レトモ此區別タルヤ甚タ其當ヲ得サルカ故ニ本案ニ於テハ此區別ヲ採ラスシテ實子ノ種類ニ基キ本節ヲ分チテ二欵トセリ
第一欵
(理由)本欵ハ人事編第六章第一節ノ一部及ヒ第二節ニ該當ス凡ソ如何ナル者カ嫡出子タルカヲ定ムルニハ法律上ノ推定ニ依ラサルヲ得サルヘシ而シテ一且嫡出子ノ推定ニ關スル規定ヲ設ケタル以上ハ又其推定ヲ覆ヘス方法ヲ設ケサルヘカラス是レ本節ノ規定ノ由テ生シタル所以ナリ或立法例ニ於テハ否認訴權ニ關スル規定ヲ揭クルト同時ニ否認ノ訴ニ付キ爲シタル判决ノ效力ヲモ規定セリト雖モ本案ニ於テハ之ニ關スル規定ヲ手續法ニ讓ルコトトセリ
既成法典人事編第九十二條ニハ嫡出子ハ出生證書ヲ以テ之ヲ證ストアリ是レ佛民法ニ倣ヒタル規定ナリト雖モ其當ヲ得サルハ明ナリ盖シ出生證書ハ單ニ分娩ヲ證スルニ止マルモノナルヲ以テナリ今若シ嫡出子タルコトヲ證明セントセハ巳レヲ分娩シタル母カ婚姻中ニ懷胎シタル事實及ヒ其夫カ己ノ父タルコトヲ明ニセサルヘカラス又同第九十三條ハ同シク證據ニ關スル規定ナルカ故ニ第九十二條ト共ニ之ヲ削除セリ
第八百二十條
(理由)本條ハ人事編第九十一條ニ該當ス同條第一項ニハ婚姻中ニ懷胎シタル子ハ夫ノ子トストアルモ反證ヲ許スヘキ事柄ナルヲ以テ推定スト改ムルヲ可トス
本條第二項ハ懷胎期ヲ定メタルモノナリ抑モ懷胎期ニ關シテハ學說及ヒ立法例其軌ヲ一ニセス佛民法ニ於テハ子ノ出生前三百日ヨリ百八十日マテヲ懷胎期ト定メタリ而シテ佛民法ノ解釋家ハ此期間外ニ生シタル子ハ之ヲ嫡出子ト推定シ只容易ニ其推定ヲ覆ヘスコトヲ得ルモノト爲セリ今專門家ノ言ヲ聞クニ懷胎ノ時ヨリ三百日以後ニ生ルル者全ク之ナキニ非ス而シテ懷胎後二百日以內ニ生レタル子ノ生育スルハ極メテ稀ナリト云ヘリ本條第二項ニ於テハ夫ノ利益ヲ保護センカ爲メ稀有ノ場合ヲ度外視シ最短期ヲ二百日トシ最長期ヲ三百日トセリ
人事篇第九十一條ニ夫ノ死亡若クハ離婚トアルヲ改メテ婚姻ノ解消ト爲シ以テ失踪ノ場合ヲ含ムコトトセリ而シテ婚姻ノ取消ノ場合ハ之ヲ婚姻解消ノ場合ト同一視セサルヘカラサルカ故ニ取消ノ文字ヲ加ヘタリ又同條ニハ婚姻ノ儀式ヨリトアリ而シテ既成法典ノ主義ニ依レハ婚姻ノ儀式ハ慣習ニ從フヘキモノナルカ故ニ婚姻ノ儀式ヨリト云ハハ通常夫婦同居ノ初日ヨリト云フト同一ナル可シ然レトモ夫婦同居ノ初日ハ之ヲ明ニスルコト難キカ故ニ本案ニ於テハ戶籍吏ニ屆出テ爲シテ婚姻ノ成立ヲ來スニ至リタル時ヨリ懷胎期ヲ起算スルコトトセリ
第八百二十一條
(理由)女カ第七百六十七條第一項ノ規定ニ違反シ前婚ノ解消又ハ取消ノ時ヨリ六ケ月內ニ再婚ヲ爲シタル場合ニ於テハ其分娩シタル子ハ第八百二十條ノ規定アルカ爲メ前夫ノ子ナルカ又ハ後夫ノ子ナルカヲ定ムルコト能ハサル場合アルヘシ外國ノ立法例ニ於テハ此場合ニ關スル規定ヲ設クルモノ甚タ少シ唯獨逸民法ニ於テハ婚姻ノ解消後二百七十日以內ニ生レタル子ハ前夫ノ子トシ其以後ニ生レタル子ハ後夫ノ子ト定メ又白耳義民法草案ニ於テハ裁判所ノ判斷ニ一任スルモノト定メタリ本條ハ即チ白耳義民法草案ニ傚ヒタルモノナリ
第八百二十二條
(理由)本條ハ人事編第百條ニ該當ス抑モ前條ノ推定ノ事實ニ適スルヤ否ヤハ夫妻ノ外他ニ之ヲ知ル者ナカルヘキカ故ニ否認訴權ハ夫ノミニ屬スルコトトセリ既成法典人事編第百條但書ニ依レハ何人ニ對シテ否認權ヲ行フヘキモノナルカヲ明ニスルヲ得ス本案ニ於テハ次條ノ規定ヲ置キ同時ニ否認權ハ子ノ出生後ニ至リテ之ヲ行フヘキモノナルコトヲ間接ニ示シタルヲ以テ右ノ但書ヲ削除セリ
從來ノ立法例ニ於テハ夫カ否認權ヲ行フコトヲ得ル場合ヲ列擧スルモノアリ然レトモ夫ハ孰レノ場合ニ於テ否認ヲ爲スコトヲ得ルカノ問題ハ之ヲ事實論ニ委スルヲ可トス又從來ノ立法例ニ於テハ子ヲシテ其母ノ夫カ自己ノ父ニ非サル事實ヲ證明スルコトヲ得セシムルモノアリト雖モ若シ子ニ此ノ如キ權利ヲ與フルトキハ其母ノ姦通ヲ證明セシムルカ如キ弊害ヲ生スルノ虞アルカ故ニ本案ニ於テハ此主義ヲ採用セス
第八二十三條
(理由)既成法典ニ於テハ本條ノ如キ規定ヲ設ケサルカ故ニ夫ハ何人ニ對シテ否認權ヲ行フ可キモノナルカヲ明ニスルコト能ハサルハ既ニ述ヘタル所ナリ諸國ノ法典ニ於テハ夫ハ子ニ對シテ否認權ヲ行フヘキモノトセルカ故ニ本案ニ於テモ亦此主義ヲ採用セリ只子カ未成年者ナルトキハ夫ハ其法定代理人ニ對シテ否認權ヲ行フノ外ナカルヘシ而シテ否認權ヲ行フ夫カ子ノ法定代理人ナルトキハ其子ヲ代表スルコト能ハサルカ故ニ子ノ爲メニ特別代理人ヲ置カサルヘカラス然レトモ特別代理人ノ選定ヲ親族會ニ委スルトキハ子ノ利益ヲ害スルニ至ルナキヲ保セス盖シ親族會ハ夫ノ利益ヲ計ルコト多カルヘキヲ以テナリ故ニ特別代理人ノ選任ハ裁判所ニ於テ之ヲ爲スヘキモノト定メタリ
第八百二十四條
(理由)既成法典ニハ本條ノ如キ規定ナシ佛國民法及ヒ和蘭民法等ハ默示ノ承認ノ場合ヲ揭ケ夫カ婚姻ノ成立後百八十日以內ニ生レタル子カ婚姻前ヨリ母ノ胎內ニ在リタルコトヲ知リ又ハ出生屆ニ干與シタルカ如キ事實アルトキハ否認權ヲ失フ旨ヲ規定セリ然レトモ此規定ハ挾キニ失スルカ故ニ本案ニ於テハ一切ノ明示又ハ默示ノ承認ニ依リテ否認權ノ喪失ヲ來スモノト爲セリ又否認ニハ期限又ハ條件ヲ附スルコトヲ得サル旨ヲ規定スル立法例ナキニ非スト雖モ承認ノ性質上言フヲ俟タサル所ナルカ故ニ本案ニ於テハ敢テ之ヲ明言セス
第八百二十五條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百二條ニ該當ス從來ノ立法例ヲ見ルニ夫ノ否認訴權ヲ行フヘキ期間ニ關スル規定區々ナリト雖モ一年ノ長キニ亘ルモノ甚タ少シ唯普國民法及ヒ獨逸民法ノミ本案ト同シク此期間ヲ一年トセリ此ノ如ク夫ノ否認訴權ヲ行フヘキ期間ヲ一年トスルハ通常長キニ過クヘシト雖モ夫カ遠隔ノ地ニ在ルカ如キ場合ニ於テハ之ヲ一年ト爲スノ至當ナルヲ認ム而シテ既成法典ニ於ケルカ如ク種々ノ場合ニ應シテ夫ノ否認訴權ヲ行フヘキ期間ヲ區別スルトキハ煩雜ヲ來スニ至ルヘキカ故ニ本案ニ於テハ夫ハ孰レノ場合ヲ問ハス子ノ出生ヲ知リタル時ヨリ一年內ニ否認ノ訴ヲ提起スル旨ヲ定メタリ
第八百二十六條
(理由)夫カ未成年者ナルトキハ其否認訴權ヲ行フ可キ期間ヲ其成年ニ達シタル時ヨリ起算スルヲ至當トス盖シ夫カ未成年者ナル場合ニ於テハ其法定代理人ハ之ニ代ハリテ否訴認權ヲ行フコト能ハサルモノナルヲ以テナリ只夫カ成年ニ達シタル後ニ至リ始メテ子ノ出生ヲ知リタルトキハ前條ノ規定ヲ適用セサルヘカラサルカ故ニ第一項但書ノ規定ヲ設ケタリ
本條第二項ニ於テ否認權行使ノ期間ヲ禁治產ノ取消アリタル後夫カ子ノ出生ヲ知リタル時ヨリ起算スルモ亦第一項ト同一ノ理由ニ依ル
第二欵
(理由)既成法典ニ於テハ嫡出子ニ非サル子ヲ分チテ私生子及ヒ庶子ト爲セリ本案ニ於テハ妾ヲ認メサルカ故ニ法律上庶子ヲ認ムルハ少シク穩ナラサル嫌ナキニ非スト雖モ從來ノ慣習ヲ重シ庶子ヲ認ムルコトトセリ
第八百二十七條
(理由)既成法典ニ於テハ父ノ知レサル子ヲ私生子トシ父ノ認知シタル私生子ヲ庶子ト爲シタルニ拘ラス母ノ知レサル子ニ關スル規定ヲ設ケス是レ盖シ母ノ知レサル場合ナキモノト認メタルカ爲メナラン今若シ母ハ毎ニ出生ノ屆出ヲ爲スモノトセハ母ノ知レサル場合決シテ之ナカルヘシト雖モ或ハ母カ出生子ヲ棄テ又ハ母カ法律ニ違反シテ出生ノ屆出ヲ爲サス後ニ至リテ認知ヲ爲スコトアルヘキカ故ニ本案ニ於テハ母ノ知レサル場合アルモノト認メ父又ハ母ニ於テ私生子ノ認知ヲ爲スコトヲ得ルモノト定メタリ
父カ認知シタル私生子ヲ庶子ト爲シタルハ既成法典ト同シキ所ニシテ從來ノ慣習ニ從ヒタルモノナルコト既ニ述ヘタルカ如シ
第八百二十八條
(理由)本條ハ人事編第九十九條末段ヲ修正シ禁治產者ト雖モ亦未成年者ト同シク私生子ヲ認知スルコトヲ得ルモノトシ且ツ父又ハ母カ私生子ヲ認知スルニハ法定代理人ノ同意ヲ必要トセサル旨ヲ定メタリ外國ノ法典ニ於テハ父又ハ母カ無能力者ナル場合ニ於テモ私生子ノ認知ヲ爲スコトヲ得ル旨ヲ規定スルモノ極メテ少シ現ニ佛民法ニ於テハ無能力者タル父又ハ母ノ私生子認知ニ關スル規定ヲ設ケサルカ爲メ學者ノ間ニ議論ヲ生シ或學者ハ父又ハ毋ハ無能力ナル場合ニ於テモ私生子ノ認知ヲ爲スコトヲ得ルモノトシ他ノ學者ハ私生子ノ認知ハ事極メテ重大ナルヲ以テ無能力者ナル父又ハ母ニ於テ之ヲ爲スコト能ハサルモノト爲セリ凡ソ未成年者ニシテ子ヲ生ミタルモノハ既ニ相當ノ年齡ニ達シタルモノナルヘキカ故ニ之ヲ私生子ノ認知ヲ爲サシムルモ敢テ弊害ヲ生セサルヘク又禁治產者カ私生子ノ認知ヲ爲スハ其一時心神ヲ回復スル場合ニ於テスルモノナルカ故ニ之ヲシテ私生子ノ認知ヲ爲スコトヲ得セシムルモ敢テ其弊ヲ見サルヘシ而シテ私生子ノ認知ハ父又ハ母タル者ノ自ラ決ス可キ所ナルカ故ニ父又ハ母カ無能力者ナル場合ニ於テモ私生子ノ認知ヲ爲スニハ其法定代理人ノ同意ヲ得ルコトヲ要セサルモノト定メタリ其他法定代理人ノ同意ヲ要セサル理由ハ第七百五十六條ニ於テ之ヲ述ヘタルヲ以テ再ヒ之ヲ說明セス
第八百二十九條
(理由)本條ハ人事編第九十九條前段ニ該當ス外國ノ立法例ニ於テハ私生子ノ認知ハ公正證書ヲ以テ之ヲ爲スコトヲ得ト規定スルモノアリ本案ニ於テハ身分ヲ定ムル行爲ハ確實ヲ期スルカ爲メ戶籍吏ニ屆出ヲ爲スヘキモノトスル主義ヲ採リタルカ故ニ私生子認知モ亦戶籍吏ニ届出ツルニ依リテ之ヲ爲スヘキモノト定メタリ
第二項ノ規定ハ父又ハ母カ生前ニ於テ私生子ヲ認知スルコトヲ欲セス死後之ヲ發表スルコトヲ欲スル場合アルヘキヲ以テ之ヲ設ケタリ
第八百三十條
(理由)本條ノ規定ハ多數ノ立法例ニ於テ之ヲ見ス只葡萄牙民法及ヒ西班牙民法ニ於テノミ之ヲ見ルト雖モ實際其必要アリト謂フヘシ盖シ父又ハ母カ其私生子ノ成年ニ達スルマテ之ヲ放棄シ置キタルニ拘ハラス尙ホ隨意ニ其認知ヲ爲スコトヲ得ルモノトスルハ其當ヲ得サルノミナラス輕シク人ノ身分ヲ左右スルノ結果ヲ生スルヲ以テナリ而シテ第八百三十四條ノ規定アルノミニテハ未タ以テ充分ニ子ノ利益ヲ保護スルニ足ラサルナリ
第八百三十一條
(理由)本條第一項ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス人事編第二條ノ規定ニ依レハ父ハ胎內ニ在ル子ノ利益ノ爲メニ之ヲ認知スルコトヲ得ヘシト雖モ其適用ノ範圍ニ至リテハ本條ノ規定ニ比シテ少シク狹シト謂フヘシ
本條第二項ノ規定ハ死亡シタル子ノ直系卑屬ノ利益ヲ保護センカ爲メニ設ケタルモノナリ今若シ父又ハ母カ死亡シタル子ノ直系卑屬ノ爲メニ其子ヲ認知スルトキハ其直系卑屬ハ之ニ依リテ相續權ヲ取得スル場合アラン而シテ但書ノ規定ニ至リテハ第八百三十條ニ對スル權衡ヨリ論スルモ其至當ナルコトヲ知ルヘシ
第八百三十二條
(理由)認知ハ屆出ニ依リテ之ヲ爲スモノナリト雖モ其行爲ノ性質タルヤ之ニ依リテ親子ノ親族關係ヲ定ムルモノナルヲ以テ其效力ハ子ノ出生ノ時ヨリ始マルヲ以テ至當トス然レトモ認知ノ行爲アリタル前ニ既ニ第三者カ權利ヲ取得シタルトキハ之ニ遡及效ノ影響ヲ及ホスハ權利享有ノ確實ヲ害スルモノナルヲ以テ本條但書ヲ以テ遡及效ノ作用ヲ適度ニ制限スルコトトセリ
第八百三十三條
(理由)認知ハ父又ハ母カ私生子ノ自己ノ子タル事實ヲ承認スルモノナルカ故ニ一旦認知ヲ爲シタル以上ハ其取消ヲ爲スコト能ハサルモノトス然レトモ認知ハ單獨行爲ナルカ故ニ自由ニ其取消ヲ爲スコトヲ得ルモノニ非サルカノ疑ヲ生スルコトナキニ非サルヘシ是レ本條ノ規定ヲ設ケタル所以ナリ
第八百三十四條
(理由)本條ハ認知ニ對シテ反對ノ事實ヲ主張スルニ付キ利益ヲ有スル者ヲシテ虛僞ノ認知ヨリ生スルコトヲ避ケシムルカ爲メニ設ケタルモノナリ認知ハ單獨行爲ナルヲ以テ認知ニ因リテ損害ヲ蒙ムルヘキ者ニ認知取消ノ請求ヲ爲スノ必要アルハ論ヲ俟タサルナリ
第八百三十五條
(理由)本條ハ子、其直系卑屬又ハ此等ノ者ノ法定代理人ヲシテ或者ノ其父タリ又ハ母タル事實ヲ證明シ之ニ對シテ認知ヲ求ムルコトヲ許シタルモノナリ而シテ認知ヲ求ムルニ當リテハ初ヨリ裁判所ヲ煩ハササルカ爲メ先ツ父又ハ母ニ對シテ認知ヲ求メ其父又ハ母カ任意ニ認知ヲ爲ササル場合ニ於テ裁判所ニ請求ヲ爲スヘキモノト爲セリ
第八百三十六條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百三條乃至第百五條ノ精神ヲ採用シタルモノナリ只人事編第百三條乃至第百五條ニ於テハ母ハ何レノ場合ニ於テモ知レタルモノト認メタルカ故ニ母ノ認知ノ事ヲ言ハサルモ既ニ述ヘタルカ如ク本案ニ於テハ母ノ知レサル場合アルモノト認メタルカ故ニ母ノ認知ヲ爲ス場合ヲ豫想シテ本條ノ規定ヲ設ケタリ
第二節
(理由)本節ハ他人ノ收養ニ依ル親子關係即チ養子ニ關スル規定ニシテ既成法典人事編第七章及ヒ第八章ヲ合シテ之ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ既成法典ハ親子關係ト養子關係トヲ全然分離シテ之ヲ別章ニ規定スト雖モ此兩關係ハ自然ニ出ツルト收養ニ係ルトノ區別アルノミニシテ共ニ親子關係ニ外ナラサルヲ以テ本案ハ實子ト養子トヲ區別シテ共ニ之ヲ親子ニ關スル本章ノ下ニ規定セリ而シテ既成法典ハ養子緣組及ヒ養子離緣ニ關シ各一章ヲ設クト雖モ此等ハ共ニ養子ニ關スル規定ノ分類タルニ過キサルモノナルヲ以テ本案ハ之ヲ本節ノ下ニ纒括セリ其他既成法典ハ養子緣組ニ關スル一章ヲ六節ニ分チ又養子離緣ニ關スル一章ヲ分チテ三節トシ巧ニ規定ノ分類ヲ爲スカ如シト雖モ實際其必要ナキノミナラス斯ノ如キ細別ハ却テ法條ヲ錯雜ナラシムル弊アルニ因リ本案ハ本節ヲ分チテ四欵トシ緣組ノ要件、無效並ニ取消、效力及ヒ離緣ニ關シ順次其規定ヲ揭ケタリ
養子制度ノ存廢ニ付テハ學說及ヒ立法論ハ固ヨリ一ニ歸スルニ非ス或ハ養子制度ハ人倫ヲ亂スノ弊アリトシ或ハ婚姻ノ妨害ヲ爲ス虞アリトシ或ハ相續權、遺留分等ヲ害スル恐アリトシテ之ヲ排斥スル學說及ヒ立法例少カラスト雖モ人類進化ノ或程度ニ於テ養子又ハ是ニ類似ノ制度カ人類ノ生存、社會ノ組織ニ必要ナリシコトハ敢テ疑ヲ容レサル所ニシテ現ニ今日ニ於テモ種々ノ理由ニ因リ其必要ヲ感スルモノナレハ多數ノ立法例ハ養子制度ヲ認メ殊ニ我國ノ如キハ家ヲ以テ社會ノ基礎ト爲スニ因リ養子制度ノ必要ヲ感スルコト殊ニ甚シク古來此制度ヲ認メ今日ニ至リ敢テ必要ノ程度ヲ減シタルモノニ非ス故ニ本案ハ養子制度ヲ保存スルト同時ニ之ニ伴フテ發生スル所ノ弊害ハ力メテ之ヲ矯正シ又ハ之ヲ豫防スルコトニ注意セリ
第一欵
(理由)本欵ハ養子ヲ爲ス者及ヒ養子ト爲ル者ノ資格其他緣組ノ方式ノ如キ總テ養子緣組ニ必要ナル法定ノ條件ヲ規定スルモノニシテ主トシテ既成法典人事編第七章第一節及ヒ第二節ニ修正ヲ加ヘタリ而シテ其單ニ緣組ト云フ所以ハ殊更ニ養子緣組ト云ハサルモ誤解ヲ生スル虞ナケレハナリ
第八百三十七條
(理由)本條ハ養子ヲ爲ス者ノ年齡ニ關スル規定ニシテ既成法典人事編第百六條第一項ト同一ノ趣旨ニ基ツクモノトス盖シ現今ニテハ養子ヲ爲ス者ノ年齡ニ付キ別ニ制限ナシト雖モ我國古來ノ制例ヲ觀ルニ或ハ男女共ニ婚姻年齡ニ達スルトキハ養子ヲ爲スコトヲ得トシ或ハ相當ノ年齡ヲ指定シテ養子ヲ爲ス者ノ要件タラシメタル例ナシトセス而シテ之ヲ外國ノ立法例ニ徵スルニ其多數ハ養子制度ヲ以テ實子ナキカ將タ之ヲ失ヒタル者ヲ憫ムノ趣旨ニ基ツクモノトシ從テ通常實子ヲ擧クルコト能ハサル年齡ニ達シタル者ノミヲシテ養子ヲ爲スコトヲ得セシムル主義ニ基ツキ四十歲乃至六十歲ノ年齡ニ達セサレハ養子ヲ爲スコトヲ得サルヲ以テ通例ト爲スモノノ如シ然レトモ我國ニ於テハ固ヨリ單ニ實子ナキ者ヲ憫ミテ養子制度ヲ認ムルニ至リタルモノニ非サレハ歐洲諸國ノ多數ノ立法例ノ如ク緣組ノ要件トシテ殊更ニ養親ノ年齡ヲ高ク指定スルコトヲ要スル理由ナシト雖モ緣組ハ一身一家ニ取リテ重大ナル關係ヲ有スルモノナレハ未タ成年ニ達セサル者ヲシテ隨意ニ養子ヲ爲スコトヲ得セシムル如キハ頗ル危險ニシテ立法上其當ヲ得タルモノト云フコトヲ得サルニ因リ本案ハ寧ロ既成法典ノ立法主義ニ從ヒ成年ニ達シタル者ニ非サレハ養子ヲ爲スコトヲ得ストシ之ニ依リテ養子制度ノ目的ヲ達セシムルト同時ニ濫リニ養子ヲ爲シテ事ヲ誤ルノ弊ヲ豫防セリ
第八百三十八條
(理由)本條ハ尊屬及ヒ年長者ノ養子ヲ禁スルモノニシテ尊屬ニ關シテハ既成法典ニ其例ナシト雖モ尊屬ヲ養子トスルコトヲ許ストキハ倫理ヲ紊亂スルノ虞アルヲ以テ本案ハ新ニ此禁令ヲ加ヘタリ盖シ家督相續ノ上ヨリ見ルトキハ他人ヲシテ相續セシムルヨリモ親族中ヨリ相續セシムルヲ以テ妥當ト爲スノミナラス伯叔父母カ却テ其甥姪ヨリ年少ナルコトハ實際上屢見ル所ナレハ尊屬者ト雖モ之ヲ養子ト爲スコトヲ許スノ妥當ナルカ如シト雖モ若シ果シテ斯ノ如クナレハ尊卑ノ倫序ヲ亂タスニ至ルハ更ニ言フヲ俟タサル所ニシテ從來ノ慣例モ亦尊屬者養子ヲ許ササルモノナレハ本案ハ即チ本條ノ規定ニ依リテ此趣旨ヲ明示セリ
本案カ年長者ヲ養子ト爲スコトヲ禁シタルハ養子ハ自然ニ擬シテ親子ノ關係ヲ生セシムルモノナルヲ以テ既成法典人事編第百六條ノ一部ニ字句ノ修正ヲ加ヘテ其趣旨ヲ明ニセリ
第八百三十九條
(理由)本條ハ推定家督相續人ノ利益ヲ保護スル趣旨ニ基ツクモノニシテ既成法典人事編第百七條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ盖シ本案ハ緣組ノ要件トシテ養親ニ子ナキコトヲ必要トセサルノミナラス古來ノ慣例及ヒ養子ヲ爲ス目的ヲ斟酌シテ敢テ數人ノ養子ヲ爲スコトヲ禁セス且養子ハ固ヨリ養男タルト養女タルトヲ問ハサル所ナリト雖モ養子ヲ爲スコトニ因リテ濫リニ推定家督相續人ノ利益ヲ害スル如キハ法律保護ノ必要ヨリ見ルモ亦家ヲ重ンスル立法ノ本旨ニ照ラスモ豫メ之ヲ防止スルコトヲ要ス而シテ既成法典ハ養子制度ヲ以テ單ニ家督相續ノ必要ニ基ツクモノト爲ス趣旨ニ因リ家督相續ヲ爲スヘキ男子アル者ハ養子ヲ爲スコトヲ得サル旨ヲ明示スト雖モ既成法典ノ如ク單ニ家督相續ヲ爲スヘキ男子アルトキト云フニ於テハ家督相續ヲ爲スコトヲ得ヘキ者ノ範圍ハ頗ル廣濶ナルカ故ニ法定ノ推定家督相續人タラサル者ノ存スルニ因リテ養子ヲ爲スコトヲ得サル結果ヲ生シ即チ制限ノ範圍廣キニ失スルニ因リ本案ハ之ヲ法定ノ推定家督相續人ノ存スル場合ニ限定セリ然レトモ既成法典ノ如ク家督相續ヲ爲スヘキ者カ男子タル場合ニ限ルハ女子ニシテ家督相續人タル者ノ利益ヲ保護セサルモノト云ハサルヘカラサルニ因リ本案ハ推定家督相續人ノ男子タルト女子タルトヲ問ハス苟モ之ヲ有スル者ハ更ニ男子ヲ收養シテ養子ト爲スコトヲ得ストシ以テ一般ニ推定家督相續人ノ利益ヲ保護セリ而シテ本案カ此場合ニ於テ殊更ニ男子ヲ養子ト爲スコトヲ得ストシ別ニ女子ヲ養子ト爲スコトヲ禁セサル所以ハ推定家督相續人アル者カ更ニ女子ヲ養子ト爲スモ敢テ推定家督相續人ノ利益ヲ害スル虞ナキノミナラス女子ヲ婚嫁セシムル便宜ノ爲メ慈善愛憐ノ爲メ推定家督相續人アル者ト雖モ女子ヲ收養シテ養女ト爲スコトハ實際上常ニ行ハルル所ニシテ別ニ何等ノ弊害ヲ生セシムル虞ナキニ因ルモノニシテ既成法典ノ如ク廣ク養子ヲ爲スコトヲ禁スルニ於テハ家督相續ヲ爲スヘキ男子アル者ハ女子ヲモ養子ト爲スコトヲ得サルカ如キ不當ノ結果ヲ生セシムルモノト云フヘシ
推定家督相續人アル者ハ男子ヲ養子ト爲スコトヲ得サルヲ以テ本則ト爲スト雖モ推定家督相續人カ女子ナルトキハ之ニ對シテ婿養子ヲ爲スコトヲ許ササルヘカラサルハ勿論ナリ又男子ヲ養子トシテ推定家督相續人ノ妹ニ配スルカ如キモ亦之ヲ禁スル理由ナシ是レ即チ本條ハ特ニ但書ノ規定ヲ設ケ女婿ト爲ス爲メニスル場合ヲ除外セル所以ナリ
第八百四十條
(理由)本條ハ後見人ヲシテ管理計算ノ義務ヲ盡サシムル爲メ之ヲ設ケタルモノニシテ既成法典人事編第百八條ニ字句ノ變更ヲ加ヘタルニ過キス
第八百四十一條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百十條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ盖シ婦ハ其夫ニ隨フヘキモノナレハ他人ノ養子ト爲ルコトヲ得サルハ勿論タルト同時ニ夫ノ姓氏分限等ハ總テ其婦ニ及フモノナレハ夫モ亦其婦ト分離シテ隨意ニ他人ノ養子ト爲ルコトヲ得サルハ至當ノ事タルニ因リ配偶者アル者カ他人ノ養子ト爲ルニハ其配偶者ト一致スルコトヲ要スル點ニ於テハ既成法典人事編第百十條第二項ト敢テ異ナル所ナシ然レトモ既成法典同條第一項ハ夫婦カ各別ノ意見及ヒ利益ヲ有スル場合ヲ酙酌シテ養子ヲ爲ス所ノ配偶者間ニハ必ス一致アルコトヲ必要トセス夫婦各別ニ養子ヲ爲スコトヲ得ヘキモノトシ只一家ノ和熟ヲ妨ケサルカ爲メ養子ヲ爲サントスル一方ノ配偶者ハ他ノ一方ノ承諾ヲ要スト爲スニ止ムル者ニシテ歐洲諸國ニ於テモ夫婦各別ニ養子ヲ爲スコトヲ許ス立法例多數ナルカ如シ然レトモ元來養子ト養親ハ血族ト同一ノ關係ヲ生スヘキモノナレハ夫婦各別ニ養子ヲ爲スコトヲ認ムルカ如キハ養子制度ノ本旨ニ適セサルノミナラス我國從來ノ慣習トシテ夫婦ハ必ス一致シテ養子ヲ爲シ敢テ各別ニ養子ヲ爲スコトナカリシモノナレハ本案ハ右ニ述フル所ノ既成法典ノ立法主義ヲ排斥シテ配偶者アル者カ養子ヲ爲サントスルニハ其配偶者ト一致スルコトヲ必要トシ夫婦各別ニ養子ヲ爲スコトヲ得サルモノトセリ蓋シ配偶者アル者カ養子ヲ爲スニ當リテハ槪子皆其配偶者ノ承諾ヲ得テ之ヲ爲スコトハ普通ノ狀態タルニ因リ本案ノ如ク夫婦一致スルニ非サレハ養子ヲ爲スコトヲ得スト爲スモ之レカ爲メニ濫リニ夫婦各別ノ利益ヲ害シ一方ハ他方ヲ强制シテ一家ノ和熟ヲ傷フニ至ル弊害ヲ生スルコト勿カルヘシ故ニ本條第一項ハ配偶者アル者カ緣組ヲ爲スニハ其配偶者ト一致スルコトヲ必要トシ敢テ養子ヲ爲ス場合ト養子ト爲ル場合ヲ區別セサルモノトス
然レトモ夫婦ノ一方カ他ノ一方ノ子ヲ引取リテ養子ト爲サントスルコトハ屢見ル所ニシテ即チ夫婦ノ一方カ再婚者ナル場合ニ於テ前婚中ニ擧ケタル子ヲ取リテ他ノ一方ノ養子ト爲サントスル場合ノ如キ即チ然リ此場合ニ於テハ養子ト爲ルヘキ者ハ既ニ夫婦ノ一方ノ子タルヲ以テ之ヲ收養スルニ當リ殊更ニ配偶者ノ一致ヲ要スル理由ナク只養子ヲ爲サントスル一方ノ配偶者カ他ノ一方ノ承諾ヲ得ルヲ以テ足レリトス之レ本條第二項ノ規定アル所以ニシテ第一項ノ通則ニ對スル至當ノ例外タルヘシ
第八百四十二條
(理由)本條ハ配偶者アル者カ緣組ヲ爲スニハ其配偶者ト一致スルコトヲ要スル立法ノ本旨ヲ全カラシムル爲メニ特ニ制定セラレタル便宜法トス既成法典人事編第百十條第一項ハ獨リ養子ヲ爲サントスル配偶者ノ一方カ意思ヲ表示スルコト能ハサル場合ノミヲ豫想シテ此場合ニハ意思ヲ表示スルコト能ハサル者ノ承諾ヲ要セストシ即チ他ノ一方カ單獨ニ自己ノ養子ヲ爲スコトヲ得ヘキ旨ヲ認ムルニ反シ養子ト爲ラントスル配偶者ノ一方カ意思ヲ表示スルコト能ハサル場合ノミヲ豫想シテ此場合ニハ意思ヲ表示スルコト能ハサル者ノ承諾ヲ要ストシ即チ他ノ一方カ單獨ニ自己ノ養子ヲ爲スコトヲ得ヘキ旨ヲ認ムルニ反シ養子ト爲ラントスル配偶者ノ一方カ意思ヲ表示スルコト能ハサル場合ニ對シ別ニ何等ノ便宜法ヲ設ケサルニ因リ此場合ニ於テハ配偶者ハ他人ノ養子ト爲ルコトヲ得サルモノト云ハサルヘカラス然レトモ本案ハ既ニ夫婦一致スルニ非サレハ緣組ヲ爲スコトヲ得サル立法主義ニ從フモノナレハ養子ヲ爲サントスル配偶者ノ一方カ意思ヲ表示スルコト能ハサル場合ニ對シ既成法典ノ如キ便宜法ニ從フコト能ハサルハ言フヲ要セサルノミナラス養子ト爲ラントスル配偶者ノ一方カ意思ヲ表示スルコト能ハサル場合ニ對シテモ相當ノ便宜法ヲ設ケサルヘカラサルコト勿論タルニヨリ本條ハ双方ノ場合ニ對シ同一ノ便宜法ヲ設クルモノトス盖シ夫婦ノ一方カ心神喪失等ノ事由ニ因リ其意思ヲ表示スルコト能ハサルニ拘ハラス此夫婦カ養子ヲ爲シ又ハ養子ト爲ルコトノ必要ニ接シ又ハ其利益ヲ感スル場合决シテ少カラスト雖モ既ニ第八百四十五條第一項ノ規定ニ依リ夫婦一致スルニ非サレハ緣組ヲ爲スコトヲ得サルヲ以テ本則ト爲スニ於テハ法律ニ特別ノ規定ナキ限リハ前ニ述フル如キ場合ニ於テ實際ノ必要便宜ニ應セシムルコト能ハサルヘシ故ニ本條ハ右ノ本則ニ對シテ一個ノ便宜法ヲ設ケ夫婦ノ一方カ其意思ヲ表示スルコト能ハサルトキハ他ノ一方ハ双方ノ名義ヲ以テ緣組ヲ爲スコトヲ得ヘキ旨ヲ認メ之ニ依リテ緣組ニハ必ス夫婦ノ一致ヲ要スル立法ノ本旨ニ悖ラス且夫婦カ養子ヲ爲シ又ハ養子ト爲ラントスル双方ノ場合ニ通シテ實際ノ必要便宜ニ適セシメタリ
第八百四十三條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百十五條乃至第百十九條ノ規定ト同一ノ趣旨ニ基ツクト雖モ緣組ヲ爲スコトハ既ニ一ノ法律行爲タル以上ハ其成立ニ付キ當事者ノ承諾ヲ要スルコト更ニ疑ヲ容レサル所タルニ因リ殊更ニ其趣旨ヲ明言セル既成法典人事編第百十三條第一項ノ規定ハ之ヲ削除シ又同第百十五條第一項ノ如ク父母カ直チニ其子ノ緣組ヲ承諾スルコトヲ得トシ人身ニ關スルコトヲ以テ父母ノ法律行爲ノ目的ト爲スカ如キ意義ヲ示スハ頗ル妥當ヲ缺クノ嫌アルノミナラス既成法典ノ如ク我子ノ緣組ヲ承諾スルコトヲ得ル父母ハ其子ノ家ニ在ルト否トヲ問ハサルハ廣キニ失シテ其當ヲ得サルニ因リ本條第一項ハ即チ養子ト爲ルヘキ者カ十五年未滿ナルトキハ其家ニ在ル父母ハ本人ニ代ハリテ緣組ノ承諾ヲ爲スコトヲ得トシ右ニ述ヘタル既成法典ノ缺㸃ヲ補正セリ本條第二項ノ規定ハ繼父母又ハ嫡母カ子ノ利益ヲ圖ラスシテ濫リニ其繼子又ハ庶子ヲ他人ノ養子ト爲スノ弊ヲ防カンカ爲メニ其承諾權ヲ制限シテ之ニ親族ノ監督ヲ加ヘタルモノナリ
第八百四十四條
(理由)既成法典人事編第百十六條ハ滿十五年以上ノ子カ養子ト爲ルニハ父母ノ承諾ヲ要スヘキ至當ノ規定ヲ設クルニ拘ハラス成年ノ子カ養子ヲ爲スニ當リテハ別ニ父母ノ承諾ヲ要セスト爲スカ如シ然レトモ養子ハ緣組ニ因リテ養家ニ入リ養親ノ嫡出子タル身分ヲ取得ヘキモノニシテ養親ノ父母ニ種々ノ利害關係ヲ及ホスモノナレハ成年ノ子カ養子ヲ爲ストキト雖モ其父母ノ承諾ヲ受ケシムルヲ以テ至當トス故ニ本案ハ此點ニ於テ既成法典ヲ補正シタリト雖モ既成法典ノ如ク單ニ父母ノ承諾ヲ必要トシ其家ニ在ルト否トヲ問ハサルハ廣キニ失シテ其必要ナキニ因リ本案ハ何レノ場合ニ於テモ其家ニ在ル父母ノ承諾ヲ要スルニ止メタリ
第八百四十五條
(理由)本條ハ第七百四十一條ト同一ノ理由ニ基クモノナレハ再ヒ玆ニ之ヲ說明セス
第八百四十六條
(理由)本條モ亦第七百七十二條及ヒ第七百七十三條ニ於テ說明セルト同一ノ理由ニ基クモノナルヲ以テ再ヒ之ヲ贅セス
第八百四十七條
(理由)既成法典人事編第百十三條ハ緣組ノ承諾ハ證人二人ノ立會ヲ得テ慣習上ノ儀式ヲ行フニ因リテ成立スルモノトシ此儀式ヲ行フニ付テハ婚姻ノ儀式ニ關スル規定ヲ適用スト雖モ緣組ノ承諾ハ右ノ儀式ヲ行フニ因リテ成立スルニ非スシテ此儀式ハ法律上緣組ノ効力發生ノ時期ヲ定ムルモノナルヘシ加之緣組ニ關シテ婚姻ノ如ク慣習上ノ儀式ノ存スルモノ無ク從來緣組ニ付キ出願又ハ屆出ヲ爲サシムルコトハ普通ニ行ハレタル所タルニ因リ本案ハ既ニ婚姻又ハ離婚ノ效力發生ノ時期ヲ定ムルニ付キ採用シタル主義ニ從ヒ緣組ハ戶籍吏ニ之ヲ屆出ツルニ因リテ其效力ヲ生スルヲ以テ屆出ノ場所方式ノ如キモ婚姻ノ屆出ニ關スル規定ニ從フコトヲ得ヘキニ因リ本案ハ緣組ノ效力發生ノ時期ニ關シテ單ニ婚姻ノ屆出ニ關スル第七百七十五條ノ規定ヲ準用スヘキモノト爲セリ
禁治產者カ緣組ヲ爲スニ後見人ノ同意ヲ要セサルハ既ニ第七百七十四條ニ於テ婚姻ニ付キ說明セルト同一ノ理由ニ基クモノナリ
第八百四十八條
(理由)遺言ヲ以テ養子ヲ爲スコトハ從來ノ慣例上禁止又ハ制限セラレタルカ如ク諸國ノ立法例ニ依ルモ緣組ハ契約ニ因リテ之ヲ爲スヘキモノトシ遺言ヲ以テ養子ヲ爲スコトハ多クハ之ヲ許ササルカ如シ然レトモ實際上之ヲ禁止スヘキ理由ナク却テ一家繼續ノ必要上遺言ヲ以テ養子ヲ爲スコトヲ許ササル可カラサルニ因リ本案ハ既成法典人事編第百六條第二項及ヒ第百二十二第條一項ノ規定ニ從ヒ遺言養子ヲ認許スト雖モ此遺言ヲ爲スニ必要ナル能力及ヒ方式ノ如キハ之ヲ遺言ニ關スル通則ニ讓リタリ其他既成法典人事編第百二十二條第二項ハ右ノ遺言カ其效力ヲ失フヘキ場合ニ關シ特ニ規定ヲ設クト雖モ其適用ノ範圍ハ聊カ廣キニ失スルコトハ既ニ第八百三十九條ニ於テ說明セシ如クニシテ且第八百三十九條ノ明文アル以上ハ之ニ牴觸スル遺言カ其效力ヲ生セサルコト更ニ疑ナキヲ以テ本案ハ右ニ述フル所ノ既成法典ノ規定ヲ刪除セリ
既成法典人事編第百二十三條ハ遺言ニ依ル緣組ノ受諾ニ關スル規定ヲ揭クト雖モ此緣組ヲシテ效力ヲ生セシムルニ付キ養子ト爲ルヘキ者又ハ其法定代理人カ遺言者ノ死後其承諾ヲ爲スコトヲ要スルハ別ニ明文ヲ要セサルニ因リ本案ハ右ノ條文ヲ削除シタリト雖モ遺言養子ノ場合ニ於テ緣組ノ屆出ヲ爲スニハ當事者ノ一方カ存セサルニ依リ本案ハ緣組ノ屆出ニ關スル前條ノ通則ニ對シ一個ノ例外ヲ定メタリ其他既成法典人事編第百二十四條ハ緣組屆出ノ手續ニ關スルモノナレハ本案ハ之ヲ削除セリ
第八百四十九條
(理由)本條ハ婚姻ノ屆出ニ關スル第七百七十六條ノ規定ト同一ノ趣旨ニ基ツクモノナレハ別ニ之ヲ說明スルノ要ナシ而シテ既成法典人事編第百十四條ハ緣組申出ノ時ニ差出スヘキ書類ヲ擧示スト雖モ之ニ關スル規定ハ戶籍法ニ讓ルヘキモノナルヲ以テ本案ハ之ヲ削除セリ
第八百五十條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百二十五條ノ一部ト同一ノ趣旨ニ基ツクモノニシテ外國ニ在ル日本人間ノ婚姻ノ屆出ニ關スル第七百七十七條ノ規定ト其理由ヲ異ニセサルニ因リ再ヒ之ヲ說明セス
第二款
(理由)本欵ハ緣組カ其法定ノ要件ヲ欠缺セルニ因リ或ハ無效トナリ或ハ取消スコトヲ得ヘキ塲合ヲ規定スルモノニシテ既成法典人事編第七章第四節ニ相當ス而シテ既成法典ハ本節ヲ題シテ養子緣組ノ不成立及モ無效ト云フト雖モ所謂無效トハ寧ロ取消シ得ヘキモノタルコトヲ意味スルハ既成法典ノ立法ノ本旨ニ照シテ疑ナキ所ナレハ本案ハ既ニ婚姻ニ關シテ採用セシ例ニ從ヒ本欵ヲ題シテ緣組ノ無效及ヒ取消ト改メタリ
第八百五十一條
(理由)本條ハ緣組ノ無效ナル場合ヲ列擧スルモノニシテ其第一號ハ既成法典人事編第百二十七條ノ字句ヲ修正シタルニ過キス然レトモ本案ハ既ニ戶籍吏ニ屆出ツルコトヲ以テ緣組成立ノ一要件ト爲シタルニ因リ特ニ本條第二號ノ規定ヲ設ケ當事者カ緣組ノ屆出ヲ爲ササルトキハ其緣組ハ當然無效タルヘキコトヲ明カニスルモノニシテ既成法典人事編第百二十九條ノ如ク殊更ニ右ノ場合ニ於ケル緣組ノ無效ヲ請求セシムル主義ヲ排斥セリ然レトモ單ニ屆出ニ關スル手續上ノ條件ヲ缺キタルカ爲メ緣組ヲシテ當然無效タラシムルハ實際ノ事情ニ適セサルニ因リ特ニ第二號但書ノ規定ヲ設ケタルモノニシテ婚姻ノ無效ニ關スル第七百七十八條第二號但書ノ規定ト同一ノ趣旨ニ基クモノトス
第八百五十二條
(理由)本條ハ緣組取消ノ原因カ法律ニ依リテ特定セラルルコトヲ示スモノニシテ婚姻ノ取消ニ關スル第七百七十九條ノ例ニ從ヘリ而シテ既成法典人事編第百二十八條ハ槪括的ノ規定ニ依リ緣組無效ノ原因及ヒ無效ノ請求權者ヲ指定シ更ニ第百三十條以下ニ於テ各場合ニ付キ無效ノ請求權者ヲ限定スルハ却テ規定ノ明了ヲ損スル嫌アルニ依リ本案ハ次條以下ニ於テ緣組ノ取消ニ付キ各種ノ原因及ヒ各場合ニ於ケル取消請求權者ニ關シ各別ノ規定ヲ設ケ以テ法條ノ明了ナランコトヲ期セリ
第八百五十三條
(理由)本條ハ未タ成年ニ達セサル者カ養子ヲ爲シタル場合ニ於ケル緣組ノ取消ニ關スル規定ニシテ既成法典人事編第百二十八條第二項ハ右ノ場合ニ於テ極メテ廣ク無效ノ請求權者ヲ認ムルハ其必要ナキノミナラス却テ妥當ヲ欠ク虞アルニ依リ本案ハ之ヲ養親及ヒ其法定代理人ニ限定セリ而シテ養親カ既ニ成年ニ達シタル後其取消シ得ヘキ緣組ヲ追認シタルトキハ勿論六ケ月間モ取消權ヲ行使セサルニ於テハ不確定ナル緣組關係ヲ早ク確定セシムルノ至當ナルヲ認ムルニ因リ本案ハ此趣旨ニ基ツキ特ニ本條但書ノ規定ヲ設ケタリ
第八百五十四條
(理由)本條ハ年長者又ハ尊屬者ヲ養子ト爲シ或ハ推定家督相續人アル者カ男子ヲ養子ト爲シタル場合ニ於ケル緣組ノ取消ニ關スル規定ニシテ本條ニ列擧セル規定ニ違反シタル緣組ハ公益上ニ關係ヲ有スルモノナルヲ以テ取消權ハ時日ノ經過又ハ追認ニ因リテ消滅セサルモノトナセリ
第八百五十五條
(理由)本條ハ後見人カ管理ノ計算ヲ終ハラサル間ニ被後見人ヲ養子ト爲シタル場合ニ於ケル緣組ノ取消ニ關スル規定ニシテ既成法典人事編第百三十條第一項ハ此場合ニ於テ單ニ被後見人ニ取消權ヲ認ムルニ過キスト雖モ其實方ノ親族ニモ此權利ヲ認ムルヿノ至當ナルハ別ニ說明ヲ要セサル所ナレハ取消請求權者ノ範圍ヲ適當ニ擴張セリ第二項ニ於テ追認ハ養子カ完全ナル判斷ヲ有スルトキニ之ヲ爲スニ非サレハ其效ナキモノトシ又第三項ニ於テ取消又ハ追認ノ期間ヲ養子カ成年ニ達シ又ハ能力ヲ回復シタル時ヨリ起算スルハ共ニ緣組ヲシテ自由承諾ニ基カシメ後見人ノ勢力濫用ヲ防止スルノ趣旨ニ出テタルモノナリ
第八百五十六條
(理由)本條ハ配偶者アル者カ其配偶者ト一致セスシテ緣組ヲ爲シタル場合ニ於ケル取消權ニ關スル規定ニシテ此場合ニ於テ取消權ヲ有スヘキ者ハ緣組ノ承諾ヲ爲ササリシ配偶者タルヘキハ別ニ說明ヲ要セサル所タルニ依リ本案ハ此㸃ニ於テ既成法典人事編第百二十八條第二項ノ範圍ヲ限縮シ且本條ノ場合ニ於テモ時日ノ經過又ハ追認ニ因リテ取消權ヲ消滅セシムルコトヲ要スルハ勿論ナリト雖モ元來配偶者ノ一致ヲ必要トスル場合ニ係ルヲ以テ單ニ時日ノ經過ノミニ因リテ當然取消權ヲ消滅セシムルコトヲ得ス常ニ配偶者ノ一方ノ追認アリタルコトヲ推定セサルヘカラサルニ因リ本案ハ特ニ本條ノ但書ニ於テ最初緣組ノ承諾ヲ爲ササリシ配偶者カ緣組アリタルコトヲ知リタル後六ケ月ヲ經過シタルトキハ緣組ヲ追認シタルモノト看做スト爲セリ
第八百五十七條
(理由)本條ハ緣組ヲ爲スニ付キ必要ナル父母其他ノ者ノ承諾ナクシテ成年ノ子カ養子ヲ爲シ又ハ滿十五年以上ノ子カ養子ト爲リタル場合ニ於ケル緣組ノ取消ニ關スル規定ニシテ既成法典人事編第百三十二條ニ聊カ修正ヲ加ヘタリ即チ既成法典ハ本條ノ場合ニ於テ承諾ヲ受クヘキ者ニモ無效ノ請求權ヲ與フト雖モ本案ハ單ニ同意ヲ爲ス權利ヲ有セシ者ニ取消權ヲ與フルニ止メタリ而シテ假令其權利ヲ有スル者ノ同意アルモ詐欺又ハ强迫ニ因リテ之ヲ得タルトキハ恰モ同意ナクシテ緣組ヲ爲シタル場合ノ如ク之ヲ取消スコトヲ得セシメサルヘカラサルニ拘ハラス既成法典カ此趣旨ヲ明示セサルハ疑議ノ媒介タルヘキニ因リ本案ハ同意カ詐欺又ハ强迫ニ因リタル時モ亦同意權ヲ有セシ者ニ緣組ノ取消權ヲ與フル旨ヲ明示セリ
其他本條ノ取消權ノ消滅ニ付テハ婚姻ノ取消權ニ關スル第七百八十四條ノ規定ニ從フヘキハ至當ト認ムルニ因リ本條第二項ハ右ノ規定ヲ本條ノ取消權ニ準用スヘキ旨ヲ揭クルモノニシテ聊カ既成法典人事編第百三十二條第二項ニ修正ヲ加フルコトニ歸スト雖モ其理由ハ既ニ第七百八十四條ニ於テ之ヲ說明セシニ因リ此ニ之ヲ畧ス
第八百五十八條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百三十三條ノ一部ニ修正ヲ加ヘタルモノニシテ即チ婚姻ノ無效又ハ取消カ緣組ノ取消原因タルコトヲ得ル場合ニ關スルモノトス盖シ婿養子緣組ノ場合ニ於テハ婚姻ハ緣組ノ條件タルカ如キモノナレハ若シ其婚姻カ無效又ハ取消ニ歸シタルトキハ婿養子ノ本旨ニ悖ルニ至ルモノナレハ緣組ヲモ取消スコトヲ得セシムヘキハ至當ノ事ニ屬スト雖モ婚姻ノ無效又ハ取消ハ當然緣組ヲ取消サシムヘキニ非ス却テ實際上婚姻ノ如何ニ拘ハラス緣組ヲ存續スル場合少カラサルニ因リ本案モ既成法典ノ如ク婿養子緣組ノ場合ニ於テハ婚姻ノ無效又ハ取消ニ因リ當事者間ニ緣組ノ取消權ヲ生スルニ止ムト雖モ斯ノ如キ明文ヲ揭クルトキハ婚姻ノ無效又ハ取消ノ請求ト緣組取消ノ請求トハ必ス別々ニ之ヲ爲ササルヘカラサルカヲ疑ハシムルニ足ルヲ以テ本案ハ特ニ本條第一項但書ノ規定ヲ設ケ此疑ナカラシメタリ
其他既成法典ハ本條ノ場合ニ於ケル緣組ノ取消權ハ婚姻ノ無效又ハ取消ノ言渡後三ケ月ヲ過キタルトキハ消滅スヘキモノト爲スト雖モ當事者ハ婚姻ノ無效又ハ取消ヲ知ラサルコトアルヘキニ因リ本案ハ本條第二項ニ於テ右ノ取消權ハ當事者カ婚姻ノ無效ナルコト又ハ取消アリタルコトヲ知リタル後六ケ月ヲ經過スルコトニ因リテ消滅スルモノトシ且此取消權ハ當事者カ之ヲ抛棄シ即チ婚姻ノ無效又ハ取消ニ拘ハラス緣組ヲ存續セシムルコトヲ得ルモノナレハ當事者ノ抛棄ニ因リテ其取消權ノ消滅スヘキ旨ヲ明カニセリ
第八百五十九條
(理由)本條ハ詐欺又ハ强迫ニ因リテ爲シタル緣組ノ取消及ヒ一般ニ緣組取消ノ效果ニ關スル規定ニシテ既成法典人事編第百三十一條ハ單ニ强暴ニ因リテ爲シタル緣組ノ無效請求權ニ關シテ規定ヲ設クルニ止マリ詐欺ニ因リテ爲シタル緣組ヲ包含セシメサルハ其缺㸃タルニ因リ本案ハ詐欺又ハ强迫ニ因リテ爲シタル婚姻ノ取消ニ關スル第七百八十五條ノ規定ヲ緣組ニ準用スヘキモノトシ殊ニ既成法典ハ緣組取消ノ效力ハ既往ニ遡ルモノナルヤ否ヤニ付キ別ニ規定ヲ設ケサルカ爲メ疑議ヲ生セシムル恐アルニ因リ本案ハ婚姻取消ノ效果ニ關スル第七百八十七條ノ規定モ亦緣組ニ準用スヘキ旨ヲ明示セリ
第三欵
(理由)本欵ハ既成法典人事編第七章第五節ニ相當シ緣組ノ效力ヲ規定セリ只既成法典ハ養子ノ特有財產ニ關スル規定ヲ以テ緣組ノ效力ニ關スル規定ノ一ト爲スハ其當ヲ得サルニ因リ本案ハ之ヲ削除セリ
第八百六十條
(理由)養子ハ緣組ニ因リテ養親ノ嫡出子タル身分ヲ取得シ養親ノ親族ト總テ親族關係ヲ生スルコトハ我國古來ノ慣例ニシテ且此效力カ緣組ノ日ヨリ發生スルコトモ亦一般ニ認メラレタル所ナレハ本案ハ既成法典人事編第百三十四條ト同一ノ趣旨ニ從ヒ本條ノ規定ヲ設ケタリ故ニ養子カ養親ノ實子ヨリ年長ナル場合ト雖モ嫡出子タル身分ハ緣組ノ日ヨリ始メテ之ヲ取得スルモノナレハ嫡出子ノ順序ニ於テ實子ノ次ニ位スヘキモノニシテ家督相續ニ於テモ亦此順序ニ依ルヘキハ第九百七十條第二項ニ於テモ之ヲ明示セリ
第八百六十一條
(理由)緣組ニ因リテ養子ト養親ノ間ニ親子ノ關係ヲ生スルモ養子ハ之ニ因リテ當然養親ノ家ニ入ルモノト云フコトヲ得ス却テ養子ハ尙ホ實家ニ其籍ヲ存スト爲ス立法例少カラサルニ因リ本案ハ特ニ本條ノ明文ヲ揭ケ緣組ニ因リテ養子ハ當然養親ノ家ニ入ルコトヲ明カニシ之ニ依リテ我國古來ノ慣例及ヒ緣組ニ關スル立法ノ本旨ニ適セシムルモノニシテ既成法典人事編第百三十四條モ亦之ト同一ノ趣旨ニ依ルモノトス
第四欵
(理由)本欵ハ養子ノ離緣ニ關スル規定ヲ纏括スルモノニシテ既成法典人事編第八章ニ相當ス盖シ既成法典ハ離緣ニ關シ特ニ一章ヲ設クルハ編纂ノ躰裁ヲ失フモノト云ハサルヘカラサルニ因リ本案ハ養子ニ關スル本節中ノ一欵トシテ離緣ノ規定ヲ揭クルニ止ムルノミナラス既成法典ノ如ク離緣ニ關スル規定ヲ數節ニ分類スル必要ナキヲ以テ本案ハ總テ此等ノ規定ヲ本欵ノ下ニ整置配列セリ
第八百六十二條
(理由)本條ハ協議上ノ離緣ニ關スル本則ニシテ其一項及ヒ第二項ハ既成法典人事編第百三十七條ノ字句ヲ修正シタルニ過キス盖シ緣組ハ之ニ因リテ養子ト養親ノ間ニ親子ノ關係ヲ生セシムト雖トモ之レ單ニ人意ニ基ツクモノナレハ當事者カ協議上ニテ離緣ヲ爲サント欲スルトキハ敢テ之ヲ認ムヘカラサル理由ナキノミナラス從來協議上ノ離緣ハ普通ニ行ハレタル所ナレハ本案モ亦此慣例ニ依ルト雖モ既ニ之ヲ許シタル以上ハ力メテ其趣旨ヲ貫徹セシムルヲ要ス然ルニ既成法典ハ養親カ死亡シタル後養子カ離緣ヲ爲サント欲スル場合ニ對シ別ニ規定ヲ設ケサルモノナレハ此場合ニ於テハ協議上ノ離緣ヲ爲スコトヲ得スト云ハサルヘカラサルニ因リ本案ハ特ニ本條第三項ノ規定ヲ設ケ其缺㸃ヲ補フモノニシテ即チ右ノ塲合ニ於テハ養子ト戶主ノ承諾ヲ得テ離緣ヲ爲スコトヲ得ヘク若シ其養子カ既ニ戶主ナルトキハ親族會ノ承諾ヲ得テ離緣ヲ爲スコトヲ得ヘキモノト爲セリ
第八百六十三條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百三十八條ト同一ノ趣旨ニ基ツクモノナリト雖モ離緣ヲ爲サントスル養子ノ年齡ヲ限リテ滿二十五年以下ノ者ト爲シタル所以ハ既ニ此年齡ニ達シタル者ハ充分ニ離緣ノ利害得失ヲ判斷スヘキ能力ヲ有スルニ依リ當事者間ニ離緣ノ協議カ纏マリタルニ拘ハラス强ヒテ緣組ニ付キ同意權ヲ有セシ者ノ同意ヲ求メシムル必要ナケレハナリ
第八百六十四條
(理由)本條ハ協議上ノ離緣カ其效力ヲ生スル時期ヲ指定スルモノニシテ既成法典人事編第百四十六條ト同一ノ趣旨ニ基ツケリ而シテ本案ハ既ニ婚姻離婚及ヒ緣組ノ效力ハ總テ戶籍吏ニ屆出ツルニ因リテ發生スルモノト爲シタルニ因リ離緣ノ效力發生ノ時期ニ付キ又此主義ニ從フヘキハ敢テ說明ヲ要セサル所ナリ
第八百六十五條
(理由)本條ハ協議上ノ離婚ノ屆出ニ關スル第八百十一條ノ規定ト全ク同一ニシテ別ニ說明ヲ要セス其他既成法典人事編第百三十九條ハ離婚ノ屆出ヲ爲スニ當リ差出スヘキ書類ヲ明示スト雖モ此等ハ戶籍法ニ定ムヘキモノナレハ之ヲ削除セリ
第八百六十六條
(理由)本條ハ離緣ノ特定原因ヲ揭クルモノニシテ既成法典人事編第百四十條ニ修正ヲ加ヘタリ蓋シ既成法典ノ離緣ノ原因ノミヲ列擧シ其原因カ當事者ノ孰レニ存スルカヲ明カニセサル嫌アルヲ以テ本案ハ此點ヲ明白ニシ且各種ノ原因ニ付キ左ノ補正ヲ爲セリ
一 本條第一號ハ當事者間ニ虐待又ハ侮辱ノ所爲アリタル場合ニ關スルモノニシテ既成法典人事編第百四十條第一號モ亦固ヨリ此原因ヲ包含スヘシト雖モ其趣旨ヲ明確ナラシムル爲メ特ニ之ヲ明示セリ
二 本條第二號ハ當事者ノ一方カ他ノ一方ヲ遺棄シタル場合ニ關スルモノニシテ若シ遺棄ノ事實カ已ムコトヲ得サル事情ニ基ツクトキハ之ヲ以テ離緣ノ原因ト爲サシムヘキ正當ノ理由ナキニ拘ハラス既成法典ノ如ク單ニ遺棄シタルトキト云フニ止マルトキハ如何ナル場合ヲモ包含スヘキハ勿論ニシテ且遺棄ノ事實カ養家ノ尊屬親ニ對シ又ハ養家ノ尊屬親ヨリ行ハレタルトキト爲スハ廣キニ失シテ其當ヲ得サルニ因リ本案ハ遺棄ノ事實カ當事者間ニ於テ其惡意ニ基ツキタル場合ニ限定セリ
三 本條第三號ハ養親ノ直系尊屬カ養子ニ對シテ虐待又ハ侮辱ノ行爲ヲ爲シタル場合ニ關スルモノニシテ既成法典ノ如ク單ニ養家ノ尊屬親ヨリ云云ト云フニ止マルトキハ廣キニ失スル弊ナキ能ハサルニ因リ本案ハ之ヲ直系尊屬ニ限定セリ
四 本條第四號ハ既成法典人事編第百四十條第二號及ヒ第三號ヲ合併シ合セテ離因タルヘキ犯罪ノ性質ヲ明カナラシメタリ
五 本條第五號ハ養子ニ家名ヲ瀆シ又ハ家產ヲ傾クヘキ過失アリタル場合ニ關スルモノニシテ既成法典ノ如ク單ニ財產ヲ浪費スルコトノミヲ揭クルニ止ムルトキハ養子カ自己ノ特有財產ヲ浪費シタル場合ノ如キモ離緣ノ原因タルヘキカヲ疑ハシメ廣キニ失スル弊アルニ因リ本案ハ從來ノ慣例及ヒ實際ノ必要ヲ酙酌シテ一方ニ於テハ既成法典ノ規定ヲ限縮シ一方ニ於テハ之ヲ補充セリ
六 本條第六號ハ養子カ逃亡シテ永ク復歸セサル場合ニ關スルモノニシテ既成法典ハ之ヲ以テ離緣ノ原因ト認メスト雖モ從來ノ慣例ニ依レハ多クハ逃亡後二年ヲ經過セハ離緣ヲ許シタルカ如ク實際上ニ於テモ養子カ逃亡シテ永ク復歸セサルニ於テハ之ヲ離緣スルコトヲ得セシムル必要アルニ因リ本案ハ總テノ事情ヲ酙酌シテ養子カ逃亡後三年以上復歸セサルトキハ之ヲ離緣スルコトヲ許セリ
七 本條第七號ハ養子ノ生死カ永ク分明ナラサル場合ニ關スルモノニシテ既成法典ニ其例ナシト雖モ本案ハ從來ノ慣例及ヒ實際ノ必要ニ基ツキ離婚ノ原因ニ關スル例ニ倣ヒ養子ノ生死カ三年以上分明ナラサルトキハ之ヲ離緣スルコトヲ許セリ
八 本條第八號ハ當事者ノ一方カ他ノ一方ノ直系尊屬ニ對シテ虐待又ハ侮辱ノ所爲ヲ爲シタル場合ニ關スルモノニシテ既成法典ノ如ク單ニ尊屬親ニ對シテ云云ト云フニ止マルトキハ傍系尊屬ヲモ包含スヘキハ當然ニシテ離緣ノ原因ヲ定ムルニ付キ聊カ廣キニ失スト云ハサルヘカラサルニ因リ本案ハ直系尊屬ニ對シテ虐待又ハ侮辱ノ所爲ヲ爲シタル場合ニ限定セリ之ニ反シテ既成法典ハ養親カ養子ノ直系尊屬ニ對シテ虐待又ハ侮辱ノ所爲ヲ爲シタル場合ヲ包含セシメサルハ權衡ヲ失シ人情ニ悖ルモノナレハ本案ハ廣ク此場合ニモ離緣ノ原因ノ生スヘキコトヲ認メタリ
九 本條第九號ハ婿養子緣組ノ場合ニ於テ婚姻ノ無效又ハ取消ヲ理由トシテ緣組ノ取消ヲ請求スルコトヲ得ルト同一ノ理由ニ基ツクモノナルヲ以テ再ヒ之ヲ說明スル必要ナシ
第八百六十七條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百四十三條ニ字句ノ修正ヲ加ヘタルニ過キサルヲ以テ別ニ說明ヲ要セス
第八百六十八條
(理由)本條ニ揭クル六個ノ場合ニ於テ當事者ノ一方ヲシテ離緣ノ訴ヲ提起スルコトヲ得セシムル所以ハ主トシテ此者ヲ保護セントスル趣旨ニ基ツクモノニシテ敢テ公益上ノ理由ニ基ツクモノニ非サレハ此特別保護ヲ受クル當事者ニ於テ離緣ノ訴ノ原因タル不良ノ行爲ヲ宥恕スル以上ハ强ヒテ此訴權ヲ存セシムル理由ナシトス是レ本案ハ既成法典ニ其例ナキニ拘ハラス本條ノ規定ヲ設クル所以ニシテ既ニ第八百十四條第二項ニ於テ離婚ノ訴ニ關シ本條ト同一ノ規定ヲ揭ケタリ
第八百六十九條
(理由)既成法典人事編第百四十條第二項ハ離婚ノ訴ニ關スル同第八十二條ノ規定ヲ離緣ニ適用スヘキ旨ヲ明示スルモノニシテ本案ハ本條ノ規定ニ依リ之ニ對シテ多少修正ヲ加ヘタリト雖モ既ニ離婚ノ訴ニ關スル第八百十四條第一項及ヒ第八百十五條ニ於テ本條ト同一ノ規定ヲ設ケ其理由ヲ說明シタルニ因リ此ニ之ヲ略ス
第八百七十條
第八百七十一條
第八百七十二條
第八百七十三條
(理由)第八百七十條乃至第八百七十三條ハ離緣ノ訴權ニ關スル特別時效ヲ定ムルモノニシテ既成法典ニ於テ斯ノ如キ規定ノ存セサルハ其缺點ト云ハサルヘカラス而シテ其理由ハ離婚ノ訴權ニ關シ第八百十六條乃至第八百十八條ト同一ナルヲ以テ別ニ之カ說明ヲ要セス
第八百七十四條
(理由)本條ハ既成法典人事編第百四十五條ト同一ノ趣旨ニ基ツクト雖モ既成法典ノ如ク廣ク養子カ戶主トナリタル後ハ自ラ離緣ノ訴ヲ提起スルコトヲ得サル旨ヲモ包含セシメサリシハ之レ別ニ言フヲ要セサレハナリ然レトモ已ニ養子カ戶主タルカ故ニ之ヲ離緣スルコトヲ許サスト爲スニ於テハ養子カ隱居ヲ爲スコトニ因リテ戶主權ヲ喪失シタル以上ハ之ニ對シテ離緣ノ訴ヲ提起スルヿヲ得ヘキハ當然ノ事タルヘキヲ以テ本案ハ特ニ本條但書ノ規定ヲ附加シタリ
第八百七十五條
(理由)養子カ離緣ニ因リテ實家ニ復籍シタルトキハ其身分ハ如何ニ定マルヘキモノナルカ既成法典ハ此㸃ニ關シ別ニ規定ヲ設ケスト雖モ養子ハ既ニ緣組ニ因リテ實家ニ於ケル親族關係ヲ脫シタルモノナレハ其復籍スルニ當リ實家ニ於テ有スヘキ身分ハ新ニ之ヲ取得スルモノナルカ將タ緣組以前ノ身分ヲ回復スルモノナルカニ付キ疑ヲ生セシムルコトナシトセス之レ本條ノ明文ヲ揭クル所以ニシテ本案ハ離緣ニ因リテ自然ノ狀體ニ復セシムルコトヲ以テ妥當ト認ムルニ因リ養子ハ即チ實家ニ於テ有セシ以前ノ身分ヲ回復スルモノト爲セリ然レトモ若シ斯ノ如クナレハ養子ノ離緣前ニ第三者ノ取得セル權利ハ養子ノ身分回復ニ因リテ往々侵害セラルルコトアルヘキヲ以テ本案ハ特ニ本條但書ノ規定ヲ設ケ以テ第三者ノ權利ヲ保護シ實際上ノ弊害ヲ豫防セリ
第八百七十六條
(理由)夫婦カ養子ト爲リ又ハ養子カ養親ノ他ノ養子ト婚姻ヲ爲シタル塲合ニ於テ妻ノミヲ離緣シテ養家ヲ去ラシメントスルコトハ實際上往々見ル所ニシテ法律上固ヨリ之ヲ禁止スル理由ナシト雖モ若シ此場合ニ於テ妻カ養家ヲ去リテ夫ハ養家ニ止マルニ拘ハラス婚姻ハ尙ホ存續スルモノト爲セハ夫婦其籍ヲ異ニシ其居ヲ別ニスル結果ヲ生シ婚姻ノ本旨ニ悖ルニ至ルヘシ盖シ右ノ場合ニ於テハ夫ノ養家ニ對スル緣組關係ト其妻ニ對スル夫婦關係トハ兩立スルコトヲ得サルモノニシテ孰レカ一方ノ關係ヲ斷タシメサルヘカラスト雖モ法律上豫メ或一方ヲ指定シテ夫ノ自由ヲ拘束スルコトハ人情ニ反シ其當ヲ得サルニ因リ本案ハ即チ本條ノ規定ニ依リ緣組關係ヲ斷ツヘキカ將タ婚姻關係ヲ斷ツヘキカニ付キ夫ノ撰擇權ヲ認メ本條ノ場合ニ於テハ夫ハ離緣又ハ離婚ノ訴ヲ起シテ孰レカ一方ノ關係ヲ消滅セシムヘキモノトナセリ然レトモ若シ此場合ニ於テ協議ニ依リテ離緣又ハ離婚ノ結果ヲ收ムルコトヲ得ルニ於テハ敢テ其訴ヲ起スヲ要セサルコトハ更ニ言フヲ俟タサル所ナリ
第五章
第一節
(理由)本節ハ親權ヲ行フヘキ者ヲ定ム何人カ如何ナル場合ニ行フカ又如何ニシテ行フカハ各條ニ於テ之ヲ定メタリ
第八百七十七條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百四十五條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ既成法典ハ本條ノ如キ規定ヲ子ノ身上ニ對スル權利ノ中ニ入レタルモ親權ハ决シテ身上ニ對スルニ限ラス合セテ子ノ財產ノ上ニモ及フヲ以テ本案ハ之ヲ總則中ニ規定シテ其何レニモ及フモノナルヲ明カニセリ
親權ニ服スヘキ者ヲ未成年ノ子ニ限ルヘキヤ或ハ成年未成年ヲ問ハサルヘキヤハ諸國ノ法律ニ於テ異ナル所ナリト雖モ諸國ノ立法例ハ未成年ノ子ニ限ルトスルモノ多キニ居ル稀ニハ一層制限シ未成年者ニシテ未タ自治產ノ宣吿ヲ得サル者ニ限リ之ヲ得タル者ハ未成年者タリトモ親權ニ服セサルコトトスルモアリ既成法典ハ何等ノ制限ヲモ附セスシテ汎ク親權ハ父之ヲ行フ云々ト規定シタルヲ以テ解釋上成年ノ子ニ對シテ親權ヲ行フヲ得ルコトトナリテ從來ノ慣習ニ反スル所アリ故ニ本案ハ之ヲ改メ先ツ親權ニ服スル者ヲ未成年ノ子トシ而シテ獨立ノ生計ヲ立テサル者ハ成年ニ達スルモ親權ヲ脫スルコトヲ得ストシタリ是レ我國ノ慣習ニ反セサルノミナラス獨逸普通法及ヒ索遜民法モ亦本案ト等シ
既成法典ニハ父カ知レサルトキハ何人カ親權ヲ行フヘキカヲ定メサルヲ以テ私生兒ニ對シテ親權ヲ行フ者ノ誰タルヤ等ノ事明カナラス本案ハ之ヲ補ヒ此場合ニ於テハ其家ニアル母親權ヲ行フトシ其他父カ死亡シタルトキ又ハ家ヲ去リタルトキモ母ノ親權ニ服スヘキモノトセリ
第八百七十八條
(理由)既成法典ハ民法ノ人事編第九章親權第三節嫡母、繼父及ヒ繼母ニ特別ナル規則トシテ三个條ノ規定ヲ設ケタリ中ニ定ムル所ハ此等ノ者カ親權ヲ行フ場合ニ於テハ相談人ヲ附スルコトヲ得、相談人ハ後見監督人ト同一ノ權限及ヒ義務ヲ有ス、相談人ニ相談セサルトキハ親權行使ノ禁止ヲ宣吿スルコトヲ得ルノ規定ナルモ此ノ如キ條文ノミニテハ未タ相談人ノ如何ナルモノナルヤ審カナラス又何事ヲ相談スヘキヤモ明カナラサルヲ以テ寧ロ全廢シ嫡母繼父等ノ親權ヲ行フ場合ニハ後見ノ規定ヲ準用トスルノ簡ニシテ要ヲ得タルニ如カス即チ本條ヲ設ケタル所以ナリ
第二節
(理由)本節ニ規定スルモノハ既成法典民法人事編第九章第一節及ヒ第二節ノ規定ニ相當スルコトハ既ニ章首ニ述ヘタルカ如シ其規定ノ實質ノ異ナル所ハ各條ノ下ニ說明スヘシ既成法典人事編第百五十五條ヲ削除シタルハ當然言フヲ俟タサルナリ
第八百七十九條
(理由)既成法典ニハ本條ノ如キ槪括明示ノ條文ナク人事編第百五十條及ヒ第百五十一條ニ本條ノ適用トモ見ルヘキモノヲ規定シタレトモ其足ラサルハ一見シテ明カナルヲ以テ本案ハ多數ノ立法例ニ倣フテ本條ヲ設ケタリ父又ハ母ハ其未成年ノ子ノ監護及ヒ敎育ヲ爲ス義務ヲ負フハ當然ナリ未成年ノ子ト限リシハ成年ノ子ハ父母ノ助ケヲ受ケスシテ生活スルコトヲ得ルト認メタルニ由ル外國ノ或法律ニ於テハ父母ハ監護及ヒ敎育ヲ爲ス義務ヲ負フト言フニ當ルモ父母ハ單ニ義務ヲ負フノミニ非スシテ併セテ此權利ヲ有スル者ナルヲ以テ本案ニ於テハ權利ヲ有シ義務ヲ負フトシタリ
第八百八十條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百五十條ト其主意ヲ同シウス其第二項ヲ削除シタルハ決シテ其主意ニ反對スルニ非スシテ寧ロ當然ノ事ト信シタルニ由ル
子カ指定ノ場所ニ其居所ヲ定メサルトキハ父母ハ如何ニ子ヲ强制シテ其場所ニ住居セシムルコトヲ得ルカ裁判所ニ請求スヘキカ警察署ニ請求スヘキカ此等ノ事項ヲ民法ニ規定スルヨリモ公法ニ規定スルヲ當然ト信シ民法ニハ單ニ父母ニ此權アルコトヲ明示セリ獨逸民法第一讀會草案ニハ警察官ニ請求スト言ヒシヲ第二讀會ニテ削除シタルハ主トシテ此理由ニ因ルナリ
第七百四十九條ニハ家族ハ戶主ノ意ニ反シテ其居所ヲ定ムルコトヲ得ストシタルヲ以テ戶主ハ家族ニ命シテ甲村ヲ其居處ト定メシメ而シテ父又ハ母ハ同人ニ乙村ニ其居所ヲ定ムヘキヲ命スルトキハ家族ニシテ且子タル者ハ何レヲ其居所トスヘキヤ明カナラサルヘシ本條但書ハ此場合ノ處置ヲ定メタルモノニシテ家族ハ宜シク戶主ノ命ニ從フテ其居所ヲ定ムヘシト決シタリ
第八百八十一條
(理由)明治二十二年一月法律第一號徵兵令第十二條ニハ男子十七歲以上トナレハ兵役ヲ志願スルコトヲ得トセリ民法ハ決シテ此規定ヲ改ムルニ非ス唯未成年者ニシテ兵役ヲ志願スルニハ豫メ親ノ許可ヲ得ヘシトシタルナリ是レ子ノ兵役ニ服スルト否トハ其監護及ヒ敎育ニ關シテ親ノ利害ニ影響スル所大ナルヲ以テナリ
第八百八十二條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百五十條及ヒ第百五十二條ニ些少ノ修正ヲ加ヘタルモノナリ㒰第百五十條ニハ父又ハ母ハ子ヲ懲戒スル權ヲ有ス但過度ノ懲戒ヲ加フルコトヲ得ストシタルヲ書キ改メ父又ハ母ハ必要ナル範圍內ニ於テ其子ヲ懲戒スルコトヲ得トシテ一層其意ヲ明カニシタリ㒰第百五十二條ニ子ノ行狀ニ付キ重大ナル不滿意ノ事由アルトキハト言ヘルハ別ニ言ヲ要セサル事ナルヲ以テ削除シタリ而シテ同條ニハ父又ハ母ハ區裁判所ニ申請シテ其子ヲ感化場ニ入ルルコトヲ得トシタルハ感化場ニ入ルルハ寧ロ敎育ニ屬シ敎育ニ關シテハ父母ハ裁判所ニ申請スルヲ要セス隨意ニ爲シテ可ナリト信シテ仝シク削除シタリ
仝第百五十二條第二項ニハ父又ハ母ハ子ノ懲戒場ニ入場スル日數ヲ六个月ヨリ增減スルコトヲ得トシタルニ因リ或ハ七个月若クハ八个月ノ入場ヲモ申請シ得ルカ如ク解シ得ラルルモ六个月ヨリ長キ入場ハ害アリト認メ本案ニ於テハ六个月ヨリ短縮スルコトヲ得ルモ增加スルコトヲ得ストシタリ若シ父母ニシテ六个月ノ入場ニテハ不足ナリトセハ六个月ヲ經過シタル後更ニ一个月二个月若クハ六个月ノ入場ヲ請求シテ可ナリ
仝條第三項ハ入場ノ申請ニ關シ仝第四項ハ其决定ニ關ス外國ニ之ヲ規定スルノ例アルモ本案ハ之ヲ民法中ニ規定セサルコトトセリ
第八百八十三條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典民法人事編中ニ見サルモノナリ既成民法第五百五十條ニハ商業又ハ工業ヲ營ム許可ヲ得タル自治產ノ未成年者ハ其營業ニ關スル行爲ニ付テハ之ヲ成年者ト看做ストシテ商業又ハ工業ヲ營ムニハ何人カノ許可ヲ得ヘキコトヲ前提シ商法第十一條未成年者ニシテ父、母又ハ後見人ノ承諾ヲ得テ獨立ノ生計ヲ立ツル者ハ商ヲ爲スコトヲ得トシテ仝シク父母後見人ノ承諾ヲ要スルモノトシタルモ商業工業ヲ爲ス場合ニ限リテ承諾ヲ要シ他ノ場合ニハ承諾ヲ要セサルハ權衡ヲ失スルヲ以テ本案ニ於テハ之ヲ同一トシ汎ク子ハ職業ヲ營ムニハ父又ハ母ノ承諾ヲ要ストシタリ職業ノ中ニハ商業工業ト名クヘキモノ及ヒ其他一切ノ營業ヲ包含ス
父又ハ母カ子ニ一タヒ職業ヲ營ムコトヲ許スモ後ニ子カ其職業ニ堪ヘサルコトヲ發見シタルトキハ先キノ許可ヲ取消シ又ハ之ヲ制限スルコトヲ得ルハ民法第六條ニ於テ既ニ其規定ヲ設ケタルヲ以テ本條第二項ノ場合ニ於テモ同條第二項ノ適用アルコトヲ明示セリ
第八百八十四條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百五十三條ニ同シ同條ニハ父ハ子ノ總テノ行爲ニ付テ之ヲ代表スト云フニ止マリシヲ本條ニ於テ父ハ其子ヲ代表スルコトモアレハ又ハ子ノ自ラ爲ス行爲ニ同意ヲ與フルコトモアリトシタリ
未成年ノ子ハ常ニ父又ハ母ニ依リテ代表セラルルニ非スシテ單獨ニ法律行爲ヲ爲シ得ルコトモアルヲ以テナリ民法第四條ハ既ニ此事ヲ示シタリ
子ノ行爲ヲ目的トスル債權ヲ生スヘキ法律行爲ニ付テハ其子ノ同意ナクシテ之ヲ爲スハ獨リ不當ニ子ノ自由ヲ束縛スルノ結果ヲ生スヘキノミナラス人情ニ悖ルモノナルヲ以テ本條ニ但書ヲ加ヘテ代理權ノ濫用ヲ止メントセリ
第八百八十五條
(理由)子カ婚姻スルト同時ニ親權ハ消滅セルモノトセハ本條ノ規定ヲ要セサレトモ本案ハ子ハ婚姻スルモ若シ其子ニシテ未成年ナルカ或ハ成年ナルモ獨立シテ生計ヲ立テサルトキハ親權ニ服ストシタルヲ以テ本條ヲ要スルニ至リシナリ自ラ自己ノ財產ヲ管理スルコトヲ得スシテ父又ハ母カ其管理スル者カ自ラ他人ノ財產ヲ管理スルコトヲ得サルヤ明カナルヲ以テ此場合ニ於テ子ノ配偶者ノ財產ヲ管理スヘキ者ハ其子ノ父又ハ母ナリトセリ
第八百八十六條
(理由)既成法典民法人事編第百五十四條ハ父ノ管理ニ付テハ第百九十四條ニ記載シタル行爲ヲモ尙ホ管理行爲ト看做ストシテ父ハ何人ニモ協議セスシテ隨意ニ其子ノ爲メニ借財ヲ爲シ不動產及ヒ重要ナル動產ヲ讓渡スコトヲ得トシタルモ此クスルトキハ父ノ權利ハ過大ニ失シ子ノ財產ハ恰モ父ノ所有物ナルカ如クナルヲ以テ本案ハ之ヲ採ラスシテ此ノ如キ行爲ヲ爲スニハ親族會ノ認許ヲ得ルコトヲ要ストシタリ但シ外國ニ於テハ親ノ權利ヲ制限スルコト一層甚タシトス
第八百八十七條
(理由)既成法典民法人事編ニハ本條ノ如キ規定ナク唯民法財產編第五百四十七條ニ於テ後見人ノ爲シタル行爲ニ關シテ類似ノ規定アルノミ然レトモ母カ權限ヲ超エテ爲シタル行爲ハ取消スコトヲ得ヘキモノトセサルヘカラサルヲ以テ特ニ本條ヲ設ケタリ伊國ノ民法ニハ本條ニ類スル規定アルモ佛國及ヒ和國ノ民法ハ此點ニ關シテ不明ナリ
消取ノ效力取消權ノ消滅等ニ關シテハ民法總則編ノ規定ハ本條ノ規定アルカ爲メニ其適用ヲ妨ケラレサルモノトス
第八百八十八條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニナキ所ナリ既成法典民法人事編ハ第百九十九條ニ於テ未成年者ト後見人トノ利益相反スル場合ヲ規定スルニ止マルモ彼種ノ規定ハ父又ハ母ト其子トノ利益相反スル場合等ニモ必要ナルヲ以テ本案ニ之ヲ設ケタリ父又ハ母カ子ノ不利益ヲ計ルコト尠シトスルモ双方ノ利益相反スルニ尙一方ヲシテ他方ノ代理タラシムルハ既ニ代理ノ性質ニ於テ妥當ヲ得サル所アリ本案ハ民法代理ノ總則ニ於テ何人ト雖モ同一ノ法律行爲ニ付キ其相手方ノ代理人ト爲リ又ハ當事者双方ノ代理人ト爲ルコトヲ得ストシタル主意ヲ貫キ之ヲ親、後見人ノ如キ法定代理人ニモ適用シ其結果トシテ本章及ヒ次章ニ於テ親後見人ト未成年者トノ利益相反スル場合ニ特別代人ヲ選任スルコトニ關シテ規定シタリ
特別代理人ノ選任ハ外國ニテハ裁判所ニ請求スルモノトスレトモ本案ニ於テハ之ヲ親族會ニ請求スヘキモノトセリ
第八百八十九條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百五十三條ニ同シ父又ハ母ノ注意ノ程度ヲ定メタルモノナリ後見人及ヒ一般ノ受任者ニアリテハ善良ナル管理人ノ注意ヲ以テ被後見人若クハ受任者ノ財產ヲ管理スルコトヲ要スルモ親子ノ間ニアリテハ稍其趣ヲ異ニスル所アリ唯親ハ自己ノ爲メニスルト同一ノ注意ヲ以テ子ノ財產ヲ管理スレハ足レリトス而シテ母カ第八百八十六條ノ規定ニ依リテ行爲ヲ爲シタルトキハ親族會ノ同意アリタルヲ以テ自ラ其免ルヘキモノナリトノ疑義ノ生スルコトアルヘキヲ以テ第二項ノ規定ヲ置キ此場合ニ於テモ第一項ニ依リテ負ヘル注意ノ義務ヲ免カルヘカラサルコトヲ明示セリ
第八百九十條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百五十六條ト同一ニシテ唯其文字ニ多少ノ修正增補ヲ爲シタルノミ父ハ子ニ其財產ヲ引渡スヘシトシタルヲ改メテ管理ノ計算ヲ爲スコトヲ要ストシ計算ヲ成ルヘク速カナラシメント欲シテ遲滯ナクト言ヘル文字ヲ加ヘタリ
費用ト收益トハ相殺シタルモノト看做スハ親子ノ關係ヲ斟酌シテ定メタル規則ナルヲ以テ假令一方ノ額ハ他方ヨリモ大ナリトスルモ何レモ其差額ヲ請求スルコトヲ得サルモノトス
第八百九十一條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニナキモ子ノ利益ヲ保護シ且子ニ無償ニテ財產ヲ與フル者ノ意思ヲ貫徹セシムルニ必要ノモノナリ或人カ無償ニテ子ニ財產ヲ與ヘ其收益ヲ積立テテ一定ノ資本ト爲サシメントスルコトアリ或ハ其收益ヲ以テ特ニ子ノ爲メニ或物ヲ買ハシメントスルコトアリ此等ノ場合ニ於テモ尙ホ法律ノ規定ヲ以テ收益ト扶養敎育管理ノ費用トハ相殺スヘキモノトセハ贈與者ハ其相殺セラルルヲ嫌ヒテ遂ニ子ニ財產ヲ與ヘサルニ至ルコトアルヘキヲ以テ子ノ不利益トナルコトナシトセス故ニ若シ贈與者カ前條ノ規定ニ反對ノ意思ヲ表示シタルトキハ其財產ニ付テハ相殺ノ規定ヲ適用セストスヘキナリ外國ノ法律ニハ槪子本條ノ如キ規定ヲ置ケリ
第八百九十二條
(理由)本條ノ規定モ亦既成法典ニナキモ前條ヲ設ケタルト同一ノ理由ニ基キテ之ヲ設ケタリ外國ニ在リテハ羅馬法以來採用セル所ニシテ之ニ依リテ子ノ利益ヲ保護セントスルモノナリ人ノ子ヲ愛シテ之ニ財產ヲ與ヘント欲スルモ其父母ノ不行跡ナルカ爲メニ與產ヲ濫費セラルルヲ恐レテ遂ニ與ヘサルニ至ルトキハ子ノ不利益ナルヲ以テ特ニ本條ヲ設ケ若シ無償ニテ子ニ財產ヲ與フル者カ父母ヲ排斥シタルトキ財產ハ父又ハ母ノ管理ニ屬セストシタリ
子ニ財產ヲ與フル者カ其財產ノ管理者ヲ指定シタルトキハ其者ヲ管理者トスルハ明カナレトモ贈與者自ラ管理者ヲ指定セサルコトアリ一タヒ指定スルモ後ニ至リテ其管理ノ權限ノ消滅スルコトアリ又ハ之ヲ改任スル必要ノ生スルコトアリ此等ノ場合ニ於テハ裁判所ハ子、其親族又ハ檢事ノ請求ニ因リ其管理者ヲ選定ス本條第二項及ヒ第三項ハ之ヲ法文ニ示シタルモノナリ
第四項ハ父又ハ母以外ノ管理者ノ生シタル場合ニ其管理者ノ有スル權利及ヒ義務ニ關シテ規定スルモノニシテ此場合ニハ第二十七條乃至第二十九條ノ規定ヲ準用スルコトヲ定メタリ
第八百九十三條
(理由)本條ハ委任ニ關スル規定ヲ父母ノ管理ニ準用スルモノナリ既成法典ハ後見人ノ終了ト題シテ本案ニ規定スルカ如キモノヲ揭ケタルモ親權ニ關シテハ一モ言フ所ナク外國ノ法律亦多クハ後見ニ關シテノミ此種ノ條文ヲ揭クルモ親權ニ關シテモ亦規定ノ必要アルヲ以テ本案ニ於テハ婚姻ノ章ニ於ケル規定及ヒ後見ノ一章ニ於ケル規定ト同一ノ理由ニ依リテ本條ヲ置ケリ
第八百九十四條
(理由)本條ハ既成法典ニナク又外國ニモ殆ント其例ヲ見サル所ナルモ本條ノ規定ナキトキハ父又ハ母ト其子トノ間ニ財產ノ管理ニ付テ生シタル債權ハ長ク存在スヘキコトト爲ルヲ以テ之ヲ短縮シテ五年トシタルナリ既成法典及ヒ諸外國ノ法律ハ單ニ後見ニ關シテ特別ノ時效ヲ認ムルノミナルモ苟モ後見ニ關シテ之ヲ定ムル必要アリトセハ親權ニ關シテ亦定ムル理由アルヘシ本案ハ編纂ノ順序上之ヲ本章ニ規定シ而シテ其規定ヲ後見ノ場合ニ準用スルコトトシタル時效ノ起算㸃ヲ管理權消滅ノ時トシ其子カ未タ成年ニ達セサル間ニ管理權カ消滅シタルトキハ其子カ成年ニ達シ又ハ後任ノ法定代理人カ就職シタル時トシタル理由ハ別ニ說明ヲ要セス
第八百九十五條
(理由)本條ハ他國ノ法律ト異ナリテ未成年ノ子ハ婚姻スルモ親權ヲ脫スルモノトセサリシナリ故ニ自ラ子ヲ有シテ尙ホ親權ニ服スルモノアリ而シテ本案第八百七十七條ニ於テ汎ク其家ニ在ル父ノ親權ニ服ストシテ其子ノ自ラ親權ニ服スル者タルト否トヲ分タサルヲ以テ法文ノ解釋上尙ホ親權ニ服スル者モ自己ノ子ノ上ニハ親權ヲ有シテ之ヲ行フコトヲ得ヘキコトト爲ルヘシ然レトモ未成年者ニシ自ラ親權ニ服シナカラ他人ノ上ニ親權ヲ行フハ甚タ不都合ナルヲ以テ本條ヲ設ケ此ノ如キ塲合ニハ父又ハ母ヲシテ其子ニ代ハリテ親權ヲ行ハシメタリ其子ニ代ハリテ戶主權ハ行ハシムルコトモ亦同一ノ理由ニ基ク既成法典民法人事編第二百五十七條ハ本條ト等シキ主意ナルモ之ヲ戶主家族ノ章ニ規定スルハ其場所ニ關シテ妥當ヲ得サル嫌アリ且既成法典ノ如ク單ニ父又母ハ未成年ノ子ニ代ハリテ戶主權ヲ行フトスルハ狹キニ失スルヲ以テ本案ニ改メテ戶主權又ハ親權ヲ行フトシ併セテ本章ノ中ニ置キタリ
第三節
(理由)既成法典民法人事編ノ草案ニハ本節ニ該當スル規定アリシモ確定ノ法文ニ削除セラレタリ削除ノ理由ハ惟フニ我國ノ慣習トシテ親カ子ニ對シテ親權ヲ行フニ外ヨリ干涉スルハ不都合ナリト云フニアラン然レトモ苟モ親權ヲ規定シテ父又ハ母ニ此權ヲ與ヘタル以上ハ又一方ニアリテ之カ濫用ヲ防カサル可カラス實際ニ就テ見ルモ親ノ不行跡ナルカ爲メニ徃々其子ヲ惡道ニ導キ或ハ親權ヲ濫用シテ子ノ不利益ヲ釀スコト徃々是レアリ此クノ如キ場合ニ裁判所ヲシテ子ノ親族又ハ檢事ノ請求ニ因リテ親權ノ喪失ヲ宣吿セシムルハ啻ニ子ヲ保護スルノミナラス公益上亦此ノ如クスヘキ必要アリ
第八百九十六條
(理由)既成法典人事編第百八十一條ニハ後見ニ關シテ此種ノ規定ヲ設ケタレトモ親權ニ關シテハ之ヲ設ケス諸國ノ規定ハ後見ニ關スルト等シク親權ニ關シテモ亦此種ノ規定ヲ設ケタリ據リテ親權ノ濫用ヲ防キ子ノ利益ヲ保護スルモノニシテ併セテ國家ノ公益ヲ維持スルモノナリ然レトモ子トシテ親ヲ訴フルハ名分ノ上ニ於テ許ササル所ナルヲ以テ親族又ハ檢事ヲシテ之ヲ請求セシムルコトトス
第八百九十七條
(理由)本條モ亦既成法典ニナキモ本案ニ之ヲ置キ親カ管理ノ失當ニ因リテ其子ノ財產ヲ危クシタル場合ニ裁判所ヲシテ親ノ管理權ノ喪失ヲ宣吿スルヲ得セシメタリ夫カ妻ノ財產管ヲ理スル場合ニ於テ其財產ニ付キ危險アルトキ裁判所ハ夫ヲシテ相當擔保ヲ供セシムルト相似タリ唯夫婦ノ場合ニハヲ妻シテ請求スルコトヲ得セシメタル本條ノ場合ニ子ヲシテ之ヲ請求スルヲ得セシメサリシハ前條ニ述ヘタル理由アレハナリ而シテ父カ親權ヲ行フ能ハサルトキハ母カ之ヲ行フヘキモノナルヲ以テ父カ親權喪失ノ宣吿ヲ受ケタルトキモ第八百七十七條第二項ト同一ノ理由ニ依リ母カ親權ヲ行フコトトセリ
第八百九十八條
(理由)親權喪失ノ宣吿ハ已ムコトヲ得サルニ出ツルモノナルヲ以テ其原因カ止ミタルトキ其取消ヲ請求スルコトヲ得ルハ說明ヲ要セサル所ナリ
第八百九十九條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百五十七條ニ同シ既成法典ハ子ノ財產ノ管理ト題シテ常ニ父ハ云云ト云ヒ仝條ニ至リテ本節ノ規定ハ母カ子ノ財產ヲ管理スル場合ニ之ヲ適用スト言ヘルモ本案ニ於テハ常ニ父又ハ母ハト言ヘルヲ以テ仝條第一項ノ如ク條項ヲ要セサルニ至リ從テ本條ハ同條第二項ト同一ノ規定ト爲レリ
第六章
(理由)本章ハ既成法典人事編第十章ニ當リ其規定ノ實質ト規定シタル事項ノ範圍トニ修正ヲ加ヘタルモノトス即チ同編第十章ハ單ニ未成年者ノ後見ノミヲ規定シ禁治產者ニ關シテハ別ニ一章ヲ設ケタルモ本案ハ未成年者ノ後見ト禁治產者ノ後見トニ因リテ章ヲ分クス總テ之ヲ本章ニ規定シタリ既成法典ノ主意モ亦决シテ二者ニ大差アリト認メテ之ヲ分チタルニ非ス後見ノ章ノ外ニ禁治產ノ章ヲ設ケタルヲ以テ旁禁治產者ノ後見ヲ第十章ニ編入スルヲ得サリシモノナラン同編第二百二十六條ヲ見ルトキハ其主意明カナリ
既成法典ハ人事編第十章ノ中ニハ親族會ノ規定ヲ置キテ之ヲ未成年者ノ親族會ノ外親族會ヲ組織スル必要アル場合ニ適用スルコトトスレトモ親族會ノ必要アルハ後見ノ場合ニ限ルニアラサルハ既成法典ノ認ムルト同シク殊ニ本案ニ於テハ其必要アル場合ヲ既成法典ヨリモ多ク設ケタルヲ以テ親族會ニ關スル規定ヲ後見ノ章中ニ置キテ之ヲ他ノ場合ニ適用若クハ準用スルハ法律ノ躰ヲ得タルモノニ非サルヲ以テ之ヲ後見ノ章ヨリ割キテ獨立ノ一章トシタリ
以上述ヘタル㸃ハ規定ノ範圍ニ關シ本案ト既成法典トノ間ニ存スル差異トス此他既成法典ニハ第十章ヲ十部ニ分チ先ツ總則ヲ置キ次ニ第一節後見人トシ以下第二節後見監督人第三節親族會ト順次ニ規定シタルヲ本案ニ於テ之ヲ改メ第一節後見ノ開始第二節後見ノ機關第三節後見ノ事務第四節後見ノ終了トシタリ
第一節
(理由)本節ニハ如何ナル場合ニ後見ハ開始スルカヲ規定ス
第九百條
(理由)後見ハ本條ニ規定シタル二個ノ場合ニ於テ開始ス禁治產者ハ之レヲ後見ニ付スルコトハ既ニ總則ノ規定ニ之ヲ見ル所ナルモ其如何ナル時ヲ以テ後見ヲ開始スルカハ本條ヲ見テ初メテ明白ナリトス未成年者ニ後見ヲ付スルコトハ本條ニ於テ之ヲ明定シ同時ニ其後見ノ開始スル場合ヲ示シタリ實質ニ於テハ既成法典人事編第百六十一條ノ規定ト異ナル所ナシ
第二節
(理由)本節ハ既成法典民法人事編第十章第一節第二節及ヒ第四節ニ當リ後見ノ機關ニ付テ規定スルモノナリ後見ノ機關ハ後見人後見監督人及ヒ親族會ナリトス然レトモ親族會ハ後見ノ事務ニ屬セサル多クノ事務ヲ掌ルヲ以テ便宜上特別ノ一章ヲ設ケテ其規定ヲ置キ本節ニハ單ニ後見人ト後見監督人トニ關シテ規定スルニ止メタリ
既成法典ハ第四節トシテ後見ノ免除ヲ規定シタルモ特ニ一節ヲ設クルノ要ナシト信シテ之ヲ省キ同節中ニ規定シタル事項ハ之ヲ後見人ノ規定中ニ入レ而シテ後見人監督人ノ場合ニ準用スルコトトシタリ從テ本節ハ第一欵後見人第二欵後見監督人ノ二欵トス
第一欵
(理由)本欵ヲ設クル理由ハ前ニ述ヘタル所ニ依リテ明カナルヘシ先ツ後見人ヲ規定シ次ニ後見監督人ニ及フハ至當ノ順序タリ
第九百一條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百六十四條及ヒ第六百十五條ニ當リ少シク之ニ修正ヲ加ヘタルモノトス今左ニ其相異ナル點ヲ示シ合セテ本條ノ理由ニ關シテ說明スル所アラン
一 既成法典第百六十四條ニハ親權ヲ行フ父又ハ母ハ後見人タル可キ者ヲ指定スル權ヲ有ストシ父又ハ母ハト言ヘルヲ以テ父母各自ニ後見人ヲ指定スルコトヲ得ルカノ如ク解シ得ラレテ不都合ナルヲ以テ本條ニ於テ改メテ最後ニ親權ヲ行フ者ハ之ヲ指定スルコトヲ得トシタリ最後ニ親權ヲ行フ者ハ父ナルコトモアレハ母ナルコトアルヘシ父母共ニ生存スルトキハ父ハ親權ヲ行ヒ父死亡スルトキハ母ハ親權ヲ行フヲ以テ後見人ヲ指定シ得ルモノハ其中ノ一人タラサルヘカラス諸外國ノ法律ヲ見ルモ槪子本條ト同一ノ規定ヲ爲スモノノ如シ既成民法モ亦敢テ父母兩人共ニ同時ニ後見人ヲ指定スルコトヲ得トスルノ主意ニ非サルヘシト雖モ其法文ノ明瞭ナラサルト又他ノ少數ノ國ニアリテハ父母兩人同時ニ後見人ヲ指定シ裁判所ヲシテ其一ヲ擇ハシムルコトトセルモノアルヲ以テ或ハ世人ノ疑ヲ招クノ虞アルヲ以テ改メテ本條ノ如クシタリ
最後ニ親權ヲ行フ者カ後見人ヲ指定スルコトヲ得ルハ後見人ハ畢竟親權ノ延長シタルモノナレハナリ父カ死スルモ母ハ親權ヲ行フトキハ別ニ後見人ヲ置クノ必要ナシ父ハ豫メ後見人トナルヘキ者ヲ指定シ置キテ母ノ死後ニ之ヲ後見人ト爲ストスルトキハ二人ノ親權ヲ行フカ如キ者ヲ生セサルモ何年ノ後ニ後見人ト爲ルヘキカハ豫メ之ヲ知ルコトヲ得ス母ノ生存スルコト愈々長ケレハ其間ニハ父ノ指定シ置キタル後見人ノ死亡スルコトモアレハ或ハ其身上ニ非常ノ變化ヲ來スコトモアルヘシ此ノ如キ不都合アルヲ以テ最後ニ親權ヲ行フ者ヲシテ後見人ヲ指定セシメ成ヘク必要ニ應シテ適當ノ人ヲ擧クルヲ得セシメタリ
二 母カ最後ニ親權ヲ行フトキハ後見人ヲ指定スルコトヲ得ルハ前ニ述ヘタル如クナルモ若シ其母ニシテ財產ノ管理ヲ辭シタルトキハ後見人ヲ指定スルコトヲ得サルモノトス其理由トスル所ハ第一親權ハ子ノ身躰上ノ管理ト其財產上ノ管理ノ二要素ヨリ成レルニ母ニシテ財產ノ管理ヲ辭スルハ是レ財產管理ノ權ヲ抛棄シテ十分ノ親權ヲ行ハサル者ナリ親權ヲ行ハサル者ハ後見人ヲ指定スルコトヲ得サルヲ以テ論理上ノ結果財產ノ管理ヲ辭シタル母ハ後見人ヲ指定シ得サルコトトナルト第二ニ母カ財產ノ管理ヲ辭スルハ自ラ之ヲ管理スルヲ得スト信シタルヲ以テナラン自ラ之ヲ管理スルコトヲ得サルニ之ヲ管理スルニ足ルヘキ適當ノ人ヲ撰擧スルハ大ニ難シトスル所ナルヘシト認メタルトニ因ルナリ既成法典モ亦之ト同一ノ主意ナルカ如シ
三 本條第二項ヲ設ケタル理由ハ第一項但書ノ說明ヨリシテ明カナルヘシ財產ノ管理ヲ辭シタル母ハ財產管理ノ㸃ニ關シテハ既ニ死シタルニ等シク母ニシテ死シタルニ等シケレハ父ハ此點ニ關シテハ最後ニ親權ヲ行フ者ノ如シ從テ第一項本文ノ規定ト同一ノ主意ヨリシテ後見人ヲ指定スルコトヲ得セシメタルナリ
四 後見人ヲ指定スルハ遺言ヲ以テ之ヲ爲ス既成民法第百六十五條ニハ遺言書若クハ證書ヲ以テ之ヲ爲シ又ハ區裁判所ニ口述シテ之ヲ爲スヘシトシタルモ後見人ヲ指定スルカ如キ大事ヲ普通ノ證書ヲ以テスルコトヲ許スハ其當ヲ得タルモノニ非サルヘシ既成民法草案ノ如キハ公正證書ヲ以テ之ヲ爲スト言ヘルモ公正證書ニ限ルハ聊カ窮屈ニ失シ又遺言ニ非サル公正證書ヲ以テ之ヲ指定スルトキハ後ニ至リテ之ヲ變更廢止スルニ頗ル困難ヲ感スルヲ以テ宜シク遺言ヲ以テ指定セシメテ何時ニテモ變更スルコトヲ得セシムヘシ而シテ遺言ヲ以テスルトキハ總テノ方式ニ從ヒテ之ヲ爲スコトヲ得セシメ公正證書ヲ以テスル外自筆證書秘密證書等ヲモ許スヘキナリ
第九百二條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第二百二十四條第二項及ヒ第三項ニ該當シ之ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ成年者、妻又ハ夫カ禁治產ノ宣吿ヲ受ケタル場合ニ之カ後見人ト爲ルヘキ者ヲ定メタルモノニシテ既成法典ト稍異ナル所アリ先ツ一般ノ成年者ト妻及ヒ夫トヲ區別シ一般ノ成年者ニアリテハ親權ヲ行フ父又ハ母ヲ後見人トス未成年者ノ場合ニ父又ハ母ヲシテ親權ヲ行ハシムルト同一ノ主意ヨリ出テタルモノニシテ子ノ身躰財產ヲ最モ能ク管理スル者ハ其親ニ若クハナシトノ理由ニ基ク父母共ニナキカ或ハ生存スルモ後見人ト爲ルヲ得サルトキハ其戶主ヲ以テ後見人トス成年ノ夫カ禁治產ノ宣吿ヲ受ケタル場合ハ妻ヲ以テ後見人トシ妻ナキトキハ親權ヲ行フ者次ニ戶主ヲ後見人トス妻ノ順位ヲ父母及ヒ戶主ニ先タシメタルハ夫婦間ノ關係ヲ酌量シタル結果ナリ第二項ニ於テ妻カ禁治產ノ宣吿ヲ受ケタルトキハ其父母ヲ措キ夫ヲ以テ後見人ト爲スコトトナシタルモ亦夫婦間ニ特種ノ關係アルニ基クモノトス
第九百三條
(理由)未成年者ニ對シテハ遺言ヲ以テ指定セラレタル後見人タリ禁治產者ニ對シテハ其禁治產者ノ何人タルカニ依リテ父、母、夫若クハ妻ハ後見人タリ然レトモ時トシテハ遺言ヲ以テ後見人ヲ指定セス或ハ父母夫妻ノ何レモナキ場合アルヘキヲ以テ此場合ニ於テ後見人ト爲ルヘキ者ヲ定メサルヘカラス本條ハ之ヲ定メタルモノニシテ其家族ノ戶主ヲ以テ後見人トスルナリ家族制度ノ遺風ヲ存セル我國ニアリテハ至當ノ規定ナリ
戶主ト爲ルニハ成年者タルヲ要セス後見人トナルニハ成年者タルヲ要ス從テ既成法典ノ如キハ未成年者ノ家族ニ付テハ成年ノ戶主後見人ト爲ルト言ヒ而シテ禁治產ノ場合ニモ之ヲ適用スルコトトシタリ其趣意ニ於テハ本案モ既成法典ト相同シキモ特ニ條文ニ於テ成年ノ戶主ト言ハサリシハ未成年ノ戶主ハ後見人ト爲リ得サルハ他ノ規定ヨリシテ自ラ明カナレハナリ戶主自ラ未成年者ナルトキハ必ス之カ後見人タル者アルヘシ其後見人ハ併セテ家族ノ後見人ト爲ルカ或ハ各家族ノ爲メニ特別ノ後見人ヲ置クカハ親族會ノ定ムル所ニ依ル
第九百四條
(理由)本條ハ定マリタル後見人ナク止ムコトヲ得サル場合ニ於テ親族會ヲシテ之ヲ撰定セシムル規定ナリ既成法典ニ於テハ人事編第百六十七條ト同第二百二十四條ニ分チテ規定シタリシヲ一條ニ纒括シタルマテニテ其實質ニ於テ毫モ異ナル所ナシ
第九百五條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百六十八條第二項同第百九十八條及同第二百二十四條第四項等ニ當リ而モ大ニ其實質ヲ變更シタルモノナリ第一後見人ヲ選定スヘキ場合ヲ異ニシ第二ニ之ヲ選定スルモノ及ヒ其選定ヲ請求スルモノヲ異ニス既成法典第百六十條ニ於テハ未成年者ヲ有スル人ノ死亡シタルトキ又ハ未成年者ヲ有スル父若クハ母ノ他家ニ入リタルトキニ後見人ヲ撰定スルモノトシ之カ撰定ヲ請求スル者ヲ未成年者ノ親族若クハ利害關係人トシ第百九十八條ハ後見人ノ任務トシテ後見人ノ缺ケタル塲合ニ直チニ後任ノ後見人ヲ定ムル手續ヲ爲スヘキコトトシ第二百二十四條第四項ハ禁治產者ノ後見人ナク遺言後見人モナク又ハ此等ノ後見人カ免除若クハ罷黜セラレタルトキハ禁治產者ノ親族若クハ利害關係人ノ請求ニ依リテ親族會ニ於テ之ヲ撰定スルコト未成年者ノ後見人ノ缺ケタル塲合ノ如クシタリ本條ニハ之ヲ一括シテ後見人ヲ撰定スヘキ必要ノ生スル場合ヲ列擧シテ後見人カ其職務ヲ辭スル塲合及ヒ親權ヲ行ヒタル父若クハ母カ他家ニ入ル場合ノ外ニ母カ財產ノ管理ヲ辭スル場合及ヒ戶主カ隱居ヲ爲ス塲合ヲモ明示シ而シテ此ノ如キ場合ニ於テ後見人ヲ選定スルモノヲ總テ親族會トシタルナリ
親族會ノ招集ヲ請求スヘキ者ヲ父母又ハ後見人トシタルハ自己ノ行爲ニ因リテ更ニ後見人ヲ撰定スヘキ必要ヲ生セシメタル者ヲシテ此義務ヲ盡サシムル爲メナリ既成法典ノ如ク或ハ遠キ親族ニ此責ヲ負ハシメ或ハ廣ク利害關係人ニ此權ヲ與フルハ不當ト認メタルニ由リ之ヲ改メタルモノトス外國ノ法律ニ於テハ多クノ場合ニ於テ後見監督人ヲシテ此請求ヲ爲サシムルモノアリ或ハ戶籍吏ヲシテ之ヲ爲サシムルモノアリ又或ハ何人ノ請求ヲモ待タスシテ親族會自ラ後見人ヲ撰定スヘキモノトスルモアレトモ何レモ我國情ニ適セスト信スルニ依リテ本條ノ如ク規定シタルナリ
第九百六條
(理由)後見人ハ親權ニ類スル權利ヲ行フモノナリ親權ヲ行フモノヲ一人ナリトスルトキハ後見人モ亦一人ナリトセサルヘカラス後見人ノ任務ハ被後見人ノ身躰財產ノ事ヲ一切管理スルニアリテ其財產ノ大ナルトキハ管理ノ任務ハ容易ナラサルヲ以テ二人以上ノ者ヲシテ之ヲ分担セシムヘキ必要ナキニ非ス從テ羅馬法ニ於テハ二人以上ノ後見人ヲ許シ佛國民法亦之ヲ許シ印度相續法、白國民法草案等ノ如キハ數人ノ後見人アルモ可ナリトシ我舊慣トシテモ二人以上ノ後見人アリテ明治十五年以前ノ指令ニ於テハ之ヲ明許シタルモノノ如シト雖モ後見人ニシテ二人以上アルトキハ意見ノ統一ヲ缺キテ家族上ノ紛議ヲ來スコト多カルヘキヲ以テ本案ニ於テ之ヲ一人ニ限リ成ヘク家族ニ關スル紛議ノ生スルヲ豫防シタリ舊來ノ慣習トシテ二人以上ノ後見人ヲ設ケタルコトナキニ非スト雖モ其多數ハ一人ニ限リ又明治十五年以來ノ指令ニ於テハ常ニ之ヲ一人ニ限レルヲ以テ今本案ニ於テ之ヲ一人トスルモ决シテ我家族ノ上ニ激變ヲ來スノ虞ナキナリ既成法典ハ總テノ場合ニ關シテ明言スル所ナキモ人事編第百六十二條ニ於テ一家ニ未成年者數人アルモ後見人ハ一人タルヘシトシタルヨリシテ略其精神ノアル所ヲ窺ヒ知ルヲ得ヘク即チ本案ト同一ノ主意ナルヘシ未成年者數人アルモ後見人ハ一人タルヘシトスルニ於テハ一人ノ被後見人ニ數人ノ後見人ヲ附スルハ之ヲ許ササルノ主意ナリト解スルハ决シテ不當ノ解釋ニ非サルヘシ本條モ亦後見人ハ一人タルコトヲ要ストシタリ
第九百七條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編ノ規定ト其大躰ヲ同シウシ唯其條文ヲ合併シ意味ヲ明確ニシ一二ノ改正增補ヲ爲シタルノミ本條ノ第一號及ヒ第二號ハ人事編第百七十八條ノ規定ト同シク第四號ハ同第二百二十四條ヲ書キ改メタルノミ第五號ニ當ルヘキ條文ハ同第百六十三條ノ前文及ヒ第百七十九條ナリトス第百六十三條ニハ後見人ハ親族會ノ免除ヲ得サル限リハ後見ヲ承諾スヘシ云々ト云ヒ第百七十九條ハ後見免除ノ求メハ親族會之ヲ決ス後見人解任ヲ求メタルモ亦同シト云ヒ稍不明ノ嫌ヒアルモ思フニ親族會ハ後見人ヲ免除若クハ解任スルノ權アルモノトスルノ規定タルニ過キス而シテ親族會ハ何等ノ事由モナキニ後見人ヲ免解スルコトナカルヘキヲ以テ實際ノ適用ニ於テ本條第五號ノ如クスヘシト言フナリ
本條第五號ニ於テハ其他ノ正當ノ事由ト言ヒテ其如何ナル事由タルヲ列記セス一ニ親族會ノ認定ニ委シタリ若シ後見人ニシテ正當ノ事由アリト信スルニ親族會ニ於テ之ヲ正當ノモノト認メサルトキハ訴訟ノ方法ヲ以テ其所信ヲ貫クノ途アリ外國ニ於テハ其事由ヲ列記スルモノアリ甚タシキハ官名ヲモ列記シ國務大臣、控訴院長、檢事長等トナルトキハ後見人ノ任務ヲ辭スルコトヲ得トスルモノアルモ列擧ハ狹キニ失シテ實際ノ不便ヲ來スコトアルヲ以テ本案ニ於テハ一切親族會ノ認定スル所ニ委シタリ
第三號ハ外國ニモ多クノ例アリ人事編草案ニ於テモ之ヲ揭ケタルヲ既成法典ノ人事編ニ於テ削除シタルモノナルモ後見人ノ任務ノ大ナルヲ知ルニ於テハ此ノ如キ規定ノ必要モ明カニ之ヲ知ルヲ得ヘシ自己ヨリ先ニ後見人タルヘキ者アリ若シ其者ニシテ後見人ト爲ルトキハ自己ハ後見人ト爲ラスシテ止ムヘキニ偶其者ニ辭任ノ事由生シタルニ依リテ自己ニ其任務ノ轉落シ來ルモノトセハ後ニ至リテ其事由ノ止ミタルトキハ其者ヲシテ後見人ノ任務ヲ執ラシムルヲ得ルハ至當ナルヘシ即チ當然ノ順序ニ復スルモノニシテ或ハ明文ナキモ此解釋ヲ生スヘキ程ノモノナリ外國ニ於テハ尙ホ之ヨリ進ミ自己カ後見人ト爲リタル後ニ親族中ニ適任者ヲ生シタルトキハ其者ヲシヲ自己ニ代ハラシムルコトヲ得ト特示スルモ本案ニ於テハ之ヲ採ラス第五號ニ於ケル正當ノ事由中ニ包含セシメタルヲ以テ若シ親族會ニシテ現在ノ後見人ヨリ適任者アリテ之ヲシテ彼ニ代ハラシムルヲ可ト信スルトキハ現後見人ノ辭任ヲ許可シ今ニ及ヒテ交代セシムルハ不可ナリト信スレハ之ヲ許可セサルナリ此否認ニ不服アル後見人ハ訴訟ヲ爲スコトヲ得ヘシ
婦女ハ何時ニテモ後見人ノ任務ヲ辭スルコトヲ得トシタルハ我國情ニ照シテ此ノ如クスヘキヲ至當ト信シタルニ依ル
第九百八條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百八十條及ヒ第百八十一條ノ規定ヲ併合シテ之ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ既成法典ニ於テハ缺格ノ場合ト除斥罷㸃ノ場合トヲ分チテ之ヲ規定シタルモ是レ畢竟或人カ後見人タルコトヲ得サル原因ニ遡リテ區別シタルニ過キス其此等ノ者ノ後見人タルコトヲ得サルハ總テ同一ナルヲ以テ本案ニ於テハ一括シテ之ヲ本條ニ規定シタルナリ尙ホ其形式及ヒ實質ニ於テ既成法典ト異ナル所左ノ如シ
一 人事編第百八十一條第一號及ヒ第二號ヲ併合シテ本條第八號トシタリ實質ニ於テハ二者相等シ
二 同條第三號ニ於テハ免黜セラレタル裁判上ノ保佐人トシタルヲ本案ニ於テ增補シテ免黜セラレタル法定代理人又ハ保佐人トシタリ實質ニ於テ頗ル廣クシタルモノトス
三 既成法典人事編ニハ行方ノ知レサル者ヲ揭ケサルヲ以テ行方不明者ヲモ後見人タラシムル結果ヲ生スヘシ此ノ如キ者ヲシテ後見人タラシムルトキハ被後見人ノ不利益ナルコト明カナルヲ以テ本條第七號ニ之ヲ挿入シタリ
第九百九條
(理由)本條ハ後見人ト爲ルヘキ者又ハ後見人ト爲ルコトヲ得サル者ニ關スル規定ハ保佐人ニモ準用スヘキモノナルコトヲ示シタルモノニシテ既成法典ト異ナル所ナシ前述ノ規定ニ關シテ後見人ト保佐人トヲ分ツヘキ必要ナキヲ以テ後見人ニ關スル規定ヲ保佐人ニ準用シタルナリ
第二款
(理由)後見監督人トハ其名稱ノ示ス如ク後見人カ果シテ能ク其任務ヲ盡スヤ否ヤヲ監督スル者ニシテ必要ナル後見機關ナリ佛伊ノ民法亦之ヲ置クヲ必要トセリ既成法典ニ於テハ必スシモ之ヲ置クヲ要セス唯之ヲ置クコトヲ得ルモノトシ若シ之ヲ置ケル場合ニ於テ監督ヲ要スルコトアルトキハ親族會ニ於テ會員一人ヲ撰定シ臨時ニ後見監督人ノ任務ヲ行ハシムルコトトシタルモ(人一六九、同一七〇)苟クモ後見ノ機關トシテ後見人ヲ置キ彼ヲシテ種々ノ任務ヲ盡サシムルモノトセハ之カ行爲ヲ監督スル機關ヲ設ケサルトキハ或ハ後見人ヲシテ十分ニ其任務ヲ盡サシムルコト能ハサルニ至ルモ計ラレサルヲ以テ本案ニ之ヲ設ケタルナリ獨逸普通法及ヒ獨逸民法及ヒ獨逸聯邦諸國ノ法律ハ既成法典ト相似テ强テ之ヲ置カシメサルモ彼國ニアリテハ裁判所ハ後見ノ事務ニ干涉スルコト多ク殊ニ後見人ノ監督ノ如キハ進ンテ之ヲ爲ス塲合アルヲ以テ强テ別ニ後見監督人ヲ置カシメサルナリ尙ホ裁判所以外ノ官廳カ後見人ノ任務ヲ監督スル國ニアリテモ强テ後見監督人ヲ置カシメサルモ我國ニ於テハ官廳其他ノ者ヲシテ成ヘク私人ノ內事ニ干涉セシメサルノ主義ヲ採リタルヲ以テ特ニ後見監督人ヲ置カシムル必要ヲ生シタルナリ
第九百十條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百六十九條第二項ノ規定ト其主意ヲ同シウス同項ニハ後見監督人ハ後見人ヲ定ムルト同一ノ手續ニ從ヒテ之ヲ指定スト言ヘルヲ改メテ後見人ヲ指定スルコトヲ得ル者ハ後見監督人ヲ指定スルコトヲ得トシタルナリ尙ホ同項ニハ又ハ親族會ニ於テ之ヲ撰定ストシ文章上後見人ヲ定ルト同一ノ手續ニ從ヒテ之ヲ指定スルト親族會ニ於テ之ヲ撰定スルトハ前後ナキカ如クナルヲ本案ニ於テ之ヲ明カニシ先ツ本條ニ於テ後見監督人ヲ指定スルコトヲ得ル者ヲ定メ此規定ニ依リテ指定シタル後見監督人ナキ場合ニ親族會カ之ヲ指定スヘキコトヲ次條ニ明カニシタリ
第九百十一條
(理由)既ニ後見監督人ヲ置クコトヲ要ストスル以上ハ本條ノ如キ規定ナカルヘカラス後見監督人ヲ置クコトヲ要ストセル諸國ノ規定亦悉ク本條ト同一ノ規定ヲ設ケタリ後見監督人ナキトキハ後見人ハ財產ノ調査目錄ノ調製等ニ從事スルコトヲ得サルヲ以テ親族會ニ於テ後見監督人ヲ指定スル爲メ之カ招集ヲ請求セサルヘカラス若シ之ニ違反シテ隨意ニ後見ノ事務ニ着手スルトキハ親族會ヨリ免黜セラルヘシ
後見人ハ法定若クハ指定ノ後見人ナルモ後見監督人ナキトキハ之カ選定ヲ請求セサルヘカラス後見人ニシテ親族會ニ於テ選定セラレタル者ナルトキハ之ヲ請求スルノ要ナシ何トナレハ親族會ニ於テ後見人ヲ選定シタルトキハ直チニ後見監督人ヲ選定スルコトヲ要スト規定シタルヲ以テナリ即チ本條第二項ニシテ之ヲ設ケタルハ重複ノ手續ヲ避ケンカ爲メナリ
第九百十二條
(理由)本條ハ外國ニ其例尠ナキ所ナルモ主意ニ於テハ何レノ法律モ亦此ノ如クナラン前條トノ權衡ヲ得セシメタルモノニシテ即チ前條ハ後見ノ事務ニ着手スル前ニ後見人ノナキ場合ヲ規定シ本條ハ就職ノ後其缺ケタル場合ヲ規定ス
第九百十三條
(理由)本條ハ後見監督人ノ職務ノ性質ヨリ生スル規定ナリ後見監督人ハ後見人ノ任務ヲ盡スヤ否ヤヲ監督スル者ナリ之ヲ定ムルニ當リテハ其後見人トノ間ニ於ケル親族上財產上等ノ諸關係及■■來ノ經歷年齡等ヲモ參考トシ此後見人ナルカ故ニ彼ノ後見監督人ニテ可ナリトシ總テノ標準ヲ後見人ニ採リテ之ヲ定メタルモノナルヲ以テ其標準タル後見人ノ更迭アリタルトキハ之ニ伴フテ後見監督人ヲ改選スヘキハ當然ナルヘシ故ニ本條第一項本文ノ如ク規定シタルナリ然レトモ必スシモ常ニ之ヲ改選セサルヘカラストスルトキハ却テ當事者ノ不利益ヲ來ス場合ヲ生スルヲ以テ例外トシテ前後見監督人ヲ再選スルコトヲ得ルモノトセリ
親族會ニ於テ後見人ヲ選定シタルトキハ親族會自ラ直ニ後見監督人ヲ選定スルヲ以テ何人モ後見監督人ノ改選ヲ親族會ニ請求スルコトヲ要セサレトモ若シ新後見人ニシテ法定後見人又ハ指定後見人ナルトキハ親族會ハ往徃後見人ノ更迭シタルコトヲ知ラサル場合アルヘシ故ニ第二項ヲ設ケ後見監督人ヲシテ之ヲ請求セシムルコトトシ若シ之ヲ請求セサルトキハ後見人ノ行爲ニ付キ後見人ト連帶シテ其責ニ任ストシタリ
第九百十四條
(理由)後見人ト後見監督人トノ關係上或種類ノ人ニ限リテ之ヲ後見監督人ト爲スコトヲ得サルナリ如何ナル者ヲ後見監督人ト爲スヘカラストスルカハ國ニ依リテ異ナリ或國ニ於テハ後見人ト後見監督人トハ同親系ノ者タルヘカラストシ從テ後見人ハ父系ノ者ナルトキハ後見監督人ハ母系ノ者タルヘシトシタルナリ而シテ若シ母系ノ者ノ中ニ後見監督人ト爲ルニ適スル者ナキトキハ他ヨリ之ヲ選ハシムルナリ然レトモ此ノ如キ區別ハ之ヲ設クルヲ要セス歸スル所ハ後見監督人タル者ハ後見人ヲ監督スルニ十分ナル者ナレハ可ナルヲ以テ我國情ヲ斟酌シテ本條ノ如ク定メタルナリ妻ニシテ夫ヲ監督シ夫ニシテ妻ヲ監督スルモ其監督ニ足ラサル所アルヘク父子相監督シ弟妹ニシテ兄姉ヲ監督スルハ不可ナル所アルヘシ
第九百十五條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百九十八條乃至第二百條ヲ併合シタルモノト大躰ノ主意ヲ同シウス後見監督人ノ職務ハ畢竟後見人ノ任務ヲ盡スヤ否ヤヲ監督スルニアルコト屢述ヘタル如クナルモ此外尙ホ後見人ノ缺ケタル場合ニ後任者ノ就任ヲ促カシ急迫ノ事情アル場合ニハ自ラ必要ナル處分ヲ爲スヘキコトトスル等ノコトアルヲ以テ本條ニ於テ其職務ヲ明カニ列記シタルナリ既成法典ト異ナル所ハ後見人ノ後任者カ任務ニ就カサルトキハ之ヲ促スコトヲ加ヘタルト既成法典ニ於ケル後見人ト被後見人トノ間ニ利益相反スルトキハ後見監督人ハ被後見人ヲ代表スト言フニ止マリタルヲ本案ニ於テ後見人又ハ其代表スル者ト被後見人トノ利益云々トシ又ハ其代表スル者ナル文字ヲ加ヘタルニアリ後見人ニシテ常ニ自ラ何事ヲモ爲シ得レハ可ナルモ一人ニシテ多クノ被後見人ヲ有スル際ニアリテハ總テノ者ノ代表ヲ爲スコト能ハサル場合アルヘク又一人ノ被後見人ト他ノ被後見人ト利益相反スルトキハ之カ代理ヲ爲スヲ得サル塲合アリテ必ス後見人ヲ代表スル者ヲ生スヘキヲ以テ本條ノ如キ規定ニ於テ單ニ後見人ト被後見人トノ利益相反スルトキハト言フニ止マルトキハ少クトモ疑義ヲ招クノ虞アルヲ以テ之ヲ增補シタルナリ
第九百十六條
(理由)本條ハ其實質ニ於テ既成法典ト殆ト相同シ第六百四十四條ハ受任者ノ義務ニ關スル規定ニシテ即チ受任者ハ委任ノ本旨ニ從ヒ善良ナル管理者ノ注意ヲ以テ委任事務ヲ處理スル義務ヲ負フト言ヘルモノニシテ之カ準用ニ依リテ後見監督人ノ注意ノ程度ヲ知ルヲ得ルナリ既成法典ニ於テモ人事編第二百十二條ニ於テ後見監督人ハ代理契約ノ原則ニ從ヒテ過失ノ責ニ任スト言ヒテ本條ト同一ノ主義ヲ採用セリ
第九百七條ハ後見人ノ任務ヲ辭スルコトヲ得サル原則ト例外ヲ規定シ第九百八條ハ後見人ト爲ルコトヲ得サル者ヲ列擧シタルモノナリ何レモ之ヲ後見監督人ノ場合ニ準用スルコトトシタルハ此㸃ニ關シテ特ニ二者ヲ分ツヘキ理由ナケレハナリ既成法典モ亦大躰ニ於テ本案ニ同シ(人一六九、三項)獨リ疑ノ存スルハ禁治產者ノ後見人タルコト十年ニ及ヒタル後ハ後見ノ任務ヲ辭スルコトヲ得トシタル規定ヲ後見監督人ニ準用スト言ハサルヲ以テ後見監督人ハ十年ヲ經ルモ尙ホ其任務ヲ辭スルヲ得サルヘシトノ解釋ヲ生スヘキヲ以テ本案ニ於テ此點ニ關シテ亦後見人ノ規定ヲ後見監督人ニモ準用スルコトトシタリ外國ニ於テハ此準用ヲ明記セサルモノ多ク或ハ辭任スルコトヲ得ルニ至ルヘキ年限ヲ後見人ト後見監督人トニ依リテ異ニシタルモノアレト其理由ハ採ルニ足ルモノナキヲ以テ本案ハ之ヲ同一年限ノ下ニ置キタリ
第三節
(理由)本節ハ既成法典人事編第十章第六節ニ該當ス同節第百八十三條ニ削除シタルハ同條ニ規定シタルカ如キ事項ノ爲メニハ特ニ一條ヲ設ケス第九百十七條ノ規定ヲ揭クル際ニ之ヲ包含セシメテ可ナルヘシト信シタルニ由ルナリ
第九百十七條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百八十七條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ左ニ其㸃ヲ示サン
一 同條ニハ後見人ハ其任務ニ就ク可キ日ヨリ十日內ニ財產ヲ調査ス可シトシタルヲ改メテ遲滯ナク財產ノ調査ニ着手スルコトヲ要ストシタリ同條ニ調査スヘシト言フモ决シテ調査ヲ結了スヘシトスルニ非スシテ着手ス可シトノ事ナルヘキヲ以テ本條ニ於テ其主意ヲ明カニシタリ尙ホ調査ス可キ日ヲ十日內ト限リタルモ寧ロ遲滯ナクトシテ各場合ノ情况ニ應セシムルヲ可ナリト信シテ此㸃ヲ改メタリ
二 同條ニハ財產目錄ノ調製ヲ二个月內トシタルモ此調製ハ成ルヘク之ヲ速カニセシムルヲ可トシ半减シテ一个月內トシタリ外國ニ於テモ之ヲ一个月トスルモノ多ク二个月トスルモノ殆トナシト言フテ可ナリ財產少ナキトキハ一个月ヲモ要セサルヘク又多キトキハ槪子帳簿ノ存スルヲ以テ目錄ヲ調製スルコト割合ニ容易ナルヘシ若シ又一个月ヲ經ルモ尙ホ之ヲ調製スルヲ得サル場合ニ於テハ親族會ニ於テ之ヲ伸縮スルコトヲ得トシタルヲ以テ决シテ實際上ノ不都合ヲ生スルコトナカルヘシ
三 同條ニハ後見人カ法律ノ規定ニ從ヒテ財產ヲ調査シ其目錄ヲ調製セサル場合ニ科スヘキ特別ノ制裁ヲ附セス唯其過失懈怠等ニ依リテ損害ヲ生シタルトキハ普通ノ原則ニ依リテ之カ賠償ヲ請求シ又不正ノ行爲アルカ著シキ不行跡アルトキハ之ヲ免黜スルコトヲ得ンカナレトモ不正ノ行爲又ハ著シキ不行跡等ハ之ヲ證明セサルヘカラスシテ時トシテハ其證明ニ困難ヲ感スル場合アリ又ハ財產ヲ調査セサレハトテ必スシモ不正行爲不行跡アリト言フヲ得サルヲ以テ此ノ如キ場合ニ於テモ之ヲ免黜スルコトヲ得ル規定ヲ設ケサルトキハ如何トモスルヲ得サル場合ヲ生スヘキヲ以テ本條第三項ノ如キ制裁ヲ規定シタルナリ此塲合ニ於ケル制裁トシテ或ハ目錄ノ不調査ヨリ生スル損害賠償ノ額ヲ大ナラシメ當事者ノ證明ニ據ラスシテ一ニ世評ニ任スルコトトスヘシトスル者モアレハ或ハ罰金科料ノ制裁ヲ加ヘント言フ者アリト雖モ前者ハ復讐的制裁ノ臭味ヲ帶ヒ且本案ノ採證主義ニ適セザル所アルヲ以テ之ヲ採ラス後者ハ本條ノ場合ニ於ケル制裁トシテハ聊カ妥當ナラサル所アルヲ以テ是亦採用セサリシナリ
第九百十八條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百八十九條ト其趣意ヲ同シウシ之ニ但書ヲ加ヘタルモノトス其之ヲ加ヘタルハ第三者ヲ保護スルカ爲メナリ第三者ハ其相手方ノ後見人タルコトヲ知リ後見人ノ通常有スル權限アリト信シテ之ト取引ヲ爲シタル後ニ至リ其取引ノ當時ニ未タ目錄ノ調製ナカリシトテ之ヲ無效トシ又ハ取消サルルコトトスレハ頗ル迷惑ヲ感スヘキニ依リ外國ニモ其例ナキ所ナレトモ本條但書ヲ設ケタルナリ
第九百十九條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百八十八條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニハ目錄ノ調製前ニ明言スルコトヲ要ストシタルヲ改メテ財產ノ調査ニ着手スル前ニ申出ツルコトヲ要ストシ申出ノ期間ヲ成ヘク速カナラシムル主意ヲ明示シ又同條ニ於テハ申出ヲ受クル者ヲ公證人又ハ親族會トシタルヲ改メテ後見監督人トシタリ惟フニ既成法典ニ於テハ財產目錄ハ主トシテ公證人ニ依リテ之ヲ作リ公證人ニ依ラサル場合ニハ親族會ノ監督ノ下ニ之ヲ作ルコトトシタルヲ以テ此ノ如クシタルモノノ如シト雖モ我國ニ於テハ此種ノ事項ニ公證人ヲ用ユルコト尠カルヘク又親族會ノ如キハ一ノ集合躰ナルヲ以テ債權債務ヲ申出ツルニハ必ス其招集ヲ爲ササルヘカラサルモノナルヲ以テ財產ノ調査ニ遲滯ヲ生シ却テ被後見人ノ不利益トモ爲ルコトアルヘキヲ以テ本案ニ於テ之ヲ改メ後見監督人ニ申出ヲ爲スヘキコトトシタルナリ尙ホ同條ニハ區裁判所ハ後見人ニ三拾圓以下ノ過料ニ處ストシタルヲ削除シタリ
本條ニ於テハ債權ヲ申出テサルトキハ其債權ヲ失ヒ債務ヲ申出テサルトキハ免黜セラルトシ後見人ヨリ進ンテ債權債務ノ存在ヲ申出ツヘキコトトシ後見監督人ノ尋問ヲ待ツヲ得サルモノトセリ故ニ或ハ怠リテ之ヲ申出テサル爲メニ本條ノ制裁ヲ受ケ時トシテハ後見人ニ對シテ酷ナル場合ヲ生セシモ若シ常ニ尋問ヲ待チテ之ヲ申出ツヘキモノトセハ一方ニ於テ後見監督人ニ尋問ノ義務ヲ負ハシムルノ結果ヲ生シテ不都合ナルヲ以テ此ノ如ク定メタルナリ外國ニ於テハ或ハ後見人ハ尋問ヲ受ケテ後申出ツレハ可ナリトスルモノアルモ彼ハ公證人又ハ裁判所ヲシテ尋問セシムルコトトセルヲ以テ直チニ之ヲ本案ニ採用シ難シ
第九百二十條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニハ之ヲ置カス又外國ノ法律ニモ其例尠ナキ所ナルモ實質ニ於テハ何人モ其必要ヲ認ムルモノナルヲ以テ本案ニ之ヲ設ケタリ外國ニ其例尠ナキハ外國ニアリテハ包括財產ヲ取得スル場合少ナク多クハ個個ノ特定財產ヲ取得シ又相續ノ場合ニハ多クハ限定相續ニシテ限定相續ノ場合ニハ必ス目錄ヲ調製スルヲ以テ他ニ特別ノ目錄ヲ調製スルヲ要セサルニ由ルナラン然レトモ我國ニハ被後見人ノ包括財產ヲ取得スル場合割合ニ多カルヘキヲ以テ本條ヲ挿入セサルトキハ其場合ニ際シテ疑ヲ生スルコトアラン
前三條ノ規定ヲ準用スルハ被後見人カ包括財產ヲ取得シタル場合ニ限リ之ヲ特定財產ヲ取得シタル場合ニ及ホササリシハ被後見人ノ特定財產ヲ取得スル場合ハ頗ル頻繁ナルヘク此場合毎ニ後見人ヲシテ前三條ノ規定ニ從ヒ目錄ヲ作リ其他ノ事ヲ爲サシムヘキコトトスルトキハ後見人ヲシテ其煩ニ堪ユルコトヲ得サラシムヘキヲ以テナリ而シテ一方ニアリテハ特定財產ノ場合ニ前三條ヲ準用セサルモ被後見人ニ左程ノ損害ヲ蒙ラシムルコトナカルヘク尙ホ他ニ後見人ヲシテ年年被後見人ノ財產ノ狀况ヲ報吿セシムル規定アルヲ以テ旁之ヲ包括財產ノ場合ニ限リタルモノトス
第九百二十一條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百八十四條及ヒ第百八十五條ヲ併合シタルモノト大差ナシ後見人ノ權利ハ恰モ親權ノ延長シタルモノノ如ク唯親權ニハ制限ナキ場合ニモ後見人ノ權限ニハ制限アリテ殊ニ親族會ノ監督ヲ受ケ其認許ヲ得テ被後見人ニ對スル權利ヲ行フヘキ場合アルヲ差トスルノミ既成法典ト異ナル㸃ハ大凡左ノ如シ
一 本案ニ於テハ兵役ヲ出願スルニハ親權ヲ行フ者ノ許可ヲ要シ職業ヲ營ムニモ其許可ヲ要スルコトトシ之ヲ後見ノ場合ニモ適用シタルヲ以テ後見人ノ有スル權限ニ關シテ既成法典ト自ラ差違ヲ生シタリ
二 既成法典ニ於テハ後見人若シ未成年者ノ住居又ハ敎育ノ方法ヲ變更セントスルトキハ親族會ニ協議スヘシトシ協議ト言ヘルヲ以テ必スシモ親族會ノ意見ニ從フヲ要セス之ヲ得スンハ裁判所ニ訴ヘテ之ヲ決スルニ至ルヘキモノトセルモ本案ニ於テハ裁判所ヲシテ成ヘク親族ニ關スル事項ニ干涉スルコトナカラシムル爲メニ親族會ニ許否ノ權ヲ與ヘタリ
三 既成法典ニ於テハ尊屬後見人及ヒ戶主後見人ヲ除ク外ノ後見人ハ親族會ニ協議スヘシト言ヘトモ本案ニハ尊屬後見人ヲ認メス又戶主後見人ハ認ムレトモ苟クモ戶主ノ存スルトキハ家族ハ其同意ナクシテ居所ヲ變スルコトヲ得サルハ戶主家族ニ關スル規定ニヨリテ定マリタル所ナルヲ以テ特ニ尊屬後見人及ヒ戶主後見人ヲ除外スル必要ナシ從テ之ヲ削除シタル結果トシテ戶主後見人モ親權ヲ行フ者ノ定メタル敎育ノ方法ヲ變更セントスルニハ親族會ノ認許ヲ得ルコトヲ要スルニ至レリ尙ホ本條但書ヲ參照スヘシ
四 人事編第百八十五條第三項ハ不必要ナル規定ニ非サルモ親族會ノ規定ヲ以テ足レリトスルニ依リ本條ニ之ヲ加ヘス同條亦單ニ未成年者及ヒ其親族ハ親族會ニ之ヲ申吿スルコトヲ得トスルニ止マリ親族會ニテ如何ニ之ヲ處分スヘキカヲ言ハサルヲ以テ到底單獨ニ其用ヲ爲スモノト言ヒ難シ
第九百二十二條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第二百二十七條ト其主意ヲ同シウス第一項ハ同條中ニ存セサル所ニシテ又殆ント明文ヲ要セサルコトナルモ法律ノ體裁上先ツ禁治產者ノ後見人カ禁治產者ノ身體ニ關シテ如何ナル責ヲ負フカヲ定メ然ル後特別ノ事ヲ爲スニ當リテ必要トスル手續ヲ定ムルヲ可ナリト信シテ之ヲ挿入シタルナリ
第九百二十三條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百八十六條ニ相當ス同條ハ單ニ未成年者ノ後見人ニ關シテ規定シタルモノナルモ同人事編第二百二十六條ヲ以テ之ヲ禁治產者ノ後見人ニモ適用シタルヲ以テ人事編全躰ノ規定トシテハ本案ト其規定ノ範圍ヲ同フス
第百八十六條ニハ後見人ハ管理ノ失當又ハ過失ヨリ生スル損害賠償ノ責ニ任スト言ヘトモ本案ニ於テハ既ニ第九百三十六條ヲ設ケタルヲ以テ同條ノ解釋ヨリシテ當然既成法典ニ言ヘル如キ結果ヲ生スルヲ以テ今特ニ本條ニ之ヲ明言スルヲ要セス
第八百八十四條但書ノ規定ハ後見ノ場合ニハ一層强キ理由ヲ以テ當ルヘキカ故ニ本條第二項ノ規定ヲ加ヘタリ
第九百二十四條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百九十條第一項及ヒ同第二百九條ヲ併合シタルモノナリ第百九十條ニ於テハ親族會ニ協議ストセルヲ改メテ親族會ノ同意ヲ得テトシタルハ本案第九百二十一條ニ於テ親族會ノ同意ヲ得ルコトヲ要ストシタルト同一ノ主意ニ出テタルモノトス其他既成法典ニ於テハ養育ノ需用、敎育ノ程度等トシタルヲ改メテ生活、敎育ノ爲メ等トシタルハ單ニ文字ノ修正ニ過キス生活、敎育ト言ヘルハ主トシテ未成年者ノ場合ニ當リ療養看護ト云ヘルハ禁治產者ノ場合ニ當ル
後見人ハ擅ニ親族會ノ同意ヲ得テ定メタル金額ヲ變更スルコトヲ許サス若シ親族會ノ同意ナクシテ豫定額ヲ超過シタル支出ヲ爲シタルトキハ其支出ノ已ムヲ得サルニ出テタルコトヲ證明セシムルハ一方ニ於テハ急迫ノ事情ニ應シ一方ニ於テハ後見人ノ專恣ヲ防クニ足ルヘシ是レ第二項ノ規定アル所以ナリ
第九百二十五條
(理由)後見人ニ報酬ヲ與フヘキモノトスルヤ否ヤニ關シテハ諸國ノ立法例其軌ヲ一ニセス之ヲ與フヘキモノトセル葡萄牙ノ如キアレハ之ヲ與ヘサルヲ常トスル佛、伊等ノ如キアリ而シテ我既成法典ハ佛、伊ノ民法ニ倣フテ後見人ニハ報酬ヲ與ヘサルコトトシタルモノノ如シ和蘭ノ如キハ與ヘサルヲ原則トシ裁判所ノ判定ヲ例外トシ之ヲ與フルコトアリトセリ蓋シ此種ノ事ニ付テハ裁判所ノ干涉ヲ避クルヲ可トス且親族會ハ後見人及ヒ被後見人ノ資力其他ノ事情ヲ知リテ報酬ノ額ヲ定ムルハ尤モ適當ト信シタレハナリ西、澳ノ民法獨逸民法等ハ此㸃ニ關シテ本案ト同一ノ主義ヲ執レリ而シテ本條伹書ニ揭ケタル者ハ之ニ報酬ヲ與フルヲ要セサルコト說明ヲ俟タスシテ明カナリ
第九百二十六條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百九十條第二項ニ同シ但書ヲ加ヘタルハ主トシテ後見人ハ自己ノ責任ヲ以テ復代理人ヲ任スルニハ親族會ノ同意ヲ要セサルヲ示サンカ爲メナリ
第九百二十七條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百九十一條ニ相當ス同條ニ於テ後見人ハ元本及ヒ收益ノ剩額ヲ毎次ニ預クヘシトシタルヲ改メテ金錢カ一定ノ額ニ達セハ之ヲ寄託スヘシトシタリ畢竟毎次ニ預ルノ煩ヲ避ケシメンガ爲メナリ一定ノ額ハ法律ニ於テ之ヲ定メスシテ親族會ヲシテ豫メ定メシムルコトトシタリ蓋シ何程ノ額ニ達スレハ寄託スヘキカハ被後見人ノ資產ニ從フテ異ナルモノニシテ法律ニ一定シ得ヘキニ非サレハナリ
寄託スヘキ場所ハ亦後見人カ親族會ノ同意ヲ得テ定ムル所ニ委スヘキナリ既成法典ニハ官ノ貯金預所ハ確實ナル銀行トシタルモ官ニ預ケテ利子ノ額少ナルコトアリ又確實ナル銀行トハ如何ナル銀行ナルヘキカ明カナラサルコトアルヘク歸スル所ハ後見人及ヒ親族會ノ選定スル場所ナルヘキヲ以テ本案ニ於テハ特ニ金錢ヲ寄託スヘキ場所ヲ指定セス
同條第二項ニハ後見人カ未成年者ノ財產ノ利用方法ヲ變更セントスルトキハ親族會ノ許可ヲ受クルコトヲ要ストシタリ精神ニ於テハ本案モ之ト同一ナルモ親族會ノ同意ヲ受クヘキハ單ニ利用方法ノ變更ニ限ラス利用方法自ラヲ定ムルニモ亦親族會ノ同意ヲ要スヘク此等ノ場合ヲ一括シテ他ニ規定シタルヲ以テ之ヲ本條ニ揭ケサルコトトシタリ
第九百二十八條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百九十二條及ヒ同第二百二十八條ヲ併合シタルモノニ等シ後見人ヲシテ財產ノ狀况ヲ報吿セシメサルトキハ後見人カ放恣ノ所業ヲ爲スモ之ヲ知ルニ難ク遂ニ被後見人ノ不利益ヲ釀スヲ以テ此ノ如クシタルナリ而シテ後見人ニアリテモ毎回ノ報吿ヲ以テ其責任ヲ解除セラルヘクシテ却テ便益ヲ受クルコト多シ而シテ此義務ヲ指定後見人ト選定後見人ニ限リタルハ父、母又ハ戶主ノ如キ法定ノ後見人ヲシテ子若クハ家族ノ財產ノ狀况ヲ親族會ニ報吿セシムルノ要ナシト信シタルニ由ル
第九百二十九條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百九十四條ト略ホ同シ新民法第十二條第一項ニ揭ケタル行爲ヲ爲ス場合等ニ親族會ノ同意ヲ經ヘキコトトシタリ同條ハ準禁治產者ニ關スル規定ニシテ同第一項ニ規定シタル事項ハ總テ九個ナリ中第一號ノ前半タル元本ヲ領收スルコトニ關シテ同條ト異ナルハ準禁治產者ハ元本ヲ領收スルニハ保佐人ノ同意ヲ得サレハ徃徃損害ヲ蒙ムルコトアランモ後見人カ被後見人ニ代ハリテ元本ヲ領收シタレハトテ被後見人ニ損害ヲ釀スノ虞ナク若シ之カ爲メニ一々親族會ノ同意ヲ得ヘキコトトスレハ煩ニ失シテ却テ被後見人ノ不利益ト爲レハナリ
既成法典ト異ナル所ハ第一保證ヲ爲スニ認許ヲ要シ第二贈與ヲ爲スニ認許ヲ要シ第三單純ナル贈與又ハ遺言ヲ受クルニ認許ヲ要セストシタルニアリ保證ヲ爲ストキハ多クノ損害ヲ生スル虞アルヲ以テ之ヲ爲スニハ親族會ノ同意ヲ得ヘキハ說明ヲ俟タスシテ明カナリ贈與ヲ爲スニ認許ヲ要ストシ後見人ハ彼後見人ニ代ハリテ贈與ヲ爲ス場合アルヲ豫想シタレハ後見ノ職務ハ主トシテ被後見人ノ財產ヲ管理スルニアリテ管理トイヘハ財產ヲ减却セサルヲ主トスルモノナルモ後見人ハ被後見人ノ爲メニ被後見人ニ代リテ其財產ヲ他人ニ贈與スル場合ナキニアラス例ヘハ未成年者カ相續ヲ爲ス場合ニ其相續財產ノ一部ヲ母若クハ兄弟姉妹ニ贈與スヘキ必要アル場合、禁治產者カ其子ヲ他人ノ養子ト爲ス際ニ自己ノ財產ノ一部ヲ之ニ贈與スルカ如キ場合是ナリ此ノ如キ場合ニ於テハ後見人ハ親族會ノ同意ヲ得セシムルヲ至當トス終リニ既成法典ニハ遺贈若クハ贈與ヲ受諾スルニモ親族會ノ認許ヲ得ヘシトシタルモ財產ヲ取得スルニ其同意ヲモ得ヘシトスルヲ要セサルハ元本ヲ領收スルニ之ヲ得ルヲ要セサルト一般ナリ唯其取得ニ伴フテ被後見人ニ負擔ヲ生スヘキ場合ニ於テノミ之カ利益ヲ慮リテ先ツ親族會ノ同意ヲ得ヘシトスヘキノミ是レ本案ニ於テ後見人カ被後見人ニ代ハリテ負擔附ノ贈與若クハ遺贈ヲ受諾スルニハ親族會ノ認許ヲ得ヘキモノトシテ認許ヲ得ヘキ場合ヲ制限シタル所以ナリ
第九百三十條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百九十五條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニハ財產又ハ權利ヲ讓受クルコトヲ得ストシ解釋上讓受ハ全ク無効トナルカ如クシタルヲ改メテ被後見人ハ讓渡ヲ取消スコトヲ得トシタリ、讓渡ヲ絕對的ニ禁スルノ必要ナク又之ヲ禁スルハ却テ被後見人ノ不利ナルヘシト認メタルニ由ル
本條ノ末文ハ既成法典ニナキ所ナルモ既ニ無能力者ノ行爲ニ關シテ彼ノ如キ規定ヲ設クル以上ハ同一理由ニ基キ後見ノ規定ニモ之ヲ準用スルハ至當ナルヲ以テ之ヲ加ヘタルナリ但既成法典ニハ無能力者ニ關シテモ第十九條ノ如キ規定ナシ
本條第二項ハ殆ント言フヲ俟タサル所ナルモ疑ヲ未發ニ妨ク爲メ之ヲ挿入シタルモノトス
第九百三十一條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百九十六條ニ同シ但同條ニ不動產トシタルヲ改メテ財產トシタルヲ以テ其範圍頗ル廣大トナレルノミ
第九百三十二條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百六十三條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニ於テハ代務者ヲ命スル者ヲ區裁判所トシタルモ本案ハ親族的ノ內事ニ成ヘク裁判所ノ干涉ナキコトヲ欲シ親族會ヲシテ之ヲ選任セシムルコトトシタリ而シテ同條第二項ニハ此塲合ニ於ケル後見人ハ代務者ノ管理ノ費用ヲモ負擔セシムルコトトシタルモ此費用ハ何人カ管理ヲ爲シタリトテ必ス要スルモノナルヲ以テ被後見人ノ財產中ヨリ之ヲ支辨スルコトトスヘキモノトナシテ修正ヲ加ヘタリ外國ニ於テモ後見人ヲシテ財產管理ノ費用ヲ負擔セシムルモノナシ唯後見人ノ曠職ノ爲メニ臨時管理人ヲ選任スル必要ヲ生シ之ニ要スル費用ハ後見人ノ負擔ト明言スル例アリ白國民法草案ノ如キハ其一ナルモ親族會ニ於テ之ヲ選定スルニ多クノ費用ヲ要スルコトナカルヘク又之ヲ要シタリトセハ第九百三十六條ノ規定ニ基キ後見人ニ對シテ費用ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルヲ以テ本條ニ於テハ費用ニ關シテ毫モ言フ所ナカリキ
第九百三十三條
(理由)本條ハ既成法典ト大ニ異ナル所アリ既成法典ニ於テハ民法人事編ニ此種ノ規定ヲ揭ケスシテ之ヲ債權擔保編ニ揭ケタリ被後見人ハ後見人ノ總不動產ノ上ニ抵當權ヲ有スルモノトシ而シテ登記シテ之ヲ第三者ニ對抗スルコトヲ得トシタリ佛國民法ハ之ニ等シケレトモ其非ナルハ夙ニ學者世人ノ知ル所ニシテ佛國民法ヲ繼受シタル國モ獨リ此規定ハ之ヲ採用セサルナリ然レトモ决シテ被後見人ヲメ何等ノ擔保ヲモ有スルコト能ハサラシムルニ非スシテ或ハ協議ヲ以テ其擔保ノ物件ヲ定ムルヲ得セシメ或ハ對人擔保ヲ以テ之レニ充テシムルモアリ本案ハ後見人ヲメ相當ノ擔保ヲ供セシメ其如何ナルモノヲ以テ擔保トスヘキカ又ハ擔保ノ價ハ如何ナルヘキカハ一ニ親族會ノ定ムル所ニ任セタリ既成法典佛國民法等ノ如ク後見人ノ總不動產ヲ當然抵當ト爲ストキハ後見人ハ其不動產ノ融通ニ非常ノ困難ヲ感スヘク又一方ニアリテハ不動產ノミヲ抵當トスヘキモノトシタルヲ以テ毫モ不動產ヲ有セサル後見人ハ法律上ノ抵當ヲ供セサルモ可ナルカ如クナリ時トシテ甚タ不權衡ノ場合ヲ生スヘキヲ以テ改メテ本條ノ如クシタルナリ妻カ夫ノ財產ヲ管理スル場合ノ抵當ニ關シテ改メタルト同一ノ主意ニ出ツ
第九百三十四條
(理由)被後見人ニシテ戶主ナル者アリ戶主ナルトキハ戶主權ヲ有シテ之ヲ行使スルコトヲ得ルハ前ニ規定シタル所ナルモ自ラ後見ニ附セラルル者ニシテ戶主權ヲ行フヲ得トスルハ理ニ於テ當ラサル所アルヲ以テ後見人ヲシテ之ニ代ハリテ其權利ヲ行ハシムルナリ諸般ノ願屆等ヲ爲スハ戶主ヨリ之ヲ爲スヘキモノトスルモ戶主ニシテ被後見人ナルトキハ後見人ヨリ之ヲ爲スハ維新以來ノ慣例ナリ又古代ヨリノ慣習ヲ考フルモ後見人ハ被後見人ニ代ハリテ其戶主權ヲ行フヲ常トシ我國ニ於テ後見法ノ發達シタル原因ハ實ニ玆ニアリト言フモ可ナリ外國ニハ我國ト同一ナル慣習ナカリシヲ以テ外國ノ法律中ニハ本條ノ如キ規定ヲ設ケサルナリ
後見人ハ被後見人ニ代ハリテ其戶主權ヲ行フヲ原則トスルモ後見人ノ隨意ニ一切ノ權利ヲ行フコトヲ得ルモノトセハ或ハ甚シキ弊害ヲ生スルモ計ラレサルヲ以テ家族ヲ離籍シ家族カ分家ヲ爲スヲ承諾スル等ノ事ニ至リテハ豫メ親族會ノ認許ヲ得テ後之ヲ行フヘキモノトシタリ是レ特ニ但書ヲ加ヘタル所以ナリ
未成年者ニシテ親ナルトキハ後見人ハ未成年者ニ代ハリテ親權ヲ行フ親權ハ父若クハ母ノ行フヘキモノナルモ父若クハ母ニシテ自ラ後見ニ附セラルル者ナルトキハ或場合ニ於テ後見ノ權ヨリモ一層大ナル權利義務ヲ伴フヘキ親權ヲ行フヿヲ得ヘシト言フヲ得サレハナリ故ニ後見人ヲシテ未成年ノ親ヲ後見セシメ同時ニ其未成年者ノ子ニ對シテ親權ヲ行ハシムルナリ實質ニ於テハ一人ニテ未成年者親子ノ後見ヲ兼ヌルニ等シ唯之ヲ明文ニ示スヲ得サルハ親權ヲ行フ者アルトキハ後見ヲ附ヒスト云フ規定アルニ因ルナリ外國ニ於テ此例少ナキハ外國ニ於テハ未成年者カ婚姻ニ因リテ成年者ト爲ルトシタルモノ多キヲ以テ子アル未成年者尠ナキニ由ル
後見人ハ未成年者ニ代ハリ親權ヲ行フモ後見人ト親トノ間ニハ自ラ質性ヲ異ニスル所アリテ其權利ノ範圍モ亦從テ異ナルヲ以テ後見人ハ親權ヲ行フ際ニ種種ノ制限ヲ受ク是レ第二項ニ但書ヲ置キテ第九百十七條以下ノ規定ヲ凖用ストシタル所以ナリ例ヘハ親カ親權ヲ行フニハ子ノ財產ヲ調査シテ目錄ヲ調製スルヲ要セサルニ後見人カ未成年者ノ子ノ財產ヲ管理スルニハ之ヲ調製スルコトヲ要シ親カ隨意ニ其定メタル敎育ノ方法及ヒ居所ヲ變更スルコトヲ得ルモ後見人カ之ヲ變更スルニハ親族會ノ認許ヲ得ルコトヲ要ストシタルカ如シ
第九百三十五條
(理由)後見人ハ被後見人ノ財產ヲ管理シ或事項ニ付テハ被後見人ノ身上ニモ權利ヲ有スルモノナルハ本節ノ規定ニ依リテ明カナリ而シテ第九百條第一號ニ於テ後見ハ親權ヲ行フ者カ管理權ヲ有セサルトキニ開始スト言ヘルヲ以テ或ハ母カ財產ノ管理ヲ辭シタルトキノ如キハ後見人ハ後見人タル總テノ權利ヲ有スルヲ得ルモノト解セラルル虞アルヲ以テ本條ヲ設ケタルナリ或ハ言フヲ俟タサル所ナリトシテ條文ニ揭ケサルモノアルモ本案ハ寧ロ之ヲ揭クルコトトシタリ
第九百三十六條
(理由)後見人ハ後見ノ本旨ニ從ヒ善良ナル管理者ノ注意ヲ以テ後見ノ事務ヲ處理スヘキモノトス既成法典モ亦本案ト同一ノ主義ヲ採ルモノナルモ所々ニ散在シテ各場合ニ於ケル規定ヲ爲シ却テ遺漏ルアルニ似タルヲ以テ本案ニ於テハ一括シテ總テノ場合ニ通スヘキ規定ヲ設ケ後見ニハ第六百四十四條ノ規定ヲ準用ストシタルナリ同條ハ新民法ノ委任ニ關スル規定ニシテ即チ受任者ノ受任ノ事務ヲ處理スルニ當リテ用ユヘキ注意ノ程度ヲ示シタルモノナリ
第八百八十七條ハ親權ヲ行フ母カ其權限ヲ超ヘテ爲シ又ハ同意ヲ與ヘタル行爲ハ之ヲ取消スコトヲ得トスルモノニシテ第八百八十九條第二項ハ親權ヲ行フ母ノ責任ヲ示シ第八百九十二條ハ子ニ無償ニテ財產ヲ與フル者カ親權ヲ行フ父又ハ母ヲシテ其財產ヲ管理セシメサル意志ヲ表示シタル場合ヲ規定シタルモノナリ既ニ親權ノ場合ニアリテモ其規定ヲ要スルモノトセハ後見ノ場合ニモ之ニ類スル規定ヲ設クヘキハ至當ナルヲ以テ之ヲ後見ニ準用シタルナリ
第四節
(理由)本節ハ既成法典民法人事編第十章第八節及ヒ第九節ニ該當スルモノトス其中第二百九條ヲ削除シタルハ後見人ハ豫定額ヲ超ユル費用ヲ支出スルモ若シ其費用ニシテ實際ノ必要ニ應シテ支出シタルモノナルトキハ之ヲ未成年者ノ負擔ニ歸セシムルハ既ニ第九百二十四條ニ依リテ明カナルヲ以テ殊更ニ再ヒ本節ニ之ヲ揭クルヲ要セサルニ至リシヲ以テナリ同編第二百十二條ノ一部ハ之ヲ採リ一部ハ之ヲ削除シタルハ第九百四十二條ニ說明スル所ニ依リテ明カナルヘシ
第九百三十七條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第二百五條及ヒ第二百七條ヲ併合シタルモノナリ既成法典ニ於テハ後見ノ决算ハ管理終了ノ日ヨリ三个月內ニ之ヲ爲スヘシトシタルヲ改メテ二个月トシタル差アルナリ之ヲ短クシタルハ後見ノ管理ノ計算ノ如キハ成ヘク速カニセサレハ得テ後ニ紛亂ヲ生シ易キモノナレハナリ外國ニアリテハ或ハ一个月トシ或ハ本案ノ如クシ或ハ既成法典ノ如ク三个月トシタルモノアルモ三个月ヲ超ユルモノハ僅ニ西班牙一國ナリ若シ管理ノ事務頻繁ニシテ容易ニ之カ計算ヲ爲シ能ハサルトキハ親族會ニ於テ此期間ヲ延長スルコトヲ得トシタルヲ以テ原則トシテハ二个月トスルヲ可トス
第九百三十八條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第二百六條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニハ後見人カ何人ニ對シテ後見ノ决算ヲ爲スヘキヤヲ一々明示シタルモ何レモ言フヲ俟タサル所ナルヲ以テ之ヲ削除シ又同條第二項但書ニ於テ後見人カ管理ノ計算ヲ爲ササル前ニ被後見人ヲ遺言養子ト爲ストキハ後見ノ決算ハ後見監督人ニ對シテ之ヲ爲ストシタルヲ削除シ後見人ノ管理計算ハ總テ後見監督人ノ立會ヲ以テ之ヲ爲シ後見人ノ更迭アリタル場合ニ於テハ其管理ノ計算ハ親族會ノ認可ヲ得ルヲ要スルコトトシタリ
計算ノ費用ハ被後見人ノ負擔ニ屬スルハ別ニ明文ヲ要セサル所ナルヲ以テ同條第四項ヲ削除シタリ
第九百三十九條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第二百八條ニ該當ス同條ニハ後見ノ決算前ニ爲シタル合意ハ總テ之ヲ無效トシタルヲ改メテ取消スコトヲ得トシタリ同條ニ於ケル無效ノ意味ハ本案ニ稱スル取消スコトヲ得ヘキモノナルハ同人事編第二百十一條第三項ノ規定ニ依リテ明カナリ
本條第二項ハ無能力者ノ相手方カ無能力者ニ對シテ其取消シ得ヘキ行爲ヲ追認スルヤ否ヤヲ確答スヘキ旨ヲ催吿スルコトニ關シテ規定シタルモノ及ヒ取消ヲ爲ス方法取消ノ效力等ノ規定ハ之ヲ本條ノ場合ニモ準用スヘキ旨ヲ示シタルモノナリ其之ヲ適用ト言ハスシテ準用ト言ヒシハ第十九條及ヒ第百二十一條以下ハ主トシテ無能力者ノ行爲ニ關シタルモノニシテ本條ハ未成年者カ成年ニ達シ既ニ能力者ト爲リタル後ノ行爲ヲ取消スコトニ關シ其間ニ稍異ナル所アルヲ以テナリ
其他一ノ既成法典ト異ナル所ハ既成法典ニ於テハ合意ハ之ヲ無效トシタルヲ狹シトシテ此外ニ成年ニ達シタル後ニ其者カ後見人又ハ其相續人ニ對シテ爲シタル單獨行爲ヲモ取消スコトヲ得トシタリ即チ賣買贈與ヲ取消スコトヲ得ルト等シク義務ノ免除ノ如キ單獨行爲ヲモ取消スコトヲ得トシタルナリ畢竟未成年者カ成年ニ達シタル後速カニ其財產ヲ自己ノ管理ニ得ント欲シテ後見人ニ種々ノ恩惠的行爲ヲ爲スコトアルヘキヲ以テ此ノ如キ輕擧ニ關シテ未成年者タリシ者ヲ保護センカ爲メニ本條ヲ設ケタルナリ
第九百四十條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第二百十條ニ該當シ之ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ一タヒ後見人ノ管理ノ計算終了シタル後ハ後見人及ヒ被後見人ハ直チニ其返還スヘキ金額ヲ拂渡スヘキモノナルヲ以テ其以後ハ之ニ利息ヲ附スルコトヲ至當トス既成法典モ大體ニ於テハ本案ト同一ナルモ後見人ト被後見人トノ間ニ區別ヲ附シ後見人ヨリ返還スヘキ金額ニハ計算ノ終了ノ日ヨリ當然利息ヲ生シ未成年者ヨリ返還スヘキ金額ハ計算終了ノ後後見人ノ催吿ニ因リテ利息ヲ生スルコトトシ而モ既成法典ニ於ケル催吿ハ裁判所ヲ經テ之ヲ爲スモノトシタルヲ以テ兩者ノ間ニ稍公平ヲ得サル所アリ佛伊ノ民法ハ皆既成法典ノ如クニシテ其由テ出ツル所ハ被後見人ハ未タ十分ニ事ヲ知ラサル者ナリ然ルヲ管理ノ計算終了シタリトテ其時ヨリシテ直チニ利息ヲ仕拂フヘキモノトセラルルトキハ不測ノ損害ヲ蒙ムルコトアルヘク後見人ノ如ク自ラ管理及ヒ計算ノ責ヲ負ヒ其責ニ基キテ之ヲ終了シタル者トハ同一ニ論スルヲ得スト言フニアランモ一タヒ後見人ノ管理ノ計算ヲ終ハリ最早後見人ト被後見人トノ間ニ後見ノ關係ナキニ至レハ其以後ニ於ケル事項ニ關シテ二者ノ間ニ差ヲ附スルハ却テ後見人タリシ者ニ對シテ衡平ヲ得サル所アルヲ以テ本案ニ於テ既成法典ヲ改メタルナリ
本條第二項ハ既成法典ニナキ所ナルモ事理ノ當然ナルヲ以テ之ヲ加ヘタルナリ後見人カ消費スル權ナキモノヲ消費シタルニアルヲ以テ其消費ノ時ヨリ之ニ利息ヲ附スルハ至當ナリ是レ或ハ言フヲ俟タサル所ナルニ似タレトモ前項ニ於テ後見人カ被後見人ニ返還スヘキ金額ニハ後見人ノ管理ノ計算終了ノ時ヨリ利息ヲ附スルコトヲ要ストシタルヲ以テ解釋上後見人カ自己ノ爲メニ被後見人ノ金錢ヲ消費シ之ヲ被後見人ニ返還スヘキ際ニモ利息ハ計算終了ノ時ヨリ附スヘキモノナルカノ疑ヲ生スルヲ恐レテ此ノ如クシタルナリ尙ホ外國ノ法律ニ於テハ後見人ハ此場合ニ普通ヨリモ高利ヲ附スヘシトシタルモモノアルヲ以テ本案ニ於テハ之ヲ採ラサルヲ示サンカ爲メニ本項ヲ設ケタリ
第九百四十一條
(理由)新民法第六百五十四條ニ於テ委任終了ノ場合ニ於テ急迫ノ事情アルトキハ受任者等ハ委任者等カ委任事務ヲ處理スルコトヲ得ルニ至リマテ必要ナル處分ヲ爲スコトヲ要ストシタリ後見人ハ法律ノ規定ニ因ル受任者ノ如シ委任結了ノ場合ニ於テモ急迫ノ必要アルトキハ尙ホ必要ナル處分ヲ爲スベキコト契約ニ因ル受任ノ場合ニ於ケルト異ナル所ナシ故ニ同條ヲ後見ニ準用シタルナリ既成法典法民人事編第二百二條乃至第二百四條ハ盖シ本條ト略ホ同一ノ主意ナリ
新民法第六百五十五條ハ委任結了ノ事由ハ之ヲ相手方ニ通知シ又ハ相手方カ之ヲ知リタルトキニ非サレハ之ヲ以テ其相手方ニ對抗スルコトヲ得ストシタルモノニシテ此規定ハ亦契約ニ因ル委任ノ場合ト法律ノ規定ニ因ル委任ノ場合トニ依リテ之ヲ分ツヘキニ非サルヲ以テ後見人ニ之ヲ準用シタルナリ從テ後見人カ遠隔ノ地ニアリテ被後見人ノ死亡シタルヲ知ラスシテ爲シタル行爲ハ尙ホ之ヲ被後見人ノ爲メニ爲シタルモノト看做スヘク後見人カ被後見人ノ爲メニ受取リタル金錢カ一定ノ額ニ達シタルトキハ之ヲ寄託スヘキ等ノ結果ヲ生ス
第九百四十二條
(理由)親權ヲ行ヒタル父又ハ母ト其子トノ間ニ財產ノ管理ニ付テ生シタル債權ハ五年ノ時效ニ因リテ消滅スルモノトシ其起算點ハ場合ニ依リテ異ナリテ或ハ管理權消滅ノ時トシ或ハ子カ成年ニ達シタル時トシ又或ハ後任ノ法定代理人カ就職シタル時トシタリ後見人ト被後見人トノ間ニ於テ後見ニ關シテ生シタル債權ノ消滅時效ニ關シテハ之ト其ノ規定ヲ等シクスヘキ理由アルヲ以テ親權ニ關シテ定メタル第八百九十四條ノ規定ノ後見ノ場合ニ準用スルコトトシタルナリ唯或場合ニ未成年者カ其行爲ヲ取消シタル際ニハ第八百九十四條ヲ準用シテ後見人ノ管理ノ消滅ノ時未成年者カ成年ニ達シタル時又ハ後任ノ代理人ノ就職シタル時ヨリ時效ヲ起算スルヲ得サルヲ以テ本條ニ第二項ヲ設ケテ此場合ニ限リ時效ハ其取消ノ時ヨリ之ヲ起算スヘキコトトシタリ本條ハ畢竟既成法典民法人事編第二百十一條ニ修正ヲ加ヘタルニ過キス汎ク後見ニ係ル訴權トアルヲ改メテ後任ノ代理人カ就職シタル時ヨリ起算ストシタルカ如キ差アリ
第九百四十三條
(理由)前條第一項ニ揭ケタル時效ノ規定ハ保佐人ト準禁治產者トノ間ニ保佐ニ關シテ生シタル債權ト區別スヘキ理由ナキヲ以テ之ヲ保佐ノ場合ニ準用スヘキモノトセリ
第七章
(理由)本章ハ既成法典民法人事編第十章第三節ニ該當ス既成法典ニ於テハ親族會ノ規定ヲ後見ニ關スル章中ノ一節トシタルモ親族會ハ單ニ後見ニ關スルニ止マラサルト且親族會ニ關シテ特ニ規定スヘキ條項ノ多クアルトニ因リ本案ニ於テハ特別ノ一章ヲ設ケ後見ノ後ニ之ヲ置クコトトシタリ既成法典後見ノ節中ニアル條文ニシテ削除シタルモノ左ノ如シ
第百七十三條ハ之ヲ削除セリ同條ハ戶主成年ナルトキハ家族ノ爲メ親族會ヲ設クルコトヲ要セストシ其意味不明ナル所アリ戶主成年ニシテ其家族ノ後見ヲ爲ストキハ家族ノ爲メニ親族會ヲ設クルコトヲ要セサルノ意ナルカ若シ其意ナリトゼハ之ヲ明言スルヲ要ス若シ其文字ノ如ク戶主成年ナルトキハ總テノ場合ニ同條ノ規定ヲ適用シテ親族ノ爲メニ親族會ヲ設クルコトヲ要セストスルモノナルトキハ戶主ハ成年ニシテ他ニ後見人アル場合ニ何人ハ親族會ノ任務ニ當ルヘキ戶主自ラ之ニ當ルヘキモノナルカ或ハ裁判所代ハリテ其任務ヲ行フヘキモノナリヤ何レニスルモ明文ヲ待テ後之ヲ知ルコトヲ得ヘキモノナルニ既成法典ハ何等ノ明文ヲモ置カサルヲ以テ此場合ニ處スヘキ立例ノ精神ノ何レニ存スルヤヲ知ルニ苦シム同條ノ意ニシテ若シ戶主カ親族會ノ任務ヲ盡クシテ其家族ノ後見人ニ諸般ノ認許ヲ與フル等ノ事ヲ爲スモノトセハ頗ル奇ナル規定ト言ハサルヘカラス又裁判所ハ親族會ノ爲スヘキ任務ヲ行フヘキモノトセハ是レ本條ノ主義ニ反ス又若シ戶主成年ナルトキハ自ラ後見人ト爲リ諸事獨斷ヲ以テ事ヲ行フモノトセハ禁治產者ノ場合ニ比シテ權衡ヲ得サル所アリ何レニ解スルモ同條ノ規定ハ本案ノ採ラサル所ナルヲ以テ之ヲ削除シタルナリ
第百七十六條モ之ヲ削除セリ同條ハ親族會ヲ設クル能ハサルトキハ區裁判所其事ヲ行フトシタルモ本案ハ成ルヘク裁判所ノ關係ヲ避ケタルヲ以テ之ヲ削除シタリ而シテ一方ニ在リテハ親族會ノ設立ヲ容易ニシ三人ノ會員ヲ以テ之ヲ組織スルコトヲ得セシメ而シテ其親族三人ニ充タサルトキハ緣故アル他人ヲ以テ之ヲ補充スルコトヲ得セシメタルニ依リ既成法典ノ如キ規定ナキモ實際ノ不都合ヲ生セサルニ至レリ
第九百四十四條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百七十二條及ヒ第百七十七條ニ相當ス第百七十七條ハ未成年者ノ親族會ノ外親族會ヲ組織スル必要アルトキモ亦本節ノ規定ヲ適用ストシテ親族會ノ規定總ヘテノ場合ニ適用セラルヘキモノナルヲ示シタルヲ本案ニ於テ一層之ヲ明カニシ本法其他ノ法令ノ規定ニ依リ親族會ヲ開クヘキ場合トシタリ
親族會ヲ招集スヘキ者ヲ親族後見人等トスヘキカ或ハ是等ノ者ノ請求ニ因リテ裁判所之ヲ招集スルコトトスヘキカハ國ニ依リテ異ナリ既成法典ノ主意亦聊カ明ナルモ本案ハ先ツ親族後見人等ヨリ之ヲ招集スルモノトシ已ムヲ得サル場合ニ於テノミ裁判所ハ彼等ノ請求ニ因リテ之ヲ招集スルコトトシタリ惟フニ既成法典ノ主意モ亦之レニ大同小異ナラン
既成法典ニ於テハ親族會ヲ招集シ得ル者ノ中ニ會議ヲ要スル事件ノ本人、戶主及檢事ヲ入レサリシモ本人ニ此權ヲ與ヘサルトキハ屢彼カ利益ヲ害スルコトアルヘク又親族ニ此權ヲ與ヘナカラ戶主ニ之ヲ與ヘサルハ極メテ不理ナルヘク又事多クハ公益ニ關スルモノナルヲ以テ檢事モ親族會ヲ招集スルコトヲ得セシムル必要アルヲ以テ本案ハ第一項ニ此三者ヲ加ヘタリ
第九百四十五條
(理由)本條第一項ハ既成法典民法人事編第百七十一條及ヒ第百七十四條ニ相當ス親族會ヲ組織スルニ要スル人員ノ數ヲ三人以上トシタル所ハ既成法典ト異ナル所ナシ國ニヨリテハ之ヲ五人トスルモノアルモ時トシテハ五人ノ人員ヲ得難キ場合モアレハ又ハ七人若クハ之ヨリ以上ノ人員ヲ以テ組織スルヲ要スル場合モアルヘシ故ニ是等ノ場合ニ應スルコトヲ得ル爲メニ三人以上トシテ三人又ハ三人以上ヲ以テ組織スルコトヲ得ヘキコトトシタリ而シテ之レカ會員タルモノハ未成年者等ノ親族タルヲ常トシ多クハ最近ノ親族ナルヘシ然レトモ既成法典ノ如ク法文ニ於テ最近親族三人以上ト言ハスシテ各場合ノ情况ニ從ヒ何人ヲ選定スルモ可ナルヲ明カニシタリ
親族三人ニ滿タサルトキハ其家又ハ本人ニ緣故アル他人ヲ以テ之ヲ補充ス成ルヘク親族會ノ組織ヲ完ウセンコトヲ欲シテ此補充方法ヲ設ケタルナリ本人ニ緣故アル者ハ說明ヲ要セスシテ明カナラン其家ニ緣故アル者トハ本家分家ノ戶主及ヒ其家ヨリ出テテ現在ノ家族トハ最早何等ノ親族姻族ノ關係ヲ有セサル者等ヲ始メトシ本人ノ親友其他種々ノ緣故アル者ヲ包含ス既成法典カ各場合ヲ示シテ之ヲ限定セルハ狹キニ失シタルモノト謂フヘシ
第二項ハ既成法典ニ存セサル規定ナルモ親族會員ノ何人タルヲ明カニスルヲ必要ト認メタルヲ以テ親族會員ヲ選定シタルトキ又ハ其變更アタルトキハ之ヲ戶籍吏ニ屆出ツルコトヲ要ストシタルナリ盖シ親族會ノ任務及ヒ之ニ伴フ親族會員ノ如何ナル者タルカハ公益ニ關スルコト大ナルニ依ル
第九百四十六條
(理由)本條ハ既成法典民法人事編第百八十條乃至第百八十二條ニ當リ本案第九百八條ノ規定ニシテ親族會員ニ關シテ足ラサル所ヲ補足シタルモノナリ既成法典第百八十條以下ハ後見人及ヒ親族會員ノ缺格除斥等ニ關シテ同一ノ規定ヲ設ケタルモ二者ノ間ニハ稍性質ノ異ナル所アルヲ以テ本案ハ之ヲ分チテ第九百七條及ヒ第九百八條ニ於テ先ツ後見人ノ任務ヲ辭スルコトヲ得ル者及ヒ後見人タルコトヲ得サル者ヲ定メ其規定中親族會員ニ準用スルコトヲ得サルモノハ悉ク之ヲ本章ニ採用シタリ第九百七條ニ規定セル辭任ノ理由中第五號ノミヲ採用シテ之ヲ第一項中ニ揭ケ其他ヲ除キタルハ親族會員ハ後見人ト異ナリテ其任務常ニ繁多ナリト言フヲ得サルヲ以テ單ニ軍人トシテ現役ニ服シ若クハ被後見人等ノ住所ノ市外ニ於テ公務ニ從事スルノ等ノ事ヲ以テ之ヲ辭スルヲ得サルヘク遠隔ノ地ニ住スルトキハ之ヲ理由トシテ親族會員タルコトヲ辭スルヲ得トシタルノミ第九百七條第一號及ヒ第二號ヲ本條ニ準用セサルハ此理由ニ因ル同條第三號及ヒ第四號ハ以テ後見人タル任務ヲ辭スルノ理由トスルニ足レトモ親族會員ハ假令ヒ自己ヨリ先キニ親族會員タルヘキ者顯ハレ來ルモ直チニ辭シ彼ヲシテ自已ニ代ハラシムル程ノ必要ナク又十年以上親族會員タリシトテ最早當然之ヲ辭セシムヘキニ非ス唯彼ニ特殊ノ事情生シ親族會ニ於テ其辭任ヲ正當ト認メタル場合ニ於テノミ之ヲ辭スルコトヲ得トスレハ足レリ第九百十四條ノ既成法典ト異ナル所ハ既ニ後見ノ章ニ於テ說明シタルヲ以テ玆ニ再ヒ贅セサルヘシ
親族會ノ爲スヘキ行爲ハ大半ハ後見人、後見監督人及ヒ保佐人ノ利害ニ關シ親族會ハ寧ロ彼等ノ監督ヲ爲ス機關ト言フヘキモノナルヲ以テ彼等ヲシテ親族會員タラシムルヲ不都合ト認メテ本條第二項ヲ設ケタルナリ後ノ第九百四十七條第二項ノ規定ヲ見テモ本條第二項ノ必要ヲ知ルヲ得ヘシ
第九百四十七條
(理由)本條第一項ハ既成法典ニナキ所ナルモ此規定ナクンハ親族會ノ决議ハ如何ニシテ之ヲ爲スヘキモノナルヤ明ナラサルヲ以テ之ヲ加ヘタルナリ會員ノ一致ヲ得ルハ困難ナル場合アルヘク四分三若クハ三分二トスルカ如キハ細密ニ失スルヲ以テ過半數トシタルナリ出席會員ノ過半數ト言ハスシテ單ニ過半數ト言ヘルヲ以テ五人ノ會員中三人出席シ其中二人ハ或事件ニ同意スルモ未タ以テ親族會ノ决議ヲ得タリト言フヲ得サルナリ此ノ如クシタルハ成ルヘク會員多數ノ同意ヲ以テ之ヲ决スヘキコトトシ偶然ノ出席者ノ如何ニ因リテ族事ニ關スル事ヲ决議セシムルコトナカラシメタルナリ
第二項ハ既成法典民法人事編第百七十五條ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ同條ニハ會員ハ自己ノ利害ニ關係アル會議ニ列スルコトヲ得ストシ全ク會議ニ列スルヲ得サラシメタルヲ改メテ決議ニ加ハルコトヲ得ストシ其他ハ會議ニ列スルコトヲ得セシメタリ外國ノ法律ニハ會長ハ此ノ如キ會員ヲシテ會議ニ列シテ其意見ヲ述ヘシムルコトヲ得ト明記スルモノアリ
第九百四十八條
(理由)本條ハ親族會ノ會議ニ利益ノ關係ヲ有スルコトノ大ナル者ハ親族會ニ其意見ヲ述フルコトヲ得トシタルモノナリ本人ハ之ニ利害ノ關係ヲ有スルコト尤モ大ナルヲ以テ本人ヲシテ意見ヲ述フルコトヲ得セシムヘキハ言ヲ俟タス本人ハ未成年者タルモ既ニ或年齡ニ達シテ自己ノ意見ヲ述フルコトヲ得ルニ於テハ之ヲシテ其意見ヲ述ヘシムルナリ戶主、家ニ在ル父母及ヒ偶配者モ亦利害ノ關係ヲ有スルハ何人モ知ル所ナリ
本家又ハ分家ノ戶主モ親族會員トナルコトヲ得ル場合アリ若シ親族會員トナルトキハ彼等ニ關シテ本條ノ適用ナキモ親族會員ハ親族ヨリ之ヲ選定スルヲ原則トシ唯親族ノ不足スルトキ緣故アル他人ヲ以テ之ヲ補充スルコトトシ而モ總テ選定ニ因ルモノニシテ自ラ進ンテ爲ルヲ得ルモノニ非サルヲ以テ其選定ニ漏ルルコト屢アルヘシ此場合ニ漏レタル戶主ニハ本條ニ依リ其意見ヲ述フルヲ得ルモノナリ我國從來ノ習慣ヲ見ルニ本家分家ノ戶主ノ本家分家ノ內事ニ干涉シ來ルハ多クハ親族會ヲ開クカ如キ場合ニ限ルカ如シ
後見人、後見監督人及ヒ保佐人ハ親族會員タルコトヲ得サルモノナリト雖モ本條ニ依リテ親族會ニ其意見ヲ述フルコトヲ得ルモノナリ彼等ニ此權ヲ與フルノ至當ナルハ後見ノ章ニ於ケル規定ヲ見テ之ヲ知ルコトヲ得ヘシ
第二項ハ第一項ノ當然ノ結果トシテ生シタルモノナリ既ニ本人戶主等ニ親族會ニ其意見ヲ述フルコトヲ得ルト云フトキハ是等ノ者ニ親族會ノ招集ヲ通知スルニ非サレハ此規定ノ適用ハ其效ナキニ至ラン
第九百四十九條
(理由)親族會ハ第九百四十四條ニ揭ケタル者ノ請求ニ因リテ組成セラレ其任務ヲ終ハリタルトキハ解散スルモノナリ然レトモ無能力者ノ爲メニ設ケタルモノニ至リテハ其無能力ノ止ムマテ之ヲ繼續スルモノトセサルトキハ獨リ其任務ヲ完フスルコト能ハサルノミナラス解散シテ後直チニ之ヲ招集スルノ必要ヲ生シ遂ニ其煩ニ堪ヘサルヘキヲ以テ本條ヲ設ケテ繼續スヘキ親族會ノ存立シ得ルコトヲ明示シタルナリ
第九百五十條
(理由)族親會ニ欠員ヲ生シタル場合ニハ其親族會ヲ解散シテ新ニ之ヲ組織スルコトヲ爲サス親族會ヲシテ其補欠員ノ選定ヲ請求セシメテ之ヲ繼續セシムルコトトシタリ殊ニ前條ノ如ク繼續スヘキ親族會ニハ屢欠員ヲ生スルコトアルヘキヲ以テ欠員ヲ生シタル毎ニ總テノ會員ヲ再選スヘキコトトスルトキハ大ニ煩雜ヲ生スヘキヲ以テナリ補欠員ヲ選定シ得ル者ヲ或ハ一般ノ親族ナリトシ或ハ親族會ノ會長トセントスルモノアリ又或ハ親族會トスルモノアリト雖モ本案ハ親族會ヲシテ其選定ヲ裁判所ニ請求セシムルヲ適當ト認メ本條第一項ノ如ク規定シタリ
第九百五十一條
(理由)本條ハ親族會ニ關スル重要ナル規定ノ一ニシテ即チ親族會ヲ招集スルコトヲ得ル者及ヒ親族會員等ヲシテ親族會ノ决議ニ對シテ不服ヲ唱フルコトヲ得セシメタルモノナリ親族會ハ裁判所之ヲ招集シ又裁判所ノ監督ノ下ニ其事ヲ行フモノトスル我國ノ法律ニ於テモ尙ホ此親族會員等ヲシテ親族會ノ决議ニ對シテ不服ヲ唱フルコトヲ得セシムルモノトセハ本案ノ如ク親族會ノ招集及ヒ其行爲ニ成ヘク裁判所ノ干涉ヲ避ケテ私ニ之ヲ爲シ得ルコトトシタル法制ノ下ニ於テハ親族會ノ異議ニ對シテ異議ヲ唱フルコトヲ得ルノ途ヲ開カサルヘカラス
第九百五十二條
(理由)親族會員中旅行其他ノ事由ニ因リ開會スルコト能ハス或ハ會議ヲ開クモ過半數ヲ得サル塲合等アリテ之カ爲メニ必要ノ決議ヲモ爲スコトヲ得サルコトアルヲ以テ是等ノ塲合ニハ裁判所ニ請求シテ親族會ノ決議ニ代ハルヘキ裁判ヲ受クルコトヲ得セシムルニ非サレハ後見人其他ノ者ニ種々ノ不都合ヲ生スルコトアルヘキヲ以テ本條ノ規定ヲ設ケタリ
第九百五十三條
(理由)本條第一項ハ既成法典ニナキ所ナレトモ此規定ナキトキハ親族會員ノ責任明カナラサルヲ以テ本案ニ之ヲ入レタルナリ第六百四十四條ハ受任者ノ責任ヲ規定シタル規定ニシテ即チ受任者ハ委任ノ本旨ニ從ヒ善良ナル管理者ノ注意ヲ以テ委任事務ヲ處理スル義務ヲ負フトシタルモノナリ本案ハ既ニ之ヲ後見ニ準用シ又後見監督ニモ之ヲ準用シ而シテ同一ノ主意ニ基キテ之ヲ親族會員ニモ準用シタルナリ
第八章
(理由)既成法典ニ於ケル養料ナル文字ハ本來金錢ヲ意味スルモノナルカ故ニ本案ニ於テハ扶養ナル文字ヲ用井扶養義務者ハ必スシモ金錢ヲ與フルコトヲ要セサルノ意ヲ明ニセリ
今日ニ於テハ生計ヲ營ムコト昔日ノ如ク容易ナラサルカ故ニ人ヲシテ猥リニ扶養ノ義務ヲ負擔セシムヘキモノニ非ス從テ扶養ノ義務ヲ負擔スル者ノ範圍ヲ狹クスルノ必要ヲ生スルニ至レリ諸國ノ立法例ハ既成法典ノ如ク扶養ノ義務ヲ負擔スル者ノ範圍ヲ狹クスルノ主義ニ傾ケリ本案ニ於テハ既成法典ノ主義ヲ採用シテ扶養ノ義務ヲ負擔スル者ノ範圍ヲ狹クセリト雖モ家族制度ヲ認メタル結果トシテ戶主ハ其家族ヲ扶養スヘキモノトセルコト第二章第二節ノ規定ニ依リテ明カナリ而シテ既成法典ニ於ケル扶養ノ義務ニ關スル規定ハ不完全ニシテ扶養義務者及ヒ扶養權利者ノ順位及ヒ扶養ノ方法明カナラサルカ故ニ本案ニ於テハ數多ノ規定ヲ設ケテ此缺㸃ヲ補ヘタリ
第九百五十四條
(理由)本條ハ何人ノ間ニ扶養ノ義務ノ存スルカヲ規定セルモノニシテ人事編第二十六條及ヒ第二十七條ニ該當ス同第二十六條第二項ニ於テハ嫡母、繼父又ハ繼母ト其配偶者ノ子トノ間ニ扶養ノ義務ノ存スルコトヲ規定セルモ本條ニ於テハ嫡母、繼父母ヲ以テ親ニ準シタルカ故ニ特ニ之ヲ明言スルノ必要ナシ又同條第二項ニ於テハ夫家又ハ婦家ノ尊屬親トアルモ其意、夫又ハ婦ノ家ニ在ル尊屬親ヲ指スモノニ外ナラサルヘキカ故ニ本條ニ於テハ其主意ヲ明カニセリ又人事編第二十七條ノ全部ヲ本條ニ採用セサルハ本案第九百五十九條第二項ノ規定アルカ爲メナリ
戶主ハ其家族ヲ扶養スル義務ヲ負擔シ又配偶者ハ互ニ扶養ヲ爲ス義務ヲ負擔スト雖モ戶主及ヒ配偶者ノ扶養ノ義務ハ既ニ之ヲ規定シタルヲ以テ本條ニ於テハ戶主及ヒ配偶者カ扶養ノ義務ヲ負擔スルコトヲ明言セサルナリ
第九百五十五條
(理由)本條ハ扶養義務者ノ順序ヲ定メタルモノニシテ人事編第二十八條ニ該當ス同條ノ規定ハ不完全ニシテ第一ニハ配偶者ト戶主トノ間ニ於ケル順位第二ニハ人事編第二十六條第一項ノ者ト第二項ノ者トノ間ニ於ケル順位第三ニハ人事篇第二十六條第一項ノ者ノ間ニ於ケル順位第四ニハ配偶者ノ直系尊屬ニシテ親等ヲ異ニスル者ノ間ニ於ケル順位明カナラス本案ニ於テハ此缺㸃ヲ補フカ爲メ一ハ家族主義ニ基キ一ハ人情ニ基キテ扶養義務者ノ順位ニ關スル規定ヲ設ケタリ
第九百五十六條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス今同順位ノ扶養義務者數人アルトキハ特別ノ規定ナキモ各其資力ニ應シテ扶養義務ヲ分擔スル結果ヲ生スルカ如シト雖モ全ク疑ナキニ非サルヲ以テ特ニ之ヲ規定スルヲ可トス而シテ但書ノ規定ニ至リテハ我國ノ慣習上之ヲ置クノ必要アルコト勿論ナラン
第九百五十七條
(理由)本條ハ扶養權利者ノ順位ヲ定メタルモノナリ既成法典ニ於テ扶養權利者ノ順位ニ關スル規定ヲ設ケサリシハ大ナル缺㸃ナリト謂フヘシ本條ニ於テハ人情ニ基キテ扶養權利者ノ順位ヲ定メ以テ此缺點ヲ補ヒタリ只直系卑屬ヲ第一順位ニ置クハ人情ニ近キニ拘ラス我國ニ於テハ最モ直系尊屬親ヲ尊敬スル慣習アルカ故ニ此慣習ヲ酙酌シテ直系尊屬ヲ第一順位ニ置クコトトセリ而シテ直系卑屬ヲ配偶者ヨリ先キニスルハ人情ノ當サニ然ルヘキ所ナラン
第九百五十八條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス然レトモ其必要ナルハ論ヲ待タス殊ニ第九百五十六條ニ對スル權衡上之ヲ置クノ必要アルヘシ
第九百五十九條
(理由)本條第一項ノ規定ハ諸國ノ法典ニ於テ見ル所ナリト雖モ獨リ既成法典ニ於テ之ヲ見ス凡ソ何人ト雖モ自己ノ勞力又ハ資產ニ依リテ生活ヲ爲スコトヲ得ル者ハ他人ノ扶養ヲ受クルノ必要ナカル可キカ故ニ全ク扶養ヲ受クル權利ヲ有スルコト能ハサルモノナラン然レトモ若シ本條ノ規定ナキトキハ自活スルコトヲ得ル者ト雖モ本案第九百五十四條ノ規定ニ依リテ扶養ヲ受クル權利ヲ有スルモノニ非サルカノ疑ヲ生スルニ至ルヘシ或立法例ニ依レハ過失ニ依リテ自活スルコト能ハサルニ至リタル者ニハ單ニ生命ヲ保ツニ必要ナル資料ノミヲ給スヘキモノト爲セリ然レトモ本案ニ於テハ自己ノ資產又ハ勞務ニ依リテ衣食住及ヒ敎育ノ資ヲ辨スルコト能ハサル者ニハ其一切ノ費用ヲ給スヘキモノト爲シ其自活スルコト能ハサルニ至リタル原因ノ如何ハ敢テ之ヲ問ハサルナリ而シテ戶主ハ其家族カ自ラ生活ノ費用及ヒ敎育ノ費用ヲ支辨スルコト能ハサル場合ニ於テノミ其費用ヲ負擔スルモノナリト雖モ配偶者ハ他ノ一方カ自活スルコトヲ得ルト否トヲ問ハス毎ニ扶養ノ義務ヲ負擔スルコト既ニ規定セル所ニ依リテ明カナルヘシ
本條第二項ハ人事編第二十七條ノ主義ヲ採用シ其文字ヲ改メタルモノニ外ナラス佛民法及ヒ獨逸民法ハ兄弟姉妹ノ間ニハ扶養ノ義務ノ存セサルモノト爲シタリト雖モ多數ノ立法例ニ於テハ兄弟姉妹ノ間ニモ扶養義務ノ存スルモノト爲シ且ツ槪子本條第二項ニ於ケルカ如キ制限ヲ設ケタリ或立法例ニ於テハ兄弟姉妹ハ扶養ヲ受クル必要カ之ヲ受クヘキ者ノ過失ニ依リテ生シタルト否トヲ問ハス單ニ生命ヲ保ツニ必要ナル資料ノミヲ給スヘキモノト爲シ又他ノ立法例ニ於テハ兄弟姉妹ハ扶養ヲ受クヘキ者ヲシテ唯敎育ヲ受ケ又ハ職業ノ見習ヲ爲サシムヘキモノト爲セリ然ルニ本案ニ於テハ兄弟姉妹ノ間ニ於ケル扶養ノ義務ハ扶養ヲ受クル必要カ之ヲ受クヘキ者ノ過失ニ依ラスシテ生シタル場合ニ於テノミ存在スルモノト爲シ且ツ第一項ニ規定セル扶養ノ義務ト其程度ヲ同シクスルモノト爲セリ故ニ兄弟姉妹ハ扶養ノ方法トシテ扶養權利者ニ衣食住ヲ供給スルノ外尙ホ之ニ敎育ヲ施ササルヘカラス今本條ニ於テ此ノ如キ主義ヲ採リタル所以ハ盖シ今日ニ於テハ何人ト雖モ衣食住ヲ得ルノミニテ何等ノ敎育ヲ受ケサルトキハ以テ其生活ヲ完フスルコト能ハサルヲ以テナリ
第九百六十條
(理由)本條ハ人事編第二十九條ノ規定ヲ採用シタルモノニシテ諸國ノ法典ニ於テモ亦此ノ如キ規定ヲ設ケタリ是レ蓋シ實際ニ於テ本條ノ如クナラサルヘカラサル必要アルヲ以テナリ只人事編第二十九條及ヒ諸國ノ法典ニ於テハ扶養義務者ノ身分ニ依リテ扶養ノ程度ヲ定ムヘキコトヲ言ハス是レ實ニ一ノ缺默ナリト謂フヘシ故ニ本條ニ於テハ扶養ノ程度ハ扶養義務者ノ身分ヲモ斟酌シテ之ヲ定ムヘキ旨ヲ規定セリ
第九百六十一條
(理由)本條ノ規定ハ扶養ノ方法ヲ定メタルモノニシテ既成法典ニ於テ見サル所ナリ只既成法典ニ於テハ扶養ノ義務ヲ負擔スル者ハ養料ヲ拂フヘキモノト爲シタルカ故ニ扶養ノ方法ニ關シ當事者ノ間ニ爭アル場合ニ於テハ裁判所ハ扶養義務者ヲシテ金錢ヲ支拂ハシムルニ至ラン外國ノ法典ニ於テモ多クハ扶養ノ方法トシテ金錢ノ支拂ヲ爲スヘキモノト爲セリ然レトモ我國ノ事情ニ照ラストキハ扶養義務者ハ扶養ノ方法トシテ扶養權利者ヲ引取リ之ヲ養ヒ又ハ之ニ生活ノ資料ヲ給スルコトヲ得ルモノト爲スヲ以テ便利トス只扶養義務者カ扶養權利者ヲ引取リテ之ヲ養ヒ又ハ之ニ生活ノ資料ヲ給スルハ事情ニ依リ不可ナルコトアルヘキカ故ニ但書ノ規定ヲ設クルコトトセリ
第九百六十二條
(理由)本條ノ規定ハ既成民法ニ於テ之ヲ見ス外國ノ法典ニ於テハ扶養ノ義務カ判决ニ依リテ定マリタル場合ノ外契約ニ依リテ扶養ノ義務ノ定マリタル場合ニ付キテモ本條ノ如キ規定ヲ設クルモノアリ然レトモ扶養ノ義務カ契約ニ依リテ定マリタル場合ニ於テハ其根據タル事情ノ變更ニ依リテ扶養ノ義務ニ變更ヲ來シ又ハ其消滅ヲ來スニ至ルハ言フヲ待タス唯判決ニ依リテ扶養ノ義務ノ定マリタル場合ニ於テハ其判決ノ根據タル事情ニ變更ヲ生シタルトキト雖モ判決ノ効力トシテ扶養義務ハ依然トシテ存在シ決シテ其變更又ハ消滅ヲ來ササルモノニ非サルカノ疑ヲ生スヘシ而シテ扶養ノ程度又ハ方法カ判決ニ依リテ定マリタル場合ニ於テ其判決ノ根據タル事情ニ變更ヲ生シタルトキハ扶養義務ノ變更又ハ消滅ヲ來スモノトスルヲ至當トスルカ故ニ本條ノ規定ヲ設ケタリ
第九百六十三條
(理由)本條ノ規定ハ既成民法ニ於テ之ヲ見ス只既成民法ハ當事者カ契約ヲ以テ養料ヲ支拂フ義務ヲ負擔スル場合ニ付キ財產取得編第百六十九編ノ規定ヲ設ケ養料トシテ無償ニテ設定シタル終身年金權ハ當然讓渡スコトヲ得ス且ツ差押フルコトヲ得サルモノト爲セリ之ヲ要スルニ既成民法ニ於テハ法律上扶養ヲ受クル權利ハ之ヲ處分シ差押フルコトヲ得サル旨ヲ規定セス只民事訴訟法第六百十八條ニ於テハ法律上ノ養料ハ之ヲ差押フルコトヲ得サルモノト定メタリト雖モ差押フルコトヲ得サル權利ハ亦之ヲ處分スルコトヲ得サル旨ヲ規定セル法文ナキカ故ニ本條ニ於テ扶養ヲ受クル權利ノ差押及ヒ處分ヲ禁スル規定ヲ設ケタリ或立法例ニ於テハ扶養ヲ受クル權利ハ之ヲ抛棄スルコトヲ得サル旨ヲ規定セリト雖モ此ノ如キ規定ヲ設クルノ必要ナキ故ニ本案ニ於テハ斯ル規定ヲ設ケサルナリ
第五編
(理由)相續法ノ編纂ニ付テハ或ハ之ヲ特別法トシテ制定シ或ハ之ヲ民法法典中ニ編入スルモノアリト雖モ近世諸國ノ立法主義ハ槪子後ノ編纂法ニ依ル而シテ民法法典中ニ於ケル相續法ノ位置ニ付テハ從來ノ立法例ハ凡ソ之ヲ四種ニ分別スルコトヲ得一ハ即チ相續ハ主トシテ親族關係ニ基クモノナリトシテ相續ニ關スル規定ヲ以テ親族法中ニ編入シ二ハ即チ相續ハ主トシテ所有權ヲ繼受スルモノナリトシテ之ヲ物ニ關スル法規中ニ規定シ三ハ即チ相續ハ所有權其他ノ財產權ノ取得方法ナリトシテ之ヲ財產取得ニ關スル法規中ニ編入シ四ハ即チ相續法ヲ以テ特別ノ一編トシ之ヲ法典ノ最後ニ揭クルモノニシテ其理由トスル所ハ相續ハ獨リ財產ノ包括的取得ノ方法タルノミナラス同時ニ身分取得ノ方法ナルヲ以テ財產上及ヒ親族上ノ關係ヲ明カナラシメタル後ニ於テ定マルモノナレハ相續法ハ此等ノ關係ヲ規定スル諸法規ノ後ニ特別編トシテ揭クルヲ以テ其當ヲ得タルモノナリト云フニ存ス而シテ既成法典ハ右四種ノ立法主義ノ中ニ於テ第三ノ主義ニ從ヒ相續ハ即チ包括名義ノ財產取得ノ方法ナリトシテ之ヲ財產取得編中ニ規定シ特定名義ノ財產取得ノ方法ニ關スル條章ニ次キテ之ヲ揭クト雖モ我國ニ於ケル相續ハ歐洲諸國ニ行ハルル相續ノ如ク單純ナル財產相續ニ非スシテ別ニ家督相續ナルモノヲ存シ殊ニ家督相續ハ本邦固有ノ風習トシテ却テ財產相續ヨリ重ンセラルルモノナレハ我國ニ於ケル相續ハ决シテ之ヲ單純ナル財產取得ノ方法タルニ止マルモノト解スヘカラサルハ勿論ニシテ從テ相續法ノ範圍ハ財產相續以外ニ於テ家督相續ニ關スル規定ヲ包含セサルヘカラサルコトハ別ニ辯明ヲ要セサル所トス故ニ既成法典ハ相續ニ關スル財產取得編第十三章ノ首節ニ於テ先ツ家督相續ヲ規定シ遺產相續ニ關スル規定ハ之ヲ次節ニ揭ケ家督相續ヲ重ンスル趣旨ヲ表明セルハ至當ノ立法主義ナリト雖モ既ニ相續ハ家督相續ト財產相續トヲ包含シ決シテ單純ナル財產取得ノ方法タルニ止マラサルコトヲ示セルニ拘ハラス相續ニ關スル規定ヲ以テ財產取得編中ノ一章ト爲シタルハ立法ノ本旨ニ悖リ編纂ノ體裁其宜シキヲ得タルモノト言フコトヲ得ス斯ノ如ク我國ニ於ケル相續ハ家督相續ト財產相續トヲ包含スルモノナレハ相續法ヲシテ親族法ノ一部タルニ止マラシムルコトヲ得ス又之ヲ財產法中ニ編入シテ其當ヲ得タリト云フコトヲ得サルノミナラス既ニ相續法ノ位置ニ關シテ說明シタル第四ノ立法主義ノ如ク相續ハ財產上及ヒ親族上ノ關係ヲ明カナラシメタル後ニ於テ定ムヘキモノナレハ本案ハ相續法ヲ以テ獨立ノ一編トシ民法法典中ノ最後ニ之ヲ揭ケタリ
既成法典ハ隱居家督相續ニ關スル特別規定ヲ相續法中ニ揭ケ隱居ヲ爲ス要件等ヲ規定スト雖モ隱居ノ法律上ノ性質ハ即チ戶主權ヲ喪失スルコトニ存シ其結果トシテ相續ヲ開始セシムルニ至ルモノナレハ隱居其モノニ關スル規定ハ之ヲ戶主ニ關スル親族法ノ條章中ニ揭クルヲ以テ其當ヲ得タルモノトス又既成法典ハ贈與及ヒ遺贈ニ關スル規定ヲ一處ニ纒括シ相續ニ關スル規定ト相並ヒテ財產取得編ノ一章タラシムト雖モ贈與ノ規定ハ既ニ公布セラレタル民法第三編中ニ編入セラレ又遺贈ハ財產相續ノ原因ニシテ相續法中ニ之ヲ規定スルハ妥當ノ編纂法タルニ因リ本案ハ隱居家督相續ニ關スル既成法典ノ特別規定ヲ相續編中ニ置カサルニ反シ遺贈ニ關スル規定ハ之ヲ本編中ニ揭ケタリ其他既成法典ハ相續ニ關スル財產取得編第十三章ノ始メニ於テ其總則トシテ相續ニハ家督相續ト遺產相續ノ二種アルコトヲ明示スト雖モ無用ノ條文タルニ過キサルヲ以テ本案ハ之ヲ削除セリ而シテ相續編ノ總則トシテ各種ノ相續ニ共通スヘキ規定ヲ求ムルニ胎兒ノ相續權ニ關スル規定ノ如キ一二ノ條文ヲ存スルニ過キサルヲ以テ本案ハ別ニ相續編ノ總則ヲ設ケスシテ直チニ家督相續ニ關スル規定ヲ揭ケ此規定ニシテ遺產相續ニモ適用スヘキモノニ付テハ遺產相續ノ部ニ於テ別ニ之ヲ適用又ハ準用スヘキ旨ヲ明示セリ
數人ノ相續人ノ同時死亡ノ場合ニ於ケル法律上ノ推定ニ關スル規定ハ佛國民法ヲ始メトシテ二三ノ法典ハ之ヲ相續法ノ始メニ揭クト雖モ斯ノ如キ推定ハ實際ノ事實ニ適セサルコト多ク此等ハ寧ロ證據問題トシテ別ニ法律ノ規定ヲ設ケサルヲ以テ妥當ト認ムルノミナラス英國ノ如キハ別段ノ規定ヲ設ケサルモ敢テ不便ヲ感セサル實例ヲ示ス者ナレハ本案ハ相續人ノ同時死亡ニ關シ別ニ規定ヲ揭ケサルナリ
第一章
(理由)本章ハ既成法典財產取得編第十三章第一節ニ相當スルモノニシテ既成法典ハ本節第一欵ニ於テ家督相續ニ關スル通則ト家督相續人ノ資格ニ關スル規定トヲ合載スト雖モ本案ハ法條ノ整頓ト編纂ノ體裁ヲ保タンカ爲メニ本章第一節ニ於テ家督相續ノ總則ヲ揭ケ次ニ第二節ニ於テ家督相續人ノ資格及ヒ順位ヲ規定シ終リニ第三節ニ於テ家督相續ノ效力ヲ規定セリ而シテ隱居家督相續ニ關スル既成法典財產取得編第三百六條以下數條ノ規定ヲ本編中ニ置カサル理由ハ既ニ本編ノ始メニ於テ說明シタルヲ以テ此ニ之ヲ略ス
第一節
第九百六十四條
(理由)本條ハ家督相續開始ノ原因ヲ規定スルモノニシテ既成法典財產取得編第二百八十七條ハ家督相續ノ定義ヲ揭ケ其原因ヲ示スニ止マルト雖モ定義ハ實際上其必要ナキニ反シ家督相續開始ノ時期ハ相續ノ承認及ヒ抛棄等ニ關シ種々ノ關係ヲ有スルモノナレハ本條ハ相續開始ノ原因及ヒ其時期ハ之ヲ明確ナラシムル必要アルモノトス而シテ既成法典ハ家督相續ノ原因トシテ戶主ノ死亡又ハ隱居ヲ揭クルニ止マルト雖モ戶主カ國民籍ヲ失ヒタルトキハ戶主權ヲ喪失スヘキコト當然ノ結果ニシテ若シ此者ノ家カ單ニ右ノ戶主ノミナルトキハ其家ハ廢家ト爲ルヘク又他ニ適當ノ相續人アルトキハ家督相續ハ此ニ開始シテ敢テ一家ノ廢絕ヲ招クニ至ラサルヘシ故ニ戶主ノ國籍喪失ヲ以テ家督相續開始ノ一原因ト爲スコト固ヨリ至當ノ規定ニシテ本案ハ即チ本條條一號ニ於テ特ニ此趣旨ヲ明示スト雖モ國籍喪失ノ原因ニ至リテハ特別法ニ依リテ規定セラルルモノナレハ此ニ之ヲ揭ケス其他戶主ノ失踪ノ宣吿ヲ受クルコトニ因リテ家督相續カ開始スヘキコトヲ明言セサルハ民法第三十一條ニ於テ失踪ノ宣吿ハ死亡ト同一ノ效力ヲ生スルモノト爲スヲ以テ本案第一號ニ揭クル所ノ戶主ノ死亡ナル原因中ニハ所謂法律上ノ死亡タル失踪ノ宣吿ヲモ包含スヘキハ解釋上更ニ疑ヲ容レサル所トス
本條第二號ヲ置キタル所以ハ配偶者カ相續ヲ爲シタル後婚姻ノ取消アリ又ハ養子カ相續ヲ爲シタル後緣組ノ取消アリタル如キ場合ニ於テ其取消ノ效力ハ既往ニ效力ヲ及ホササルモノナルヲ以テ之ニ因リテ家督相續ノ開始アルヘキヲ以テナリ
次ニ女戶主カ入夫婚姻ヲ爲スコトニ因リテ家督相續カ開始スルコトニ付テハ既成法典ニ別段ノ規定ナク却テ人事第二百五十八條ニ於テ入夫婚姻ノ場合ニ於テハ婚姻中ハ入夫ハ戶主ヲ代表シテ其權ヲ行フト規定セルニ止マルヲ以テ別ニ家督相續ヲ開始セシメサルモノナリト解釋セサルヘカラス然レトモ入夫婚姻ニ因リテ女戶主カ戶主權ヲ失ヒ入夫カ戶主ト爲ルコトハ從來普通ニ行ハレタル慣習ナレハ既ニ本案第七百三十六條ノ規定ニ依リ女戶主カ入夫婚姻ヲ爲シタルトキハ入夫ハ其家ノ戶主ト爲ルコトヲ以テ通則ト定メタルニ因リ本案ノ立法主義ニ依レハ女戶主ノ入夫婚姻ハ家督相續ノ一個ノ原因タルコトヲ得ヘキハ當然ニシテ之レ亦我國從來ノ慣習ニ適スルモノト謂フヘシ故ニ本案ハ本條第三號ニ於テ女戶主ノ入夫婚姻ニ因リ家督相續カ開始スル旨ヲ明示スルモノニシテ若シ當事者ノ意思ニ因リ第七百三十六條但書ノ規定ニ從ヒ入夫カ戶主ト爲ラサルトキハ入夫婚姻ニ因リテ別ニ家督相續ノ結果ヲ生セシメサルハ勿論ノ事タルヘシ
第九百六十五條
(理由)本條ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ相續開始ノ地カ確定セサルトキハ家督相續ニ關スル裁判管轄不明瞭ナルニ因リ適當ノ場所ヲ指定シテ相續開始地ト認メタルニ外ナラサルナリ
第九百六十六條
(理由)本條ハ家督相續回復ノ請求權ニ關スル特別時效ヲ規定セリ盖シ相續ハ種々ノ權利義務ヲ包含スルモノナレハ其回復請求權ノ如キハ通常時效ノ最長期間即チ相續開始ノ時ヨリ二十年ヲ經過シタルニ因リテ消滅セシムルヲ以テ通則ト爲ササルヘカラサルカ如シト雖モ家督相續ノ如キ一家一族ノ爲メ並ニ第三者ニ對シテ種々ノ重大ナル利害關係ヲ有スル事項ヲシテ永ク不確定ノ狀態ニ存セシムルコトハ勉メテ之ヲ避ケサルヘカラサルニ因リ苟モ家督相續人又ハ其法定代理人カ相續權侵害ノ事實ヲ知リタル以上ハ速カニ其回復ヲ請求シテ濫リニ不確定ノ法律關係ヲ存續セシメサルコトヲ要ス是レ即チ本條ハ家督相續回復ノ請求權ニ付キ特別時效ノ期間ヲ定メ五个年ヲ以テ相當ト認メタルモノニシテ其起算㸃ハ即チ家督相續人又ハ其法定代理人カ相續權侵害ノ事實ヲ知リタル時ニ存ストシ其他相續開始ノ時ヨリ二十年ヲ經過シタルトキハ如何ナル事情ノ存スルニ拘ハラス絕對的ニ右ノ請求權ヲ消滅セシムルカ如キハ別ニ說明ヲ要セサルヘシ
第九百六十七條
(理由)本條第一項ハ財產取得編第三百二十條ニ該當ス同條ノ規定ハ狹キニ失スルヲ以テ本案ニ於テハ相續財產ニ關スル一切ノ費用ハ其財產ノ中ヨリ之ヲ支辨ス可キモノト爲セリ故ニ相續財產ニ關スル訴訟ノ爲メニ要スル費用、相續財產管理ノ費用又ハ限定承認ノ際ニ於ケル淸算ノ費用ノ如キハ皆相續財產ヲ以テ之ヲ支辨ス可キモノト知ル可シ
抑モ遺留分ハ相續財產ノ一部ニ外ナラサルカ故ニ第一項ノ規定ノミニテ第二項ノ規定ヲ設ケサルトキハ遺留分權利者カ贈與ノ減殺ニ依リテ得タル財產ハ以テ之ヲ益スルニ足ラサル場合ヲ生シ法律ニ於テ遺留分ヲ認メタル主意ヲ貫クコト能ハサル結果ヲ生スルニ至ルヘシ加之ナラス第二項ノ規定ヲ設ケサルトキハ遺留分權利者カ贈與ノ減殺ニ依リテ得タル財產ハ法律カ遺留減殺ノ制度ヲ設ケテ保護セントスル者ニ非サル相續債權者ヲ利スルノ結果ヲ生スルニ至ラン又本案第千百三十二條ニ於テ相續財產中ヨリ債務ノ全額ヲ控除スル旨ヲ規定セルニ依リテ見ルモ第二項ノ規定ヲ置クノ必要アル可シ
第二節
第九百六十八條
(理由)相續ニ關シテ胎兒ヲ既生兒ト看做スコトハ胎兒ノ利益ヲ保護スル至當ノ方法タルヲ以テ諸國ノ法典ハ槪ネ此趣旨ヲ明示シ我國從來ノ慣例モ亦之ト異ナルコトナシ而シテ既成法典ハ人事編第二條ニ於テ胎兒ノ利益ヲ保護スルニ付テハ胎兒ヲ以テ既生兒ト看做スヘキ槪括的ノ原則ヲ揭ケタルニ因リ相續ニ關シテ別ニ之ヲ反覆セサルカ如シト雖モ既ニ發布セラレタル新民法ハ右ニ述フルカ如キ槪括的ノ原則ハ實際ノ適用上往々疑義ヲ生スルニ因リ寧ロ胎兒ノ利益ヲ保護スル必要アル毎ニ明カニ此者ノ權利ヲ認ムルノ正確ナルニ若カサルヲ信シ既成法典ノ例ニ傚ハサリシニ因リ本案ハ即チ本條ニ依リテ胎兒ト雖モ家督相續ニ付テハ既ニ生マレタルモノト看做スヘキ旨ヲ明示シ以テ法律保護ノ本旨ヲ全カラシメタリ
胎兒ハ本條第一項ノ規定ニ因リ家督相續人タル資格ヲ保有スヘシト雖モ若シ胎兒カ死躰ニテ生マレタルトキハ最初ヨリ特別ノ利益ヲ受クルコト能ハサリシモノト認メラルヘキハ固ヨリ至當ノ事ニ屬ス然レトモ二三ノ立法例ニ依レハ出生シタル胎兒カ引續キ生存スル力ヲ備フルニ非サレハ權利ヲ保有スルコトヲ得ストスルニ反シ他ノ立法例ニ依レハ單ニ死躰ニテ生マレサルコトノミヲ必要トシ敢テ引續キ生存スル力ヲ有スルヤ否ヤヲ問ハサルカ如シ而シテ前ノ立法例ハ其適用上種々ノ疑ヲ生セシムルノミナラス出生シタル胎兒ノ體力如何ニ因リテ其權利能力ノ有無ヲ定ムル如キハ甚タ妥當ナラサルニ因リ本案ハ後ノ立法例ニ倣フテ本條第二項ノ規定ヲ設ケ胎兒カ死躰ニテ生マレタルトキハ本條第一項ノ規定ヲ適用セサル旨ヲ明カニセリ
第九百六十九條
(理由)本條ハ家督相續人ノ缺格ニ關スル規定ニシテ一方ニ於テハ既成法典財產取得編第二百八十八條乃至第二百九十二條ニ修正ヲ加ヘ他ノ一方ニ於テハ德義上並ニ公益上ノ理由ニ基キ缺格者ノ範圍ヲ擴張セリ
本條第一號ハ既成法典財產取得編第二百九十二條ト同一ノ趣旨ニ基ツクト雖モ被害者ノ範圍ヲ擴張シタル㸃ニ於テ之ニ修正ヲ加ヘタリ葢シ實際上家督相續人タランカ爲メニ敢テ被相續人ニ害ヲ加ヘサルモ自已ノ先順位ニ在ル家督相續人ヲ死ニ致シ又ハ死ニ致サントスル者アルハ徃々見ル所ニシテ斯ノ如キ者ヲシテ家督相續人タラシムルコトハ何レノ㸃ヨリ見ルモ決シテ許スヘキ限ニ非サルヲ以テ本案ハ右ノ犯罪者モ亦被相續人ヲ死ニ致サントシタル者ト同シク家督相續人タルコトヲ得サルモノト爲セリ
本條第二號乃至第五號ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ此ニ列擧スル者ヲシテ尙ホ且家督相續人タルコトヲ得セシムルニ於テハ德義ニ反シ人情ニ悖ルノミナラス公私ノ利益ヲ害シ併セテ犯罪ヲ誘引スル弊ナシトセス故ニ本案ハ多數ノ立法例ニ倣ツテ此等ノ規定ヲ加ヘタルモノニシテ各本號ノ意義ニ付テハ別ニ說明ヲ要セサルヘシ
第九百七十條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第二百九十五條第一項ヲ補正シテ家督相續人ノ法定ノ順位ヲ定メタリ即チ本條第一項第一號乃至第三號及ヒ第五號ノ規定ハ總テ既成法典ノ趣旨ニ從フモノナリト雖モ既成法典ハ嫡出子タル女子ト私生子タル男子トノ間ニ於ケル順位ノ先後ヲ規定セサルニ因リ男子ハ女子ニ先タツヘキ通則ニ從ヒ私生子ト雖モ嫡出子タル女子ニ先タツヘキカノ疑ヲ生セシムルコトナシトセス然レトモ私生子ハ假令男子タリトモ嫡出子ニ先タツコトヲ許ササルハ殆ント辨明ヲ要セサル所ナレハ本案ハ特ニ本條第一項第四號ノ規定ヲ加ヘ其趣旨ヲ明カナラシメタリ而シテ嫡出子ト私生子カ其親タル戶主ノ家ニ在リテ其間ニ家督相續順位ノ關係ヲ生スル場合ハ戶主カ女子タルトキニ限ルモノニシテ私生子カ既ニ男戶主ノ家ニ在ルトキハ之レ庶子タルヘキニ因リ男戶主ノ家ニ在リテ嫡出子ト私生子ノ家督相續順位ノ關係ヲ生スルコトナカルヘシ
庶子カ之ヲ認知シタル父母ノ婚姻ニヨリ又私生子カ其父母ノ婚姻中ノ認知ニ因リテ嫡出子タル身分ヲ取得シ或ハ養子カ緣組ニ因リテ嫡出子タル身分ヲ取得シタル場合ニ於テハ此等ノ者カ徃々自己ヨリ以前ノ嫡出子ヨリ年長ナルコト多ク從テ年長者カ年少者ニ先タツヘキ通則ニ從ヒ年少ノ嫡出子カ家督相續ノ順位ニ付キ既ニ享有シタル此者ノ權利ヲ害スルモ尙ホ且之ニ先タツヘキカノ疑ヲ生セシムルニ足ル然レトモ若シ果シテ斯ノ如クナレハ條理ニ反シ法律保護ノ本旨ニ悖ルコト更ニ疑ナキ所ナレハ本案ハ特ニ本條第二項ノ明文ヲ揭ケ法定ノ原因ニ由リテ新ニ嫡出子タル身分ヲ取得シタル者ハ家督相續ニ付テハ嫡出子タル身分ヲ取得シタル時ニ生マレタルモノト看做シ以テ他ノ嫡出子ノ利益ヲ保全スルモノニシテ既成法典ニ其例ナシト雖モ立法ノ本旨ニ於テハ敢テ本案ト異ナルコトナカルヘシ
第九百七十一條
(理由)前條ニ定メタル相續ノ順位ハ女戶主ノ入夫婚姻ニ因リ家督相續カ開始スル場合ニ當ラサルハ明白ナリトス然レトモ前條ノ規定ハ槪括的ナルヲ以テ特ニ此ニ其除外例ヲ明示スルノ必要アリ
第九百七十二條
(理由)本條ハ既成法典ニ其例ナキニ拘ハラス既得ノ家督相續權ヲ保護スル爲メニ特ニ之ヲ設ケタリ葢シ第七百三十七條及ヒ第七百三十八條ノ規定ニ依リテ戶主ノ家ニ入リタル直系卑屬ハ即チ戶主ノ子ニシテ其家族タル者ナレハ別段ノ定ナキ限ハ前條ノ通則ニ從ヒ法定家督相續人トシテ相當ノ順位ヲ有スヘキハ當然ノ結果タルヘシ然レトモ此等ノ者ハ元來他家ニ在リタル者ナレハ新ニ戶主ノ家ニ入ルニ先タチ其嫡出子又ハ庶子タル他ノ直系卑屬カ既ニ法定ノ推定家督相續人トシテ其家ニ存スルニ拘ハラス之ヲ排除シテ新ニ家族ト爲リタル者ヲ家督相續人タラシムルコトハ條理ニ反スルノミナラス本來戶主ノ家ニ在リテ既ニ法定ノ推定家督相續人タル直系卑屬ノ利益ヲ害スルモノト云ハサルヘカラス是レ即チ本條ハ新ニ家族ト爲リタル直系卑屬ハ嫡出子又ハ庶子タル他ノ卑屬ナキ場合ニ限リ前條ニ定メタル順序ニ從ヒ法定家督相續人ト爲ルコトヲ得ヘキ旨ヲ明カニシタル所以ナリ
第九百七十三條
(理由)推定家督相續人アル者ト雖モ婿養子ヲ爲シ得ルコトハ既ニ第八百三十九條ノ明示スル所ニシテ推定家督相續人タル女子ニ婿養子ヲ迎ヘタル場合ニ於テ婿養子カ相續權ヲ受クヘキハ當然ノ事ニ屬スト雖モ推定家督相續人ノ姉妹ニ迎ヘタル婿養子ニシテ推定家督相續人ヲ排除シテ相續權ヲ受ケシムルノ不條理ナルコトハ別ニ辯明ヲ要セス然レトモ既ニ推定家督相續人アル者ト雖モ婿養子ヲ爲スコトヲ許シタル以上ハ推定家督相續人ノ姉妹ノ爲メニスル婿養子ハ推定家督相續人ヲ排除シテ自ラ相續權ヲ受クヘキモノナルカヲ疑ハシムルニ足ルヘシ之レ本條ノ明文ヲ揭ケテ推定督相續人ノ既得ノ相續權ヲ保全スル所以ナリ
第九百七十四條
(理由)家督相續ニ關シテ嫡孫承祖ノ慣例ハ從來普通ニ認メラレタル所ナレハ本案モ既成法典財產取得編第二百九十五條第二項ト同一ノ趣旨ニ基キ本條ノ規定ヲ設クルモノニシテ只既成法典同項ノ明確ナラサル所ヲ補正シタルニ過キス
第九百七十五條
(理由)本條ハ所謂廢嫡ニ關スル規定ニシテ既成法典財產取得編第二百九十六條、第二百九十七條及ヒ第二百九十八條第一項ノ一部ニ修正ヲ加ヘタリ盖シ推定家督相續人ヲ廢除スルコトハ一身一家ニ重要ナル關係ヲ有スルモノナレハ廢除ノ原因タルヘキ事由ハ法律上之ヲ豫定スルヲ以テ其當ヲ得タルモノト爲スノミナラス裁判所ヲシテ廢嫡ノ理由ヲ査定シテ其許否ヲ決セシムルコトハ推定家督相續人ノ權利ヲ保護シ廢嫡ノ濫行ヲ豫防スルニ付キ適當ノ方法ト認ムルニ因リ既成法典ハ身分取扱吏ニ申述シテ廢嫡ヲ爲シ得ヘキコトヲ認ムト雖モ本案ハ裁判所ニ其請求ヲ爲スヘキモノト改メタリ
既成法典ハ失踪ノ宣吿ヲ以テ廢嫡ノ原因ト爲スト雖モ既ニ發布セラレタル新民法第三十一條ノ規定ニ依レハ失踪ノ宣吿ハ死亡ト同一ノ效力ヲ有スルモノナレハ推定家督相續人カ失踪ノ宣吿ヲ受ケタル以上ハ殊更ニ廢嫡ノ手續ヲ要セサルニ因リ本案ハ既成法典財產取得編第二百九十七條第一號ヲ削除セリ而シテ同條第二號ハ民事上禁治產及ヒ準禁治產ヲ以テ廢嫡ノ原因ト爲スト雖モ此等ノ宣吿ヲ受ケタル者ハ尙ホ能ク法定代理人又ハ保佐人ノ保護ヲ得テ家督相續人タルコトヲ得ヘキモノナレハ禁治產又ハ準禁治產ヲ以テ當然廢嫡ノ原因ト認ムルコトハ頗ル妥當ナラサルニ因リ本案ハ本條第一項第二號及ヒ第四號ノ規定ヲ設ケ實際上推定家督相續人カ家政ヲ執ルニ堪ヘサル心身ノ狀况ニ在ルトキ又ハ浪費者トシテ準禁治產ノ宣吿ヲ受ケ改悛ノ望ナキトキハ其廢除ヲ請求スルコトヲ得ト改メタリ
次ニ既成法典ハ祖父母■父母ニ對スル罪ニ因リテ刑ニ處セラレタルコトヲ以テ廢嫡ノ原因ト爲スト雖モ祖父母ニ對スル犯罪ニ因リテ相續權ヲ失ハシムルコトハ聊カ廣キニ失スト云ハサルヘカラサルニ反シ父母ニ對スル惡行ハ犯罪トシテ處刑セラルルニ非サレハ廢嫡ノ原因タルニ至ラスト爲スハ狹キニ失スト云ハサルヘカラサルニ因リ本條第一項第一號ハ被相續人ニ對シテ虐待ヲ爲シ又ハ之ニ重大ナル侮辱ヲ加ヘタルコトヲ以テ廢嫡ノ理由ト爲セリ其他既成法典ハ重禁錮一年以上ノ處刑及ヒ重罪ニ因レル處刑ヲ以テ廢嫡ノ原因ト爲スト雖モ畢竟斯ノ如キ處刑ノ事實ヲ以テ廢嫡ノ原因ト爲スコトハ主トシテ此等ノ刑ヲ受ケタル者ヲシテ家督相續ヲ爲サシムルコトハ家名ヲ汚カスト云フニ存スルモノナレハ本條第一項第三號ハ此趣旨ヲ明白ナラシムル爲メ家名ニ汚辱ヲ及ホスヘキ罪ニ因リテ刑ニ處セラレタルコトヲ以テ廢嫡ノ理由ト爲シ得ヘキ旨ヲ明言シ之ニ依リテ犯罪ノ性質ヲ限定スルト同時ニ必スシモ刑罰ノ重キコトヲ要セサル趣旨ヲ明カナラシメタリ
終リニ本條第二項ヲ設ケタル所以ハ元來推定家督相續人ヲ廢除スルコトハ重大ナル事件タルニ因リ法律上豫メ其原因タル事由ヲ指定スルコトヲ要スト雖モ實際上種々ノ事情ノ存スルアリテ本條第一項ニ列擧セル事由以外ノ原因ニ基キ廢嫡ヲ許ササルベカラサル場合ナシトセサレハナリ例ヘハ極メテ貧困ナル家ノ推定家督相續人ヲ他家ニ收養シテ之ヲ敎育セント欲スル場合ノ如キハ廢嫡ノ上本人ヲシテ他家ニ入ルコトヲ得セシムルコトハ實際上有益且必要ニシテ從來ノ慣例モ亦普通ニ斯ノ如キ廢嫡ノ理由ヲ認ムルモノトス故ニ本條第二項ハ第一項ニ列擧セル事由以外ニ於テ正當ノ事由アルトキハ被相續人ヲシテ廢嫡ノ請求ヲ爲スコトヲ得セシムト雖モ濫リニ之ヲ請求スルコト勿カラシムル爲メ此場合ニ於テハ特ニ親族會ノ同意ヲ得サルヘカラサルモノト爲セリ
第九百七十六條
(理由)遺言ヲ以テ廢嫡ノ意思ヲ表示スルコトハ敢テ之ヲ禁スヘキニ非スト雖モ既成法典財產取得編第二百九十八條第一項ノ如ク單ニ遺言書ヲ以テ廢嫡ヲ爲スコトヲ得ヘキ旨ヲ示スニ止ムルトキハ遺言カ其效力ヲ生スルト同時ニ廢嫡ノ效果ヲ生スルモノニシテ若シ斯ノ如クナレハ本案カ既ニ前條ニ於テ廢嫡ハ一身一家ニ重要ナル關係ヲ有スルニ因リ之ヲ爲スニハ特ニ裁判所ニ請求スルコトヲ要シタル趣旨ニ牴觸スルモノト云ハサルヘカラス故ニ本條ハ被相續人カ遺言ヲ以テ廢嫡ノ意思ヲ表示シタルトキハ遺言ノ效力發生ノ後遺言執行者ハ遲滯ナク廢嫡ノ請求ヲ裁判所ニ爲スヘキモノトシ立法ノ本旨ヲ貫徹セシメタリ
第九百七十七條
(理由)本條ハ廢嫡ノ取消ニ關スル規定ニシテ既成法典財產取得編第二百九十八條第二項及ヒ第三項ニ修正ヲ加ヘタリ即チ既成法典ハ廢嫡ノ取消ヲ爲スニハ身分取扱吏ニ申述スルヲ以テ足ルト爲スト雖モ本案ハ既ニ裁判所ニ請求シテ廢嫡スヘキモノト爲シタルニ因リ其取消モ亦之ヲ裁判所ニ請求スヘキモノト爲セリ而シテ本案カ特ニ本條第二項ノ規定ヲ加ヘタル所以ハ第九百七十八條第一號ノ場合ニ於テハ廢嫡ノ原因タル推定家督相續人ノ惡行ハ單ニ被相續人ノ身上ニ關係ヲ有スルニ止マルモノナレハ被相續人ニ於テ之ヲ宥恕スル以上ハ何時ニテモ相續權ヲ回復スルコトヲ得セシムルヲ以テ至當ト爲スヘク廢嫡ノ原因カ推定家督相續人ノ身上ニ存スル場合ト其趣キヲ異ニスレハナリ
家督相續開始ノ後ニ廢除ノ取消ヲ許ストキハ家督相續人ト爲リタル者ノ既得權ヲ害スヘキヲ以テ第三項ノ規定ヲ置キテ除外例ヲ設ケタリ
其他既成法典ハ遺言ヲ以テ廢嫡ノ取消ヲ爲スコトヲ認メサルカ如シト雖モ實際上ニ於テハ被相續人カ死亡ノ際ニ廢嫡ノ取消ヲ爲スコト多カルヘク又其自由ヲ制限スル理由ナキヲ以テ本案ハ遺言ヲ以テ廢嫡ノ取消ヲ爲スコトヲ認メ此場合ニ於テハ遺言執行者ヲシテ廢嫡ノ遺言ニ關スルト同一ノ手續ニ從ハシムルヲ以テ至當ト認ムルニ因リ本條第三項ハ即チ廢嫡ノ取消ニ付テハ前條ノ規定ヲ準用スヘキモノト爲セリ
第九百七十八條
(理由)本案ハ既ニ被相續人カ直チニ廢嫡ノ請求ヲ爲スト遺言ヲ以テ廢嫡ノ意思ヲ表示スルトヲ問ハス總テ裁判所ノ認許ヲ受クヘキモノト爲シタルニ因リ被相續人カ廢嫡ノ請求ヲ爲シタル後裁判確定前ニ死亡シ或ハ遺言執行者カ爲シタル廢嫡ノ請求ニ對シテ未タ裁判カ確定セサルトキハ其間何人カ戶主權ヲ行使スヘキカ又被相續人ノ遺產ハ如何ニ之ヲ取扱フヘキカニ付キ法律上豫メ適當ノ處置ヲ指定スルコトヲ要ス是レ即チ特ニ本條ノ規定ヲ設クル所以ニシテ本案ハ右ノ場合ニ於テハ恰モ不在者ノ財產管理ニ關スル場合ノ如ク裁判所ヲシテ親族、利害關係人又ハ檢事ノ請求ニ因リ戶主權ノ行使及ヒ遺產ノ管理ニ付キ必要ナル處分ヲ命セシムルヲ以テ至當ノ方法ト認メタリ蓋シ本條ノ規定ハ既成法典ニ存セサル所ナリト雖モ之レ既成法典ニ於テハ單ニ身分取扱吏ニ申述シテ直チニ廢嫡ヲ爲シ或ハ遺言ノ效力發生ト同時ニ廢嫡ノ效果ヲ生セシムルニ因リ本條ノ必要ヲ感セサリシニ因ルノミ
其他本條第一項ノ規定ニ因リ遺產管理人カ選任セラルヘキハ當然ニシテ此場合ニ於テハ右ノ管理人ニ付テモ亦不在者ノ財產管理人ニ對スル如ク適當ノ監督方法ヲ定メ權限ノ範圍ヲ指定シ其他相當ノ擔保ヲ供セシムルコトヲ要スルニ因リ本案ハ特ニ本條第二項ノ規定ヲ設ケ第一項ノ場合ニ於テハ不在者ノ財產管理ニ關スル第二十七條乃至第二十九條ノ規定ヲ準用スヘキモノト爲セリ
第九百七十九條
(理由)本條ハ家督相續人ノ指定及ヒ其取消ニ關スル規定ニシテ既成法典財產取得編第二百九十九條ニ修正ヲ加ヘタリ即チ既成法典ハ家督相續人ヲ指定スルコトヲ得ヘキ本則ヲ前提シテ法文上ニハ却テ之ヲ許ササル場合ヲ規定スト雖モ聊カ躰裁ヲ失スルノミナラス家督相續人ヲ指定スルコトヲ得ルヤ否ヤハ法律ノ明文ヲ要スヘキ事タルニ因リ本案ハ本條第一項ニ於テ寧ロ法律上ノ本則ヲ揭ケ法定ノ推定家督相續人ナキトキニ限リ被相續人ハ家督相續人ヲ指定スルコトヲ得ヘキ旨ヲ明カニセリ然レトモ既成法典同條但書ノ如ク右ノ本則ニ違ヒタル指定ト雖モ被相續人ノ死亡ノ日ニ法定家督相續人アラサルトキハ有效ト爲スヘキ旨ヲ明示セルハ殆ント疑ヲ容レサル所タルヲ以テ本條ハ之ヲ削除シ始メ有效ナリシ指定ト雖モ法定ノ推定家督相續人アルニ至リタルトキハ其效力ヲ失フヘキ旨ヲ規定セリ
家督相續人ノ指定ハ單獨行爲ナルヲ以テ被相續人ハ隨意ニ之ヲ取消スコトヲ得サルヘカラス然レトモ被指定者カ指定ニ應シテ承諾ノ意思ヲ表示シタル後ト雖モ右ノ指定ヲ取消スコトヲ得ルヤ否ヤニ付キ疑ナシトセス而シテ被指定者カ一旦指定ニ應シタル以上ハ假令此者ヲシテ家督相續ヲ爲サシムルコトヲ得タル正當ノ事由アルモ右ノ指定ヲ取消スコトヲ得ストセハ實際上不當ノ結果ヲ生セシムルノミナラス既ニ法定ノ推定家督相續人ト雖モ之ヲ廢除スルコトヲ得ヘキ旨ヲ認メタル立法ノ趣旨ニ牴觸スヘシ故ニ本案ハ特ニ本條第二項ノ規定ヲ設ケ家督相續人ノ指定ハ之ヲ取消スコトヲ得ヘキ旨ヲ明カニセリ
本條ノ規定ハ女戶主ノ入夫婚姻其他ノ事由ニ因リ相續カ開始スル場合ニハ之ヲ適用スヘカラサルハ明白ナルニ依リ特ニ本條第三項ヲ置キタリ
第九百八十條
(理由)本條ハ家督相續人ノ指定及ヒ取消ノ效力發生ノ時期ヲ規定スルモノニシテ既成法典ニ其例ナシト雖モ此事タルヤ一身一家ニ重要ナル關係ヲ有スルモノナレハ右ノ效力發生ノ時期ハ務メテ判然タラシムルコトヲ要ス之レ本案ハ隱居、婚姻等ノ效力發生ノ時期ニ關スル例ニ從ヒ本條ノ規定ヲ設ケタル所以ナリ
第九百八十一條
(理由)既成法典財產取得編第三百條ハ遺言書ヲ以テスルノ外普通ノ意思表示ニ依リテ家督相續人ヲ指定スルコトヲ許サスト雖モ斯ノ如キ制限ヲ設クルコトハ其必要ナキノミナラス實際上甚タ不便ヲ感セシムヘク殊ニ本案ノ如ク家督相續人ノ指定及ヒ其取消ハ戶籍吏ニ屆出ツルニ因リテ其效力ヲ生スト爲スニ於テハ普通ノ意思表示ニ依リテ之ヲ爲サシムルモ敢テ弊害ヲ生スルコトナカルヘシ其他既成法典ハ單ニ家督相續人ノ指定ニ付テノミ其方式ヲ定メ指定ノ取消ニ付キ之ヲ定メサルハ本案ノ主義ト相容レサル所トス故ニ本案ハ家督相續人ノ指定及ヒ其取消ハ共ニ普通ノ意思表示ニ依リテ之ヲ爲スコトヲ得ルヲ本則トシ此㸃ニ付テハ別ニ明文ヲ要セサルニ因リ本條ニ於テハ寧ロ遺言ヲ以テモ家督相續人ノ指定又ハ其取消ヲ爲スコトヲ得ヘキコトヲ明カニセリ而シテ此場合ニ於テ遺言ノ效力カ發生スルト同時ニ右ノ指定又ハ其取消カ效力ヲ生スルニ非スシテ遺言執行者ノ屆書ニ因リテ之ヲ生セシムルコトノ至當ナルハ他ノ塲合トノ權衡上既ニ明白ナレハ本條ハ即チ遺言執行者ニ對シ家督相續人ノ指定又ハ其取消ヲ包含セル遺言カ效力ヲ生シタルトキハ遲滯ナク之ヲ屆出ツヘキ義務ヲ負ハシタリ
第九百八十二條
(理由)本條ハ家督相續人ノ選定ニ關スル規定ニシテ既成法典財產取得編第三百一條及ヒ第三百二條ニ相當ス只本案カ被相續人ノ配偶者ニシテ家女タル者ニ限リテ之ヲ第一順位ニ置キタル所以ハ主トシテ家ヲ重ンシ其血統ヲ斷絕セシメサラントスル趣旨ニ基クモノニシテ固ヨリ至當ノ修正タルヘシ其他既成法典ハ兄弟姉妹ノ卑屬親中ヨリ家督相續人ヲ選定スル場合ノ細則ヲ揭クルト雖モ既ニ斯ノ如キ家族中ヨリ家督相續人ヲ求ムル場合ニ於テハ寧ロ其中ニ就テ廣ク適當ノ者ヲ選フコトトセシムルヲ以テ實際ノ事情ニ適スルモノト認ムルニ因リ本案ハ本條第五號ニ於テ單ニ兄弟姉妹ノ直系卑屬中ヨリ選定スヘキ旨ヲ示スニ止メタリ
第九百八十三條
(理由)家督相續人選定ノ場合ニ於ケル配偶者、兄弟姉妹又ハ其直系卑屬ノ相續順位ハ之ヲ變更スルコトヲ得ルカ又法定又ハ指定ノ家督相續人ナキトキハ必ス右ニ述フル者ノ中ヨリ家督相續人ヲ選定セサルヘカラサルカニ付テハ既成法典ハ法定ノ順序ニ違ハスシテ必ス選定セサルヘカラスト爲スモノタルコトハ同財產取得編第三百一條及ヒ第三百二條ノ規定ニ徵シテ殆ント疑ナキカ如シ然レトモ右ニ列擧スル者ハ元來被相續人ノ直系卑屬ノ如ク法律上當然相續權ヲ有スルモノニ非ス且從來ノ慣例ニ依ルモ此等ノ者ヲシテ家督相續ヲ爲サシムルコトハ總テ親族ノ協議ニ任カシタルモノニシテ假令家督相續人ナキ場合ト雖モ必スシモ右ニ列擧スル者ノ中ヨリ之ヲ選定セサルヘカラスト爲シタルモノニ非ス從テ此等ノ者ノ間ニ於ケル家督相續ノ順位ノ如キモ敢テ之ヲ一定セシモノニ非ス故ニ本案ハ既ニ前條ニ於テ法律上ノ通則トシテ法定又ハ指定ノ家督相續人ナキ場合ニ對シ家督相續人ノ選定ニ付キ相當ノ範圍及ヒ一般ノ順序ヲ指定スト雖モ之ヲ以テ絕對的ノ規定ト爲サスシテ特ニ本條ノ例外ヲ設ケ家督相續人ヲ選定スル權利ヲ有スル者ハ右ノ順序ヲ變更シ又ハ選定ヲ爲ササルコトヲ得ヘキ旨ヲ認メ之ニ依リテ實際ノ事情ト從來ノ慣例ニ適セシメタリ然レトモ選定權ヲ有スル者カ濫リニ本條ノ權利ヲ行使スルトキハ既ニ家督相續人ノ選定ノ範圍及ヒ其順序ヲ選定シタル立法ノ本旨ニ悖ルヲ以テ本案ハ本條ノ權利ヲ行使スルニ付テハ正當ノ事由ノ存スルコト及ヒ裁判所ノ許可ヲ受クルコトヲ其要件ト爲セリ
第九百八十四條
(理由)本條ハ直系尊屬ノ家督相續ノ順位ニ關スル規定ニシテ既成法典財產取得編第三百十三條ト殆ント同一ノ趣旨ニ從フモノトス盖シ直系尊屬カ家督相續ヲ爲スハ頗ル異例ニ屬スト雖モ家ヲ重ンスル趣旨ヨリ他ノ親近中相續人ナキトキハ直系尊屬カ再相續ヲ爲スカ如キハ從來本邦ニ行ハル慣例ナルヲ以テ尊屬親ヲ選定相續人ノ次位ニ置クハ相當ノ順序ナリト謂ハサルヲ得ス而シテ此直系尊屬ノ範圍ヲ限定シテ彼相續人ノ家ニ在ル者トシ又直系尊屬間ニ於テハ親等ノ最モ近キ者ヲ先ニスル㸃ニ於テハ固ヨリ既成法典ノ例ニ從フト雖モ既成法典ハ敢テ直系尊屬ノ男女ノ間ニ區別ヲ立テサルハ聊カ缺點ト謂ハサルヘカラス故ニ本條ニ於テハ特ニ但書ノ規定ヲ設ケ親等ノ同シキ直系尊屬間ニ在リテハ男ヲ先ニスヘキ旨ヲ定メタリ
第九百八十五條
(理由)本條ハ他人ヲ家督相續人ニ選定スル場合ニ關スル規定ニシテ既成法典財產取得編第三百五條ト同一ノ趣旨ニ基クト雖モ他人ヲシテ家督相續ヲ爲サシムル場合ニ於テモ先ツ被相續人ノ親族及ヒ其家ニ多少ノ關係アル者ノ盡シタル後ニ至リ他人ニ及ホスヘキヲ以テ至當ト認ムルニ因リ本案ハ特ニ本條第一項ノ規定ヲ設ケテ此趣旨ヲ明カニシ若シ本項中ニ揭クル者ノ中ニ家督相續人タルヘキ者ナキ場合ニ於テハ第二項ノ規定ニ依リ他人ノ中ヨリ家督相續人ヲ選定スヘキモノト爲セリ然レトモ之レ固ヨリ從來ノ慣例ト族制ノ本旨トヲ斟酌シテ一般ノ順序ヲ定メタルニ過キサルモノナルヲ以テ至當ノ事由ノ存スルアリテ直チニ他人ヲ選定スルコトヲ要スル場合ニ於テ、强ヒテ此順序ニ從ハシムヘキ必要ナキニ因リ本條第三項ハ此場合ニ於テハ前二項ノ規定ニ拘ハラス裁判所ノ許可ヲ得テ他人ヲ選定スルコトヲ得トシ以テ實際ノ事情ニ適セシメタリ
第三節
(理由)既成法典ハ家督相續ノ通則中ニ於テ主トシテ戶主ノ死亡ニ因ル家督相續ノ效力ニ關スル一般ノ規定ヲ揭クルニ止マリ隱居、入夫婚姻又ハ國籍喪失ニ因ル家督相續ノ塲合ニ於テ其效力ニ關シ立法上ノ斟酌ヲ加ヘサルヘカラサル事項アルニ拘ハラス別ニ何等ノ規定ヲ設ケサルハ缺點ト謂ハサルヘカラス故ニ本案ハ特ニ本節ヲ設ケテ家督相續ノ效力ニ關スル通則ヲ纏括シ既成法典ノ缺㸃ヲ補充セリ
第九百八十六條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第二百九十四條第一項ヲ修正シテ家督相續ノ一般ノ效力及ヒ其發生ノ時期ヲ明カナラシムルモノトス盖シ既成法典ハ被相續人ノ姓氏、系統、貴號等ヲ承繼スルヲ以テ家督相續ノ效力ト爲スヘキ旨ヲ明示スト雖モ斯ノ如ク相續事項ヲ例示スルヿハ其必要ナク又既成法典ノ如ク家督相續人ハ一切ノ財產ヲ相續スト曰フニ止マルトキハ財產權以外ノ權利ハ之ヲ承繼セサルカノ疑ヲ生セシムルニ足ルヲ以テ本案ハ寧ロ槪括的ニ家督相續人ハ前戶主ノ有セシ一切ノ權利義務ヲ承繼スルヲ以テ家督相續ノ一般ノ效力トシ權利義務ノ性質其他隱居、入夫婚姻又ハ國籍喪失ノ場合ニ於ケル特別ノ事情ニ因リ右ノ通則ニ對シテ制限ヲ附スヘキ點ニ付テハ各本條ニ於テ適當ノ例外規定ヲ揭ケタリ
次ニ既成法典ハ家督相續ノ效力發生ノ時期ニ付キ別ニ規定ヲ設ケスト雖モ家督相續ノ如キ前戶主ノ一切ノ權利義務ヲ他ニ移轉セシムル重大ナル事項ハ何時ヨリ此效力ヲ生セシムルモノナルカヲ明カニシ法律關係ノ安固ヲ保タサルヘカラス殊ニ本案ニ於テハ相續ニ付テハ承認又ハ抛棄ナルコトヲ認メタルニ因リ家督相續ノ效力モ亦何時ヨリ發生スルモノナルカニ付キ疑ヲ生スヘキヲ以テ家督相續ハ相續開始ノ時ヨリ其效力ヲ生スヘキ旨ヲ明カニシ之ニ依リテ右ノ疑議ヲ豫防スルト同時ニ一家ノ間斷ナク相續スルコトヲ確保セリ
第九百八十七條
(理由)本條ハ家督相續ノ特權ヲ組成スル權利ヲ明示スルモノニシテ既成法典財產取得編第二百九十四條第二項ニ多少ノ修正ヲ加ヘタリ即チ既成法典ハ世襲財產ノ承繼ヲ以テ右ノ特權中ニ加フト雖モ世襲財產ノ承繼ハ一般ノ家督相續ニ伴フモノニ非サレハ本案ハ之ヲ特別法ニ讓リ又商號及ヒ商標ノ如キハ必スシモ家督相續ノ特權ニ屬スルモノニ非スシテ寧ロ營業ト共ニ之ヲ他ニ讓渡スコトヲ得ルモノナレハ本案ハ之ヲ削除セリ其他既成法典ニ所謂墓地ヲ改メテ墳墓ト爲シタル所以ハ單ニ墓地ト曰フトキハ土地其モノヲ指スニ止マルカ如ク而シテ此土地ハ或ハ共有地タルコトアリ或ハ寺領地タルコトアリテ必スシモ一家ノ私有地タルニ限ラサルヲ以テ斯ノ如キ土地其モノノ所有權ハ家督相續ノ特權ニ屬スルモノニ非サル旨ヲ明カナラシメントスルニ外ナラス
第九百八十八條
(理由)家督相續人ハ一般ノ通則トシテ前戶主ノ有セシ一切ノ財產權ヲモ承繼スルコトハ第九百八十六條ノ解釋上更ニ疑ナキ所ニシテ既成法典財產取得編第二百九十四條第一項ハ特ニ此趣旨ヲ明示スト雖此通則ハ戶主ノ死亡ニ因ル家督相續ノ場合ニ對シ至當ノ規定タルニ拘ハラス隱居又ハ入夫婚姻ニ因ル家督相續ノ塲合ニ對シテハ往々實際ノ事情ニ適セサル結果ヲ生スルヿナシトセス何トナレハ隱居者又ハ入夫婚姻ヲ爲ス女戶主ハ隱居料其他小使費トシテ相當ノ財產ヲ保有セント欲スルヿハ其事情敢テ咎ムヘキ限ニ非サルノミナラス此事タルヤ從來普ク行ハレタル風習ニ屬スルヲ以テ若シ隱居又ハ入夫婚姻ニ因ル家督相續ノ塲合ニ於テモ右ニ述フル所ノ通則ヲ適用シテ前戶主ノ有セシ一切ノ財產權ハ必ス相續人ニ移轉スル者ト爲スニ於テハ法律干涉ノ適度ヲ失シ實際ノ事情ニ反スルニ至レハナリ故ニ本案ハ既成法典ニ其例ナキニ拘ハラス特ニ本條ノ規定ヲ設ケ隱居者及ヒ入夫婚姻ヲ爲ス女戶主ハ家督讓渡ヲ爲スモ尙ホ多少ノ財產ヲ留保シテ自己ノ利益ニ供スルコトヲ得ヘキ旨ヲ明カニシ第九百八十六條ノ通則ニ對シテ一種ノ例外ヲ揭クト雖モ右ノ留保ヲ爲シタル確證ヲ存セスシテ隨意ニ留保ヲ爲サシムルニ於テハ徒ニ紛爭ヲ生セシムル弊ヲ免レサルノミナラス第九百八十六條ニ揭クル所ノ家督相續ノ效力ニ關スル一般ノ通則ヲ信シテ取引ヲ爲ス第三者ハ往々詐欺ニ陷ルコトナシトセス故ニ本案ハ隱居者又ハ入夫婚姻ヲ爲ス女戶主カ其財產ヲ留保セント欲セハ必ス公正證書其他確定日附アル證書ニ依リ之ヲ爲ササルヘカラストシ右ニ述フル如キ弊害ヲ豫防セリ其他家督相續人ニ屬スヘキ遺留分ハ公私ノ利益ニ基ク特別ノ制度タルニ因リ隱居者又ハ入夫婚姻ヲ爲ス女戶主カ其財產ヲ過分ニ留保スルノ餘家督相續人ノ遺留分ヲ害スヘカラサルコトハ更ニ辯明ヲ要セサル所タルヲ以テ本案ハ既ニ本條但書ノ規定ヲ設ケ此趣旨ヲ明カナラシメタリ
第九百八十九條
(理由)家督相續ニ因リ前戶主ノ有セシ權利義務ハ相續人ニ移轉スルヲ以テ一般ノ通則ト爲ス以上ハ爾後前戶主ノ債權者ハ右ノ相續人ニ對シテ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルモ前戶主ニ對シテハ債權ヲ行使スルコトヲ得サルヲ以テ當然ノ事理ト謂ハサルヘカラス而シテ戶主ノ死亡ニ因ル家督相續ノ塲合ニ於テハ此事理ニ從フノ外ナシト雖モ隱居又ハ女戶主ノ入夫婚姻ニ因ル家督相續ノ場合ニ於テハ隱居者又ハ女戶主ノ利益ノ爲メ並ニ實際ノ事情ニ適セシムル爲メ既ニ前條ニ於テ此等ノ者ヲシテ多少其財產ヲ留保スルヲコト得セシメタルニ因リ此場合ニ於テモ尙ホ事理ニ拘泥シテ前戶主ノ債權者ハ既ニ家督ヲ讓渡シタル隱居者又ハ女戶主ニ對シテ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得スト爲スニ於テハ債權者ノ利益ヲ害スルコト更ニ辨明ヲ要セサルノミナラス隱居又ハ女戶主ノ入夫婚姻ニ因リ往々債權者ヲ詐害スル弊ヲ免レサルヘシ故ニ本案ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ債權者ノ利益ヲ保護スル爲メ特ニ本條ノ規定ヲ設ケ隱居又ハ女戶主ノ入夫婚姻ニ因ル家督相續ノ塲合ニ於テハ前戶主ノ債權者ヲシテ尙ホ其前戶主ニ對シテモ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得セシムルモノニシテ之ニ依リテ能ク實際ノ事情ニ適スルコトヲ得ルモノトス第二項ニ於テ婚姻ノ取消又ハ離婚ニ因ル家督相續ノ場合ニ尙ホ入夫ニ對シテ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ許スモ亦同一ノ理由ニ依リタルモノナリ
以上說明スル所ノ特別規定ニ因リ前戶主ノ債權者ハ其前戶主ニ對シテ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルニ於テハ更ニ家督相續人ニ對シテモ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルヤ否ヤニ付キ疑ヲ生セシムルコトナシトセス然レトモ前戶主ノ債權者カ尙ホ其前戶主ニ對シテ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルハ法律ノ特別保護タルニ因リ之カ爲メニ家督相續人ニ對スル債權ノ行使ヲ妨クヘキ理由ナキヲ以テ本條ハ特ニ第三項ノ規定ヲ設ケ右ニ述フル如キ疑ヲ生スルコト勿カラシメタリ
第九百九十條
(理由)抑モ國籍ノ喪失ハ本人ノ意思ニ基クト否トヲ問ハス之ニ因リテ本人ハ自己ニ屬スル諸種ノ私權ヲモ抛棄セントスルモノニ非ス寧ロ之ヲ保有セント欲スルモノナレハ國籍喪失ニ因ル家督相續ノ場合ニ於テ第九百八十六條ノ通則ニ從ヒ前戶主ノ有セシ權利義務ヲシテ當然相續人ニ移轉セシムルニ於テハ實際上ノ必要ナクシテ國籍喪失者ノ利益ヲ害シ其意思ニ反スルコト甚シカルヘキノミナラス既ニ一般ノ通則トシテ外國人ニモ私權ノ享有ヲ認許シタル立法ノ本旨ニ牴觸スル嫌ナシトセス是レ即チ本案ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ特ニ本條ニ於テ國籍喪失ニ因ル家督相續ノ效力ヲ限定シ國籍喪失者ノ家督相續人ハ戶主權及ヒ家督相續ノ特權ニ屬スル權利ニ限リ當然之ヲ承繼スルコトヲ得ルニ止マル旨ヲ明カニシ其他ノ權利ハ國籍ヲ喪失シタルニ拘ハラス本人ヲシテ尙ホ之ヲ保有セシメ唯我法律ノ下ニ於テ享有スルコトヲ得サルニ至リタル私權ハ適宜ニ之ヲ處分スルコトヲ得セシムル自由ヲ認メタル所以ニシテ之ニ依リテ法律干涉ノ適度ヲ保タシムルモノトス然レトモ右ニ述フル所ハ單ニ家督相續ノ性質ニ基ク當然ノ效力ヲ示スニ止マルモノナレハ之カ爲メニ家督相續人カ受クヘキ遺留分ヲ承諾スルコトヲ妨ケラレサルハ勿論前戶主カ國籍ノ喪失ニ際シ既ニ家督相續人ニ讓渡シタル相續財產ハ此者ニ於テ之ヲ承繼スルコトヲ得ヘキハ更ニ辯明ヲ要セサル所タルニ因リ本條ハ特ニ但書ノ規定ヲ設ケテ此趣旨ヲ明カナラシメタリ
第九百九十一條
(理由)家督相續人ハ相續ノ開始ニ因リテ前戶主ノ權利義務ヲ承繼スルヲ以テ一般ノ通則ト爲スモノナレハ前戶主ノ債權者ハ爾後家督相續人ニ對シテ辨濟ノ請求ヲ爲スヘキハ當然ノ事理ニ屬スト雖モ國籍喪夫ニ因ル家督相續ノ場合ニ於テハ既ニ前條ニ於テ朋示セル如ク前戶主ノ全財產ハ當然相續人ニ移轉スルモノニ非スシテ寧ロ法律ノ特別規定ニ因リテ又ハ前戶主ノ隨意ノ指定ニ因リ限定的ニ相續人ニ移轉スルモノナレハ斯ノ如キ相續人ニ對シ前戶主ノ債權者ヲシテ其總債權ノ辨濟ヲ請求スルコトヲ得セシムルニ於テハ相續人ニ取リテ酷ニ失シ其利益ヲ害スルコト少カラサルヘシ故ニ本條ハ國籍喪失ニ因ル家督相續ノ場合ニ於テハ前戶主ノ債權者ヲシテ家督相續人カ財產ヲ讓受ケタル限度ニ於テノミ此者ニ對シテ辨濟ノ請求ヲ爲スコトヲ得セシメ其他ハ國籍喪失者ニ對シテ辨濟ノ請求ヲ爲サシムルモノニシテ之ニ依リテ法律保護ノ公平ヲ保タシムルモノトス
第二章
(理由)本章ハ既成法典財產取得編第十三章第二節ニ相當スト雖モ既成法典ニハ單ニ遺產相續人ノ順位ヲ指定スルニ止マリ別ニ遺產相續人ノ缺格、廢除及ヒ遺產相續ノ效力ニ關シテ何等ノ規定ヲ設ケサルハ其缺㸃ト云ハサルヘカラサルニ因リ本案ハ新ニ多數ノ規定ヲ增加シテ之ヲ補充シ且本案ハ既ニ各本條ニ付テ說明スル如ク遺產相續ニ付テハ財產ノ分割主義ヲ採用シタルニ因リ各相續人ノ相續分其他遺產ノ分割等ニ關シ新ニ多數ノ條項ヲ揭クルニ至レリ故ニ本案ハ本章ヲ分チテ三節トシ總則以外ニ遺產相續人及ヒ遺產相續ノ效力ニ關シテ各一節ヲ設ケ之ニ依リテ遺產相續ノ規定ヲシテ完全ナラシメタリ
第一節
(理由)本節ハ遺產相續開始ノ原因、時期及ヒ場所ニ關シ並ニ遺產相續回復ノ請求權ニ對スル特別時效ニ關シテ一般ノ通則ヲ揭クルモノニシテ既ニ家督相續ニ關シテ其總則ヲ規定シタル例ニ從フモノトス
第九百九十二條
(理由)既成法典財產取得編第三百十二條ハ遺產相續ノ意義ヲ示スニ過キスト雖モ本案ハ聊カ之ニ字句ノ修正ヲ加ヘ之ニ依リテ遺產相續開始ノ原因及ヒ其時期ヲ明白ナラシメタリ
第九百九十三條
(理由)本條ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ違產相續開始ノ地カ確定セルニ非サレハ遺產相續ニ關スル裁判管轄其他登記公吿ノ場所等ヲ定ムルコト能ハス又遺產相續回復ノ請求權ノ如キモ適當ノ時期ニ之ヲ消滅セシムルニ非サレハ不確定ノ法律關係ヲ永ク存續セシムルノ餘公私ノ利益ヲ害スルノ弊ヲ免レサルニ因リ本條ハ遺產相續開治ノ地ニ關シテハ第九百六十五條ノ規定ヲ凖用シテ被相續ノ住所人ヲ以テ其標準トシ又遺產相續回復ノ請求權ニ付テハ第九百六十六條ノ規定ヲ準用シテ此權利ハ相續人又ハ其法定代理人カ相續權侵害ノ事實ヲ知リタル時ヨリ五年間又相續開始ノ時ヨリ二十年間之ヲ行ハサルニ因リテ消滅スルモノト爲セリ其他相續財產ニ關スル費用及ヒ胎兒ニ關スル規定ノ如キモ家督相續ノ場合ニ敢テ異ナルコトナキヲ以テ之ヲ財產相續ニ準用スルコトトセリ
第二節
(理由)本節ハ遺產相續人ノ資格■順位、缺格及ヒ廢除ニ關スル規定ヲ纒括スルモノニシテ既ニ家督相續人ニ關シテ採用シタル立法ノ體裁ニ從フモノトス而シテ其規定ノ實質上ニ於テ既成法典ヲ修正增補シタル所ハ各本條ニ付テ之ヲ說明スヘシ
第九百九十四條
(理由)夲條ハ被相續人ノ直系卑屬間ニ於ケル相續ノ順位ヲ規定スルモノニシテ既成法典財產取得第三百十三條ノ前段及ヒ第三百十四條ニ修正ヲ加ヘタリ即チ既成法典ハ被相續人タル家族ト家ヲ同フスル此者ノ卑屬親ニ限リテ遺產相續ヲ爲スヿヲ得ルモノト定メタルハ主トシテ婚姻又ハ緣組ニ因リテ既ニ他家ニ入リタル者若クハ既ニ分家シテ獨立ノ生計ヲ營ム者ノ如キハ槪ネ皆相當ノ資產ヲ分與セラレタルモノナレハ再ヒ遺產相續ノ利益ヲ受ケシムル必要ナク且家族ト家ヲ同フスル此者ノ卑屬親ニ限リテ遺產相續ヲ爲サシムルヿハ實際上ノ煩雜ヲ避ケ併セテ族制ノ主旨ニ適セシムルコトヲ得ト認メタルニ因ルモノナルヘシ然レトモ家族ノ遺產相續ハ族制ト何等ノ關係ヲ有セサルハ勿論ニシテ且既ニ他家ニ入リ又ハ獨立ノ生計ヲ營ム卑屬親ハ必スシモ相當ノ資產ヲ分與セラレタルニ限ラサルモノナレハ遺產相續ニ關シ其利益ヲ受クヘキ卑屬親ノ範圍ヲ限定シ被相續人ト家ヲ同フルスル者ニ限ルハ其理由ナキノミナラス實際ノ事情ニ適セサルモノト云ハサルヘカラス殊ニ本案ハ後ニ說明スル如ク遺產相續ニ付テハ財產ノ分割主義ヲ採用シ且各相續ノ相續分ヲ定ムルニ付キ極メテ公平ナル規定ヲ設クルモノナレハ既成法典ノ如ク遺產相續人タルヘキ卑屬親ノ範圍ヲ規定スル必要ナシトス是レ即チ本案カ被相續人ノ直系卑屬ハ總テ本案ノ規定ニ從ヒ遺產相續人タルコトヲ得ヘキモノト爲シタル所以ナリ
次ニ直系卑屬親間ニ於ケル相續ノ順位ニ付テハ既成法典財產取得編第三百十四條ノ家督相續人ノ順位ニ關スル第二百九十五條ノ規定ヲ遺產相續ニ適用スルモノニシテ親等ノ異ナリタル者ノ間ニ於テ其近キ者ヲ先ニスル點ニ付テハ本條第一號モ亦固ヨリ既成法典ト同一ノ趣旨ニ從フト雖モ親等ノ同シキ者ノ間ニ於ケル相續ノ順位ニ付キ既成法典ノ如ク家督相續ノ順位ニ關スル規定ヲ遺產相續ニ適用シ之カ爲ニ男女、長幼、嫡庶等ノ區別ニ因リ或直系卑屬ヲシテ遺產相續ノ利益ヲ受クルコト能ハサラシムル如キハ只ニ其理由ナキノミナラス人情ニ反シ實際ニ適セサル規定ト云ハサルヘカラス何トナレハ遺產相續ハ族制ト何等ノ關係ヲ有セサルモノナレハ家督相續ノ如ク其相續人ヲ一人ニ限定シ且男女、長幼、嫡庶ノ區別ニ從フテ相續ノ順位ヲ定メシムヘキ必要ナク寧ロ總テノ卑屬親ヲシテ遺產ノ分割ヲ受ケシムルコトハ親子ノ情愛ニ適シ法律保護ノ公平ヲ得タルモノト云ハサルヘカラサレハナリ故ニ本案ハ遺產相續ニ付テハ分割主義ヲ採用シテ遺產ハ總卑屬親中ニ分配セラルヘキモノトシ即チ本條第二號ニ於テ親等ノ同シキ者ハ同順位ニ於テ遺產相續人ト爲ルヘキ旨ヲ明示スルモノニシテ遺產相續ノ利益ヲ受クル㸃ニ於テハ敢テ卑屬親ノ男女、長幼、嫡庶其他家ニ在ルト否トヲ問ハスト雖モ遺產分割ノ公平ヲ保チ一般ノ人情慣習ニ適セシムル爲メ本章第三節第二欵ニ於テ特ニ相續分ニ關スル規定ヲ設ケ各卑屬親ノ相續分ヲ適當ニ規定スルモノトス
第九百九十五條
(理由)相續人タルヘキ者カ相續ノ開始前ニ死亡シ又ハ其相續權ヲ失ヒタルトキハ此者ノ現在ノ直系卑屬カ前者ト同順位ニ於テ相續人ト爲リ得ヘキコトハ既ニ家督相續ニ關シテ採用シタル立法主義ニシテ既成法典財產取得編第三百十四條モ亦家督相續ニ關シテ右ノ趣旨ヲ明示シタル第二百九十五條第二項ノ規定ヲ遺產相續ニ適用スヘキモノト爲セリ故ニ本條ハ其趣旨ニ於テ敢テ既成法典ト異ナル所ナク只同財產取得編第二百九十五條第二項ノ字句ヲ修正シテ遺產相續ニ關スル獨立ノ一條文ト爲シタルニ過キス
第九百九十六條
(理由)本條ハ遺產相續ニ付キ被相續人ノ直系卑屬ナキ場合ニ於ケル相續人ノ順位ヲ指定スルモノニシテ既成法典財產取得編第三百十三條後段ノ規定ニ修正ヲ加ヘタリ即チ既成法典カ被相續人ノ卑屬親ナキ場合ニ於テ配偶者ヲシテ第一順位ニ於テ相續セシムルコトハ其當ヲ得タリト雖モ配偶者ナキ場合ニ於テ直チニ戶主ヲシテ相續セシメ被相續人ノ直系尊屬ノ相續權ヲ認メサルハ頗ル人情ニ反シ立法上ノ標準ニ付キ聊カ其當ヲ失フモノト云ハサルヘカラス何トナレハ遺產相續ノ利益ヲ受クヘキ者ノ範圍ヲ定ムルニ當リテハ宜シク被相續人ト相續人タルヘキ者トノ關係ノ親疎ヲ酙酌セサルヘカラサルモノニシテ被相續人ノ直系尊屬ヲシテ相續權ヲ有セシムルコトハ兩者ノ關係上當サニ然ルヘキ所ニシテ且被相續人ノ意思ニ適スルモノト云ハサルヘカラサルノミナラス被相續入ノ配偶者ナキ場合ニ於テ直チニ戶主ヲシテ相續セシムルヨリハ寧ロ直系尊屬ヲシテ之ニ先タチテ相續セシムルノ至當ニシテ且實際ノ事情ニ適スルヲ疑ハサレハナリ故ニ本條ハ前二條ノ規定ニ依リテ相續人タルヘキ者ナキトキハ配偶者、直系尊屬及ヒ戶主カ此順位ニ從フテ遺產相續ヲ爲スコトヲ得トシ之ニ依リテ直系尊屬ノ利益ヲ適當ニ保護セリ
本條第二項ハ直系尊屬間ニ於ケル遺產相續ノ順位ヲ指定スルモノニシテ第一項ニ於テ直系尊屬ノ相續權ヲ認メタル當然ノ結果タルヘシ
第九百九十七條
(理由)本條ハ遺產相續人ノ缺格ニ關スル規定ニシテ家督相續人ノ缺格ニ關スル第九百六十九條ノ例ニ從フモノトス蓋シ遺產相續ノ場合ニ於テハ第九百六十九條第一號ニ揭クル如キ家督相續ノ特質ニ基ク所ノ缺格ノ原因ヲ存セサルコトハ更ニ辯明ヲ要セサル所ナリト雖モ德義上ノ理由ニ基キ或ハ被相續ノ意思ヲ酙酌シ其他法律保護ノ適正ヲ保タントスル趣旨ニ基キ遺產相續ノ利益ヲ受ケシムヘキ者ノ資格ヲ観察スルトキハ第九百六十九條第二號以下ニ列擧スル所ノ家督相續人缺格ノ原因ト同一ノ事情ノ存スル場合ニ於テハ本條遺產相續ノ利益ヲ受クヘキ者ト雖モ相續人タルコトヲ得サラシムルヲ以テ至當トス之レ本案ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ從來ノ慣例其他多數ノ立法例ニ倣ヒ特ニ本條ノ規定ヲ設ケタル所以ニシテ家督相續人ノ缺格ニ關スル第九百六十九條第二號以下ノ規定ハ總テ之ヲ遺產相續人ノ缺格ニ準用スルコトヲ得ヘシト雖モ遺產相續ノ場合ニ於テハ同順位ニ於テ相續人タルヘキ者カ數人存スルコト多ク從テ此等ノ者ノ間ニ於テ致死ニ關スル犯罪ヲ爲スコトアルヘキヲ以テ特ニ本條第一號ノ規定ヲ明載セリ
第九百九十八條
(理由)本條乃至第千條ハ遺產相續人ノ廢除及ヒ其取消ニ關スル規定ニシテ既成法典ニ其例ナシト雖モ既ニ家督相續人ノ廢除及ヒ其取消ヲ認ムル以上ハ遺產相續人ニ付テ之ヲ禁スル理由ナキノミナラス德義上ノ理由並ニ被相續人ノ意思ヲ酙酌スルトキハ遺產相續人ノ廢除及ヒ其取消モ亦固ヨリ之ヲ認メサルヘカラサルニ因リ本案ハ特ニ本條以下數條ノ規定ヲ設ケ以テ實際ノ事情ニ適セシメタリ然レトモ元來自己ノ財產ハ遺留分ノ規定ニ牴觸セサル限ハ何人ト雖モ隨意ニ之ヲ處分スルコトヲ得ヘキモノニシテ法律上必スシモ之ヲ推定遺產相續人ニ與ヘシムヘキ由ナキモノナレハ被相續人カ其推定遺產相續人ヲ廢除シテ他人ニ自己ノ財產ヲ相續セシムルコトハ固ヨリ被相續人ノ自由タルヘシト雖モ推定遺產相續人カ被相續人ヨリ遺留分ヲ受クヘキ者ナルトキハ被相續人ハ隨意ニ斯ノ如キ相續人ヲ廢除シテ濫リニ此者ヲシテ遺留分ノ利益ヲ失ハシムコトヲ得ス若シ否ラサレハ法律カ特ニ遺留分ノ制度ヲ設ケテ遺留分權利者ノ利益ヲ保護スル趣旨ニ反スルニ至ラン故ニ推定遺產相續人ノ廢除ニ關シテ特ニ規定ヲ要スル場合ハ遺留分ヲ有スル推定遺產相續人ノ廢除ニ關スルモノニシテ假令此者カ法律上遺留分ノ利益ヲ受クヘキ者タリトモ被相續人ニ對シテ虐待ヲ爲シ又ハ之ニ重大ナル侮辱ヲ加ヘタルニ於テ被相續人ヲシテ斯ノ如キ廢除スルヿヲ得セシムルニ付キ立法上充分ノ理由アリト云フヘシ是レ本條ハ家督相續人廢除ノ場合ニ於ケル如ク被相續人ニ對スル虐待又ハ重大ナル侮辱ヲ理由トシテ遺留分ヲ有スル推定遺產相續人ヲ廢除スルコトヲ得セシムル所以ナリ然リト雖モ相續人ハ之ニ依リテ遺留分ノ利益ヲ失フモノナルヲ以テ廢除ハ裁判所ニ之ヲ請求セシムルヲ至當トス
第九百九十九條
(理由)推定遺產相續人廢除ノ理由ハ被相續人カ虐待又ハ重大ナル侮辱ヲ受ケタルコトニ存シ主トシテ被相續人ノ意思ヲ酙酌シテ之ヲ定メタルモノナレハ此者カ右ノ悪行ヲ宥恕スルニ於テハ强ヒテ推定遺產相續人ヲシテ相續權ヲ失ハシムヘキ必要アルコトナシ是レ本條ハ家督相續人廢除ノ取消ニ關スル第九百七十七條第二項ノ例ニ倣ヒ被相續人ヲシテ何時ニテモ推定遺產相續人ノ廢除ノ取消ヲ請求スルコトヲ得セシメタル所以ナリ
第千條
(理由)推定遺產相續人ノ廢除及ヒ其取消ハ必スシモ被相續人カ直接ニ之ヲ請求スルコトヲ要スルニ限ラスシテ遺言ヲ以テ其意思ヲ表示スルコトヲ得ヘキハ勿論タルニ因リ本條ハ右ノ場合ニ於テ遺言ニ依ル家督相續人ノ廢除及ヒ其取消ニ關スル第九百七十六條及ヒ第九百七十八條ノ規定ヲ準用スルコトトセリ
第三節
(理由)既成法典ハ遺產相續ノ效力ニ關シテ別ニ何等ノ規定ヲ設ケス盖シ既成法典ハ遺產相續ニ付テモ家督相續ノ如ク一人相續ノ主義ニ從ヒタルニ因リ殊更ニ遺產相續ノ效力ニ關シテ詳細ナル規定ヲ設クル必要ナカリシト雖モ本案ノ如ク遺產相續ニ付キ共同相續ノ主義ヲ採用シタル以上ハ各相續人ノ相續分其他遺產ノ分割等ニ關シ適當ノ規定ヲ設クルコトヲ要スルハ當然ノ結果ニシテ且假令共同相續ノ效力ノ發生其他範圍等ニ關シテハ一般ノ通則ヲ定ムルコトヲ要ス故ニ本案ハ特ニ本節ノ表題ヲ揭ケ遺產相續ノ一般ノ效力ノ外相續分及ヒ遺產ノ分割ニ付キ各一欵ヲ設ケ遺產相續ノ效力ニ關スル必要ノ規定ヲ揭載セリ
第一欵
(理由)本欵ハ遺產相續ニ因リテ相續人ハ如何ナル範圍ニ於テ被相續人ノ權利義務ヲ承繼スルカ又數人ノ相續人アルトキハ其間ノ財產關係及ヒ各自承繼スル權利義務ノ分量ハ如何ニ之ヲ定ムヘキカニ付キ一般ノ通則ヲ揭クルモノニシテ即チ遺產相續ノ一般ノ效力ヲ規定セリ
第千一條
(理由)本條ハ遺產相續ノ範圍及ヒ其效力發生ノ時期ヲ明示スルモノニシテ既ニ家督相續ノ效力ニ關シテ規定シタル第九百八十九條及ヒ第九百八十六條ト同一ノ趣旨ニ基クモノトス只遺產相續ハ財產權以外ニ其效力ヲ及ホスヘキモノニ非サレハ本條ハ特ニ相續人カ被相續人ノ財產ニ屬セシ一切ノ權利義務ヲ承繼スヘキ旨ヲ明カナラシメタルニ過キス
第千二條
(理由)遺產相續人カ一人ナルトキ此者ト相續財產ノ所有權トノ關係ニ付キ別ニ規定ヲ要セスト雖モ財產相續人カ數人ナルトキハ遺產カ分割セラルルニ至ルマテハ此等相續人カ相續財產ニ對シ相互ニ如何ナル關係ヲ保ツモノナルカニ付キ豫メ規定ヲ設クルコトヲ要ス何トナレハ相續財產ノ所有權ハ相續ノ開始ニ因リテ直チニ相續人ニ移轉スヘシト雖モ數人ノ相續人アルトキハ各相續人ハ相續財產ノ全部ノ所有權ヲ取得スルコトヲ得サルニ因リ此場合ニ於ケル相續人ト相續財產トノ關係ニ付キ理論上疑ヲ生セシムルノミナラス相續財產ノ分割セラルルニ至ルマテハ之ニ對スル各相續人ノ使用、處分ノ權限等ニ關シ種々ノ疑ヲ生スレハナリ今之ヲ諸國ノ立法例ニ徵スルニ遺產相續ニ付キ分割主義ヲ採用シタル以上ハ遺產相續人カ數人アル場合ニ於テ相續財產ヲ以テ一旦總相續人ノ共有ニ屬セシムルコトハ殆ント一徹ニ出テ且相續財產ノ分割セラルルマテハ之ニ共有ノ規定ヲ適用セシムルヲ以テ最モ實際上ノ便宜ニ適スルコトヲ得ルモノトス故ニ本案モ亦相續財產ハ一旦數人ノ遺產相續人ノ共有ニ屬スルモノトシ之ニ依リテ理論上並ニ實際上ノ疑議ヲ生スルコト勿カラシメタリ
第千三條
(理由)本條ハ數人ノ遺產相續人アル場合ニ於テ各相續人カ被相續人ノ權利義務ヲ承繼スル割合及ヒ其效果ヲ規定セリ盖シ共同相續ノ場合ニ於テ各相續人カ承繼スル權利義務ノ割合ハ各自ノ相續分ヲ以テ其標準ト爲スヘキハ當然ナリト雖モ共同相續人ハ被相續人ヨリ承繼シタル債務ニ付キ總テ連帶ノ責任ヲ負フヘキカ將タ分擔シテ其責ニ任スルヲ以テ足レリト爲スヘキカニ付キ諸國ノ立法例ハ一ニ歸セス而シテ二三ノ立法例ニ依レハ分擔主義ヲ本則トシテ別ニ各相續人ヲシテ債務ノ全部ニ付キ擔保ノ責ニ任セシムト雖モ多數ノ立法例ハ槪子連帶主義ヲ採用セサルモノノ如シ盖シ此等ノ立法主義ハ債權者ノ利益ヲ保護セントスル趣旨ニ基クモノニシテ固ヨリ相當ノ理由ヲ有スト雖モ之カ爲メニ共同相續人ヲシテ往々意外ノ損害ヲ被ムラシムルニ至ルハ當然ノ結果ニシテ法律保護ノ公平ヲ失スルモノト云ハサルヘカラス故ニ本案ハ當事者ノ意思ニ基クニ非サレハ法律上濫リニ連帶ノ責任ヲ推定セサル立法主義ニ從ヒ既ニ共有其他組合等ノ法律關係ニ付キ敢テ連帶ノ責任ヲ生セシメサリシニ因リ本條ニ於テモ亦斷然分擔主義ヲ採用シ各共同相續人ハ被相續分ニ應シテ被相續人ノ權利義務ヲ承繼スルニ止マリ其間ニ連帶ノ關係ヲ生セサルヲ明カナラシメタリ
第二欵
(理由)遺產相續ニ付キ既ニ分割主義ヲ採用シタル以上ハ各共同相續人カ如何ナル割合ヲ以テ分割ニ加ハルコトヲ得ヘキカ或ハ共同相續人中既ニ被相續人ヨリ遺贈又ハ贈與ヲ受ケタル者アルトキハ遺產分割ノ公平ヲ保ツ爲メ如何ナル方法ニ依ルヘキカノ如キ事項ニ付テハ法律上豫メ適當ノ準則ヲ指定スルコトヲ要ス是レ即チ本案ハ各共同相續人ノ相續分ニ關シ特ニ本欵ノ規定ヲ設クル所以ナリ
第千四條
(理由)法律上ニ於テ各共同相續人ノ相續分ヲ指定スルニ當リテハ主トシテ被相續人ト相續人トノ情愛ヲ斟酌シ且勉メテ公平ヲ失ハサランヿヲ要ス而シテ同順位ノ相續人數人アル場合ニ於テハ各相續人ニ對スル被相續人ノ情愛ハ敢テ差異ナシト認ムヘキハ至當ニシテ且平分主義ハ分割上最モ公平ノ標準タルコトハ別ニ言フヲ要セサル所トス故ニ本條ハ諸國普通ノ立法例ニ從ヒ同順位ノ共同相續人間ニ於ケル各自ノ相續分ハ相均シキモノト爲スト雖モ直系卑屬數人アル塲合ニ於テ庶子及ヒ私生子ノ相續分モ亦嫡出子ノ相續分ト同一ト爲スニ於テハ正當ノ婚姻ニ因リテ生マレタルニ非サル者ノ利益ヲ保護スルコト重キニ失スルミノナラス庶子及ヒ私生子カ利益ヲ受クル㸃ニ於テ嫡出子ニ及ハサルコトハ古來慣例上普通ノ狀態タルニ因リ本條ハ特ニ但書ノ規定ヲ設ケ嫡出子ノ外庶子又ハ私生子アル場合ニ於テハ庶子及ヒ私生子ノ相續分ハ嫡出子ノ相續分ノ二分ノ一ニ止マルモノト爲セリ
第千五條
(理由)本條ハ第九百九十五條ノ規定ニ依リテ直系卑屬カ受クヘキ相屬分ヲ定ムルモノトス而八テ若シ右ノ直系卑屬カ一人ナルトキハ此者カ直チニ其直系尊屬ノ受クヘカリシ相續分ヲ承繼スヘキシ勿論ニシテ若シ直系卑屬カ數人アルトキハ此等ノ者カ合同シテ其直系尊屬ノ受クヘカリシ相續分ヲ承繼スヘキハ當然ノ事理タルヘシ故ニ本條ハ第九百九十五條ノ規定ニ依リテ相續人タル直系卑屬ノ相續分ハ常ニ其直系尊屬ノ受クヘカリシモノニ同シキ旨ヲ明示シ且直系卑屬カ數人アル場合ニ於テハ其間ニ於ケル各相續分ハ如何ニ之ヲ定ムヘキカニ付キ疑ヲ生セシムルコトナシトセサルニ因リ本條ハ特ニ但書ノ規定ヲ設ケ右ノ場合ニ於テハ前條ノ規定ニ從ヒテ各直系卑屬ノ相續分ヲ分タシムルモノト爲セ
第千六條
(理由)抑モ法律カ豫メ相續分ヲ指定スルコトハ之ニ依リテ被相續人ノ財產處分ノ自由ヲ拘束シ又各相續人ニ對スル被相續人ノ愛情ノ關係ヲ妨ケントスルモノニ非ス寧ロ此者ノ意思ヲ重ンシ一般ノ人情ヲ酙酌シテ相續分ニ關スル準則ヲ設ケタルニ過キサルモノナレハ被相續人カ自カラ共同相續人ノ相續分ヲ定ムルコトハ法律上敢テ之ヲ禁スル理由ナク又被相續人カ既ニ自ラ右ノ指定ヲ爲スコトヲ得ルニ於テハ第三者ニ委託シテ此指定ヲ爲サシムルニ付テモ別ニ其理由ヲ拘束スル理由ナシトス故ニ本條第一項ハ多數ノ立法例ニ倣ヒ被相續人ハ被相續分ニ關スル前二條ノ準則アルニ拘ハラス隨意ニ共同相續人ノ相續分ヲ定メ又ハ之ヲ定ムルコトヲ第三者ニ委託シ得ヘキ旨ヲ明示スト雖モ斯ノ如キ隨意處分ヲ以テ被相續人ノ生前處分ニ委スルトキハ種々ノ弊害ヲ生セシムル虞アルニ因リ本案ハ右ノ處分ハ遺言ニ依リテ之ヲ爲スヘキモノトシ且被相續人カ自ラ相續分ヲ指定セサル場合ニ於テ其相續人ヲシテ適宜ニ之ヲ定メシムルトキハ徒ニ紛爭ヲ生シ或ハ分割ノ公平ヲ失フニ至ルヲ以テ被相續人カ相續分ノ指定ヲ他人ニ委託スルニハ必ス第三者ニ之ヲ爲スヘキ旨ヲ明カニセリ其他被相續人又ハ第三者カ本條第一項ノ通則ニ依リ適宜ニ共同相續人ノ相續分ヲ指定スルコトヲ得ヘキモ之カ爲メ遺留分ニ關スル規定ニ違反シ濫リニ之ヲ減殺セシムルカ如キハ固ヨリ許スヘカラサル所タルニ因リ本條第一項ハ特ニ但書ノ規定ヲ設ケテ其趣旨ヲ明示セリ
被相續人カ本條第一項ノ規定ニ因リ共同相續人中ノ一人若クハ數人ノ相續分ノミヲ定メ又ハ第三者ヲシテ之ヲ定メシムルニ止マル場合ニ於テハ他ノ共同相續人ノ相續分ハ如何ニ之ヲ定ムヘキカニ付キ疑ヲ生セシムルニ足ル即チ斯ノ如キ一部ノ指定ハ無效ニ歸スヘキカ或ハ他ノ共同相續人ハ既ニ指定セラレタル相續分ノ平均ニ依ルヘキカ若クハ平等ノ相續分ヲ受クヘキカハ判然タラサルカ如シ然レトモ右ノ場合ニ於テハ一方ニ於テ既ニ被相續人ノ表示シタル意思ヲ無効ニ歸セシムヘキ理由ナク又他ノ一方ニ於テハ被相續人又ハ第三者ニ依リテ相續分ヲ指定セラレサリシ共同相續人ニ付キ法定ノ相續分ニ關スル規定ヲ適用スヘキハ最モ其富ヲ得タルモノト認ムルニ因リ本案ハ本條第二項ノ明文ヲ設ケ右ノ共同相續人ノ相續分ハ前二條ノ規定ニ依リテ之ヲ定ムヘキモノト爲セリ
第千七條
(理由)本條ハ各共同相續人カ受クヘキ相續分ノ公平ナランコトヲ期シ且之ニ實際上ノ便宜ト被相續人ノ意思トヲ斟酌シテ制定シタル規定ニシテ從來多數ノ立法例ハ之ヲ遺產ノ分割ニ關スル規定中ニ於テ又ハ其後ニ揭クルカ如シト雖モ本條ハ寧ロ相續分ノ定方ニ關スルモノナレハ本案ハ之ヲ相續分ニ關スル規定中ニ編入セリ
抑モ被相續人カ共同相續人中ノ或者ニ遺贈ヲ爲シ或ハ生計ノ資本トシテ特ニ財產ヲ與フルコトハ常ニ見ル所ニシテ殊ニ共同相續人中ノ或者ヲシテ婚姻ハ養子緣組ヲ爲サシメ或ハ分家セシメ若クハ廢絕家ヲ再興セシムルニ當リ之ニ相當ノ資財ヲ與フルコトハ普通ニ行ハルル所トス而シテ斯ノ如ク既ニ被相續人ヨリ遺贈又ハ贈與ヲ受ケタル相續人ヲシテ更ニ遺產ノ分割ニ付キ他ノ共同相續人ト同等ノ法定相續分ヲ受クルコトヲ得セシムルニ於テハ分割ノ公平ヲ失シ且ツ被相續人ノ意思ニ適セサルコト多カルヘシ是レ即チ遺產分割ノ場合ニ於テ豫贈物ノ處置ニ付キ種々ノ立法主義ノ存スル所以ニシテ或立法例ニ依レハ偏ニ分割ノ公平ヲ保タンカ爲メニ受遺者又ハ受贈者ヲシテ盡ク豫贈物ヲ返還セシメ之ト遺產ヲ合併シテ更ニ各共同相續人ノ相續分ヲ定ムヘキモノトシ他ノ立法例ニ依レハ被相續人ノ意思ノ存スル場合ニ限リテ豫贈物ヲ返還セシムヘキモノト爲スモ其間ニ於テ右ノ意思ハ必ス明示タルコトヲ要スト爲スモノアリ或ハ默示ノ意思ヲ推測スヘシト爲スモノアルカ如シ而シテ更ニ他ノ立法例ニ依レハ豫贈物ハ敢テ之ヲ返還スルヲ要セスト爲セリ今此等ノ立法主義ノ得失ヲ講究スルニ絕對的返還主義ハ理論上公平ナリト雖モ實際上ニ於テハ永ク財產上ノ法律關係ヲ不確定ノ狀態ニ存セシムルノミナラス親族間ニ於テ往々紛爭ヲ生セシムル弊ヲ免レス又被相續人ノ意思ヲ重スル立法主義ハ頗ル妥當ナリト雖モ被相續人カ相續分ナルコトヲ明示シテ豫贈ヲ爲スコト極メテ少カルヘク又其默示ノ意思ヲモ推測スヘキモノトセハ往々實際ノ事情ニ適セサル結果ヲ生スルノミナラス孰レノ場合ニ於テモ豫贈物ニ關スル法律關係ヲ永ク不確定ノ狀態ニ存セシムル弊ヲ免レサルヘシ然レトモ豫贈物ハ全ク之ヲ返還スルヲ要セスト爲ス立法主義モ亦或相續人ノ利益ノ保護ニ偏シ遺產ノ分割上公平ヲ缺クモノタルコト更ニ疑ナシ是ニ於テ本案ハ條理ト實際トヲ斟酌シテ本條ノ規定ヲ設ケ先ツ其第一項ニ於テ豫贈物ハ之ヲ返還スルヲ要セスト雖モ之ヲ受ケタル各共同相續人ノ相續分ハ前數條ノ規定ニ依リ法律上又ハ任意上指定セラレタル相續分ヨリ遺贈又ハ贈與ノ價額ヲ控除シテ之ヲ定ムヘキモノトシ之ニ依リテ現物返還ノ不便ヲ避クルト同時ニ分割上ノ公平ヲ保タシメタリ然レトモ本項ノ通則ハ固ヨリ命令的規定ニ非サレハ被相續人カ反對ノ意思ヲ表示シタルトキハ遺留分ニ關スル規定ニ反セサル以上ハ之ヲ妨クヘキモノニ非ス是レ本條第三項ノ規定ニ依リテ此趣旨ヲ明カニスル所以ニシテ此場合ニ於テハ共同相續人中ノ或者カ既ニ遺贈又ハ贈與ヲ受ケタルモ其價額ヲ此者ノ受クルヘキ相續分ヨリ控除スルコトナシトス
本條第一項ノ場合ニ於テ遺贈又ハ贈與ノ價額カ受遺者又ハ受贈者ノ受クヘキ相續分ノ價額ニ等シク又ハ之ヲ超ユルコトハ實際上徃々生スヘキ事實ニシテ此場合ニ於テ同額ナルトキハ其相續分ヲ受クルコトヲ許サス若シ其價額カ相續分ノ價額ニ超過スルトキハ其超過額ヲ返還セシムルヲ以テ最モ公平ヲ得タルニ似タリト雖モ實際上ニ於テハ之カ爲メニ受遺者又ハ受贈者ニ意外ノ損害ヲ被ムラシムルノミナラス容易ニ紛爭ヲ生シ徒ニ煩雜ヲ加フル虞アルニ因リ本案ハ實際上ノ便宜ヲ斟酌シテ特ニ本條第二項ノ規定ヲ設ケ右ノ場合ニ於テハ受遺者又ハ受贈者ハ超過額ヲ返還スルヲ要セスト雖モ自己ノ受クヘキ相續分ハ全ク之ヲ受クルコトヲ得ストシ之ニ依リテ法律關係ノ煩雜ニ陷ルコトヲ避ケタリ
第千八條
(理由)本條ハ前條第一項ヲ適用スルニ當リ贈與ノ價格ヲ定ムル標凖ヲ示シタルモノニシテ若シ本條ノ如ク之ヲ定メスンハ不公平ノ結果ヲ生スヘキハ特ニ說明ヲ要セサルナリ
第千九條
(理由)遺產ノ分割後ニ於テ各共同相續人カ其讓受ケタル財產ヲ他ニ讓渡スコトハ固ヨリ之ヲ禁スヘキ理由アルコトナシ然レトモ分割前ニ於ケル相續分ノ讓渡ニ因リテ第三者カ共同相續人中ニ加ハルトキハ相續人間ノ和熟ヲ妨ケ種々ノ不便ヲ生セシムル虞アルニ因リ二三ノ立法例ニ依レハ共同相續ノ場合ニ於ケル共有者ノ持分ハ普通ノ共有ノ場合ト異ニシテ之ヲ第三者ニ讓渡スコトヲ得ストシ或ハ斯ノ如ク第三者ニ讓渡スコトヲ禁スルニ至ラサルモ特ニ其手續ヲ定メ且他ノ共同相續人ノ先買權ヲ認メ之ニ依リテ第三者ニ先タチ此者ニ讓渡サレントスル相續分ヲ買取ルヿヲ得セシムルカ如シ然レトモ相續分ヲ第三者ニ讓渡スコトヲ禁スル立法主義ハ偏ニ親族ノ和熟ヲ計ラントシテ財產ノ融通ヲ妨ケ實際ノ不便ヲ顧ミサルモノト云ハサルヘカラス又相續分ヲ第三者ニ讓渡サントスル者以外ノ共同相續人ニ先買權ヲ認ムル立法主義ハ無償ニテ相續分ヲ讓渡サントスル場合ヲ包含セサルモノナレハ聊カ權衡ヲ失スル嫌ヲ免レス故ニ本案ハ各共同相續人ハ分割前ト雖モ其相續分ヲ有償又ハ無償ニテ第三者ニ讓渡スコトヲ妨ケスト雖モ一方ニ於テハ第三者ヲシテ濫リニ共同相續人ノ間ニ加ハルコト勿カラシメンコトヲ務メ他ノ一方ニ於テハ被相續人ノ財產殊ニ祖先傳來ノ財產ノ如キハ務メテ相續人間ニ之ヲ保有スルコトヲ得セシメントスル趣旨ニ基キ特ニ本條ノ規定ヲ設ケ分割前ニ於ケル相續分ノ讓渡ニ付テハ他ノ共同相續人ハ其價額及ヒ費用ヲ償還シテ再ヒ右ノ相續分ヲ讓受クルコトヲ得ヘキ旨ヲ認メタリ
本條第一項ノ規定ニ依リテ共同相續人ノ有スル權利カ存續スル間ハ相續分ヲ讓受ケタル第三者ノ法律關係ヲ永ク之ヲ不確定ノ狀態ニ存セシムルハ此者ニ取リテ不利益ナルヲ以テ適當ノ時期ニ於テ之ヲ確定セシムルコトヲ要ス而シテ共同相續人ノ一人カ其相續分ヲ讓渡シタル事實ハ他ノ共同相續人ニ於テ容易ニ之ヲ知リ得ヘキモノナレハ此等ノ者カ第三者ヨリ更ニ相續分ヲ讓受ケント欲セハ速カニ之ヲ實行スヘキヲ以テ至當トス是レ本條第二項ノ規定ヲ設クル所以ナリ
第三欵
(理由)遺產分割ハ共同相續ニ於ケル最終ノ處分ニシテ其方法、効力等ニ關シテハ豫メ法律ノ規定ヲ設クルコトヲ要ス本欵ハ即チ此等必要ノ規定ヲ纏括スルモノニシテ其詳細ハ各本條ニ付テ之ヲ說明スベシ
第千十條
(理由)被相續人カ遺言ヲ以テ各共同相續人ノ相續分ヲ定メ又ハ之ヲ定ムルコトヲ第三者ニ委託スルコトヲ得ヘキコトハ既ニ第千六條ニ於テ之ヲ認メタリ而シテ遺產分割ノ方法ノ如キモ敢テ被相續人ノ任意ノ指定ヲ妨クヘキ理由ナキハ勿論タルノミナラス被相續人カ各相續人ノ性質、目的其他種々ノ事情ヲ斟酌シテ或者ニハ不動產ヲ與ヘ或者ニハ金錢ヲ與ヘントスル如キハ最モ實際ノ事情ニ適スルモノナレハ其指定ヲ自由ナラシムルコトヲ要ス之レ本條ニ於テ被相續人ハ自ラ分割ノ方法ヲ定メ又ハ之ヲ定ムルコトヲ第三者ニ委託スルコトヲ得ヘキ旨ヲ認ムル所以ナリト雖モ濫リニ被相續人ノ意思ヲ口實トシテ分割ノ方法ヲ定メ徒ニ紛爭ヲ生セシメンコトヲ慮カリ本條モ亦第千六條ノ如ク被相續人カ本條ノ處分ヲ定ムルニハ必ス遺言ヲ以テスルヲ必要ト爲セリ
第千十一條
(理由)本條ハ遣產分割ノ禁止ニ關スル規定ニシテ既ニ本案カ第二百五十六條ニ於テ共有ニ關シテ採用シタル立法主義ニ從フモノトス盖シ共同相續人カ第二百五十六條ノ規定ニ從ヒ相互ノ契約ヲ以テ五年ヲ超エサル期間內遺產ノ分割ヲ禁スルコトヲ得ルハ更ニ疑ナシト雖モ被相續人カ遺言ヲ以テ分割ヲ禁スルヿヲ得ルヤ否ヤニ付テハ諸國ノ立法例ハ固ヨリ一ニ歸セス例ヘハ佛國民法ノ如キハ各共同相續人カ遺產ノ不可分ヲ强要セラルルヿナキ旨ヲ明カニスルニ反シ普國々法、索遜民法ノ如キハ二十年又ハ三十年ノ長期間內ニ於テ分割ヲ禁スルコトヲ得ヘキ主義ヲ採用セルカ如シ而シテ實際上ノ必要及ヒ便宜ヲ察スルニ被相續人カ遺產ノ分割ヲ禁スルニ付キ正當ノ理由ノ存スル場合決シテ少カラサルニ因リ被相續人ヲシテ分割ヲ禁スルコト能ハサラシムルハ不當ノ制限タルヘシト雖モ禁止ノ期間ヲ過度ニ長カラシムルコトハ又種々ノ弊害不便ヲ免レサルヘシ故ニ本案ハ既ニ第二百五十六條ニ於テ共有者ハ五年ノ期間ヲ超エサル限ハ分割禁止ノ契約ヲ爲スコトヲ得ヘキ旨ヲ認メタル例ニ傚ヒ本條ニ於テモ亦被相續人ハ遺言ヲ以テ五年ノ期間ヲ超エサル限ハ遺產ノ分割ヲ禁スルコトヲ得トシ之ニ依リテ實際ノ必要及ヒ便宜ニ適セシメタリ而シテ右期間ハ相續開始ノ時ヨリ起算スヘキモノタルコトハ別ニ說明ヲ要セサル所トス
第千十二條
(理由)本條ハ遺產分割ノ效力發生ノ時期ニ關スル規定ニシテ既成法典財產取得編第四百十七條ト同一ノ主義ニ從ヒ相續開始ノ時ニ遡リテ分割ノ效力ヲ生セシムルモノトス盖シ共有ノ通則ヲ定ムルニ當リテハ本案ハ既ニ創定主義ニ依リテ分割ノ效力ヲ既往ニ遡ラシメサリシト雖モ遺產ノ分割ニ付テハ寧ロ認定主義ニ依リテ其效力ヲ既往ニ遡ラシムルノ至當ナルコトハ既ニ共有ニ關スル一般ノ說明ヲ爲スニ當リテ之ヲ略述セリ要スルニ認定主義ニ依リテ分割ノ效力ヲ定ムルコトハ共同相續人ノ保護ニ厚クシテ債權者其他第三者ノ保護ニ薄シト雖モ既ニ本案ノ如ク遺產相續ニ付キ平分主義ヲ採用シタル以上ハ分割ノ效力モ亦相續開始ノ時ヨリ發生スルモノト爲スヲ以テ至當ト認メサルヘカラサルノミナラス共同相續ノ場合ニ於テハ共有者ハ互ニ親族關係ニ立ツモノナレハ其間ニ紛爭ヲ生スルコト勿カラシメントスルニハ認定主義ニ依リテ分割ノ效力ヲ定ムルヲ以テ其當ヲ得タルモノトス之レ本案ハ既成法典ト同一ノ主義ニ從ヒ本條ノ規定ヲ設ケタル所以ナリ
第千十三條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第四百十八條ト同一ノ趣旨ニ基キ遺產分割ノ場合ニ於ケル共同相續人相互ノ擔保義務ヲ規定セリ只既成法典ハ本案ノ如ク分割ノ效力ヲ既往ニ遡ラシムルニ拘ハラス廣ク分割前ノ原因ニ基ク分割物ノ妨碍及ヒ追奪ニ付キ互ニ擔保ノ責ニ任セシムルヲ以テ右ノ原因カ相續開始後ノモノニ係ルトキト雖モ擔保ノ責任ヲ生セシムルコトト爲リ聊カ前後撞着スル所アルニ因リ本案ハ相續開始前ヨリ存スル事由ニ付キ擔保ノ責ニ任セシムルモノトシ且共有ニ關スル第二百六十一條ノ例ニ傚フテ各共有相續分ニ應シテ賣主ト同シク擔保ノ責ニ任スヘキ旨ヲ明カニセリ
第千十四條
(理由)本條第一項ハ既成法典財產取得編第四百十九條ノ字句ヲ修正シテ其意義ヲ明確ナラシメ併セテ擔保ノ責任ハ各共同相續人ノ相續分ニ應スヘキ旨ヲ明カニセリ盖シ分割ハ務メテ公平ナランコトヲ期スルニ拘ハラス債權ヲ割當テラレタル者ハ債務者ノ無資力ニ因リテ債權ノ實益ヲ收ムルコト能ハス從テ分割ノ不公平ヲ生スルコトアルヲ以テ他ノ共同相續人ヲシテ債務者ノ資力ヲ擔保セシムルノ至當ナルコトハ更ニ辯明ヲ要セス而シテ本條第二項ノ規定ハ既成法典ニ存セサル所ナリト雖モ若シ此規定ナキトキハ第一項ノ通則ニ從ヒ分割ノ當時ニ於ケル債務者ノ資力ヲ擔保スルニ止マルヲ以テ辨濟期日ニ於テ債務者カ無資力ト爲ルモ他ノ共同相續人カ擔保ノ責ニ任セサル結果ヲ生シ分割ニ因リテ債權ヲ割當テラレタル相續人ノ利益ヲ保護セントスル立法ノ本旨ヲ全フスルコト能ハサルヘシ故ニ本案ハ既ニ債權ノ賣主ノ擔保義務ニ關シテ規定シタル第五百六十九條第二項ノ例ニ倣ヒ特ニ本條第二項ノ規定ヲ揭ケタリ
第千十五條
(理由)本條ハ共同相續人ノ擔保義務ニ關スル前二條ノ規定ノ結果ニシテ立法ノ本旨ハ分割ノ務メテ公平ナランコトヲ期スルニ外ナラス而シテ其規定スル所ハ既ニ本案カ連帶債務者中ニ償還ヲ爲ス資力ナキ者ヲ生シタル場合ニ對シテ規定シタル所ト敢テ異ナル所ナキヲ以テ別ニ之ヲ說明スル必要ナシ
第千十六條
(理由)共同相續人ノ擔保義務ニ關スル前三條ノ規定ハ分割ノ公平ナランコトヲ欲シテ之ヲ設ケタルモノニ過キサルヲ以テ固ヨリ命令的ノ性質ヲ有スルモノニ非ス殊ニ被相續人ハ各共同相續人ノ相續分ヲ隨意ニ指定スルコトヲ得ルモノナレハ其相互ノ擔保ノ責任ノ如キモ隨意ニ之ヲ指定シテ適宜ノ分割ヲ爲スコトヲ得サルヘカラス是レ本條ニ於テ被相續人カ遺言ヲ以テ前三條ノ規定ニ異リタル意思表示ヲ爲スコトヲ得ヘキ旨ヲ明カニスル所以ナリ
第三章
(理由)本章ハ既成民法財產取得編第十三章第四節ニ該當ス既成法典ニ於テハ相續ノ受諾ナル文字ヲ用井タルモ本案ニ於テハ之ヲ改メテ相續ノ承認ト爲シタリ盖シ相續人ハ相續人タルコトヲ諾スルニ依リテ其資格ヲ得ルモノニ非ラスシテ被相續人ノ死亡シタルトキハ當然相續權ヲ取得シ相續ヲ承認スルニ依リテ其資格ノ確定スルニ至ルモノナルヲ以テナリ本章ハ相續人カ一旦相續權ヲ得タル後ニ至リ其承認又ハ抛棄ヲ爲ス場合ニ關スル規定ヲ揭ケタルモノナルカ故ニ之ニ題スルニ相續ノ承認及ヒ抛棄ナル語ヲ以テシタリ
第一節
(理由)本節ハ取財得篇第三百十七條乃至第三百二十一條ニ該當ス既成法典ニ於テハ相續ノ承認及ヒ抛棄ニ關スル總則ト認ム可キ規定ヲ設ケタリト雖モ特ニ總則ト題スル一節ヲ置カス本案ニ於テハ既成法典ノ體裁ハ其宜シキヲ得サルモノト認メ總則ト題スル本節ヲ設ケタリ
財產取得編第三百十九條ハ民事訴訟ノ訴訟手續ノ中斷ニ關スル規定アルカ故ニ之ヲ削除セリ又同第三百二十一條ハ相續人カ相續ノ承諾又ハ抛棄ヲ爲ス前ニ於テ爲スコトヲ得ヘキ行爲ヲ規定シ其行爲ヲ爲スモ相續ヲ承諾シタルモノト看做サレサルコトヲ示シタリ然レトモ其規定ハ極メテ嚴ニシテ且ツ徒ラニ煩雜ヲ來スニ過キス加之ナラス同條ニ規定セルカ如キ行爲アルトキハ本案第千二十四條ノ規定ニ依リテ相續人カ承認ヲ爲シタルモノナルヤ否ヤヲ决スヘキモノナルカ故ニ本案ニ於テハ之ヲ削除セリ
第千十七條
(理由)本條ハ財產取得編第三百十七條及ヒ第三百十八條ニ該當ス既成法典ニ於テハ二種ノ期間ヲ設ケ一ヲ相續財產ヲ調査スル爲メノ期間トシ一ヲ承認又ハ抛棄ヲ決定スル爲メノ期間トセリ然レトモ斯ノ如ク法律ヲ以テ期間ヲ分ツノ必要ナク只一定ノ期間ヲ定メ其間ニ相續財產ノ調査及ヒ承認又ハ抛棄ノ決定ヲ爲サシムルヲ可トス而シテ本案ニ於テハ相續人ハ法律ニ定メタル一定ノ期間內ニ承認又ハ抛棄ヲ爲ササル可カラサルコトヲ示サン爲メ既成法典ノ文字ヲ改メ相續人ハ相續權ノ發生ヲ知リタル時ヨリ三个月內ニ承認又ハ抛棄ヲ爲スコトヲ要スト規定セリ
相續人カ相續ノ承認又ハ抛棄ノ意思表示ヲ爲スヘキ期間ニ關シテハ諸國ノ立法例其軌ヲ一ニセス今相續財產ノ少キ場合ニ於テハ既成法典ニ於ケルカ如ク三个月ノ調査期間ノ外尙ホ一个月ノ期間ノ存スルコトヲ要セサル可ク又相續財產ノ額大ナルカ若クハ相續人カ海外ニ在ルカ如キ事情ノ存スルカ爲メ期間ヲ延長スルノ必要アル場合ニ於テハ既成法典ニ於ケルカ如ク單ニ三个月以內ノ期間ヲ延長スルコトヲ許スノミニテハ到底其必要ニ應スルコト能ハサル可シ故ニ本案ニ於テハ既成法典ニ於ケルカ如キ期間ノ伸張ニ對スル制限ヲ設ケサルナリ而シテ本條ニ於テ檢事ノ請求ニ依リテモ期間ノ伸張ヲ爲スヘキ旨ヲ規定シタルハ畢竟公益ヲ保護スル主意ニ出テタルモノナリ
既成法典ニ於テハ相續人カ相續ノ承認又ハ抛棄ヲ爲スカ爲メニ存スル期間ハ相續ノ日ヨリ始マルモノト爲セリ所謂相續ノ日トハ必スシモ相續開始ノ日ヲ指スモノニ非サル可シ盖シ時トシテハ親族會ニ於テ相續人ヲ選定スルコトアルヲ以テナリ凡ソ相續人カ相續ノ承認又ハ抛棄ヲ爲スカ爲メニ存スル期間ハ相續人ニ於テ財產ノ調査ヲ爲シ且ツ承認又ハ抛棄ノ決意ヲ爲スカ爲メニ要スル時間ナルカ故ニ相續人カ相續權ノ發生ヲ知リタル時ヨリ之ヲ起算スルヲ可トス故ニ本條ノ期間ハ相續人カ相續權ノ發生ヲ知リタル時ヨリ之ヲ起算モヘキノスト爲セリ
第千十八條
(理由)相續人カ承認又ハ抛棄ヲ爲ササル間ニ死亡シタル場合ニ於テ其者ノ相續人カ後ノ相續ヲ承認シタルトキハ併セテ前ノ相續ノ承認ヲ爲シタルト實際同一ノ結果ヲ生スヘシ從テ相續人ノ固有財產ノ貸方カ借方ヨリ多キニ拘ハラス相續財產ノ借方カ貸方ヨリ多キトキハ其相續人ノ相續人タル者ハ不利益ヲ蒙ルニ至ラン是レ本條ノ規定ヲ設ケ相續人カ承認又ハ抛棄ヲ爲ス前ニ死亡シタルトキハ其者ノ相續人ハ前相續ノ承認又ハ抛棄ヲ爲スコトヲ得ルモノトシ之ヲシテ前相續ノ抛棄ヲ爲スニ拘ハラス後ノ相續ヲ承認スルコトヲ得セシメタル所以ナリ
第千十九條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典及ヒ外國ノ法典ニ於テ之ヲ見ス然レトモ前二條ニ於テ相續人カ自己ノ爲メニ相續ノ開始シタルコトヲ知リタル時ヨリ承認又ハ抛棄ノ爲メニ存スル期間ヲ起算スヘキモノト爲シタルカ故ニ勢ヒ本條ヲ置クノ必要ヲ生シタリ殊ニ新民法ニ於テハ一般ノ意思表示及ヒ時效ニ關シテモ本條ノ規定ト同一ノ精神ニ出テタル規定ヲ設ケタルカ故ニ此等ノ規定ニ對スル權衡ヨリ見ルモ本條ヲ置クノ必要アルヘシ
第千二十條
(理由)本條ハ財產取得編第三百十七條但書中ノ規定ヲ採用シタルモノニシテ苟モ家督相續ヲ認ムル以上ハ之レヲ設クルノ必要アルハ論ヲ俟タサル所ナルヘシ然レトモ尊屬親カ第九百八十四條ノ規定ニ依リテ相續ヲ爲スハ他ノ法定家督相續ノ場合ト異ナリ從來ノ慣例ニ依ルモ任意ニ相續ヲ爲スモノナルヲ以テ抛棄ヲ許スヲ以テ至當ト認タリ
第千二十一條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス抑モ相續人ハ相續ノ承認又ハ抛棄ノ爲ニ存スル期間ノ經過スルマテハ一應相續人ナルモ其資格未タ確定セサルカ故ニ相續債權者及ヒ受遺者ニ對シ相續財產ノ管理ニ付キ注意ヲ爲スノ責ニ任スルモノト爲ササルヘカラス然レトモ相續財產ハ一應相續人ノ遺產ナルガ故ニ相續人ニ對シ其固有財產ニ於ケルヨリモ一層大ナル注意ヲ求ムルハ甚タ酷ナリト謂ハサルヘカラス是レ第一項ノ規定アル所以ナリ
第二項ノ規定ハ相續人カ相續財產ノ管理ニ付キ注意ヲ加ヘサルカ若クハ遠隔ノ地ニ在ルカ如キ場合ニ於テ其必要アルカ故ニ之ヲ設クルコトト爲セリ
第千二十二條
(理由)相續ノ承認及ヒ抛棄ハ相續人タル資格ヲ確定スルモノナルカ故ニ其性質上取消ヲ許スヘキモノニ非ラス然ルニ承認及ヒ抛棄ハ單獨行爲ナルヨリシテ自由ニ其取消ヲ爲スコトヲ得ルモノニアラサルヤノ疑ヲ生スル恐ナキニ非サルヲ以テ第一項ノ規定ヲ設ケタリ此ノ如ク既ニ第一項ノ規定ヲ設ケタル以上ハ亦第二項ノ規定ヲ置クノ必要アリ盖シ第一項ノ規定ハ一見民法第一編及ヒ前編ノ規定ニ依ル取消ヲモ認メサルカ如キ觀アルヲ以テナリ只民法第一編及ヒ前編ノ規定ニ依リテ相續ノ承認又ハ抛棄ヲ取消スコトヲ許シ爲メニ相續人ノ未確定ナル狀態ノ永ク繼續スル結果ヲ生スルコトヲ防カンカ爲メ取消權行使ノ期間ヲ短縮セリ
第二節
第一欵
第千二十三條
(理由)本條ハ財產取得編第三百二十二條ニ該當スルモノニシテ單純承認ノ何物タルヲ明ニセリ同條ハ被相續人ノ財產ニ關シテトアリヲ被相續人ノ義務ニ言ヒ及ホサス又同條ニ明示又ハ默止ニテトアルモ此事タルヤ敢テ言フヲ要セス而シテ同條ニ代表者トナルト云ヘル文字ヲ用井タルハ學說ヲ決スルノ嫌ヒアリ且ツ同條ハ定義體ナルカ故ニ本條ノ如ク修正ヲ加ヘタリ
第千二十四條
(理由)本條ハ財產取得編第三百二十三條ニ該當ス同條第一項ニ於テハ默示ノ承認ノ場合ヲ列擧シ且ツ第二項ニ於テ本條第三號ニ該當スル規定ヲ設ケタリ然レトモ本條第一號乃至第三號ノ場合ニ於テハ孰レモ法律ノ規定ニ依リテ單純承認ノ結果ヲ生スルモノナルカ故ニ本條ニ於テハ看做スト云ヘル文字ヲ用ヒ既成法典ニ於ケルカ如ク默示ノ承認ナル文字ヲ用ユルコトヲ避ケタリ
本條第一號但書ニ於テ保存行爲ナル文字ヲ用井タルハ財產取得編第三百二十二條ノ主意ニ基キテ其適用ノ範圍ヲ廣クセンカ爲メニシテ第六百二條ニ定メタル期間ヲ超エサル賃貸ナル文字ヲ加ヘタルハ保存行爲ニ對スル權衡ヨリシテ財產取得編第三百二十二條第一號但書ノ精神ヲ採用スル必要アルヲ以テナリ
本條第二號ハ財產取得編第三百二十三條第二號ト同シク又本條第三號ハ同條第二項ニ該當スルモノトス而シテ本條第三號ニ於テ限定承認又ハ抛棄ヲ爲シタル後ト雖モト云ヘル文字ヲ加ヘタル所以ハ若シ特別ノ明文ナキトキハ相續人カ一旦限定承認又ハ抛棄ヲ爲シタル後ニ至リテハ假令本條第三號ニ揭ケタル事實アルモ單純承認ノ效果ヲ生スルヿ能ハサルニ至ルヘキ以テナリ殊ニ相續人カ抛棄ヲ爲シタル後ニ至リ本條第三號ニ揭クル事實ヲ生シタル場合ニ付キ本條ノ制裁ヲ設ケサルトキハ次ノ順位ニ在ル者ノ利益ヲ充分ニ保護スルコト能ハサル可シ只次ノ順位ニ在ル者カ承認ヲ爲シタル後ハ財產ハ其有ニ歸スルカ故ニ本條第三號ニ揭ケタル行爲ハ普通ノ不法行爲ト爲ルカ故ニ敢テ單純承認アリタルモノト看做スノ必要アルコトナシ
第二欵
(理由)本條ハ財產取得篇第十三章第四節第二欵ニ該當ス財產取得篇第三百二十七條ヲ削リタルハ本案第千三十條アルカ爲メナリ又同第三百二十九條ハ淸算ノ手續ニ關スル規定ナリト雖モ甚タ不完全ナルカ故ニ本案第千三十五條乃至第千四十三條ノ規定ヲ設ケテ之ニ代ヘタリ
第千二十五條
(理由)本條ハ財產取得篇第三百二十五條ニ同シ只同條ニナキ遺贈ナル文字ヲ加ヘタルハ遺贈ハ素ト被相續人ノ債務ヲ辨濟シタル後チニ至リテ其辨濟ヲ爲スヘキモノナリト雖モ苟モ相續財產ノ存スル以上ハ限定承認者ハ之ヲ以テ其辨濟ニ充ツヘキモノナルヲ以テナリ
第千二十六條
(理由)本條ハ限定承認ヲ爲ス手續ヲ定メタルモノニシテ財產取得編第三百二十六條ニ該當ス同條ニハ相續地ノ區裁判所トアルモ管轄裁判所ノ規定ハ之ヲ手續法ニ讓リ本條ニ於テハ敢テ裁判所ノ管轄ヲ規定セス又同條ニハ裁判所ハ別段ニ定メタル帳簿ニ之ヲ記載スヘシトアルモ帳簿ニ關スル規定ヲ民法ニ揭クルハ其當ヲ得サルカ故ニ本條ニ於テハ此字句ヲ削除セリ
第千二十七條
(理由)本條ノ規定ハ既成民法ニ於テ之ヲ見ス然レトモ其精神ニ至リテハ盖シ本條ノ規定ト同一ナラン外國ノ法典ニ於テハ本條ト同一ノ規定ヲ設クルモノ多シ若シ本條ノ規定ナキトキハ解釋上本條ト反對ノ結果ヲ生ス可シ盖シ混同ナルモノハ權利消滅ノ一原因ナルヲ以テナリ之ヲ要スルニ財產分離ノ目的ヲ達セントセハ必ス本條ノ規定ヲ設ケサルヘカラサルナリ
第千二十八條
(理由)本條ハ財產取得篇第三百二十八條前段ニ同シ外國ノ立法例ニ於テハ限定承認者ヲシテ善良ナル管理者ノ注意ヲ爲ス責ニ任セシムルモノアリ凡ソ限定承認者ハ相續債權者及ヒ受遺者ノ利益ノ爲メニ相續財產ヲ管理スル責ニ任スルモノナリト雖モ相續財產ハ畢竟相續人ノ財產ニ外ナラサルカ故ニ相續人ヲシテ相續財產ニ付キ善良ナル管理者ノ注意ヲ爲ス責ニ任セシムルハ酷ニ失スルモノナリト云フヘシ是レ第一項ノ規定アル所以ナリ
或立法例ニ於テハ限定承認者ト相續債權者及ヒ受遺者トノ間ニ事務管理ノ規定ヲ適用スルモノアリト雖モ本案ニ於ケルカ如ク委任ニ關スル規定ヲ準用スルニ非サレハ當事者間ノ關係ヲ充分圓滑ナラシムルコト能ハサルナリ
第千二十九條
(理由)本條以下ノ規定ハ限定承認者カ相續財產ヲ以テ相續債權者及ヒ受遺者ニ辨濟ヲ爲ス方法ヲ定メタリ財產取得篇第三百二十九條以下ニ於テハ詳細ノ規定ヲ設ケタリト雖モ相續人ハ相續債權者及ヒ受遺者ニ對シ限定承認ヲ爲シタルコトヲ通知スルヲ要スルモノト爲ササルカ故ニ偶然限定承認アリタルコトヲ知リタル相續債權者及ヒ受遺者ハ利益ヲ受ケ之ヲ知ラサル相續債權者及ヒ受遺者ハ損失ヲ招クニ至リ實際不公平ノ結果ヲ生スルニ至ルヘシ故ニ多少ノ煩雜ヲ來スヲ厭ハス相續債權者及ヒ受遺者ヲシテ限定承認アリタルコトヲ知ラシムル方法ヲ設ケサルヘカラス本案ニ於テハ此主義ニ基キテ本條ノ規定ヲ設ケ以テ既成民法ノ足ラサル所ヲ補ヒタリ
第千三十條
(理由)限定承認者ハ次條ノ規定ニ依リ前條第一項ノ期間滿了ノ後ニ至リ相續財產ヲ以テ其期間內ニ申出ヲ爲シタル債權者其他知レタル債權者ニ各其債權額ノ割合ニ應シテ辨濟ヲ爲スヘキモノナルカ故ニ前條第一項ノ期間滿了前ニ在リテハ相續債權者及ヒ受遺者ニ對シテ辨濟ヲ拒ムコトヲ得ルモノト爲ササルヘカラス若シ限定承認者ニ此權利ヲ與ヘサルトキハ限定承認者ハ他ノ相續債權者又ハ受遺者ニ先チテ請求ヲ爲シタル相續債權者及ヒ受遺者ニ對シテ先ツ辨濟ヲ爲ササルヘカラサルカ故ニ前條及ヒ次條ノ規定ヲ設ケタル精神ヲ貫クコト能ハサルヘシ
第千三十一條
(理由)相續人カ限定承認ヲ爲スハ通常相續財產ヲ以テ相續債權者及ヒ受遺者ニ對スル債務ヲ完濟スルコト能ハサル場合ナルカ故ニ限定承認者ハ第千二十九條第一項ノ期間內ニ申出ヲ爲シタル債權者其他知レタル債權者ニ各其債權額ノ割合ニ應シテ辨濟ヲ爲スヘキモノトスルニ非サレハ極メテ不公平ノ結果ヲ生スヘシ而シテ但書ノ規定ハ言フヲ俟タサルカ如シト雖モ本條ノ規定ハ優先權ノ效力ヲ减殺スルモノニ非サルカノ疑ヲ生スル恐アルヲ以テ特ニ之ヲ設ケタリ
第千三十二條
(理由)本條ハ限定承認者カ相續財產ヲ以テ相續債權者及ヒ受遺者ニ辨濟ヲ爲ス手續ヲ速カニ完了センカ爲メニ設ケタルモノナリ凡ソ相續人カ限定承認ヲ爲ス場合ニ於テハ相續財產ハ以テ債權者及ヒ受遺者ニ悉ク辨濟ヲ爲スニ足ラサルヲ常トスルカ故ニ相續人ハ實際相續財產ノ多少ニ付キ利害ノ關係ヲ有セサルヘシ從テ相續人ハ辨濟期ノ未タ到來セサル債權ノ辨濟ヲ爲シ且ツ條件附債權ノ評價ニ從ヒテ之ヲ辨濟スルモ敢テ自ラ不利益ヲ蒙ムルコトナカルヘシ今若シ限定承認者ハ條件ノ到來セサル債權ノ辨濟ニ充ツヘキモノヲ別ニ保存シ置キ條件ノ到來セサルトキハ再ヒ之ヲ相續債權者及ヒ受遺者ニ分配スヘキモノトセハ却テ少カラサル不便ヲ感スルニ至ルヘシ而シテ債權者カ相續財產ノミニ付キ辨濟ヲ受クルコトヲ得ヘクシテ別ニ債務ヲ負擔スル者ナキ場合ニ於テハ其相續財產ニ對スル關係ヲ速カニ完結スルヲ可トス是レ本條ノ規定アル所以ナリ
第千三十三條
(理由)被相續人ハ遺贈ニ依リテ相續債權者ニ害ヲ加フ可キモノニ非ラス而シテ相續人カ限定承認ヲ爲ス場合ニ於テハ通常相續財產ヲ以テ相續債權者及ヒ受遺者ニ悉ク辨濟ヲ爲スコト能ハサルヘキカ故ニ限定承認者ハ各債權者ニ辨濟ヲ爲シタル後ニ非サレハ受遺者ニ辨濟ヲ爲スコト能ハサルモノト爲ササルヘカラス若シ然ラサレハ相續債權者ハ遺贈ニ依リテ意外ノ損失ヲ蒙ムルニ至ルヘシ是レ本條ノ規定アル所以ナリ財產取得篇第三百三十二條ニ依レハ既成法典ノ規定モ亦本條ト同一ノ精神ニ出タルモノト認ムヘキナリ
第千三十四條
(理由)本條ハ財產取得篇第三百二十九條ニ該當ス相續財產竸賣ノ手續ハ特別法ノ規定ニ依ルヘキモノトシ本條ニ於テハ敢テ之ニ關スル規定ヲ設ケス但書ノ規定ハ相續人カ從來其家ニ屬スル財產ヲ保持スル爲メ之ヲ賣却スルコトヲ欲セサル場合ニ付キ設ケタルモノニシテ我國ニ於テハ家族制度行ハレ從テ容易ク賣却スルコトヲ好マサル財產アルヲ以テ本條ノ如キ規定ハ特ニ其必要アルヲ知ルヘシ而シテ相續人カ此規定ニ依リテ有スル權利ヲ先買權ト名ケサルハ相續財產ハ相續人ノ財產ニシテ相續債權者及ヒ受遺者ノ財產ニ非ス又被相續人ノ財產ニモ非サルヲ以テナリ
第千三十五條
(理由)本條ハ相續債權者及ヒ受遺者ヲ保護スルカ爲メ設ケタル規定ニシテ既成法典ニ於テ見サル所ナリ凡ソ相續人カ限定承認ヲ爲シタル場合ニ於テハ相續債權者及ヒ受遺者ハ相續財產ニ依リテノミ辨濟ヲ受クルコトヲ得ルモノナルカ故ニ相續財產ノ競賣又ハ鑑定ノ當ヲ得ルト否トニ付キ大ニ利害ノ關係ヲ有スルモノトス是レ相續債權者及ヒ受遺者ヲシテ相續財產ノ競賣及ヒ鑑定ニ參加スルコトヲ得セシムル所以ナリ只相續債權者又ハ受遺者カ自己ノ利益ノ爲メニ相續財產競賣又ハ鑑定ニ參加スルニ依リ相續人ヲシテ不利益ヲ蒙ラサラシムヘカラサル故ニ參加ノ費用ハ相續債權者又ハ受遺者ノ負擔ニ歸スルモノト定メタリ
第千三十六條
(理由)本條第一項ハ限定承認者カ第千二十九條乃至第千三十三條ノ規定ニ違反シタル場合ニ於ケル制裁ヲ規定シタルモノニシテ其至當ナルハ論ヲ俟タス而シテ第二項ノ規定ハ疑ヲ生スルコトヲ防カンカ爲メ之ヲ設ケタルモノニシテ不法行爲ニ關スル規定ヨリ生スル當然ノ結果ニ外ナラス又民法第七百二十四條第二項ノ規定ハ不法行爲ニ因ル損害賠償ノ請求權ノ時效ニ關スル規定ニシテ理論上本條ノ場合ニ之ヲ適用スヘキモノナリト雖モ疑ヲ生スルコトアランヲ恐レ第三項ノ規定ヲ設ケテ前二項ノ場合ニ第七百二十四條ノ規定ヲ適用スヘキモノナルコトヲ明ニセリ
第千三十七條
(理由)第千二十九條第一項ノ期間內ニ申出ヲ爲ササリシ相續債權者及ヒ受遺者ハ相續財產ニ付キ辨濟ヲ受クルコト能ハサルモノト爲スニ非スンハ法律關係ノ永ク確定セサル結果ヲ生シ相續人及ヒ他ノ債權者並ニ受遺者ノ不利益大ナルヘシ故ニ右ノ期間內ニ申出ヲ爲ササリシ債權者及ヒ受遺者ハ相續財產ニ付キ辨濟ヲ受クルコト能ハサルモノトシ既ニ辨濟ヲ受ケタル債權者又ハ受遺者ニ對シテハ決シテ求償ヲ爲スコト能ハサルモノト爲セリ然レトモ殘餘財產ノ存スル場合ニ於テハ右ノ債權者又ハ受遺者ヲシテ之ニ付キテ辨濟ヲ受クルコトヲ得セシムルヲ至當トス是レ本條ノ規定アル所以ニシテ殘餘財產ノ存在ハ之ニ依リテ辨濟ヲ得ントスル債權者又ハ受遺者ニ於テ之ヲ證明セサルヘカラサルカ故ニ相續人ハ本條ノ規定アルモ爲メニ著シク不利益ヲ蒙ルコトナカルヘシ
但書ノ規定ハ畢竟本文ノ規定カ一見特別擔保ノ効力ヲ殺クカ如キ觀アルヲ以テ解釋上疑ヲ生センコトヲ恐レ之ヲ設ケタルモノナリ
第三節
(理由)本節ハ既成民法財產取得篇第十三章第四節第三欵ニ該當ス財產取得編第三百三十七條ハ之ヲ削除セリ盖シ本案第千二十二條ニ於テ抛棄ノ取消ヲ許ササル旨ヲ規定セルヲ以テナリ財產取得編第三百三十七條ニ於テハ相續ノ抛棄ノ取消ハ之ヲ以テ第三者ニ對抗スルコトヲ得サル旨ヲ規定セルカ故ニ假令相續ノ抛棄ノ取消ヲ許スモ何等ノ實益ナカルヘシ財產取得編第三百三十八條ノ規定ハ一般ノ原則ノ適用ニ外ナラサルノミナラス本案第千二十二條第二項中ニ包含セラルルカ故ニ亦之ヲ削除セリ只本案第千二十二條第二項ニ於テハ既成法典ヨリモ多少取消ノ期間ヲ短縮セリ又同第三百三十九條ノ規定ハ廢罷訴權ニ關スル規定ノ適用ニ外ナラス今若シ相續財產ノミニ關スルモノナルトキハ相續ノ抛棄ヲ廢罷スルノ必要ナキニ非サルヘシト雖モ本案ニ於ケル相續ハ獨リ財產ノミニ關スルモノニ非スシテ身分ニモ關係ヲ有スルモノナルカ故ニ相續ノ抛棄ヲ廢罷スルコトヲ許スヘキモノニ非ス從テ同條ノ規定ハ之ヲ削除セリ又同第三百四十條ノ規定ハ言フヲ俟タス殊ニ本案千二十二條ノ規定アルカ爲メ之ヲ置クノ必要ナシ而シテ同第三百四十一條ノ規定ハ本案第千二十四條ノ規定アルヲ以テ共ニ之ヲ削除セリ
第千三十八條
(理由)本條ノ規定ハ財產取得編第三百三十六條ニ該當ス本案ニ於テハ裁判所ノ管轄ニ關スル規定ヲ揭ケスシテ之ヲ手續法ニ讓ルコトト爲シタルト相續抛棄ノ申述ヲ帳簿ニ記載スルハ抛棄ノ效力ヲ生スルニ必要ナル要件ニ非サルカ爲メ之ヲ民法中ニ規定スルヲ穩ナラスト認メタルトニ依リ此㸃ニ付キ財產取得編第三百三十六條ヲ修正セリ
第千三十九條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見スト雖モ外國ノ法典ニ於テ其例アリ今相續ノ性質ヨリ見ルトキハ相續ノ抛棄ハ相續開始ノ時ニ遡リテ其效力ヲ生スルハ勿論ナルカ如シト雖モ全ク疑ナキニ非ス蓋シ相續ノ抛棄ハ相續人カ相續權ヲ得タル後ニ至リテ之ヲ抛棄スルモノナルヲ以テナリ
第二項ハ第一項ノ結果ニ外ナラスト雖モ疑ヲ避クルカ爲メ之ヲ設ケタリ
第千四十條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス外國ノ法典ニ於テモ本條ノ如キ規定ヲ設クルモノハ獨リ獨逸民法アルノミ本案ニ於テハ限定承認者ハ其固有財產ニ於ケルト同一ノ注意ヲ以テ相續財產ヲ管理スヘキモノト爲シ且ツ之ニ委任ノ規定ヲ適用スヘキモノト爲シタルカ故ニ權衡上ノ場合ニ付キテモ亦之ト同一ノ規定ヲ設クルヲ可トス
第四章
(理由)本章ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見スト雖モ外國ノ法典ニ於テハ孰レモ本章ノ如キ規定ヲ設ケタリ今限定承認ノ制度ヲ設ケテ相續人ヲ保護スル以上ハ權衡上亦財產分離ノ制度ヲ設ケ以テ被相續人ノ債權者及ヒ相續人ノ債權者ヲ保護セサルヘカラス若シ財產分離ノ制度ナキカ相續人ノ債務多キ場合ニ於テハ混同ノ結果被相續人ノ債權者ハ不測ノ損失ヲ蒙ムルニ至ルヘク又被相續人ノ債務ノ多キ場合ニ於テハ相續人ノ債權者ハ不測ノ損失ヲ蒙ルニ至ルヘシ今諸國ノ法典ニ於ケル財產分離ノ制度ヲ見ルニ其規定極メテ區々ナリ本案ニ於テハ煩雜ニ流レスシテ前述ノ目的ヲ達スルコトヲ得ンカ爲メ本章ノ規定ヲ設ケタリ
第千四十一條
(理由)本條ハ何人カ財產ノ分離ヲ請求スルコトヲ得ルカヲ規定シ且ツ財產分離ノ請求ヲ爲スコトヲ得ヘキ期間ヲ規定セリ凡ソ受遺者ハ之ヲ保護スルノ必要相續債權者ノ如ク大ナラスト雖モ亦之ヲシテ財產ノ分離ヲ請求スルコトヲ得セシムルヲ可トス故ニ多數ノ立法例ニ傚ヒ受遺者モ亦相續債權者ト同シク財產ノ分離ヲ請求スルコトヲ得ルモノト定メタリ相續債權者又ハ受遺者カ相續財產ノ分離ヲ請求スルコトヲ得ヘキ期間ニ關シテハ諸國ノ立法例一ナラス本條ニ於テハ多數ノ立法例ニ倣ヒ本則トシテ此期間ハ相續開始ノ時ヨリ三个月以內ト定メタリ盖シ相續開始ノ時ヨリ三个月以內ハ相續人カ承認又ハ抛棄ヲ決スル期間ナルカ故ニ其間ハ通常混同ノ生スルコトナカルヘク假令混同ノ生スルコトアルモ相續開始ノ時ヨリ三个月ヲ經過セサル間ニ相續財產ノ分離ノ請求ヲ爲スコト能ハサルニ至ラシムハ甚タ酷ナルヲ以テナリ而シテ實際混同ノ生セサル間ハ三个月ノ期間ヲ經過シタル後ト雖モ分離ノ請求ヲ爲スコトヲ得セシムルヲ至當トス
佛國ニ於テハ財產分離ノ請求ハ相續人ノ債權者ニ對シテ之ヲ爲スヘキモノナリト主張スル者アリ抑モ財產ノ分離ハ相續人ノ債權者ノ利害ニ關スルモノナリト雖モ實際ノ事情ヲ知ラサル相續人ノ債權者ニ對シテ此請求ヲ爲スヘキモノトスルハ其當ヲ得サルカ故ニ本案ニ於テハ相續人ニ對シテ分離ノ請求ヲ爲スヘキモノトスル主義ニ基キテ本條ノ規定ヲ設ケタリ然レトモ分離ノ請求ニ關スル此等ノ手續ハ總テ特別法ニ於テ之ヲ規定スルコトトセリ
第二項ノ規定ハ偶然相續ノ開始ヲ知リタル者ノミ獨リ利益ヲ受クルコトヲ防キ以テ公平ヲ維持センカ爲メニ設ケタルモノナリ
第千四十二條
(理由)本條ハ財產分離ノ效果ヲ規定セリ今若シ財產分離ノ效力ハ先取特權ノ效力ト同シキモノトセハ民法第二篇ニ於テ之ヲ一言スル必要アリタルナラン然レトモ財產分離ノ效力ハ先取特權ノ效力ト異ナル所アリ盖シ先取特權ニ基ク優先權ノ問題ハ一人ノ財產ニ付キテ生スルモノナリト雖モ財產分離ノ效力ハ二人ノ財產ニ關シテ生スルモノナルヲ以テナリ
第千四十三條
第千四十四條
(理由)本條ノ規定ハ外國法典ニ於テ之ヲ見ス然レトモ第千二十八條及ヒ第千四十條ニ對スル權衡上之ヲ置クノ必要アルハ論ヲ待タス本條ニ於テハ一切ノ場合ニ於テ裁判所ヲシテ管理人ヲ選任セシムル主義ヲ採ラス盖シ通常相續人ヲシテ相續財產ノ管理ヲ爲サシムルヲ便トスルヲ以テナリ若シ裁判所ハ毎ニ管理人ヲ選任スヘキモノトセハ實際ノ必要ナキニ拘ハラス徒ラニ煩雜ヲ來スニ至ルヘシ而シテ第二項ノ規定ハ相續人カ他人ノ爲メニ相續財產ヲ管理スル以上ハ之ヲ置クノ必要アルコト言フヲ待タサル所ナラン
第千四十五條
(理由)凡ソ相續財產ハ相續人ニ屬スルモノナルカ故ニ相續財產分離ノ請求アリタル後ト雖モ相續人ハ有效ニ相續財產ヲ處分スルコトヲ得ルモノト謂ハサルヘカラス果シテ然ラハ相續人カ相續財產ニ付キテ爲シタル處分ハ之ヲ以テ相續債權者及ヒ受遺者ニ對抗スルコトヲ得テ財產分離ノ制度ヲ設ケタル實益ナキニ至ルヘシ是レ本條ノ規定ヲ設ケ財產ノ分離ハ之ヲ以テ第三者ニ對抗スルコトヲ得ルモノト爲シタル所以ナリ而シテ第三者カ財產分離ノ請求アリタルコトヲ知ラサルカ爲メ不測ノ損害ヲ蒙ムルコトヲ避ケンカ爲メ不動產ニ付テハ登記ヲ要スルコトトセリ
第千四十六條
(理由)本條ノ規定ハ相續債權者及ヒ受遺者ヲ保護スルニ極メテ必要ナルヘシ今相續人カ相續財產分離ノ請求アリタルニ拘ハラス善意ニテ過失ナキ第三者ニ動產ヲ賣渡シタルトキハ相續債權者及ヒ受遺者ハ其代金ニ付キ權利ヲ有スルモノトシ又第三者カ不動產ヲ毀損シタルカ爲メ相續人カ之ニ對シテ損害賠償ノ請求權ヲ得タルトキハ相續債權者及ヒ受遺者ハ亦損害賠償ニ付キ權利ヲ有スルモノトセサルヘカラス是レ本條ノ規定ヲ設ケ右ニ述ヘタルカ如キ場合ニ於テ相續債權者及ヒ受遺者ヲシテ其利益ヲ完フスルコトヲ得セシムル所以ナリ伊太利民法ニ於テハ動產ノミニ付キ本條ノ如キ規定ヲ設ケタリト雖モ其狹キニ失スルハ言フヲ待タサル所ナルヘシ
第千四十七條
(理由)本案ニ於テハ相續人ハ先ツ分離ノ請求ヲ爲シタル者ヨリ初メ一切ノ相續債權者及ヒ受遺者ニ對シ順次ニ辨濟ヲ爲スヘキモノトスル主義ヲ採ラス而シテ其精神ニ至リテハ第千三十一條以下ノ規定ト毫モ異ナル所ナシ
第千四十八條
(理由)今財產分離ノ請求ヲ爲シタル者及ヒ配當加入ノ申出ヲ爲シタル者ハ相續人ノ固有財產ニ付キ權利ヲ有スルモノナルヤ否ヤニ關シテハ從來ノ立法例ニ於テ二個ノ主義アリ一ハ其權利ヲ認メ一ハ其權利ヲ認メス抑モ相續人ハ相續債權者及ヒ受遺者ノ債務者ニ外ナラサルヘシト雖モ相續債權者及ヒ受遺者ハ相續財產ノミヲ目的トシ又相續人ノ債權者ハ相續人ノ固有財產ヲ目的トスルモノナルカ故ニ此二種ノ債權者ヲシヲ相續人ノ固有財產ニ付キ平等ニ辨濟ヲ受ケシムルハ其當ヲ得サルモノト謂フヘシ故ニ本案ニ於テハ相續人ノ債權者ニ優先權ヲ與フルコトトセリ
第千四十九條
(理由)本條ノ如キ規定ハ伊太利民法ニ於テノミ之ヲ見ル今本條ノ規定ヲ設ケタル所以ハ相續人ヲシテ相續債權者及ヒ受遺者ノ利益ヲ害スルコトナクシテ祖先傳來ノ財產ヲ維持スルコトヲ得セシムルノ利アルカ爲メナリ
第千五十條
(理由)本案ニ於テハ相續債權者及ヒ受遺者ヲ保護スルカ爲メ之ヲシテ財產分離ノ請求ヲ爲スコトヲ得セシメタルヲ以テ權衡上亦相續人ノ債權者ヲシテ財產分離ノ請求ヲ爲スコトヲ得セシメサルヘカラス多數ノ立法例ニ於テハ相續人ノ債權者ニ財產分離ノ請求權ヲ與ヘス今其理由トスル所ヲ考フルニ盖シ相續人カ相續ニ依リテ新ニ債務ヲ負擔スルハ他ノ名義ニ依リテ債務ヲ負擔スルニ同シ而シテ債權者ハ素ト債務者カ新ニ債務ヲ負擔スルコトアルヲ豫期スヘキモノナルカ故ニ相續人カ相續ニ依リテ新ニ債務ヲ負擔スルモ其債權者ハ財產分離ノ請求ヲ爲シテ相續人カ相續ニ依リ債務ヲ負擔シタルカ爲メニ蒙ムルヘキ損失ヲ避クルコトヲ得サルモノト爲ササルヘカラスト云フニ在ラン然レトモ此理由ハ亦之ヲ以テ被相續人ノ債權者ニ財產分離ノ請求權ヲ與フヘカラストスルノ理由ト爲スコトヲ得ヘシ然ルニ本案ニ於テハ被相續人ノ債權者ニ財產分離ノ請求權ヲ與ヘタルヲ以テ相續人ノ債權者ニ此請求權ヲ與ヘサル理由存スルコトナシ是ヲ以テ本案ニ於テハ相續債權者及ヒ受遺者ト相續人ノ債權者トニ財產分離ノ請求權ヲ與フルコトト爲セリ只被相續人ノ債權者ハ被相續人ヲ信用セルモノナリト雖モ相續人ノ債權者ノ如ク相續人ヲ信用セルモノニ非サルカ故ニ相續人ノ債權者ノ保護ニ比シテ其保護ノ厚カラサルヘカラサルハ自ラ其所ナラン故ニ本條ニ於テハ相續人ノ債權者ヲ保護スルコト被相續人ノ債權者ヲ保護スルカ如ク厚カラサルナリ
凡ソ或一定ノ事實アル場合ニ於テ相續人ヲシテ限定承認ヲ爲スコト能ハサラシムルハ一ハ相續債權者及ヒ受遺者ヲ保護センカ爲メナリ然ルニ相續人ニ於テ限定承認ヲ爲スコト能ハサルニ拘ス其債權者ヲシテ財產分離ノ請求ヲ爲スコトヲ得セシムルトキハ實際相續人ヲシテ限定承認ヲ爲サシムルト同一ノ結果ヲ生シ相續債權者及ヒ受遺者ノ利益ヲ害スルニ至ルヘシ故ニ相續人ノ債權者ハ相續人カ限定承認ヲ爲スコトヲ得ル間ハ財產分離ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルモノト定メタリ又相續人カ現實ニ相續財產ヲ占有セサル間ハ其債權者ハ財產分離ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルモノト定メタルハ畢竟第千四十一條ノ規定ニ對スル權衡ヲ得ンカ爲メナリ
第二項ノ規定ハ相續人ノ債權者カ財產分離ノ請求ヲ爲シタルトキハ相續人カ限定承認ヲ爲シタル場合ト實際同一ノ結果ヲ生セシメサルヘカラサルカ爲メ之ヲ設ケタルモノナリ而シテ第千四十八條ヲ相續人ノ債權者カ財產分離ノ請求ヲ爲シタル場合ニ凖用セルハ相續債權者又ハ受遺者カ財產分離ノ請求ヲ爲シタル場合ニ對スル權衡ヲ得ンカ爲メニ外ナラサルナリ
第五章
(理由)財產取得編第十三章第四節第四欵ハ之ニ題シテ相續人ノ曠缺セル相續財產ノ處分トシ之ヲ相續ノ受諾及ヒ抛棄ニ關スル一節中ニ揭ケタリ此編成法ハ甚タ當ヲ得サルカ故ニ本案ニ於テハ相續人ノ曠缺ト題スル特別ノ一章ヲ設ケタリ
財產取得編第三百四十二條ハ相續人カ相續地ニ在ラサル場合ヲモ相續人ノ曠缺セル場合ト認メ相續人ノ曠缺ニ關スル規定ヲ之ニ適用セリ然レトモ此場合ニ付キテハ相續ノ承認及ヒ抛棄ニ關スル本案第千十七條ノ規定アルカ爲メ別ニ規定ヲ設クルヲ要セサルヘシ之ニ反シテ相續人ノ有無分明ナラサル場合ニ付キテハ特別ノ規定ヲ要シ本案第千十七條ノ規定ノミニテハ未タ足ラサル所アリ盖シ此場合ニ於テハ相續人ヲ搜索スルノ目的ヲ以テ公吿ヲ爲シ且ツ財產ノ管理及ヒ淸算ヲ爲スノ必要アルヲ以テナリ之ヲ要スルニ相續人ノ存ルコト分明ナレトモ只其相續開始地ニ在ラサル場合ニ付キテハ特別ノ規定ヲ要セサルカ故ニ本案ニ於テハ相續人ノ曠缺ニ關スル規定ヲ此塲合ニ適用セス從テ本案ノ相續人ノ曠缺ニ關スル規定ハ既成法典ノ之ニ關スル規定ニ比シテ其範圍狹シト謂フヘシ
第千五十一條
(理由)抑モ相續人ノ曠缺セル場合ニ於テハ相續財產ヲ法人ト看做スヘキヤ否ヤノ問題ハ立法上ノ一大問題ナリ今若シ相續人ノ曠缺セル相續財產ヲ以テ法人ト看做ササルトキハ相續人ノ現出スルカ又ハ相續財產カ國庫ニ歸屬スルニ至ルマテハ相續財產ハ何人ノ有ニ屬スルモノナルヤ明カナラス從テ相續財產ノ管理人ハ何人ノ代理人ナルカヲ知ルコト能ハサルヘシ之ヲ要スルニ相續人ノ曠缺セル財產ヲ以テ法人ト看做ササルトキハ多少ノ時日ヲ經過スル迄權利義務ノ主躰タルヘキモノナキカ故ニ種々ノ不都合ヲ來スハ勢ノ免レサル所ナリ是レ本案ニ於テ法人主義ヲ採リタル所以ナリトス此ノ如ク本案ニ於テハ法人主義ヲ採リタルカ爲メ第千五十五條ノ規定ヲ置クノ必要ヲ生シ數多ノ假想ヲ設ケサルヘカラサル結果ヲ生スルニ至レリ外國ノ立法例ハ槪子法人主義ヲ採ラス只「グラウブユンデン」民法ノミ法人主義ヲ採用セリ面シテ外國ノ立法例ニニ於テハ多クハ相續人ノ有ラサルコトカ確實ト爲リタルトキハ國庫ヲ以テ相續人ト爲ス主義ヲ採レリ其理由トスル所ハ蓋シ國庫カ相續財產ヲ取得スルニ拘ラス債權者ニ對シテ何等ノ義務ヲ負擔セサルモノトスルハ甚タ不當ナリト云フニ在ラン然レトモ國庫ヲ相續人ト看做シ之ヲシテ相續債權者及ヒ受遺者ニ對シ義務ヲ負擔セシムルトキハ著シク煩雜ヲ來スノミナラズ既ニ相續人ヲ搜索スル手段ヲ施シ且相續債權者ヲ保護スル爲メ相當ノ手續ヲ盡シタル以上ハ國庫ヲシテ尙ホ之レニ對シ債務ヲ負擔セシムルノ必要ナカルヘシ且ツ本案ニ於テハ家督相續ヲ認メタル故ニ國庫ヲ相續人ト爲ストキハ種々ノ不都合ヲ來スニ至ルヘシ之ヲ要スルニ本案ニ於テハ相續人カ現出シ又ハ國庫カ相續財產ヲ取得スルニ至ルマテ假リニ相續財產ノ主躰タルヘキ者ヲ設ケンカ爲メ相續財產ヲ以テ法人ト看做シ種々ノ不便ヲ避クルコトト爲セリ
第千五十二條
(理由)本條ハ財產取得篇第三百四十三條ニ該當ス抑モ相續人ノ曠缺セル場合ニ於テハ淸算ノ手續ヲ爲ササルヘカラサルカ故ニ特ニ管理人ヲ置クノ必要アルヘシ是レ裁判所ハ必ス管理人ヲ選任スヘキモノト定メタル所以ナリ而シテ本案ニ於テ裁判所ノ管轄ニ關スル規定ヲ設ケサルハ之ヲ手續法ニ讓リタルカ爲メナリ
第二項ノ規定ハ相續人ヲ搜索シ之ヲシテ自ラ相續財產ノ管理及ヒ淸算ヲ爲サシムルカ爲メニ設ケタルモノナリ今此規定ニ依レハ裁判所カ管理人ヲ選任シタルトキハ遲滯ナク其旨ヲ公吿シ速ニ相續人ノ出ツルコトヲ計ラサルヘカラス蓋シ相續人ノ出テサルトキハ相續財產ハ遂ニ國庫ニ歸屬スルニ至ルヘク而シテ一旦相續人ノ出テタル以上ハ之ヲシテ相續財產ノ管理及ヒ債權者ニ對スル辨濟ヲ爲サシムルヲ至當トスルヲ以テナリ和蘭民法「グラウブユンデン」民法及ヒ伊太利民法等ニ於テモ亦管理人ノ選任ハ之ヲ公吿スヘキモノト爲セリ
第千五十三條
(理由)本條ハ財產取得篇第三百四十四條乃至第三百四十六條ニ該當ス民法第二十七條ニ於テハ不在者ノ財產ノ管理人ハ財產目錄ヲ調製スルコトヲ要スル旨ヲ規定セサルカ故ニ本條ニ於テハ民法第二十七條ノ規定ヲ相續財產ノ管理人ニ準用スルコトヲ規定シ特ニ財產取得篇第三百四十四條第一項ノ如キ規定ヲ置カス而シテ不在者ノ財產ノ管理人ニ關スル民法第二十七條乃至二十九條ノ規定ヲ相續財產ノ管理人ニ凖用スルノ至當ナルハ敢テ說明ヲ要セサルヘシ
財產取得篇第三百四十四條第二項ノ規定ハ言フヲ待タス同第三項ハ白耳義民法草案其他ノ立法例ニ於テ往々見ル所ナリト雖トモ敢テ之ヲ置クノ必要ナカルヘシ蓋シ裁判所ノ選任スル管理人ハ特別ノ規定ナキ以上ハ當然善良ナル管理者ノ注意ヲ用井サルヘカラサルモノナルカ故ニ金錢ヲ供託スルヲ至當トスル場合ニ於テハ法律ノ規定ヲ待タスシテ自ラ其供託ヲ爲スヘク若シ管理人カ金錢ヲ供託セサルカ爲メ之ヲ失フタルトキハ管理ノ方法ヲ誤リタルモノトシテ其責ニ任セサルヘカラサルニ至ルヘキヲ以テナリ又第四項ハ甚タ其當ヲ得ス蓋シ管理人ハ本案千五十七條ノ規定ニ從ヒ一切ノ相續債權者及受遺者ニ對シテ其請求ノ申出ヲ爲スヘキ旨ヲ催吿シ成ルヘク廣ク其申出ヲ受ケタル後公平ニ辨濟ヲ爲スヘキモノナルヲ以テナリ是レ本案ニ於テ財產取篇得第三百四十四條第二項以下ヲ削除シタル所以ナリ
財產取得篇第三百四十五條ノ規定ニ依レハ相續財產ノ管理人ハ自己ノ財產ニ於ケルト同一ノ注意ヲ以テ相續財產ノ管理ヲ爲ス責ニ任スルモノナリ然ルニ裁判所ノ選任シタル管理人ハ前述ノ如ク善良ナル管理者ノ注意ヲ用井サルヘカラサルモノナルカ故ニ本案ニ於テハ同條ノ主義ヲ改メタリ
第千五十四條
(理由)本條ノ規定ハ相續債權者及ヒ受遺者ヲ保護スルカ爲メニ設ケタルモノトス獨逸民法第一讀會草案ニ於テモ亦本條ノ如キ規定ヲ設ケタリ諸國ノ法典ニ於テハ相續財產ノ管理人ニ限定承認者ニ關スル規定ヲ準用セルカ故ニ實際ノ結果ニ於テハ本條ノ規定ト同一ニ歸スルナラン今相續財產ノ管理人ヲシテ相續債權者又ハ受遺者ニ相續財產ノ狀况ヲ報吿セシムルモ著シク其利益ヲ害スルコトナカルヘシ而シテ相續債權者及ヒ受遺者ヲシテ相續財產ノ狀况ヲ報吿スルコトヲ管理ニ請求スルコトヲ得セシムルトキハ利益極メテ大ナルヘシ
第千五十五條
(理由)今相續人アルコトカ確實ナルニ至リタルトキハ其相續人ハ相續開始ノ時ヨリ相續人タル資格ヲ有スルコト當然ナルヘシ然ルニ第千五十一條ニ於テハ法人ノ假想ヲ設ケタルカ故ニ相續人ノ現出シタルトキハ勢ヒ其假想ヲ覆ヘス規定ヲ設ケサルヘカラサルナリ然レトモ法人ノ假想ヲ覆ヘス結果トシテ管理人カ相續人ノ出ツルマテニ其權限內ニ於テ爲シタル行爲ノ效力ヲ滅却スルハ其當ヲ得サルカ故ニ但書ノ規定ヲ設ケタリ而シテ但書ノ規定ニ依レハ一旦相續人ノ現出シタルトキハ相續財產ノ管理人ハ相續人ノ法定代理人タリシモノト認メラルルニ至ルモノト謂フヘシ
第千五十六條
(理由)第一項ノ規定ハ獨逸民法第一讀會草案ニ倣ヒテ設ケタルモノナリ凡ソ相續人ノ現出スルトキハ理論上當然管理人ノ代理權ノ消滅ヲ來スモノト爲ササルヘカラスト雖モ若シ管理人ノ代理權ハ相續人ノ現出ニ依リテ當然消滅スヘキモノトセハ相續人カ遠隔ノ地ニ在ルカ如キ事情ニ依リ依然代理人ヲ置クノ必要アル場合ニ於テ實際ノ不便少カラサルヘシ而シテ管理人ハ相續財產ノ狀况ヲ知悉スルカ故ニ之ヲシテ相續人ノ代理人タラシムルハ實際ニ於テ甚タ便利ナラン是レ管理人ノ代理權ハ相續人カ現出シタル後ニ至リ相續ヲ承認シタル時ニ消滅スルモノト定メタル所以ナリ
管理人カ相續財產ニ對シテ管理ノ計算ヲ爲スハ相續人ノ爲メ極メテ必要ナルヘシ而シテ管理人ヲシテ此義務ヲ負擔セシムルニハ特ニ規定ヲ設ケサルヘカラス是レ第二項ノ規定アル所以ナリ
第千五十七條
(理由)本條ノ規定ハ相續財產ノ管理人ノ爲ス可キ淸算ノ手續ヲ定メタルモノニシテ略ホ限定承認ノ塲合ニ於ケル淸算ノ手續ニ關スル規定ニ同シ諸國ノ法典ニ於テハ槪子限定承認ノ規定ヲ相續人曠缺ノ塲合ニ準用セルカ故ニ實際ノ結果ニ於テハ本條ノ規定ト大差アルコトナシ
本條第一項ノ規定ハ限定承認ニ關スル第千二十九條ノ塲合ト淸算ノ着手前ニ存スル期間及ヒ其起算㸃ヲ異ニセリ即チ本條第一項ノ規定ニ依レハ第千五十二條第二項ニ定メタル公吿アリタル後二个月ヲ經過シタルモ尙ホ相續人ノ現出セサル塲合ニ於テ始メテ淸算ニ着手スヘキモノナリ此ノ如ク淸算前ノ期間ヲ二个月トシ且ツ其起算點ヲ第千五十二條第二項ノ公吿ノ時ト爲シタルハ亦他國ノ法律ト異ナル所ナリ然レトモ本條ニ於ケルカ如ク右ノ期間ヲ長クスルハ實際必要ナリト謂フヘシ
右ニ述ヘタルカ如ク本條第一項ニ於ケル淸算前ノ期間及ヒ其起算㸃ハ限定承認ノ場合ニ於ケル淸算前ノ期間及ヒ其起算㸃ト異ナルカ故ニ期間及ヒ其起算㸃ニ關シテハ第千二十九條ノ規定ヲ準用スヘカラスト雖モ其他ノ點ニ關シテハ限定承認ニ關スル規定ヲ準用スルヲ至當トス是レ第二項ノ規定アル所以ナリ但シ第千三十四條但書ノ規定ハ之ヲ相續人曠缺ノ場合ニ準用スヘカラサルハ勿論ナルカ故ニ之ヲ除外セリ
第千五十八條
(理由)本條ノ規定ハ相續財產カ次條ノ規定ニ依リテ國庫ニ歸屬スル前ニ相續人ノ有無ヲ撿スルカ爲メニ之ヲ設ケタルモノナリ此ノ如ク本條ノ規定ハ相續人ヲ搜索スルカ爲メニ設ケタルモノナリト雖モ亦間接ニ債權者ノ利益ヲ保護スル結果ヲ生スルモノトス蓋シ債權者ハ相續財產カ國庫ニ歸屬スルマテハ殘餘財產ニ付キ辨濟ヲ受クルコトヲ得ルモノナルカ故ニ本條ノ公吿ヲ知リタルトキハ直チニ辨濟ヲ請求スヘケレハナリ之ヲ要スルニ本條ノ公吿ハ主トシテ相續人ノ有無ヲ撿スルヲ以テ其目的ト爲スモノニシテ第千五十二條第二項ニ於ケル管理人選任ノ公吿ノ如ク相續人カ自ラ相續財產ノ管理及ヒ淸算ヲ爲スコトヲ促スヲ以テ其目的トスルモノニ非ス然ルニ外國ノ法律ニシテ管理人ノ選任ヲ公吿スル主義ヲ採ルモノハ本條ノ如キ公吿ヲ爲スコトヲ規定セスシテ只國庫カ相續財產ヲ取得スルニ至ルマテノ期間ヲ長クセリ本案ニ於テハ獨逸民法(一九六五)ニ倣ヒ相續人ノ有無ヲ撿スルカ爲メ更ニ本條ノ公吿ヲ爲スヘキモノト定メタリ
本條ノ期間ハ淸算ノ手續ニ依リテ債權者ニ辨濟ヲ爲シ終リタル時ヨリ之ヲ起算スヘキモノトスルヲ公平トス然レトモ此起算㸃ハ實際ニ於テ甚タ不分明ナルカ故ニ第千五十七條第一項ノ規定ニ依リテ定メタル期間滿了ノ時ヨリ本條ノ期間ヲ起算スヘキモノト定メタリ而シテ本條ノ期間ハ裁判所カ事情ヲ斟酌シテ一年以上ニ定ムヘキモノナルカ故ニ實際ニ於テハ敢テ不都合ナル結果ヲ生スルヿナカルヘシ
獨逸民法(一九六五)ニ於テハ裁判所カ職權ヲ以テ本條ノ公吿ヲ爲スヘキモノト定メタリト雖モ我國ノ制度ノ下ニ於テハ裁判所ハ相續人ノ有ラサルコトヲ知ル機會ナキカ故ニ管理人又ハ檢事ノ請求ニ依リテ本條ノ公吿ヲ爲スヘキモノト定メタリ
第千五十九條
(理由)凡ソ相續財產カ何人ニ屬スルカヲ知ルコト能ハサル場合ニ於テ永ク其狀况ノ繼續スルトキハ管理人ヲ煩ハスコト甚タ大ナルノミナラス相續財產ノ處分ヲ定ムル必要アルヲ以テ本條ノ規定ヲ設ケタリ外國ノ立法例ニ於テハ相續人ナキ相續財產ハ相續開始地ノ小學校養育院又ハ病院ニ歸屬スルモノト爲スモノアリ然レトモ國庫ハ公益ノ爲メニ相續財產ヲ使用スルモノト推測スルコトヲ得ルカ故ニ本案ニ於テハ相續人ナキ相續財產ハ國庫ニ歸屬スルモノト定メタリ或立法例ニ於テハ國庫カ相續財產ヲ使用スル方法ヲ規定セリト雖モ實際其必要ナカルヘシ
本條ノ規定ニ依レハ相續財產ハ國庫ニ歸屬スルニ拘ラス國庫ハ相續債權者又ハ受遺者ニ對シテ何等ノ義務ヲ負擔セサルナリ今國庫ヲシテ相續債權者又ハ受遺者ニ對シテ義務ヲ負擔セシムルハ甚タ公平ナリト雖モ若シ國庫ヲシテ此等ノ者ニ對シテ義務ヲ負擔セシムルトキハ實際煩雜ヲ來スノミナラス債權者ヲ保護スルカ爲メ鄭重ナル手續ヲ爲シタルニ拘ラス債權者ハ其債權ノ申出ヲ爲サリシモノナルカ故ニ其怠慢ノ結果トシテ之ヲシテ其權利ヲ失ハシムルモ敢テ不可ナカヘシ既成法典ハ國庫ヲ限定相續人ト看做シ之ヲシテ義務ヲ負擔セシメタリト雖トモ一旦家督相續ヲ認メタル以上ハ國庫ヲ相續人ト爲スハ實際ニ於テ不都合ナル結果ヲ生スルニ至ルコト前述ノ如クナルカ故ニ本案ニ於テハ此主義ヲ採用セサルナリ
第六章
(理由)既成法典ハ遺言ヲ以テ遺贈ヲ爲ス方法ナリト認メ贈與及ヒ遺贈ニ關スル取得篇第十四章ノ下ニ於テ遺言ニ關スル規定ヲ揭ケタルニ因リ遺贈ニ關セサル遺言例ヘハ相續人ヲ指定シ或ハ養子緣組ヲ爲シ或ハ後見人其他後見監督人ヲ指定スル遺言ノ如キハ如何ナル規定ニ從フヘキカニ付キ疑ヲ生セシムルノミナラス遺贈ニ關スル遺言ノミニ付テハ特別ノ方式ヲ必要トシ其他ノ遺言ニハ之ヲ要セスト爲スカ如キハ固ヨリ其當ヲ得ス故ニ本案ハ遺言ナル一章ヲ置キ廣ク各種ノ遺言ニ通スル規定ヲ揭クルモノニシテ遺言ヲ以テ單ニ財產取得ノ一方法ト解セシムルカ如キ既成法典ノ缺點ヲ除去セリ而シテ本案ハ遺言ヲ以テ廣ク養子緣組、後見人ノ指定其他寄附行爲ニ關スル一種ノ法律行爲ト認ムルニ拘ハラス遺言ニ關スル規定ヲ以テ相續編中ニ編入シタル所以ハ遺言ハ相續ニ關スルコト最モ多クシテ本編ヲ措キテ他ニ適當ノ位置ナケレハナリ
第一節
(理由)既成法典ハ遺言ニ關シテ別ニ總則ヲ設ケスト雖モ遺言ノ要式行爲タルコト、遺言者ノ資格其他遺言ニ依リテ處分スルコトヲ得ヘキ財產部分ニ關スル規定ノ如キハ遺言ノ通則タルヘキヲ以テ本案ハ特ニ本節ヲ設ケテ此等ノ通則ヲ纏括セリ
第千六十條
(理由)本條ハ遺言ノ要式行爲タルコトヲ示スモノナレハ其趣旨ニ於テ固ヨリ既成法典ト異ナルコトナシ盖シ遺言ハ本人ノ死后ニ其效力ヲ生スルモノニシテ後ニ至リテ之ヲ改ムルコトヲ得サルモノナレハ遺言ニ關シテハ特ニ錯誤詐欺等ヲ豫防スルコトヲ要ス之レ諸國ノ法律ハ槪子皆遺言ヲ以テ要式行爲ト爲ス所以ニシテ本案モ亦此例ニ從フモノナリト雖モ二三ノ立法例ノ如ク殊更ニ遺言ハ必ス本人自ラ之ヲ爲スコトヲ要シ其代理ヲ許ササル規定ヲ揭クルハ不必要ニシテ此趣旨ハ遺言ノ方式ニ關スル他ノ條文ニ依リテ自ラ明白ナルヘシ其他遺言ハ本人ノ死后ニ其效力ヲ生スルモノニシテ斯ノ如キコトハ法律ノ明文ヲ待チテ然ルコトヲ得ルモノナリトノ理論ニ基ツキ殊更ニ何人ト雖トモ遺言ヲ爲シ得ル旨ヲ明示スル立法例少カラスト雖トモ我國ニ於テハ從來ヨリ遺言ナルコトハ善ク人ノ知ル所ニシテ之ヲ爲シ得ルコトニ付キ敢テ疑ヲ生セシムル處ナキニ因リ本案ハ別ニ遺言ノ權利ニ關スル規定ヲ揭ケサルナリ
第千六十一條
(理由)本條ハ遺言年齡ニ關スル規定ニシテ既成法典財產取得編第三百五十七條第四號ニ修正ヲ加ヘタルモノナリ即チ既成法典ハ成年者ニ非サレハ遺贈ヲ爲ス能力ヲ有セスト爲スト雖トモ遺言ハ法定代理人ト雖トモ本人ニ代ハリテ之ヲ爲スコトヲ得サルモノナレハ遺言年齡ヲ以テ普通ノ法律行爲ニ關スル成年ト同一ナラシムルニハ頗ル不便ナルノミナラス既ニ養子緣組又ハ婚姻ノ年齡ヲ以テ成年以下ニ定メタル以上ハ未タ成年ニ達セサル者ト雖モ既ニ養子緣組ヲ爲シ或ハ婚姻ヲ爲シタル者ノ如キハ實際上遺言ノ必要ヲ感スルコト决シテ少ナカラサルヘシ殊ニ本案ノ如キ未成年者ト雖モ有效ニ法律行爲ヲ爲ス能力ヲ有シ只之ヲ取消スコトヲ得ルニ止ムル以上ハ遺言年齡ヲ以テ普通ノ成年以下ニ指定スルモ敢テ本案ノ立法ノ本旨ニ悖ルモノニ非ス加之多數ノ立法例ハ特ニ遺言年齡ヲ指定スルモノニシテ澳、普、索、巴等ノ法典ハ滿十四年トシ佛國民法ハ滿十六年トシ加那太、紐育ノ諸法典及ヒ獨逸民法ハ滿十八年トシ獨逸普通法ハ羅馬法ノ例ニ倣フテ男子ハ滿十四年女子ハ滿十二年ヲ以テ遺言年齡ト爲セリ而シテ男女ノ區別ニ從ヒ遺言年齡ヲ區別スルコトハ其理由ナキニ非スト雖モ細密ニ失シテ其必要ナキニ因リ本案ハ女子ノ婚姻年齡、養子緣組ノ年齡其他諸般ノ事情ヲ斟酌シテ滿十五年ヲ以テ遺言ニ關スル特別年齡ト爲セリ
第千六十二條
(理由)遺言ハ一個ノ法律行爲タルニ因リ本條ノ明文ナキ限リハ行爲能力ニ關スル總則編ノ規定ハ當然遺言ニ適用セラレ爲メニ甚タ不當ノ結果ヲ生スルコトアルニ至ルヘシ是レ本條ニ於テ右ノ規定中遺言ニ適用スヘカラサルモノヲ摘出シテ之ヲ列擧スル所以ニシテ其理由左ノ如シ
一 第四條ハ未成年者カ法律行爲ヲ爲スニハ法定代理人ノ同意ヲ要スルモノニシ遺言ニ付テモ此規定ニ從フコトヲ必要ト爲ストキハ本人ハ隨意ニ遺言ヲ爲スコトヲ得サルヘキヲ以テナリ
二 第九條ハ禁治產者ノ行爲ヲ取消シ得ヘキ旨ヲ認ムルモノニシテ取消シ得ヘキ行爲ハ無能力者ノ代理人又ハ承繼人ニ於テモ之ヲ取消スコトヲ得ルハ第百二十條第一項ノ明示スル所ナレハ禁治產者カ其本心ニ復シタル時ニ於テ第千七十九條ノ規定ニ從ヒ遺言ヲ爲シタルニ拘ハラス其代理人又ハ承繼人カ之レヲ取消スコトヲ得ルニ於テハ禁治產者ト雖モ法定ノ要件ニ從フ以上ハ遺言ヲ爲シ得ルコトヲ認メタル本案ノ立法ノ本旨ニ牴觸スレハナリ盖シ既成法典財產取得編第三百五十七條第二號ノ如ク禁治產者ハ斷然遺贈ヲ爲ス能力ヲ有セスト爲スニ於テハ固ヨリ其代理人等カ遺言ノ取消ヲ爲スコトヲ得ルヤ否ヤニ付キ問題ヲ生セスト雖モ禁治產者ハ心神喪失ノ狀況ニ在ルモノニシテ即チ時々本心ニ復スルコトアルモノナレハ此中間時ニ於テハ有效ニ行爲ヲ爲スコトヲ得ヘキノミナラス心神ノ安固ナル間ニ自己ノ死後處分ヲ爲スコトヲ得セシムルコトハ禁治產者ニ取リテ極メテ必要ナルニ因リ本案ハ禁治產者ト雖モ一定ノ要件ニ從フ以上ハ能ク遺言ヲ爲シ得ヘキコトヲ認ムルモノナレハ此立法ノ本旨ヲ全カラシメントスルニハ禁治產者ノ行爲ノ取消シ得ヘキコトヲ認メタル第九條ノ規定ハ之ヲ遺言ニ適用スルコト勿カラシメサルヘカラサルハ當然ノ事理タルヘシ
三 第十二條ハ準禁治產者ノ行爲ニシテ保佐人ノ同意ヲ得ルコトヲ要スルモノヲ規定スルモノナレハ若シ本條ノ規定ヲ遺言ニ適用シテ準禁治產者カ遺言ヲ爲スニモ保佐人ノ同意ヲ要セシムルトキハ却テ本人ノ能力ヲ制限スルニ失シ實際ノ事情ニ適セサレハナリ盖シ遺言ニ關スル準禁治產者ノ能力ニ付テハ諸國ノ立法例頗ル區々ナリト雖モ多數ノ法典ハ之ヲ認ムルモノニシテ本案ノ如ク禁治產者ト雖モ遺言ヲ爲シ得ルコトヲ認ムルニ於テハ準禁治產者ニ遺言ノ能力ヲ認ムルコトハ固ヨリ當然ノ事タルヘシ
四 第十四條ハ妻ノ行爲ニシテ夫ノ許可ヲ要スルモノヲ規定スルモノナレハ若シ本條ノ規定ヲ遺言ニ適用スルトキハ妻カ自由ニ遺言ヲ爲スコト能ハサレハナリ殊ニ遺言ハ死亡ニ因リテ其效力ヲ生スルモノニシテ夫婦關係モ亦死亡ニ因リテ消滅スルモノナレハ妻ト雖モ自由ニ遺言ヲ爲スコトヲ得セシムルヲ以テ其當ヲ得タルモノトス
第千六十三條
(理由)本條ハ遺言ヲ爲ス能力アル者ノ爲シタル遺言ハ後ニ至リテ本人カ其能力ヲ失フモ敢テ其效力ヲ失フコトナキ旨ヲ明カニスルモノニシテ或ハ無用ノ條文タルカ如シト雖モ實際上ニ於テハ遺言ノ成立時期ト其效力發生ノ時期トヲ混同シテ遺言ハ本人ノ死亡ノ時ニ始メテ成立スルモノトシ遺言ヲ爲ス時ニ其能力ヲ有スルモ死亡ノ時ニ能力ヲ有セサルトキハ遺言ハ無效ナリト解スル者少カラス故ニ本案ハ多數ノ立法例ニ倣ヒ遺言者カ遺言ヲ爲ス時ニ於テ其能力ヲ有スルコトヲ要シ後ニ至リテ之ヲ失フモ遺言ノ效力ニ何等ノ關係ヲ及ホササル旨ヲ明ニセリ
第千六十四條
(理由)本條ハ遺言ニ依リテ處分スルコトヲ得ヘキ財產ノ部分ヲ明示スルモノニシテ既成法典ニハ元ト同樣ノ條文ヲ揭ケスト雖モ其趣旨ニ於テハ既成法典其他多數ノ法典共ニ認ムル所トス畢竟遺留分ナルモノハ公私ノ利益ヲ保護スル爲メ法律上特ニ認メラレタルモノニシテ被相續人ハ隨意ニ死後處分ヲ加フルコトヲ得サルモノナレハ遺留分ニ關スル規定ニ違反セサル限ハ遺言者ハ包括名義ニ依ルト特定名義ニ依ルトニ關セス隨意ニ其財產ノ全部又ハ一部ヲ處分スルコトヲ得ヘキモノトス
第千六十五條
(理由)本條ハ遺贈ヲ受クル者即チ受遺者ノ資格ニ關スル規定ニシテ遺贈ヲ受クル㸃ニ於テ胎兒ヲ以テ既生兒ト視做スコトハ既成法典其他多數ノ法典ノ共ニ認ムル所ナレハ本案ハ即チ第九百六十八條ノ規定ヲ受遺者ニ準用シ又第九百六十九條ニ揭クル所ノ者ハ既ニ遺產相續人タルコトヲ得サルモノナレハ遺贈モ亦之ヲ受クルコト能ハサラシムルハ固ヨリ至當ノ事タルニ因リ同條ノ規定モ亦之ヲ受遺者ニ準用セリ
第千六十六條
(理由)本條ハ遺言ニ關シテ後見人ト被後見人トノ關係ヨリ生スル一種ノ弊害ヲ豫防セントスル趣旨ニ基ツクモノニシテ既成法典ニ其例ナシト雖モ佛國民法其他多數ノ法典ハ尙ホ廣キ範圍ニ於テ本條ト同樣ノ規定ヲ揭ケタリ蓋シ後見人ハ被後見人ニ對スル地位ヲ利用シテ私利ヲ營ムコトハ常ニ見ル所ニシテ法律ハ此弊害テ豫防スル爲メ後見ニ關シテ種々ノ規定ヲ設クルモノナレハ此立法ノ本旨ヲ全カラシムルニハ本條第一項ニ揭クル如キ被後見人ノ遺言ヲシテ無效タラシムルヲ以テ至當トス何トナレハ後見人ハ自己又ハ其配偶者若クハ直系卑屬ノ利益ノ爲メ被後見人ヲシテ適宜ノ遺言ヲ爲サシムルコトハ甚タ容易ニシテ實際上常ニ行ハルヘキコトタレハナリ而シテ或場合ニ於テハ後見人カ其位地ヲ利用シタルニ非スシテ被後見人カ本條ニ揭クル如キ遺言ヲ爲スコトアルヘシト雖モ後見人カ其位地ヲ利用シタルヤ否ヤハ極メテ證明シ難キモノナレハ本案ハ寧ロ本條第一項ノ如キ斷然タル規定ヲ設ケ此ニ揭クル所ノ被後見人ノ遺言ヲ以テ無效ト爲スニ若カサルナリ
後見人カ被後見人ノ直系血族、配偶者又ハ兄弟姉妹タル場合ニ於テ此等ノ者ノ利益ノ爲メニ爲シタル被後見人ノ遺言モ尙ホ且本條第一項ノ規定ニ從ヒ無效タラシムルニ於テハ干涉ニ失シ人情ニ悖ル弊ヲ免レサルヘシ之レ本條策二項ノ規定ヲ設クル所以ニシテ本項ノ場合ニ於テハ被後見人ノ遺言ハ其效力ヲ生スルモノトス然レトモ佛國ノ民法其他多數ノ立法例ノ如ク醫師、僧侶、敎師看護人等ノ利益ノ爲メニ爲シタル遺言モ總テ無效ト爲ス如キハ頗ル細密ニ失シテ適當ノ範圍ヲ指定シ難キニ因リ本案ハ本條提定ノ範圍ヲ後見人ト被後見人トノ關係ニ限定セリ
第二節
(理由)遺言ハ本人ノ死後其效力ヲ生スルモノナレハ遺言ヲ爲ス者ヲシテ後日ニ至リ紛爭ヲ生シ詐欺ノ行ハレンコトヲ豫防スル爲メ一定ノ方式ニ從ハシムルコトヲ要ス之レ本節ニ於テ遺言ノ方式ニ關スル規定ヲ揭クル所以ニシテ其立法ノ本旨ニ付テハ既成法典其他多數ノ法典ト異ナルコトナク又遺言ノ方式ヲ分チテ普通方式及ヒ特別方式ノ二種ト爲ス㸃ニ於テモ既成法典ノ分類ニ從フモノトス
第一欵
(理由)本欵ハ既成法典財產取得編第十四章第四節第一欵ニ相當スルモノニシテ既成法典ハ單ニ遺言ノ方式ト題スト雖モ本欵ニ規定スル方式ハ特別ノ事情ノ存セサル限ハ何人ト雖モ遺言ヲ爲スニ當リ通常之ニ從ハサルヘカラサルモノニシテ特別ノ場合ニ於ケル遺言ニ關シテ規定セラレタル特別方式ニ對スルモノナレハ本案■本欵ヲ題シテ明カニ遺言ノ普通方式ト稱セリ
第千六十七條
(理由)本條ハ遺言ノ普通方式ニ三種アルコトヲ示スモノニシテ既成法典財產取得篇第三百六十八條第一項ノ字句ヲ修正シタルニ過キス而シテ本案カ特ニ本條但書ノ規定ヲ附加シタル所以ハ本條ノ本則ニ於テ遺言ハ必ス三種ノ證書中其一ニ依ラサルヘカラサル旨ヲ明カニシタルニ因リ如何ナル場合ニ於テモ此以外ノ方式ニ依リテ遺言ヲ爲スコトヲ得サルヲ疑ハシムルニ足レハナリ
第千六十八條
(理由)本條ハ自筆證書ニ依ル遺言ノ方式ヲ規定スルモノニシテ其第一項ハ既成法典財產取得編第三百六十九條ノ字句ヲ修正シタルニ過キス而シテ本條第二項ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ別ニ自筆ノ遺言書ヲ保管スル官廳ナキ以上ハ遺言書ノ或部分ヲ塗抹シ又ハ書入其他ノ變更ヲ加フルモ何人カ之ヲ爲セシヤハ分明ナラスシテ徒ニ紛爭ヲ生シ詐欺ヲ行ハシムルニ足ルヘシ故ニ此等ノ弊害ヲ豫防スル方法トシテ本案ハ特ニ本條第二項ノ規定ヲ設ケタルモノニシテ證書其他ノ書類ニ加ヘタル變更ノ認證ニ付キ從來普通ニ行ハレタル方法ニ從フモノトス
第千六十九條
(理由)本條ハ公正證書ニ依ル遺言ノ方式ヲ規定スルモノニシテ既成法典財產取得編第三百七十條ニ多少ノ修正ヲ加ヘタリ即チ既成法典ハ立會證人ノ數ヲ二人ト爲スト雖モ後日ニ至リテ效力ヲ生スヘキモ遺言ニ在リテハ效力發生ノ當時ニ證人カ徃々存在セサルヿアルヲ以テ遺言ノ證人ハ寧ロ多數ナルヲ望ムノミナラス既成法典ノ如ク單ニ證人二人ノ前ニ於テ云々ト規定スルトキハ二人以上ノ證人アリシトキハ遺言ヲシテ却テ無效タラシムルカノ疑ヲ生セシムルニ足ルヲ以テ本案ハ本條第一號ニ於テ證人二人以上ノ立會ヲ要スト改メタリ
本條第三號ニ於テ公證人ハ遺言者ノ口述ヲ筆記スヘキ旨ヲ明カニセリ而シテ既成法典ノ如ク公證人カ單ニ其筆記シタル所ヲ朗讀スルミノニテ足レリト爲ストキハ尙ホ遺言書ヲ確實ノモノタラシムルニ足ラサルヲ以テ多數ノ立法例ハ更ニ筆記ノ本文ヲ遺言者及ヒ證人ニ示スコトヲ命スルモノナレハ本案モ亦此例ニ倣ヒ本條第四號ニ於テ遺言者及ヒ證人ノ公證人ノ筆記ノ正確ナルコトヲ承認シテ各自署名捺印スルコトヲ要セリ加之既成法典ハ氏名ヲ自書スルコト能ハサル者ニモ遺言ノ證人タルコトヲ許スト雖モ本條ハ遺言書ノ確實ナランコトヲ期シ證人ハ少クトモ自ラ署名スルコトヲ得ルモノタルコトヲ要シ從テ本條第四號但書ニ於テハ單ニ遺言者カ署名スルコト能ハサル場合ニ付テノミ既成法典ト同樣ノ便宜法ヲ指定セリ
其他本條第五號モ遺言書ノ確實ナルコトヲ明白ナラシムル爲メ多數ノ立法例ニ倣フテ之ヲ置キタルモノニシテ公證人カ單ニ署名捺印シタルノミニテハ足レリトセス必ス其調製シタル遺言書ハ法定ノ方式ニ從ヒタル旨ヲ附記スルコトヲ要スルモノトセリ
第千七十條
(理由)本條ハ秘密證書ニ依ル遺言ノ方式ヲ規定スルモノニシテ既成法典財產取得編第三百七十一條ニ相當ス而シテ既成法典ハ證人ノ數ヲ限定シテ二人ト爲スニ拘ハラス本條第三號ハ證人二人以上ヲ改メタルハ證據保存ノ必要上證人ノ多數ナルコト望ム趣旨ニ出ツルコトハ既ニ前條ニ於テ說明セシカ如シ既成法典ハ秘密證書ノ筆者ノ何人タル力ヲ明示セシメサルハ重要ナル證據方法ヲ忽カセニスルモノナレハ本條第三號ハ遺言者カ必ス筆者ノ氏名、住所ヲ申述スルコトヲ要シ之ニ依リテ併セテ秘密證書ハ遺言者之ヲ自書スルト他人カ之ヲ書スルトヲ問ハサル旨ヲ明カニセリ
次ニ既成法典ハ氏名ヲ自書スルコト能ハサル者ト雖モ秘密證書ノ證人タルコトヲ得ヘシト爲スヲ以テ財產取得編第三百七十一條第四號但書ノ便宜法ヲ設クル必要アリト雖モ本案ハ既ニ前條ニ於テ說明セシ如ク右ノ證人ハ少クトモ氏名ヲ自署スルコトヲ得ル者タルコトヲ要スル趣旨ニ從フモノナレハ證人カ其氏名ヲ自署スルコト能ハサル場合ニ對シテ特ニ便宜法ヲ設クル必要ナシ其他既成法典ハ公證人カ秘密證書ノ領收書ヲ渡スヘキ旨ノ規定ヲ揭クト雖モ之レ固ヨリ秘密證書ノ方式ニ關スル事項ニ非サレハ本案ハ之ヲ削除シタリト雖モ秘密證書中ニ塗抹、書入其他ノ變更ヲ加ヘタル場合ニ對シ適當ノ證據方法ヲ定ムコルトヲ要スルハ敢テ自筆證書ノ場合ト異ナルコトナキヲ以テ本案ハ特ニ本條第二項ノ明文ヲ設ケ秘密證書ニ依ル遺言ニ付テハ第千六十八條第二項ノ規定ヲ準用スヘキモノト爲セリ
第千七十一條
(理由)本條ハ秘密證書ニ依ル遺言トシテ其效力ヲ保存スヘキ場合ニ關スルモノニシテ既成法典財產取得編第三百七十二條ト同一ノ趣旨ニ從フモノナレハ別ニ說明ヲ要セス
第千七十二條
(理由)秘密證書ニ依リテ遺言ヲ爲サントスル者ハ前條第一項第三號ノ規定ニ因リテ必要ナル申述ヲ爲ササルヘカラサルモノニシテ既成法典ハ財產取得編第三百七十一條第一項第三號ノ規定ニ從フモ尙ホ自己ノ遺言書タル旨ヲ陳述スルコトヲ要スルニ拘ハラス實際上ニ於テ言語ヲ發スルコト能ハサル者カ秘密證書ニ依リテ遺言ヲ爲サントスル場合ナシトセス之レ本條ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ多數ノ立法例ニ倣フテ特ニ本條ノ規定ヲ設ケ言語ヲ發スルコト能ハサル者ト雖モ秘密證書ニ依リテ遺言ヲ爲シ得ル便利ヲ保タシムルモノニシテ其方法ハ即チ本條第一項ニ示ス如ク遺言者ヲシテ其申述スヘキ事項ヲ遺言書ノ封紙ニ自書セシムルニ在リトス而シテ本條第二項ハ第一項ノ當然ノ結果タルヲ以テ別ニ說明ヲ要セス
第千七十三條
(理由)既成法典財產取得編第三百五十七條第二號ハ禁治產者ヲ以テ遺贈ノ能力ヲ有セサル者ト爲スト雖モ斯ノ如キ斷然タル規定ノ不當ナルコトハ既ニ第千六十二條ニ於テ之ヲ說明セリ故ニ本案ハ禁治產者ト雖モ其本心ニ復シタル時ニ於テ能ク遺言ヲ爲シ得ルコトヲ認ムルモノニシテ既ニ行爲能力ニ關スル總則編ノ規定ニ於テ心神喪失ノ情况ニ在ル者ニシテ自ラ禁治產ノ宣吿ヲ請求スルヿヲ得セシメタル立法ノ本旨ト敢テ異ナル所ナキノミナス遺言ノ如キ死後處分ハ禁治產者本人ヲシテ其本心ニ復シタル時ニ之ヲ爲サシムルノ必要極メテ大ナリトス只此塲合ニ於テ禁治產者カ果シテ本心ニ復シタル時ニ於テ遺言ヲ爲シタルヤ否ヤニ付キ爭ヲ生セシムルニ足ルヲ以テ法律上此弊害ヲ豫防スルコトヲ要ス是レ本案ハ禁治產者カ遺言ヲ爲ス塲合ニ對シ特ニ本條ノ方式ヲ規定スル所以ニシテ其第一項ハ即チ二人以上ノ醫師ヲ立會ハシメテ禁治產者カ本心ニ復シタル時ニ遺言ヲ爲シタルヿヲ證明セシメ其第二項ハ右ノ醫師カ其證明ヲ爲スニ當リ遵守スヘキ方式ヲ指定スルモノトス要スルニ禁治產者ノ遺言ノ能力ハ既ニ本章ノ總則ニ於テ之ヲ認メタルモノニシテ本條ハ右通則ノ適用ニ關スル特別ノ方式ヲ規定スルモノナレハ本條ノ規定ニ因リテ醫師二人以上ノ立會ヒタルモ之カ爲メニ遺言ニ必要ナル他ノ證人ヲ不必要タラシムルモノニ非サルヿ實ニ辯明ヲ要セサル所トス
第千七十四條
(理由)本條ハ遺言ノ證人又ハ立會人タルコトヲ得サル者ヲ列擧スルモノニシテ既成法典財產取得編第三百七十三條ニ比シ大ニ其範圍ヲ廣メタリ盖シ遺言ノ効力ハ證人又ハ立會人ノ證言ニ依リテ定マルモノタルニ拘ハラス何人ト雖モ證人又ハ立會人タルコトヲ許ストキハ容易ク詐欺ノ行ハルル弊アルヲ以テ無能力者ヲ始メトシテ遺言ニ付キ利害關係ヲ有スル者其他證人又ハ立會人タル信用ヲ與フルコトヲ得サル者ノ如キハ遺言ノ證人又ハ立會人タルコトヲ得サラシムルヲ以テ至當トス畢竟本條ニ列擧スル所ノ者モ固ヨリ適宜ノ斟酌ニ依リ之ヲ定メタルニ外ナラスト雖モ既成法典カ遺言ノ證人タルコトヲ得サル者トシテ除外セル範圍ハ頗ル狹キニ失セル以テ本案ハ多數ノ立法例ニ倣フテ適當ニ之ヲ擴張セリ
第千七十五條
(理由)本條ハ所謂共同遺言ヲ禁スルモノニシテ既成法典財產取得編第三百六十八條第二項ノ字句ヲ修正シタルニ過キス盖シ共同遺言ハ遺言ノ取消ノ自由ヲ妨クルノミナラス遺言者カ共同遺言ヲ爲シタル意思ニ付テ種々ノ疑ヲ生セシムルニ因リ多數ノ立法例ハ槪ネ共同遺言ヲ禁シ只夫婦間ニ於テノミ之ヲ許ス所ノ一二ノ立法例アリト雖モ我國ニ於テハ其必要ヲ感セサルニ因リ本案ハ全ク既成法典ト同一ノ趣旨ニ基ツキ本條ノ規定ヲ存シタリ
第二欵
(理由)本款ハ既成法典財產取得篇第十四章第四節第二款ニ相當スルモノニシテ其大躰ニ於テ既成法典ト異ナルコトナシト雖モ既成法典カ遺言ノ特別方式ニ依ラシムル場合ハ聊カ制限ニ失シ實際ノ事情ニ適セサル所アルヲ以テ本案ハ此㸃ニ於テ補充的修正ヲ加ヘタリ故ニ本欵ノ規定ハ既成法典ニ比シ其條數ヲ增スニ至リタリト雖モ其詳細ハ各本條ニ就テ之ヲ說明スヘシ
第千七十六條
(理由)本條ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ死亡ノ危急ニ迫リタル者ヲシテ普通方式二依リ遺言ヲ爲サシムルコトヲ得サルハ事實上疑ナキ所ニシテ殊ニ我國ノ如ク豫メ遺言ヲ爲シ置クノ風習未タ普ク行ハレス槪ネ死亡ニ瀕シテ遺言ヲ爲ス者多キ狀態ニ於テハ此場合ニ對シ簡易ナル遺言ノ特別方式ヲ指定スルコトヲ要ス是レ即チ本條ハ疾病其他ノ事由ニ因リ死亡ノ危急ニ迫リタル者ノ爲メニ左ニ說明スル如キ遺言ノ特別方式ヲ認メタル所以ニシテ此方式ハ諸種ノ特別方式中最モ普通ニ行ハルルモノナレハ本款ノ首條トシテ之ニ關スル規定ヲ揭ケタリ
從來普通ニ行ハレタル所ニ依レハ臨終ニ際シ本人カ其最モ親昵セル者ニ遺言ノ旨趣ヲ口授スルニ止マルコト多ク又將ニ死亡セントスル者ノ遺言ノ如キハ務メテ簡易ノ方式ニ從ハシムルコトヲ要スルハ實際ノ事情ニ照シテ疑ナキノミナラス本人カ未タ遺言ヲ爲サントセサルニ拘ハラス他ヨリ其臨終ヲ推測シテ遺言ニ必要ナル方式ヲ備ヘ本人ニ對シテ其遺言ヲ求ムルカ如キハ人情ノ許ササル所ナキニシモ非スト雖モ從來普通ニ行ハレタル遺言ノ如ク單ニ或一人ニ其旨趣ヲ口授スルモ之ニ依リテ完全ニ遺言ノ效力ヲ生スルモノト爲スニ於テハ此者カ容易ニ遺言ノ旨趣ヲ矯ムルコトヲ得ヘク又之ヲ書面ニ記載セサルニ於テハ遂ニハ詐欺ヲ誘發シ紛爭ヲ釀生セシムルノ弊ニ堪ヘサルヘシ故ニ疾病其他ノ事由ニ因リ死亡ノ危急ニ迫リテ遺言ヲ爲サントスル塲合ト雖モ證人三人以上ノ立會ノ上其一人ニ遺言ノ旨趣ヲ口授シ此者ハ之ヲ筆記シテ遺言者及ヒ他ノ證人ニ讀聞カセ各證人ハ筆記ノ正確ナルコトヲ承認シタル後署名捺印スヘキモノトシ之ニ依リテ遺言ノ旨趣ヲ他ヨリ變更增減スルカ如キ弊ヲ豫防スルト同時ニ遺言ノ普通方式ニ比シテ一層簡易ナル特別方式ニ依リ遺言ヲ爲スコトヲ得セシムルモノトス
以上說明スル所ノ簡易ナル方式ニ依リ遺言ヲ爲シタル場合ト雖モ斯ノ如キ遺言ハ尙ホ後ニ至リ他ヨリ變更增減スルコト頗ル容易ニシテ殊ニ立會ノ證人カ共謀シテ遺言ノ旨趣ヲ矯ムルカ如キ弊ナキヲ保セス故ニ本法ハ此等ノ弊害ヲ豫防シ遺言ノ確實ナランコトヲ期スル爲メ其有效條件トシテ更ニ本條第二項ノ規定ヲ設ケ第一項ノ規定ニ依リテ爲シタル遺言ト雖モ遺言ノ日ヨリ二十日內ニ證人ノ一人又ハ利害關係人ヨリ其確認ヲ裁判所ニ請求セサルヘカラストシ裁判所ハ本條第三項ニ明示スルカ如ク遺言者ノ眞實ノ意思ニ出テタル心證ヲ得テ始メテ其確認ヲ與ヘ之ニ依リテ遺言ノ効力ヲ發生セシムルモノト爲セリ
第千七十七條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第三百七十六條ト殆ント同一ニシテ其必要ナルコトハ別ニ說明ヲ要セス唯既成法典ノ如ク交通ヲ遮斷セラレタル地方ニ在ル者ト云フトキハ交通遮斷ノ家屋病院等ニ在ル者ヲ包含セサルカノ疑ヲ生セシムルニ足ルヲ以テ本法ハ廣ク交通遮斷ノ塲所ニ在ル者ト改メタルノ外證人ノ數ヲ一人以上トシ既成法典ノ如ク之ヲ一人ニ限定スルカ如キ不必要ノ制限ヲ除去シタルニ過キス
第千七十八條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第三百七十四條及ヒ第三百七十五條ヲ合シテ之ニ多少ノ修正ヲ加ヘタリト雖モ其本旨ニ至リテハ全ク既成法典其他多數ノ法典ニ採用セル立法主義ニ從フモノトス盖シ軍人及ヒ軍屬ノ意義ハ陸海軍ニ關スル諸法令ニ照ラシテ自ラ明白ナルヘク斯ノ如キ者ノ爲メニ特別ノ塲合ニ於ケル遺言ニ付キ特ニ簡易ナル方式ヲ指定スルコトヲ要スルハ固ヨリ論ヲ俟タサル所ナリト雖モ此特別方式ニ從フコトヲ得ヘキ軍人又ハ軍屬ヲ指定スルニ當リ既成法典ノ如ク遠征中ニ在ル者又ハ內地ト雖モ交戰中ニ在ル者ト言フトキハ遠征ナル用語ノ意義極メテ不確定ニシテ陸海軍ニ關スル諸法令中ニモ其例ヲ見ス又交戰ナル用語ハ其意義狹キニ失シテ立法ノ本旨ニ適セサルニ因リ本法ハ此等ノ弊ヲ避クル爲メ廣ク從軍中ノ軍人軍屬ハ本條ノ特別方式ニ依リ遺言ヲ爲スコトヲ得ト改メタルモノニシテ從軍ナル用語ハ陸海軍ノ法令上ニ於テ其意義自ラ明白ナルヘク既成法典ニ所謂合圍中ニ在ル軍人軍屬ノ如キモ當然其中ニ包含セラルルモノナレハ陸海軍ノ主務省ノ意見ヲ參酌シテ右ニ述フルカ如キ修正ヲ加ヘタリ
次ニ本條第一項ノ塲合ニ於ケル立會人ニ付キテハ既成法典財產取得編第三百七十四條ハ將校一人證人二人ト爲スト雖モ軍隊派遣ノ實際上ニ於テハ別ニ將校ナクシテ其相當官ノミ存スルコトアリ或ハ將校及ヒ相當官ナクシテ單ニ凖士官又ハ下士ノミ存スルコトアリテ既成法典ノ制限的標凖ハ實際ノ事情ニ適セサル場合少カラサルニ因リ是レ亦主務省ノ意見ヲ參酌シテ立會人ノ範圍ヲ擴張シ將校又ハ相當官ノ一人若クハ此等ノ者ナキトキハ凖士官又ハ下士一人ノ立會ヲ要ストシ又證人ノ數ニ付テハ既成法典ノ如ク二人ニ限定スル必要ナキヲ以テ之ヲ二人以上ト改メタリ
本條第第二項ハ既成法典財產取得編第三百七十五條ニ相當スルモノニシテ同條ニ所謂遠征中、交戰中又ハ合圍中ニ在ル軍人又ハ軍屬ヲ改メテ單ニ從軍中ノ軍人又ハ軍屬ト爲シタル理由ハ既ニ說明セリ而シテ立會人ニ付テハ既成法典ハ之ヲ醫官及ヒ軍務官ト爲スト雖モ臨時雇入ノ醫士ノ如キハ之ヲ醫官ト稱スルコトヲ得ス又別ニ事務官ナル者存セサル場合ナシトセサルニ因リ本法ハ廣ク醫師ナル用語ニ依リ此者ヲ以テ第一項ニ揭クル所ノ將校又ハ相當官ニ代フルコトヲ得セシメ且證二人以上ノ立會ヲ以テ遺言書ヲ作ラシムルモノト爲セリ
第千七十九條
(理由)本條ハ從軍中ノ軍人及ヒ軍屬ノ遺言ニ付キ口頭ニ依ル特別方式ヲ認ムルモノニシテ既成法典ニ其例ナシト雖モ既ニ本欵ノ首條ニ於テ通常人ニ付キ本條ト同樣ノ特別方式ヲ認メ實際ノ必要ニ適セシメタルモノナレハ從軍中ノ軍人及ヒ軍屬ニ付テモ疾病、傷痍其他ノ事由ニ因リ死亡ノ危急ニ迫リタル塲合ニ口頭ノ遺言ヲ許ス必要アルコトハ固ヨリ論ヲ待タス故ニ本法ハ主務省ノ意見ヲ參酌シテ本條ノ規定ヲ設ケタルモノニシテ立會證人ヲ二人以上ト爲シタル所以ハ從軍中ナルヲ以テ力メテ多人數ヲ要セサラシメント欲スト雖モ一人ノ證人ニテハ頗ル信憑ヲ措キ難キニ因ルノミ其他證人ノ爲スヘキ手續ヲ簡易ナラシメタルハ實際ノ事情ヲ斟酌シタルニ外ナラスト雖モ遺言書ノ變更增減ヲ豫防シ其確實ヲ保タントスルニハ公ノ權力ニ依リ之ヲ確認セシムルノ必要アルニ因リ本條第二項及ヒ第三項ハ第千七十六條ノ例ニ倣ヒ之ニ適當ノ規定ヲ揭ケタルモノナリトシタルハ陸軍ニ於ケル理事及ヒ海軍ニ於ケル主理ハ即チ裁判官ノ職務ヲ行フモノナレハナリ其他確認請求ノ時期ニ付テハ從軍中ノ者ニ對シ第千七十六條第二項ノ如ク相當ノ期間ヲ指定シテ遺言書ノ提出ヲ强要スルコトヲ得サルハ實際ノ事情ニ照ラシテ疑ナキ所タルニ因リ本條第二項ハ單ニ遲滯ナク遺言書ヲ提出スルコトヲ要スル旨ヲ示スニ止メタリ
第千八十條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第三百七十七條ノ趣旨ニ從フモノニシテ唯其適用ノ範圍ヲ擴張シタルニ過キス即チ既成法典ハ單ニ航海中ニ在ル者ニ對シ本條ノ特別方式ヲ定ムルニ止マルト雖モ航海中ニ在ラスシテ現ニ軍艦其他ノ船舶中ニ在ル者ハ其事情敢テ航海者中ニ在ルト異ナル所ナキヲ以テ本法ハ廣ク艦船中ニ在ル者ヲシテ本條ノ特別方式ニ從ヒ遺言書ヲ作ルコトヲ得セシメタリ其他立會人ノ範圍ニ付キ多少修正ヲ加ヘタリト雖モ其理由ハ既ニ第千七十八條ニ於テ說明セシ所ト敢テ異ナルコトナキヲ以テ茲ニ之ヲ畧ス
第千八十一條
(理由)本條ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ軍艦其他ノ船舶カ危難ニ遭遇シタル塲合ニ於テハ遭難者カ遺言ヲ爲スニ付キ第千八十條ノ特別方式ニモ從フコトヲ得サル事情ノ存スルコトハ別ニ說明ヲ要セサル所ニシテ既ニ第千七十九條ハ從軍中死亡ニ瀕シタル軍人及ヒ軍屬ノ爲メニ口頭ニ依ル遺言ノ方式ヲ認メタル以上ハ艦船ノ危難ニ遭遇シタル者ノ爲メニモ亦之ト同樣ノ特別方式ヲ認ムルノ必要ナルコト更ニ辯明ヲ要セサル所トス是レ即チ本條ハ特ニ艦船遭難ノ場合ニ於テハ第千七十九條ノ規定ヲ準用シ口頭ノ遺言ヲ爲スコトヲ得セシメタル所以ニシテ證人其他遺言書確認ノ請求等ニ關シテハ既ニ第千七十九條ニ於テ說明シタルニ因リ茲ニ之ヲ反覆セス
第千八十二條
(理由)本條ハ既成法典財產取得編第三百七十九條ノ字句ヲ修正シテ其意ヲ判明ナラシメタルニ止マルモノナレハ別ニ說明ヲ要セス
第千八十三條
(理由)本條ノ必要ハ明白ナルヲ以テ別ニ理由ヲ說明セス唯第千七十九條ノ塲合ニ本條ヲ適用スルハ從軍中印ヲ携帶セス又ハ之ヲ失ヒタル者アルヘキヲ以テナリ
第千八十四條
(理由)第千六十八條第二項第千七十三條乃至第千七十五條ノ規定ハ總テ前八條ニ揭クル所ノ特別ノ方式ニ依ル遺言ニ付テモ必要ナルヲ以テ本條ハ特ニ前述ノ規定ヲ此方式ニ從フ遺言ニ凖用スヘキ旨ヲ示シタルニ過キス
第千八十五條
(理由)本節ノ規定ハ特別ノ事情ノ下ニ存スル者ノ爲メニ簡易ナル方式ニ依リ遺言ヲ爲スコトヲ得セシメタルモノニシテ遺言ノ確實ヲ保タントスル立法ノ本旨ニ對シ多少牴觸スル所アルハ固ヨリ疑ナキ所タルヲ以テ特別方式ニ依ルコトヲ得セシメタル原因カ消滅シテ遺言者カ普通方式ニ依リ遺言ヲ爲スコトヲ得ルニ至リタルトキハ先ノ遺言ヲシテ其效力ヲ失ハシメ更ニ普通方式ニ依リテ遺言ヲ爲シ其確實ヲ保タシムルヲ以テ至當トス故ニ本法ハ多數ノ立法例ニ倣ヒ特ニ本條ニ於テ特別方式ニ依リタル遺言ノ有效期間ヲ定メ此遺言書ハ本人カ普通方式ニ依リテ遺言ヲ爲スコトヲ得ルニ至リタル時ヨリ六个月間生存スルトキハ其效力ヲ失フヘキ旨ヲ明示シタルモノニシテ既成法典ニ比例ナキハ其缺點ト謂フヘシ
第千八十六條
(理由)本條ハ外國ニ在ル日本人ノ遺言ノ方式ニ關スル規定ニシテ既成法典ハ公正證書又ハ秘密證書ニ依ル遺言ヲ爲スニハ公證人ノ存スルコトヲ要スルニ因リ外國ニ在ル日本人ニ對シ此等ノ方式ニ依リテ遺言ヲ爲スコトヲ許サスト雖モ公證人ノ職務ハ日本ノ領事ヲシテ之ヲ行ハシムルコトヲ得ルヲ以テ外國ニ在ル日本人ニ付テモ力メテ遺言ノ方式ヲ自由ニシ實際ノ便宜ニ適セシムルヲ以テ至當トス故ニ本法ハ既成法典ニ其例ナシト雖モ多數ノ立法例ニ倣ヒ特ニ本條ノ規定ヲ設ケ日本ノ領事ノ駐在スル地ニ在ル日本人ヲシテ公正證書又ハ秘密證書ニ依リ遺言ヲ爲スコトヲ得セシメ從テ公證人ノ職務ハ領事ヲシテ之ヲ行ハシムヘキ旨ヲ明示スルモノニシテ領事ハ人民保護ノ任ニ當ル者ナレハ右ノ職務ヲ行ハシムルニ付キ其當ヲ得タルモノト謂フヘシ其他既成法典財產取得編第三百八十一條ハ其實質ニ於テ不必要ノ手續タルニ因リ之ヲ削除セリ
第三節
(理由)本節ノ規定既成民法財產取得編第十四章第四節第四欵ニ該當ス既成民法ニ於テハ遺言ノ効力及ヒ其執行ニ關スル定規ヲ一欵中ニ揭ケタリト雖モ本案ニ於テハ遺言ノ效力ト其執行トヲ分チテ各一節ヲ設ケタリ抑モ遺言執行ノ事タルヤ遺言ノ效力ニ關スルモノニ外ナラサルカ故ニ遺言ノ效力ト其執行トヲ一欵中ニ規定スルハ理論上敢テ之ヲ非難スヘキ非ラスト雖モ遺言ノ執行ニ關スル規定ハ甚タ複雜ナルヲ以テ遺言ノ效力ト其執行トヲ分チ別ニ之ヲ規定スルヲ便トス外國ノ立法例ニ於テ本案ト同シク遺言ノ效力ト其執行トヲ分ツモノアルハ畢竟此理由ニ出テタルモノニ外ナラサルナリ
本案ニ於テハ遺言ノ效力ニ關スル規定ト其執行ニ關スル規定トヲ分チテ各一節ヲ設ケタリト雖モ遺言ノ効力ニ關スル本節中ニ遺言ノ效力ヲ生セサル場合ニ關スル規定ヲモ揭ケタリ是レ盖シ遺言カ效力ヲ生セサル塲合ニ關スル規定ハ畢竟遺言ノ效力ニ關スル規定ニ外ナラサルヲ以テナリ佛法系ノ法典ニ於テハ遺言ノ取消ト遺言ノ效力ヲ生セサル場合トヲ併セテ規定セリト雖モ之ヲ分ケテ規定スルヲ至當トスルカ故ニ本節ニ於テハ先ツ遺言ノ效力ニ關スル規定ヲ揭ケ次節ニ遺言ノ取消ニ關スル規定ヲ揭ケタリ
第千八十七條
(理由)本條ノ規定ハ財產取得編第三百九十條第一項及ヒ第二項ニ該當ス同條ニ於テハ遺贈ノミニ關シテ規定ヲ設ケタリ然レトモ遺言ハ獨リ遺贈ノミニ非スシテ後見人、家督相續人若クハ遺言執行者ノ指定又ハ家督相續人若クハ遺產相續人ノ排除等ニ關スルコトアルカ故ニ同條ノ規定ハ狹キニ失スルモノト謂ハサルヘカラス是レ本條ニ於テ遺贈ニ代フルニ遺言ナル文字ヲ以テシタル所以ナリ
遺言ハ遺言者ニ於テ其死亡ノ時ニ至ルマテハ何時ニテモ之ヲ取消スコトヲ得ルモノト爲ササルヘカラス是レ第一項ヲ設ケタル所以ナリ佛法系ノ法典ニ於テハ受遺者ハ遺言者ノ死亡ニ依リテ直チニ權利ヲ取得スルコトヲ得ルモ引渡ヲ受クルマテハ占有者トナルコトナキ旨ヲ規定スルモノアリ然レトモ此事タルヤ敢テ言フヲ要セサルヘシ又既成民法ニ於テハ有期ノ遺贈ハ滿期ニ至ルマテ其執行ヲ止ムトアルモ是レ亦言フヲ待タサル所ナリ
第二項ノ規定ハ實際遺贈ノ場合ニノミ其適用ヲ見ルモノトス盖シ他ノ場合ニ於テハ遺言ニ條件ヲ附スルモ其效力ヲ生セサルヘキヲ以テナリ又第二項ノ規定ハ言ハスシテ明ナルカ如シト雖モ第一項ノ規定ノ結果トシテ遺言ハ之ニ停止條件ヲ附シタル場合ニ於テモ遺言者ノ死亡ノ時ヨリ其效力ヲ生スルカ如キ觀アルカ故ニ特ニ之ヲ置クヲ可トス財產取得篇第三百九十條ニ於テハ停止條件附遺贈ノ效力ハ通則ニ從フ旨ヲ規定セルカ故ニ遣言ニ停止條件ヲ附シタル場合ニ於テ條件ノ成就シタルトキハ假令其成就カ遣言者ノ死亡前ニ在ルトキト雖モ尙ホ遣言ノ効力ヲ生スルモノト解セラルヽニ至ル可シ故ニ本條第二項ニ於テハ停止條件附遺言ハ條件カ遺言者ノ死亡後ニ生シタルトキハ條件成就ノ時ヨリ其効力ヲ生スルコトヲ明ニセリ
第千八十八條
(理由)本條第一項ノ規定ハ財產取得編第三百九十條第四項ニ該當ス本條ノ規定タルヤ一見之ヲ置クノ必要ナキカ如シ然レトモ前條ニ於テ遺言ハ遺言者ノ死亡ニ依リテ其効力ヲ生スル旨ヲ規定スルカ故ニ遣贈ハ之ヲ抛棄シテ其効力ノ生セサリシモノト爲スコト能ハサルモノニ非サルカノ疑ヲ生スル恐アリ是レ特ニ本條ノ規定ヲ設ケタル所以ナリ又遺贈ハ遺言者ノ死亡ニ依リテ始メテ其効力ヲ生スルモノナルカ故ニ遺言者ノ死亡後ニ非サレハ之ヲ抛棄スルコト能ハサル旨ヲ規定スルノ必要アルヘシ
第二項ハ第千三十九條ト同一ノ理由ニヨリ設ケタルモノニシテ別ニ說明ヲ要セス
第千八十九條
(理由)受遺者カ永ク承認又ハ抛棄ノ意思表示ヲ爲ササルトキハ遺贈義務者其他ノ利害關係人ノ不便少カラサルヘシ外國ノ法典ニ於テハ「ツユーリヒ」民法ノ外本條ノ如キ規定ヲ設タルモノナシ只「ツユーリヒ」民法ハ包括遺贈ニ付キテノミ本條ノ如キ規定ヲ設ケ且ツ受遺者ニ對スル催吿ハ裁判所ニ於テ之ヲ爲スヘキモノト爲セリ本案ニ於テハ成ルヘク裁判所ノ干涉ヲ避クル主義ヲ採リタルカ故ニ本條ノ場合ニ於テモ裁判所ニ於テ催吿ヲ爲スヘキモノトセサルナリ只遺贈義務者又ハ其他ノ利害關係人ヲシテ期間ヲ定メシムルハ少シク危險ナルカ如シト雖モ期間ノ相當ナルヤ否ヤニ付キ爭アルニ當リ裁判所ニ於テ其爭ヲ决スヘキモノトセハ敢テ不都合ナカルヘシ又「ツユーリヒ」民法ハ受遺者カ期間內ニ何等ノ意思表示ヲ爲ササル場合ニ於テハ如何ナル結果ヲ生スヘキカヲ規定セスト雖トモ本條ニ於テハ受遺者カ遺贈義務者其他利害關係人ノ定メタル相當ノ期間內ニ遺贈義務者ニ對シテ遺贈ノ承認又ハ抛棄ノ意思表示ヲ爲ササルトキハ承認ヲ爲シタルモノト看做ス旨ヲ規定シ以テ此缺㸃ヲ補ヒタリ而シテ受遺者カ右ノ期間內ニ何等ノ意思ヲモ表示セサル場合ニ於テ遺贈ヲ承認シタルモノト看做スハ通常其意思ニ適スルモノト謂フヘシ
第千九十條
(理由)本條ノ規定ハ第千十八條ノ規定ト同一ノ主意ニ出テタルモノトス凡ソ受遺者カ遺贈ノ承認又ハ抛棄ヲ爲ス前ニ死亡スルトキハ受遺者ノ權利ハ其死亡ノ時ニ於ケル有樣ニテ其相續人ニ移ルモノナルカ故ニ本條ノ規定ハ言フヲ待タサルカ如シト雖モ全ク疑ナシト謂フヘカラス殊ニ數人ノ相續人アルトキハ各自獨立シテ承認又ハ抛棄ヲ爲スコトヲ得ルモノナルヤ又ハ一致シテ之ヲ爲スコトヲ要スルモノナルヤノ疑ヲ生スヘキカ故ニ本條ニ於テハ數人ノ相續人ハ各自其相續權ノ範圍內ニ於テ承認又ハ抛棄ヲ爲スコトヲ得ルコトヲモ併セテ規定セリ而シテ本條ノ規定ハ反對ノ意思表示ヲ容レサルモノニ非サルカ故ニ尙ホ但書ノ規定ヲ設ケタリ
第千九十一條
(理由)本條ノ規定ハ第千二十二條ノ規定ト同一ノ主意ニ出テタルモノナルカ故ニ別ニ之ヲ說明セス
第千九十二條
(理由)本條ノ規定ハ財產取得編第三百九十條第一項ノ精神ヲ採リタルモノニシテ諸國ノ法典ニ於テ見ル所ナリ今遺產相續人ニ關スル規定ヲ一々包括受遺者ニ凖用スルトキハ其煩頗ル大ナリト雖モ若シ包括受遺者ハ遺產相續人ト同一ノ權利義務ヲ有スルモノト定ムルトキハ以テ此煩ヲ避クルヿヲ得ヘシ
第千九十三條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス今遺贈カ辨濟期ニ在ラサルトキハ遺贈義務者ハ其辨濟期ノ到來スルマテニ無資力ト爲ルコトアルヘク又ハ遺贈ノ目的物ヲ毀損シ若クハ之ヲ處分スルコトアルヘシ是レ本條ノ規定ヲ設ケ受遺者ノ利益ヲ保護スル所以ナリ
第千九十四條
(理由)本條ノ規定ハ財產取得編第三百九十二條ニ該當ス同條ハ佛民法及ヒ其他佛法系諸國ノ法典ニ倣ヒ受遺者ハ遺贈物ノ引渡ノ時ヨリ果實ヲ取得スルコトヲ得ルモノト定メタリ是レ蓋シ遺贈ノ目的カ特定物ナルトキハ受遺者ハ遺贈カ效力ヲ生スルト同時ニ其所有權ヲ取得スルモノナリト雖モ其占有ハ引渡ニ依リテ之ヲ取得スルモノト爲シタルカ爲メナラン然レトモ受遺者カ遺贈ノ目的タル物ノ引渡ヲ請求スルハ其既ニ得タル權利ヲ行使スルモノニ外ナラス而シテ既ニ所有權ヲ有スル以上ハ之ニ伴フテ果實ヲ取得スルコトヲ得ルモノトセサルヘカラス殊ニ受遺者ハ遺贈ノ效力ヲ生スルト共ニ其目的タル特定物ノ所有權ヲ取得スルモ其引渡ヲ受クルニ非サレハ其占有ヲ取得セサルモノトスルハ畢竟誤謬タルヲ免レス蓋シ相續人ハ受遺者ニ代リテ占有ヲ爲スモノニ外ナラサルヲ以テナリ
財產取得編第三百九十三條ハ特ニ之ヲ置クノ必要ナシ殊ニ同條第二項及ヒ第三項ハ次條ノ規定及ヒ法律行爲ニ關スル總則編ノ規定アルカ爲メ之ヲ置クヲ要セサルヘシ又同第三百九十四條ノ規定ハ特ニ之ヲ設クルコトヲ要セス蓋シ遺言者カ遺言ノ後ニ取得シタル不動產ニシテ遺贈ノ目的タル不動產ト合シテ一躰ヲ爲ササルモノハ受遺者ニ於テ之ヲ取得スル理ナキヲ以テナリ
第千九十五條
(理由)本條ハ受遺者ノ償還義務ヲ規定シタルモノニシテ獨逸民法(二一八四、二一八五)ノ規定ニ倣ヒタルモノトス財產取得編第三百九十三條第二項ニ於テハ只改良費ノミニ付キ規定ヲ設ケタリ然レトモ必要費ニ關シテモ規定ヲ設クルノ必要アルヘシ而シテ受遺者ノ負擔スル償還義務ノ範圍ハ民法第百九十六條ノ場合ト同一ニセハ以テ公平ノ結果ヲ得ルニ至ラン又果實ヲ取得スルカ爲メニ出シタル通常ノ必要費ハ果實ノ價格ヲ超エサル範圍內ニ於テ其償還ヲ爲スヘキモノトセハ以テ過不及ナキヲ得ヘシ
第千九十六條
(理由)本條ハ遺言カ効力ヲ生セサル場合ヲ規定セルモノナリ第一項ノ規定ハ諸國ノ法典ニ於テ之ヲ見ルモノニシテ其至當ナルハ言フヲ待タス第二項ノ規定ハ第一項ノ規定ヲ置キタル以上ハ之ヲ置クノ必要アルヘシ盖シ第一項ノ規定ニ依レハ遺贈ハ受遺者カ遺言者ノ死亡ノ際ニ尙ホ生存スルトキハ遺言者ノ死亡ニ依リテ其効力ヲ生スルニ至ルモノナルカ故ニ第二項ノ規定ヲ置クニ非サレハ停止條件附ニテ遺贈ヲ受ケタル者カ遺言者ノ死亡ノ際ニ生存スルトキハ假令條件成就前ニ死亡スルモ遺贈ハ尙ホ其効力ヲ生スルモノト解セラルルニ至ル可キヲ以テナリ又第二項ノ規定ハ反對ノ意思表示ヲ容レサルモノニ非スト雖モ疑ヲ生センコトヲ恐レ但書ノ規定ヲ設ケタリ
遺言者ノ死亡ノ際ニ懷胎中ニ在ラサル者ノ爲メニ爲シタル遺贈ヲ有効トスル立法例ナキニ非スト雖モ此ノ如キ遺贈ノ効力ハ甚タ不確實ナルカ故ニ本案ニ於テハ之ヲ認メサルナリ
第千九十七條
(理由)遺贈カ前條ノ規定ニ依リテ其効力ヲ生セサルニ至リタルトキ又ハ抛棄ニ依リテ其効力ナキニ至リタルトキハ受遺者カ受クヘカリシ部分ハ他ノ受遺者ニ歸屬スルモノニ非サルカノ疑ヲ生スヘシ盖シ第千三十九條第二項ニ於テ一人ノ遺產相續人カ抛棄シタル相續分ハ遺產相續人ニ歸屬スル旨ヲ規定セルノミナラス外國ノ立法例ニ於テ一人ノ受遣者ノ抛棄シタル部分ハ他ノ受遺者ニ歸屬スルモノトスル主義ヲ採ルモノアルヲ以テナリ又第千九十二條ニ於テハ包括受遺者ハ遺產相續人ト同一ノ權利義務ヲ有スル旨ヲ規定セルノミナラス包括受遺者ハ他ノ受クヘカリシ部分ヲ取得スルモノト規定セル外國ノ立法例甚タ多キカ故ニ本條ノ規定ナキトキハ少クトモ包括受遺者ニ付キテハ之ト反對ノ結果ヲ生スルニ至ルヘシ然レトモ相續財產ハ相續人ノ財產ナルカ故ニ受遺者ノ受クヘカリシ部分ハ本則トシテ相續人ニ歸屬スルモノト爲ササルヘカラス然レトモ此事タルヤ敢テ反對ノ意思表示ヲ容レサルモノニ非サルカ故ニ遺言者ハ別段ノ意思表示ニ依リテ或受遺者ノ受クヘカリシ部分ハ他ノ受遺者ニ歸屬スルモノト定メ又ハ特定ノ第三者ニ歸屬スルモノト定ムルコトヲ得ヘシ
第千九十八條
(理由)佛國民法及ヒ和蘭民法ニ於テハ遺言者ノ知不知ニ關セス他人ノ權利ヲ目的トスル遺贈ヲ無効トシ又白耳義民法草案及ヒ西班牙民法ニ於テハ遺贈者カ遺贈ノ目的タル權利ノ他人ニ屬スルコトヲ知リタル塲合ニ限リ他人ノ權利ヲ目的トスル遺贈ト雖モ尙ホ其效力ヲ生スルモノト爲セリ而シテ獨逸民法ニ於テハ遺言者カ遺贈ノ目的タル權利ノ他人ニ屬スルコトアルニ拘ハラス之ヲ以テ遺贈ノ目的ト爲ス意思ヲ有シタルモノト認ムヘキトキハ其遺贈ヲ有效トセリ佛民法及和蘭民法ニ於テモ遺贈者カ遺贈ノ目的タル權利ノ自己ニ屬セサルコトヲ知リ相續人ヲシテ之ヲ取得シテ受贈者ニ移轉セシメントスル意思ヲ有シタルトキハ他人ノ權利ヲ目的トスル遺贈ト雖モ尙ホ其効力ヲ生スルコトヲ得ルモノトスルノ主意ニ外ナラルヘシ本案ニ於テハ遺言ハ遺言者ノ死亡ノ時ニ至リテ其效力ヲ生スルコトヲ定メタルカ故ニ其死亡ノ時ニ於テ遺言ノ目的カ遺言者ニ屬セサルトキハ本則トシテ其遺贈ヲ無效ト爲ササルヘカラス然レトモ本條ニ於テハ成ル可ク遺贈ヲ有效トスル主意ニ基キ一般ノ事情ニ依リテ遺贈者ノ意思ヲ推測シ遺贈者カ遺贈ノ目的タル權利ノ相續財產ニ屬セサルコトアルニ拘ハラス之ヲ以テ遺贈ノ目的ト爲シタルモノト認ムヘキトキハ他人ノ權利ヲ目的トスル遺贈ト雖モ尙ホ效力ヲ生スルコトヲ得ル旨ヲ規定セルナリ
第千九十九條
(理由)本條ノ規定ハ他人ノ權利ヲ目的トスル遺贈カ前條但書ノ規定ニ依リテ有效ナルトキハ如何ナル結果ヲ生スヘキカヲ定メタルモノニシテ獨逸民法ノ規定ニ同シ只獨逸民法ニ於テハ本條但書ノ如キ規定ヲ設ケスト雖モ疑ヲ生スルコトヲ避ケンカ爲メ本案ニ於テハ但書ノ規定ヲ設ケ以テ反對ノ意思表示ヲ容ルルコトヲ明カニセリ凡ソ遺言者ハ他人ノ權利ヲ目的トスル遺贈ヲ爲スニ當リ遺贈義務者カ其權利ヲ取得スルコト能ハサルトキハ之レニ類スル權利ヲ與フヘキモノト定ムルコトアルヘク又ハ其權利ヲ取得スル爲メ過分ノ費用ヲ要スル場合ニ於テモ必ス之ヲ與ヘサルヘカラサルモノト定ムルコトアリト謂フヘシ
第千百條
(理由)本條ハ遺贈義務者ノ擔保ノ責任ヲ規定セリ外國ノ立法例ニ於テ遺贈義務者ノ擔保ノ責任ヲ明ニ規定セルモノハ西斑牙及ヒ獨逸民法ノミナリ凡ソ遺贈義務者ノ擔保ノ責任ヲ定ムルニ當リテハ當事者ノ意思ニ基キ成ルヘク履行ニ近キ救正ノ方法ヲ設クルヲ可トス殊ニ第二項ノ規定ヲ設クルニ非サレハ受贈者ハ單ニ損害賠償ヲ請求スルコトヲ得ルニ過キサルカ故ニ便宜法トシテ之ヲ設クルノ必要アルヘシ
第千百一條
(理由)本條ノ規定ハ獨逸民法ノ規定ニ傚フテ之ヲ設ケタルモノトス今第三者カ遺贈ノ目的タル物ノ滅失若クハ毀損ヲ來シ又ハ其占有ヲ奪ヒタルトキ又ハ遺贈ノ目的物カ他ノ物ト附合又ハ混和シタル場合ニ於テハ遺言者ノ意思ハ通常第三者ニ對スル損害賠償ノ請求權、償還請求權又ハ共有權ヲ以テ遺贈ノ目的トスル意思ヲ有スルモノト認ムルコトヲ得ヘシ是レ本條ノ推定ヲ設クル所以ナリ新民法ハ先取特權及ヒ質權ニ付キテモ亦本條ニ類スル規定ヲ設ケタリ
第千百二條
(理由)本條ノ規定ハ遺贈ノ目的タル物又ハ權利カ遺言者ノ死亡ノ時ニ於テ質權又ハ抵當權等ノ目的タル場合ニ關スルモノナリ凡ソ遺贈ヲ爲ス者ハ通常其遺贈カ效力ヲ生スル時ニ於ケル有樣ニテ或物又ハ權利ヲ遺贈スル意思ヲ有スルモノナリ故ニ多數ノ立法例ニ於テハ皆本條ノ如キ規定ヲ設ケタリ今若シ本條ノ規定ナキトキハ受遺者ハ遺贈義務者ニ對シテ遺贈ノ目的タル物又ハ權利ニ付キ存在スル第三者ノ權利ヲ消滅セシムルコトヲ請求スルコトヲ得ルモノト解スル者ナキヲ保セサルヘシ西班牙民法ニ於テハ受遺者ニ此權利ヲ與ヘタルヲ以テ益々本條ノ規定ヲ設クルノ必要ヲ生シタリ
第千百三條
(理由)本條ノ規定ハ一ノ解釋的規定ニシテ獨逸民法ニ於テ見ル所ナリ今債權ヲ以テ遺贈ノ目的ト爲シタル場合ニ於テ遺言者カ爾後辨濟ヲ受ケ且ツ其受取リタル物カ現存スルトキハ通常其物ヲ以テ遺贈ノ目的ト爲ス意思ヲ有シタルモノト認ムヘシト雖モ遺言ノ取消ヲ爲シタルモノト認ムヘカラサルナリ而シテ金錢ヲ目的トスル債權ニ付キテハ其債權額ニ相當スル金錢ノ現存セサルトキト雖モ遺言者ハ其金額ヲ以テ遺贈ノ目的ト爲シタルモノト認ムルコトヲ得ヘシ盖シ金錢ハ通常他ノ物ニ變シテ相續財產中ニ存在スルヲ以テナリ今若シ本條ノ規定ナキカ遺贈ノ目的ノ存在セサル結果トシテ遺言者ハ遺言ノ取消ヲ爲シタルモノト認メラルルニ至ラン
第千百四條
(理由)既成法典ニ於テハ負擔附遺贈ニ關スル規定ヲ設ケス故ニ本案ニ於テハ此缺㸃ヲ補ヒタリ第一項ハ負擔ノ範圍ヲ定メタルモノニシテ通常當時者ノ意思ニ適スルモノナリト謂フヘシ第二項ハ負擔附遺贈ノ場合ニ於テ負擔ノ利益ヲ受ク可キ者カ永ク不確定ノ地位ニ在ルコトヲ防クカ爲メニ設ケタルモノトス凡ソ受遺者カ遺贈ノ抛棄ヲ爲シタルトキハ特別ノ規定ナクンハ其受クヘカリシモノハ相續人ニ歸スルニ至ルヘシ然ルニ相續人ハ相續ヲ抛棄スルコトヲ得ルカ故ニ受遺者カ負擔附遺贈ノ抛棄ヲ爲シタル場合ニ於テ其受クヘカリシモノハ相續人ニ歸スルモノトスルトキハ負擔ノ利益ヲ受クヘキ者ハ永ク不確定ノ地位ニ在ル結果ヲ生スルニ至ルヘシ
本條ハ特定遺言ノ場合ノミニ限リ其適用ヲ見ルモノトス盖シ包括受遺者ハ相續人ト同一ノ權利義務ヲ有スルモノナルヲ以テナリ
第千百五條
(理由)今本條ノ規定ヲ設ケサルトキハ全ク反對ノ結果ヲ生シ實際不公平ト爲ルノミナラス亦遺言者ノ意思ニ反スルニ至ルヘシ故ニ獨逸民法ノ規定ニ倣ヒテ本條ノ規定ヲ設クルコトトセリ
第四節
(理由)既成法典ニ於テハ遺言執行ニ關シ唯財產取得編第三百九十五條乃至第三百九十八條ノ規定ヲ設ケタルノミ同第三百九十八條第二項ニハ遺言執行者ハ代理人ノ普通義務ニ服ストアルモ遺言執行者ハ委任ノ規定ニ從ヒテ遺言執行ノ責ニ任スルノミニテハ未タ以テ其任務ヲ完フスルモノト謂フヘカラス加之ナラス右ノ規定ハ遺言執行者ノ任務ノ終了シタル場合ヲ包含セサルナリ之ヲ要スルニ既成法典ノ規定ハ甚タ不完全ナルカ故ニ本案ニ於テハ遺言執行ニ關シ本節ニ於テ詳細ノ規定ヲ設ケタリ
第千百六條
(理由)本條ノ規定ハ財產取得編第三百九十五條第一項及ヒ第二項ニ該當ス同條ニ於テハ何人カ遺言書ノ撿認ヲ裁判所ニ請求スヘキモノナルカヲ規定セス本條ニ於テハ此缺㸃ヲ補ヒ遺言書ノ檢認ヲ請求スル者ハ其保管者トシ保管者ナキトキハ相續人ニ於テ此手續ヲ爲スヘキモノト定メタリ而シテ本條ニ於テ既成法典ノ主義ヲ採用シ裁判所ニ遺言書ノ檢認ヲ請求スヘキモノト定メタルハ一ハ僞造ヲ發見スルカ爲メニシテ一ハ遺言書カ秘密證書ナル場合ニ於テハ相續人カ私ニ遺言書ヲ開封スルコトヲ得ルモノトセハ遺言者カ秘密證書ヲ作リタル目的ヲ達スルコト能ハサルニ至ルヘキヲ以テナリ
外國ノ立法例ニ於テハ公證人ニ遺言書ヲ提出スヘキモノト爲スモノアリト雖モ我國ニ於テハ此主義ヲ採用セス佛國ニ於テモ遺言書ハ之ヲ裁判所ニ提出スヘキモノト定メタリ又獨逸民法ニ於テハ公證人カ遺言書ヲ保管スル場合ニ於テモ之ヲ裁判所ニ提出スヘキモノト定メタリ是レ蓋シ獨逸民法ハ死後處分ニ付キテハ一々裁判所ノ干涉ヲ要スルモノトスル主義ヲ採リタルカ爲メナリ本案ニ於テハ公證人カ遺言書ヲ作リタル場合ニ於テハ之ヲ裁判所ニ提出スルコトヲ要セサルモノト認メ第二項ノ規定ヲ設ケタリ
封印アル遺言書ハ必スシモ秘密證書ナリト謂フ可カラス其ノ自筆證書タルコトアルハ勿論ナリ而シテ封印アル證書ハ裁判所カ相續人ノ立合ヲ以テ之ヲ開封スルノ必要アルヘシ或立法例ニ於テハ相續人カ裁判所ニ出頭セサル場合ヲ豫想シ相續人ヲ召喚スルモ出頭セサルトキハ裁判所ハ其立會ナクシテ之ヲ開封スルコトヲ得ルモノト定メタリト雖モ本案ニ於テハ相續人カ裁判所ニ出頭セサルトキハ遺言書ノ開封ヲ爲スヘカラサルモノトスル主義ヲ採リ相續人カ出頭セサル場合ニ關スル規定ヲ設ケサルナリ
第千百七條
(理由)本條ハ財產取得編第三百九十五條第三項ニ該當ス外國ノ立法例ニ於テハ本條ノ如キ規定ヲ設ケタルモノナシ葡萄牙民法及ヒ西班牙民法ニ於テハ損害賠債ノ制裁ヲ設ケタリト雖モ本案ニ於テハ明確ヲ期スルカ爲メ最高額ヲ定メテ過料ノ制裁ヲ設ケタリ只本條ノ規定ヲ民法中ニ置クハ體裁ヲ失スル嫌アリト雖モ其實質ニ至リテハ蓋シ不可ナル所ナカルヘシ過料ノ額ヲ二百圓ト定メタルハ別ニ據ル所ナシ只既成法典ノ草案ニ於テ最高額ヲ二百圓トセルヲ以テ之ニ傚ヒタルニ過キス夫ノ財產取得編第三百九十五條第三項ニ於ケルカ如ク最高額ヲ百圓ト定ムルハ少キニ失スルノ感ナキニ非サルナリ
第千百八條
(理由)本條ノ規定ハ財產取得編第三百九十八條第一項ニ該當ス本條ニ於テ遺言者ハ遺言ノミヲ以テ遺言執行者ノ指定又ハ其指定ノ委託ヲ爲スコトヲ得ルモノト定メタルハ盖シ本案ニ於テハ遺言者カ死後ノ關係ヲ定ムルニハ遺言ノミヲ以テスヘキモノトスル主義ニ基キテ從來幾多ノ規定ヲ設ケタルヲ以テナリ
第一項末段及ヒ第二項ノ規定ハ獨逸民法ニ傚ヒテ之ヲ設ケタリ凡ソ遺言者カ遺言執行者ノ指定ヲ他人ニ委託スルヲ得ルハ言ハスシテ明ナルヘシト雖モ何人ニ委託ヲ爲スヘキモノナルカヲ明ニスル必要アルカ故ニ第一項末段ノ規定ヲ設ケタルナリ又獨逸民法ニ於テハ遺言執行者指定ノ委託ヲ受ケタル者ハ裁判所ニ對シテ指定ノ意思表示ヲ爲スヘキ旨ヲ定メタリト雖モ此ノ如ク裁判所ニ對シテ指定ノ意思表示ヲ爲スヘキモノトスルトキハ裁判所ヨリ更ニ相續人ニ對シテ通知ヲ爲スノ必要アルカ故ニ本條ニ於テハ遺言執行者ノ指定ハ之ヲ相續人ニ通知スヘキモノト定メ此點ニ付キテハ獨逸民法ノ主義ヲ採用セサルナリ
第千百九條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見スト雖モ外國ノ法典ニ於テハ多ク此ノ如キ規定ヲ設ケタリ本條ハ先ツ遺言執行者ニ指定セラレタル者ハ其任ニ就クコトヲ承諾セサルコトヲ得ル旨ヲ明カニシ旦ツ遺言執行者タルコトヲ承諾シタル者ハ何レノ時ヨリ其任務ヲ行フヘキモノナルカヲ規定セリ
第千百十條
(理由)本條ハ遺言執行者カ速ニ就職ノ諾否ニ關スル意思表示ヲ爲ササル場合ニ付キ設ケタル規定ナリ外國ノ立法例ニ於テハ多クハ本條ノ如キ規定ヲ設ケスト雖モ獨リ獨逸民法ノミ之ヲ設ケタリ只獨逸民法ニ於テハ裁判所カ期間ヲ定メテ催吿ヲ爲スモノトシ且ツ遺言執行者ニ指定セラレタル者ハ裁判所ノ定メタル期間內ニ何等ノ意思表示ヲ爲ササルトキハ就職ヲ拒絕シタルモノト看做セリ今此ノ如ク遺言執行者ニ指定セラレタル者カ或期間內ニ何等ノ意思表示ヲ爲ササルトキハ就職ヲ拒絕シタルモノト看做スハ理論上至當ナリト雖モ實際ニ於テ甚タ不便ナリ葢シ遺言者ハ既ニ死亡シタル後ナルヲ以テ更ニ遺言執行者ノ指定ヲ爲スコト能ハサルヲ以テナリ
第千百十一條
(理由)凡ソ相續人ノ利益ハ通常遺言ノ執行ト相容レサルモノナルカ故ニ遺言執行者タル者ハ相續人ノ爲メニ左右セラルルコトナク能ク其職務ヲ完フスルコトヲ得ル者ナラサルヘカラス是レ本條ノ規定アル所以ナリ
外國ノ立法例ニ於テハ孰レモ無能力者ハ遺言執行者タルコト能ハサル旨ヲ規定セリ今新民法ノ規定スル所ニ依レハ無能力者ト雖モ亦代理人タルコトヲ得ルモノナルカ故ニ無能力者ヲシテ遺言執行者タルコト能ハサラシムルニハ特別ノ規定ヲ設クルノ必要アルハ勿論ナルヘシ或立法例ニ於テハ妻ハ夫ノ許可ヲ得テ遺言執行者タルコトヲ得ル旨ヲ規定セリト雖モ此主義ハ我邦ノ事情ニ適セサルカ故ニ之ヲ採用セサルナリ
第千百十二條
(理由)凡ソ遺言執行者ナキトキハ(一)遺言者カ遺言執行者ヲ指定セサル場合(二)遺言執行者ノ指定ヲ委託セラレタル者カ指定ヲ爲ササル場合(三)遺言執行者ニ指定セラレタル者カ就職ヲ拒ミタル場合(四)遺言執行者ニ指定セラレタル者カ無能力者又ハ破產者ナル場合ナリ又遺言執行者ナキニ至リタルトキトハ一人又ハ數人ノ遺言執行者ニ付キ解任、辭任、死亡、無能力又ハ破產ノ如キ事由ヲ生シタル場合ナリ今此ノ如ク初メヨリ遺言執行者ナキ場合又ハ之ナキニ至リタル場合ニ於テハ特別ノ指定ナクンハ相續人ハ遺言執行者ト爲ルニ至ルヘシ然ルニ相續人ハ正當ニ遺言ヲ執行者セサルニ付キ利益ヲ有スルカ故ニ相續人ヲシテ遺言執行者タラシムルハ甚タ危險ナリト謂フヘシ是レ本條ノ指定アル所以ナリ只裁判所カ進ンテ干涉ヲ爲スノ必要ナキカ故ニ裁判所ハ利害關係人ノ請求ニ依リ遺言執行者ヲ選定スルコトヲ得ルモノト定メタリ
第二項ノ規定ハ速ニ遺言執行者ノ就職ヲ見ンカ爲メニ設ケタルモノナリ今若シ此規定ヲ設ケサルトキハ容易ニ遺言ノ執行ヲ爲スコト能ハサルニ至ルヘシ
第千百十三條
(理由)本條ハ遺言執行者ノ義務ヲ規定セルモノニシテ多數ノ法典ニ於テ見ル所ナリ凡ソ遺言執行者ハ相續財產ヲ管理シ遺言執行ノ責ニ任スルモノナルカ故ニ幾何ノ相續財產アルカヲ明ニセサルヘカラス而シテ相續人ハ相續ノ承認及ヒ抛棄ヲ爲スカ爲メ相續財產ノ額ヲ知ラント欲スルカ故ニ本條ノ規定ヲ置クノ必要アルハ勿論ナラン或立法例ニ於テハ遺言執行者ハ毎ニ相續人ノ立會ヲ以テ財產目錄ヲ調製スヘキモノト定メタリト雖モ此主義ニ依ルトキハ相續人ノ不在ナルカ如キ場合ニ於テハ財產目錄ノ調製ニ多クノ時日ヲ要スルニ至ルヘキカ故ニ本案ニ於テハ此主義ヲ採用セサルナリ
第千百十四條
(理由)諸國ノ法典ニ於テハ遺言執行者ノ權利義務ニ關シ詳細ノ規定ヲ設ケタリト雖モ歸スル所ハ本案ノ規定ト大差アルコトナシ外國ノ法典ニ於テハ遺言執行者カ相續財產ニ屬スルモノヲ賣却スルニハ裁判所ノ許可ヲ必要トスル旨ヲ規定セルモノアリト雖モ此事タルヤ徒ラニ煩雜ヲ來スニ過キス殊ニ本案ニ於テハ限定承認ノ場合ニ於テ相續財產ニ屬スルモノヲ賣却スルカ爲メ裁判所ノ許可ヲ必要トスル旨ヲ規定セサルカ故ニ權衡上遺言執行ノ場合ニ於テモ相續財產ニ屬スルモノヲ賣却スルニ當リ裁判所ノ許可ヲ受クヘキ旨ヲ規定スヘカラサルナリ之ヲ要スルニ遺言執行者カ辨濟ヲ爲スカ如キ實際ノ必要ヨリシテ相續財產ニ付キ處分ヲ爲スハ至當ナルヘク若シ遺言執行者カ實際ノ必要ナキニ拘ラス相續財產ニ付キ處分ヲ爲シタルトキハ善良ナル管理者ノ注意ヲ缺キタルモノトシテ其責ニ任セサルヘカラサルカ故ニ裁判所ノ許可ヲ待テ相續財產ニ付キ處分ヲ爲スヘキモノト定ムル必要ナカルヘシ
第千百十五條
(理由)相續人カ相續財產ヲ管理スルコト能ハサルハ以上ノ規定ニ依リテ明ナルモ相續財產ハ相續人ノ財產ニ外ナラササルカ故ニ本條ノ規定アルニ非サレハ反對ノ結果ヲ生スルニ至ルヘシ故ニ獨逸民法ノ規定ニ倣ヒテ本條ノ規定ヲ設クルコトトセリ
第千百十六條
(理由)本條ノ規定ハ外國ノ法典ニ於テ之ヲ見ス然レトモ其精神ニ至リテハ本條ノ規定ト同一ニシテ特定財產ニ關スル遺言アル場合ニ於テハ遺言執行者ハ全相續財產ノ目錄ヲ調製シ且ツ相續財產ノ全部ヲ管理スルコトヲ要セサルモノトスルニ在ラン
凡ソ遺言執行者カ遣留分ヲ定ムルニ當リテハ特定財產ヲモ併セテ一切ノ相續財產ノ價額ヲ計算シ然ル後其特定財產ノ幾分ヲ保存スヘキモノナルカヲ明カニスヘキモノナルカ故ニ此目的ヲ以テスル一切ノ相續財產ノ計算ハ其善良ナル管理者ノ注意ヲ爲ス責ニ任スル結果トシテ必ス爲ササルヘカラサル所ナラン
第千百十七條
(理由)遺言執行者ノ性質ニ關シテハ學者ノ間ニ議論アリ佛國法學者ハ多クハ之ヲ以テ遺言者ノ代理人ト爲シ其代理權ハ遺言者ノ死亡ノ時ニ發生スルモノト爲セリ而シテ此等ノ學者カ遺言執行者ヲ以テ相續人ノ代理人ニ非スト爲ス理由ヲ聞クニ曰ク遺言執行者ナル者ハ遺言者カ相續人ノ對手トシテ之ヲ置クモノナルカ故ニ遺言執行者ヲ以テ相續人ノ代理人ト爲スハ遺言者ノ意思ニ反スヘシト云フニアリ又獨逸ノ學者ハ遺言執行者ヲ以テ債權者ノ代理人ト爲ス者アリ又ハ之ヲ以テ相續人ノ代理人ト爲ス者アリ此ノ如ク遺言執行者ハ何人ノ代理人ナルカノ問題ニ付キ學者ノ間ニ議論アルカ故ニ法文ニ於テ明ニ此問題ヲ决スルヲ可トス而シテ代理ノ規定ヲ適用スルニ當リテモ遺言執行者ノ何人ノ代理人ナルカヲ明ニスルノ必要アルハ勿論ナルヘシ抑モ遺言執行者ハ相續人ニ屬スル權利ヲ行フモノナルカ故ニ之ヲ以テ相續人ノ代理人ト爲スヲ至當トス只遺言執行者ハ相續人ノ意思ニ依ラスシテ其代理人ト爲ルモノナルカ爲ニ之ヲ以テ相續人ノ法定代理人ト爲ササルヘカラサルナリ
第千百十八條
(理由)遣言執行者ハ相續人ノ法定代理人ナルカ故ニ特別ノ規定ナクンハ民法第百六條ノ適用ヲ生シ自己ノ責任ヲ以テ隨意ニ復代理人ヲ選任スルコトヲ得ルニ至ルヘシ然レトモ遺言執行者ハ通常遺言者ノ指定スル所ニ依ルモノナルカ故ニ委任ニ依ル代理人ト同シク已ムコトヲ得サル事由アルニ非サレハ復代理人ヲ選任スルコト能ハサルモノト爲シ且ツ民法第百五條ノ規定ニ從ヒ委任ニ依ル代理人ト同一ノ責任ヲ負擔スルモノト爲ササルヘカラス是レ本條ノ規定アル所以ナリ
第千百十九條
(理由)遺言執行者數人アル場合ニ付キテハ立法例區々ナリ獨逸民法ニ於テハ共有及ヒ組合ノ場合ト同シク數人ノ遣言執行者ハ共同シテ其任務ヲ執行スヘキモノト爲シ佛民法ニ於テハ各遺言執行者ハ單獨ニテ遺言ヲ執行スルコトヲ得ルモノト爲セリ凡ソ遺言執行者ハ二人以上アルトキト雖モ通常其數少カルヘク又遺言執行ハ其性質上遺言執行者ノ一致ヲ以テ之ヲ爲スヲ可トスルカ故ニ共同主義ヲ採ルヲ至當トスルカ如シ然レトモ新民法ハ共有及ヒ組合ノ場合ニ於テ過半數ノ協議ヲ以テ事ヲ處スヘキモノト爲シタルカ故ニ權衡上本條ニ於テモ數人ノ遺言執行者ハ過半數ヲ以テ其任務ノ執行ヲ決ス可キモノト定メサルヘカラス西班牙民法ニ於テハ本條ト同一ノ主義ヲ採レリ
第一項但書ノ規定ハ遺言者カ數人ノ遺言執行者ヲシテ任務ヲ分擔セシメ又ハ之ヲシテ共同ニテ任務ヲ行ハシムルカ如キ場合ヲ豫想シテ設ケタルモノナリ
第二項ノ規定ハ獨逸民法ノ規定ニ倣ヒテ之ヲ設ケタルモノニシテ其至當ナルハ言フヲ俟タサル所ナルヘシ
第千百二十條
(理由)獨逸民法ニ於テハ遺言執行者ハ本則トシテ報酬ヲ受クルコトヲ得ルモノト爲シタリト雖モ大多數ノ立法例ニ於テハ無報酬ヲ以テ本則ト爲セリ西班牙民法ノ如キハ明ニ第二ノ主義ヲ採レリ抑モ遺言執行ノ事タルヤ其性質上本則トシテ之ニ報酬ノ伴ハサルモノトスルヲ穩當トス殊ニ委任ハ本則トシテ無償ナルカ故ニ權衡上遺言執行者ハ無報酬タルヲ本則ト爲ササルヘカラサルナリ
遺言者カ遺言執行者ヲ指定スルニ當リ實際之ニ報酬ヲ與フルノ必要アルトキハ通常遺言ヲ以テ報酬ヲ定ムヘク又遺言者カ遺言執行者ヲ指定シタル場合ニ於テハ遺言執行者ハ其任ニ就クコトヲ拒ムコトヲ得ルカ故ニ遺言者カ遺言ヲ以テ遺言執行者ヲ指定スル場合ニ於テハ遺言執行者ハ本則トシテ報酬ヲ受ルコト能ハサルモノトスルモ敢テ不都合ナカルヘシ然レトモ裁判所ノ選定スル遺言執行者ハ其任ニ就クコトヲ拒ムコト能ハサルカ故ニ裁判所ニ於テ遺言執行者ヲ選定シタルトキハ裁判所ハ事情ヲ斟酌シテ報酬ヲ定ムルコトヲ得ル旨ヲ規定スルノ必要アリ而シテ遺言執行者カ報酬ヲ受クヘキ場合ニ於テハ民■第六百四十八條第二項及ヒ第三項ヲ準用スルノ至當ナルハ說明ヲ俟タスシテ明ナルヘシ
第千百二十一條
(理由)外國ノ立法例ニ於テハ多クハ本條ノ如キ規定ヲ設ケタリ委任ノ場合ニ於テハ委任者ハ裁判所ヲ煩ハサスシテ隨意ニ受任者ヲ解任スルコトヲ得ルモノト爲スヲ至當トスルモ遺言執行者ハ遺言者、其委託ヲ受ケタル第三者又ハ裁判所ニ於テ其指定又ハ選定ヲ爲スモノナルカ故ニ之ヲ解任スルニハ裁判所ニ請求ヲ爲スモノトスルヲ至當トス又本案ニ於テハ遺言執行者ハ受任者ト異リ其任務ヲ辭スルモ爲メニ損害賠償ノ責任ヲ負擔セサルモノトスル主義ヲ採レリ是レ盖シ委任ノ場合ニ於テハ幾多ノ金錢上ノ關係ヲ生スヘシト雖モ遺言執行ノ場合ニ於テハ此關係ヲ生スルコト少キヲ以テナリ
第千百二十二條
(理由)遺言執行者ハ其任務ノ終了シタル場合ニ於テモ一時必要ノ處分ヲ爲ササルヘカラス又遺言執行者ノ任務ノ終了ハ之ヲ相續人ニ通知シ又ハ相續人カ之ヲ知リタルニ非サレハ之ヲ以テ其相續人ニ對抗スルコト能ハサルモノト爲スノ必要アリ是レ本條ノ規定アル所以ナリ
第千百二十三條
(理由)本條ノ規定ハ財產取得編第三百九十六條ニ同シク只其字句ヲ修正シタルニ過キス
第五節
(理由)法典中遺言ノ取消ニ關スル規定ヲ置クヘキ場所ニ付テハ諸國ノ立法例其軌ヲ一ニセス或ハ取消シ得ヘキコトハ遺言ノ特質ナリトノ理由ニ依リ之ヲ總則中ニ規定シタルモノアリ葡萄牙法典ノ如キ是ナリ或ハ之ヲ遺言カ效力ヲ生セサル場合ト共ニ規定シ遺言ノ無效及ヒ取消ト題スルモノアリ佛蘭西、和蘭、西班牙其他佛蘭西法系諸國等皆之レニ屬シ我舊法典亦實ニ之ニ倣ヘリ然リト雖モ本案ニ於テハ遺言カ效力ヲ生セサル場合ト遺言者ノ行爲ニ依リテ取消サルル場合ヲ區別シ效力ヲ生セサル場合ハ之ヲ效力ノ規定中ニ揭ケタルヲ以テ伊太利其他二三个國ノ法典ノ體裁ニ倣ヒ特ニ遺言ノ末節ニ於テ取消ノミニ關スル規定ヲ置ケリ獨逸民法及ヒ獨逸ノ各聯邦民法ノ如ク遺言ノ設定中ニ規定スルハ徒ラニ法文ノ錯雜ヲ來スヘキヲ以テ本案ハ之レニ倣フコトナシ
第千百二十四條
(理由)本條ハ遺言取消ノ總則ヲ規定セルモノニシテ明示ニテ取消ス場合ニ關セリ抑遺言ノ取消ハ獨立ノ法律行爲ニシテ遺言ニアラス故ニ本條ニ於テ遺言ノ取消ハ凡テ遺言ノ方式ニ依ルヘキモノトシ以テ要式行爲タルコトヲ明カニセリ遺言ノ取消ハ遺言ノ方式ニ依ラサルヘカラサル理由ハ要式行爲ハ少クトモ其存立ト同一ノ方式ニ依ルニ非サレハ其存立ヲ否認スルハ不條理ナルヲ以テナリ而シテ遺言ヲ取消ス場合ニ二アリ他人ヨリ之ヲ取消ス場合及ヒ遺言者自身ニ之ヲ取消ス場合是ナリ本節ハ主トシテ遺言者カ自ラ取消ス場合ヲ規定シ最後ノ一个條ヲ以テ他人ヨリ取消ス場合ヲ規定セリ諸外國ノ立法例中往々遺言ノ取消シ得ヘキコトヲ遺言ノ一要素トシテ之ヲ定義中ニ揭クルモノナキニ非スト雖モ本法ニ於テハ比例ニ倣ハサリシカ故ニ特ニ本條ニ於テ其取消シ得ヘキコトヲ明カニセリ又取消ノ方式ニ付キテハ必ラスシモ前ト同一ノ方式ニ依ルヲ要セス自筆證書、秘密證書又ハ公正證書ニ依ル遺言ハ此方式中何レノ方式ヲ以テスルモ取消ノ效アルモノトス次ニ本條ニ於テ特ニ全部又ハ一部ト揭ケタルハ贅文ナルカ如シト雖モ羅馬法以來數個ノ遺言ヲ殘シテ死亡スルコトヲ得ストノ原則アリテ現ニ澳太利ノ如キハ之ニ倣ヒ若シ遺言ノ一部ヲ取消シタルトキハ全部消滅ニ歸スルモノトセルカ故ニ此主義ニ反シ一部ノ取消ヲモ許スコトヲ明示センカ爲メニ之ヲ明言スルノ必要アルニ至レリ
第千百二十五條
(理由)本條及ヒ次條ハ默示ノ取消ノ場合ヲ規定セルモノニシテ既成法典取得編第四百條及ヒ第四百一條ニ該當ス抑モ後ノ遺言ニ於テ前ノ遺言ヲ取消スコトヲ明言シタルトキハ前條ノ規定ヲ以テ足ルト雖モ其之ヲ明言セスシテ互ニ牴觸セル場合ニハ其效果如何ノ問題生スヘキヲ以テ前條ト同一ノ趣旨ニ依リ特ニ本條第一項ヲ設ケタリ
第二項ハ諸國法文ト其體裁ヲ同ウセス諸國ノ民法ハ多クハ遺贈ノ目的物ヲ生前ニ處分シタルトキ或ハ後ノ遺言ヲ以テ前ノ目的ヲ更ニ遺贈ノ目的物トシタルトキ其他一々其事項ヲ列擧セリト雖モ本條ハ列擧法ニ倣ハスシテ槪括的ニ之ヲ表示セリ
葡萄牙民法ニ依レハ二個ノ遺言ノ前後ヲ知ルコト能ハサルトキハ共ニ其效力ナキモノト規定セリト雖モ大抵日附其他ノ事項ニ依リ時ノ前後ヲ知リ得ヘク其之ヲ知ルコト能ハサルカ如キハ實際殆ント皆無ナルヘキヲ以テ本案ニ於テハ此ノ如キ場合ニ關スル規定ヲ置クノ必要ヲ觀サリシナリ
第千百二十六條
(理由)本條ハ既成法典其他佛蘭西法系ノ諸國ニ於テ多クノ其類例ヲ見スト雖モ固ト遺言ハ遺言者死亡後ニ其效力ヲ生スルモノナレハ殊ニ其證據ニ重キヲ置キ遺言ト遺言書トハ殆ント同一ニシテ則チ遺言書ハ遺言ヲ證明スル唯一ノ證據ナルニモ拘ハラス自ラ之レヲ毀滅スル如キハ前ノ遺言ヲ取消シタルモノト見做スヘキハ當然ナルノミナラス若シ斯ク見做ササルニ於テハ法律ニ於テ遺言書無キ遺言ヲ認ムルノ結果ヲ生シ實際ニ頗ル穩當ナラサルカ故ニ特ニ本條前段ヲ設クルノ必要アリト云フヘシ次ニ目的物ヲ故意ニ毀滅シタル場合ニ付テモ各國之ヲ規定セス盖シ之ヲ規定セサル所以ハ目的物ノ毀滅ハ即チ目的物ノ喪失ニシテ遺言ノ失效ト稱シ得ヘキカ故ニ殊更ニ之ヲ揭クルノ必要ナシト判定シタルニ在ラン殊ニ佛蘭西法系諸國ニ於テ此規定ヲ揭ケサルハ失效ノ場合ト取消ノ場合トヲ一括シテ規定セルカ故ニ理論上取消ト云ヒ得サルモ其效力ヲ生セスト云ヒ得ルヲ以テ自ラ之ヲ毀滅シタルトキハ故意ニ因ルト過失ニ因ルトヲ問ハス共ニ遺贈ノ効力初メヨリ無キモノト認メタルニ因ラスンハアラス然レトモ其目的物ヲ故意ニ毀滅スルハ生前處分ヲ施シタルト異ナル所ナキヲ以テ意思ノ推測上前條ト同シク取消ノ場合ト認メ特ニ本條後段ヲ置キタルナリ
第千百二十七條
(理由)本條ハ既成法典取得編第四百二條ニ該當ス一旦取消サレタル遺言ハ其取消ヲ更ニ取消スニ因リテ其效力ヲ復活スルヤ否ヤヲ定メタリ此點ニ付テハ各國立法例ヲ大別スレハ復活主義ト非復活主義トノ二ツアリ取得編及ヒ佛蘭西法系諸國ノ法典ニ於テハ後者ヲ採用シ反之澳地利ニ於テハ前ノ遺言存在スルニ當リ後ノ遺言書ヲ毀滅又ハ取消シタルトキハ前ノ遺言書復活スルモノトシ獨逸民法ニ於テハ第一讀會ニ於テハ非復活主義ヲ採用セリト最モ第二讀會ニ至リ更ニ復活主義ヲ採用セリ蓋シ遺言ハ死亡ノ時ニ其效力ヲ生スルモノナレハ生前再ヒ之ヲ取消シタルトキハ前ノ遺言カ其效力ヲ復活スヘキ當然ナリト云フニ在ラン然レトモ復活主義ハ理論上實際上大ニ不都合ナリト云ハサルヲ得ス何トナレハ遺言ノ取消ハ獨立ノ法律行爲ナルカ故ニ直チニ其効力ヲ生シ前ノ遺言ハ初メヨリ成立セサルモノト看做サルルニモ拘ハラス更ニ後者ヲ取消スニ因リテ前者ヲ復活セシムルハ理論ノ牴觸ヲ免レサルノミナラス實際上非常ナル疑義ヲ生スヘキヲ以テ本條ニ於テ舊法典ニ倣ヒ非復活主義ヲ採用セリ
第千百二十八條
(理由)本條ハ伊太利西班牙以外ノ法典ニ其類例ヲ見スト雖モ其主義ニ於テハ各國異ナル所ナカルヘシ何トナレハ此明文ヲ揭ケサル諸國ニ於テハ遺言ノ定義中ニ其取消シ得ヘキモノナルコトヲ明カニセルヲ以テ敢テ本條ノ如キ規定ヲ置クノ必要ナケレハナリ遺言ハ固ト死後ニ其效力ヲ生スルモノナレハ之ヲ取消サシメサルハ即チ人ノ自由ノ一部ヲ生涯抛棄セシムルモノニシテ公益ニ反スルカ故ニ彼ノ民法契約法ニ於テ生涯間ノ雇傭ヲ認メサルト同一ノ趣旨ニ依リ特ニ本取ヲ設ケテ其取消權ヲ抛棄スルコトヲ得サルコトヲ明示セリ
第千百二十九條
(理由)本條ハ遺言者以外ノ者ヨリ遺言ノ取消ヲ請求スル場合ヲ規定セリ取得編第四百三條ニハ「遺言ハ受遺者ノ條件不履行ノ爲メ又ハ遺言者ヲ死ニ致シタル原因ノ爲メ相續人ヨリ廢罷ヲ請求スルコトヲ得」ト規定セリト雖モ本案ニ於テハ遺言者ヲ死ニ致シタルコトニ付テハ既ニ家督相續ノ規定ヲ準用シ遺言ハ始ヨリ不成立ノモノトセルカ故ニ之ヲ削除シ本條ハ只負擔附受遺者カ其負擔シタル義務ヲ履行セサル場合ノミヲ規定セリ既成法典ノ如ク條件不履行ノ場合ニ直チニ取消權ヲ行ハシムルハ尙早ノ嫌アルヲ以テ相續人ハ先ツ受遺者ニ對シ相當ノ期間ヲ定メテ其履行ヲ催吿シ猶ホ履行ナキトキニ於テ始メテ其取消ヲ裁判所ニ請求スルコトヲ得セシメタリ
第七章
(理由)本章ハ財產取得篇第十四章第四節第三欵ニ該當ス抑モ遺留分ニ關スル規定ハ親族法ト密接ノ關係ヲ有シ且ツ一般ノ經濟ト離ルヘカラサル關係ヲ有スルカ故ニ諸國ノ法制ノ區々タルハ勢ノ免レサル所ナリ今之ヲ立法ノ趨勢ニ徵スルニ漸々自由處分主義ニ近ツクノ傾向アリ古ノ日耳曼ニ於テハ財產ハ親族ノ共有ニ屬スルモノト認メ被相讀人ノ自由ニ之ヲ處分スルコトヲ許ササリシカ第十三世紀ノ頃ヨリ此原則漸ク衰ヘ今日ニ至リテハ獨逸法系諸國ニ於テモ亦多少自由處分ノ範圍ヲ認メタリ又佛法系諸國ノ法典ハ羅馬法ノ主義ニ依リ遺留分ヲ害セサル範圍內ニ於テ自由處分ヲ許シ英米ニ於テハ全然自由處分主義ヲ採用セリ而シテ遺留分ヲ認ムル法典ニ於テハ瑞西ノ或聯邦ヲ除クノ外尊屬親卑屬親及ヒ配偶者ノミニ遺留分ヲ與ヘ傍系親ニ遺留分ヲ與ヘス我邦ニ於テハ家督相續ノ制度行ハルルカ故ニ直チニ外國ノ立法例ニ則ルコト能ハサルナリ
遺留分ニ關スル規定ヲ設クルニ當リテハ遺留分トシテ相續財產ノ幾分ヲ何人ニ與フヘキカ又遺留分ハ如何ニシテ之ヲ計算スヘキモノナルヤ又計算ノ結果被相續人ノ爲シタル處分カ遺留分ヲ害シタルコト明白ト爲リタルトキハ遺留分權利者ハ何人ニ對シテ其權利ヲ行フヘキモノナルカノ問題ヲ生スヘシ本案ニ於テハ此等ノ問題ヲ决スルカ爲メ數多ノ規定ヲ設ケ以テ既成法典ノ足ラサル所ヲ補ヒタリ殊ニ既成法典ハ遺贈ノ减殺ノミヲ認メ贈與ノ减殺ヲ認メスト雖モ本案ハ於テハ贈與ノ减殺ヲモ認メテ之ニ關スル規定ヲ設ケタリ
第千百三十條
(理由)本條第一項ノ規定ハ財產取得編第三百八十四條第一項ニ該當ス而シテ其ノ同條ト字句ヲ異ニスルハ同條ハ相續財產ノ方面ヨリ規定ヲ設ケタリト雖モ本條ニ於テハ遺留分ノ方面ヨリ規定ヲ設ケタルカ爲メナリ又本案ニ於テハ或範圍內ニ於テ贈與ヲ减殺スルコトヲ得ルモノトセル主義ヲ採リタルカ故ニ同條ニ於ケル遺贈ナル文字ヲ削除セリ而シテ本條ニ於テハ遺留分ノ相續財產ニ對スル割合ノミヲ定メ如何ナル計算ニ依リテ其額ヲ明カニスヘキモノナルカハ後ノ規定ヲ以テ之ヲ定ムルコトトセリ
遺留分ヲ受クヘキ者ハ相續人ナリ是レ既成法典ト全ク同シキ所ナリトス獨逸民法ニ於テハ相續人タルヘキ者ハ本案ニ於ケルト全ク異ナルカ故ニ相續人以外ノ者ヲ以テ遺留分權利者ト爲スニ至レリ
第二項ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス既成法典ニ於テハ遺留分ヲ受クヘキ者ハ獨リ法定家督相續人ニ限ルモノト爲シタリト雖モ苟モ家督相續ヲ認ムル以上ハ他ノ家督相續人ニモ家ヲ維持スルニ必要ナル範圍內ニ於テ遺留分ヲ與ヘサル可カラス只法定家督相續人ニ非サル家督相續人ノ受クヘキ遺留分ノ割合ハ法定家督相續人ノ受クヘキモノヨリ少キモノトスルヲ可トス是レ第二項ノ規定アル所以ナリ
第千百三十一條
(理由)本條第一項ハ財產取得篇第三百八十四條第二項ニ該當ス本條ニ所謂直系卑屬トハ一切ノ直系卑屬ヲ指スモノナルカ故ニ遺產相續人タル直系卑屬三人アルトキハ各自遺留分ノ三分ノ一ヲ受クルモノナリ既成法典ハ遣產相續ノ塲合ニ於テ一人相續主義ヲ採リタルカ故ニ遺產相續人ニシテ遺留分ヲ受クル者ハ一人ノミナリト雖モ本案ニ於テハ遺產相續ニ關シ數人相續主義ヲ採リタルカ故ニ數人ノ遺產相續人カ遺留分ヲ受クルコトアルハ勿論ナリ此ノ如ク數人ノ遺產相續人カ遺留分ヲ受クルモノトスルトキハ各自ノ受クル部分ハ自ラ少カラサルヲ得ス然ルニ遺產相續人タル直系卑屬ハ其二人以上ナル塲合ニ於テモ遺留分トシテ相續財產ノ半額ヲ受クルニ過キサルモノトセルハ被相續人ノ自由處分ノ範圍ヲ縮少セサルカ爲メナリ佛民法ニ於テハ相續人ノ數ニ應シテ自由處分ノ範圍ヲ减縮セリト雖モ本案ニ於テハ此主義ヲ採用セサルナリ
第二項ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス凡ソ配偶者又ハ直系尊屬カ遺產相續人ト爲ル塲合ハ通常之ヲ養フ者ナキ塲合ナルヘシ故ニ遺產相續人タル配偶者又ハ直系尊屬ニモ遺留分ヲ與フルヲ可トス殊ニ戶主ノ無資力ナル塲合ニ於テハ被相續人ノ配偶者又ハ直系尊屬ハ遺產相續人トシテ遺留分ヲ受クルノ必要アルヘシ
第千百三十二條
(理由)本條及ヒ次條ハ遺留分ノ算定ニ關スル規定エシテ第千百三十四條以下ハ遺留分ヲ害シタル贈與及ヒ遺贈ノ減殺ニ關スル規定ナリ學者或ハ遺留分ノ算定ト遺留分ヲ害シタル贈與及ヒ遺贈ノ減殺トヲ混同スト雖モ先ツ遺留分ヲ算定スルニ非サレハ贈與及ヒ遺贈カ實際遺留分ヲ害シタルヤ否ヤヲ知ルコト能ハサルモノナルカ故ニ之ヲ混同スルハ誤謬ナリト謂ハサルヘカラス
本條ハ遺留分算定ノ原則ヲ示シタルモノナリ本條ノ規定ニ依レハ遺贈ノ目的タル財產及ヒ贈與ノ目的タル財產ノ價額ハ之ヲ相續財產ニ算入シテ遺留分ヲ定ムヘキモノナリ
條件附又ハ存續期間ノ不確定ナル權利ニ付キテハ評價主義アリ又條件ノ到來若クハ期間ノ滿了ノ時ニ至リテ計算ヲ爲スヘキモノト爲ス主義アリ第二ノ主義ハ獨逸民法ノ採ル所ニシテ理論上至當ナリ之ニ反シテ第一ノ主義ハ法律關係ノ永ク確定セサル不便ヲ避ケ且ツ債務者ノ無資力ト爲ル危險ヲ避クルノ利アルカ故ニ多數ノ立法例ニ於テハ皆此主義ヲ採レリ本案ニ於テモ亦多數ノ立法例ニ傚ヒ評價主義ヲ採レリ
第三項ノ規定ハ財產取得篇第三百八十三條ノ精神ヲ採用シタルモノナリ
第千百三十三條
(理由)本條ノ規定ハ遺留物ヲ算定スルニ當リ一定ノ條件ニ從ヒ贈與ノ目的タル財產ノ價額ヲ相續財產中ニ算入スヘキモノト定メタルモノナリ佛民法ニ於テハ贈與ノ目的タル財產ノ價額ハ之ヲ相續財產中ニ算入シ遺留分權利者ハ受贈者ニ對シテ减殺ヲ請求スルコトヲ得ルモノトシ且ツ何等ノ制限ヲ設ケス之ニ反シテ獨逸民法ニ於テハ相續開始ノ時ヨリ十年前ニ爲シタル贈與ノ目的ノ價額ハ之ヲ相續財產ニ算入セサルモノト爲セリ而シテ英米ニ於テハ全ク贈與及ヒ遺贈ノ减殺ヲ許サス又「ツユーリヒ」及ヒ「グラウブユンデン」ニ於テハ贈與ニ付キテハ減殺ヲ許ササルヲ本則トシ只故意ニ遺留分權利者ニ損害ヲ加フルカ爲メニ爲シタル贈與ヲ認メサル主義ヲ採レリ今若シ相續開始ノ時ヨリ數年前ニ爲シタル贈與ノ減殺ヲ許ストキハ受贈者及ヒ善意ノ第三者ヲ害スルニ至ルヘク又全ク贈與ノ減殺ヲ許ササルトキハ人多クハ遺贈ヲ爲サスシテ贈與ヲ爲スニ至リ遺留分ヲ認メタル實益ナキニ至ルヘシ故ニ本條ニ於テハ折衷主義ヲ採リ相續開始前一年間ニ爲シタル贈與及ヒ當事者双方カ遺留分權利者ヲ害スルコトヲ知リテ爲シタル贈與ハ之ヲ相續財產中ニ算入スルモノトシ且ツ第千百三十四條ニ於テ其贈與ノ減殺ヲ請求スルコトヲ得ルモノト定メタリ
第千百三十四條
(理由)本條ハ前數條ノ規定ニ依リテ遺留分ヲ算定シタル結果贈與又ハ遺贈ノ目的タル財產ノ價額ノ被相續人ノ自由ニ處分スルコトヲ得ヘキ範圍ヲ超過シタルトキハ如何ニシテ其贈與又ハ遺贈ノ效力ヲ滅却ス可キカヲ定メタルモノナリ本條ノ規定ニ依レハ被相續人ノ隨意ニ處分スルコトヲ得ル範圍ヲ超過シタル遺贈又ハ贈與ハ當然無效ニ非スシテ只之カ减殺ヲ請求スルコトヲ得ルモノナリ今此ノ如ク此種ノ遺贈又ハ贈與ヲ當然無效ト爲ササル所以ハ盖シ何人ト雖モ生前處分又ハ死後處分ニ依リテ其財產ヲ處分スルコトヲ得ルヲ以テ本則ト爲ササルヘカラサルノミナラス相續人カ多クノ固有財產ヲ有シ又ハ自己ノ技倆ニ依リテ生計ヲ營ムコトヲ得ル塲合ニ於テハ被相續人ノ爲シタル處分ヲ無效トスルノ必要ヲ感セサルコトアルヲ以テナリ
本條ノ規定ニ依レハ減殺ノ請求權ハ遺留分權利者及ヒ其承繼人ニ屬スト雖モ被相續人ノ債權者ハ全ク減殺權ヲ有セサルナリ佛民法ニ於テハ被相續人ノ債權者ノ減殺權ヲ有セサルコトヲ明言セルモ遺留分ノ性質上敢テ之ヲ言フノ必要ナカルヘシ只被相續人ノ債權者ハ遺留分權利者カ單純承認ヲ爲セハ遺留分權利者ノ債權者トシテ之ニ代リテ减殺ノ請求ヲ爲スコトヲ得ルモノナリ
本條ニ於テハ單ニ减殺ヲ請求スルコトヲ得トシ敢テ裁判所ニ減殺ノ請求ヲ爲ス可キ旨ヲ規定セス外國ノ立法例ニ於テハ訴ヲ以テ减殺ノ請求ヲ爲スヘキモノト定ムルモノアリト雖モ本案ニ於テハ已ムコトヲ得サル場合ノ外ハ裁判所ノ干涉ヲ避クル主義ヲ採リタルカ故ニ減殺ノ請求ハ訴ヲ以テ之ヲ主張スルコトヲ要スルモノト爲ササルナリ
本條ニ該當スル財產取得篇第三百八十六條ニ於テハ遺贈ヲ爲スコトヲ得ル部分ヲ超過スル遺贈ハ之ヲ其部分マテニ減殺ストアルカ故ニ右ノ遺贈ハ一部無効ナルカ如シト雖モ其精神ニ至リテハ恐クハ本條ノ規定ト同一ナラン蓋シ既成法典ノ摸範タル佛民法ニ於テハ被相續人ノ自由ニ處分スルコトヲ得ル範圍ヲ超過セル遺贈ヲ以テ一部無效ト爲ス主義ヲ採ラサルヲ以テナリ又同條ニ於テ遺贈ノミノ減殺ヲ認メタリト雖モ本條ニ於テハ贈與ノ減殺ヲモ認メタリ而シテ其理由ハ既ニ之ヲ說明セリ
第千百三十五條
(理由)今終身定期金權ヲ或者ニ遺贈ノ目的ト爲シタルトキニ當リ評價ノ結果右ノ終身定期金ノ價格カ金七千圓ト爲リタル場合若クハ被相續人カ金五千圓ノ評價格ヲ有スル終身年金ノ遺贈ノ外別ニ金二千圓ノ遺贈ヲ爲シタル場合ニ於テ相續財產ノ價額カ金五千圓ノ價格ヲ有スルニ過キサルトキハ遺留分ヲ害スルノ結果ヲ生スヘキカ故ニ玆ニ減殺ノ問題ヲ生ス可シ果シテ然ラハ此等ノ場合ニ於テ減殺ノ方法ヲ定ムル必要アルハ勿論ナリ
財產取得編第三百八十五條第二項ニ於テハ右ニ述ヘタル第一ノ場合ノミヲ規定セリ同條ノ規定ハ佛民法其他佛法系ノ法典ニ於テ見ル所ニシテ一ノ便宜法ニ外ナラス今此規定ニ依レハ相續人ハ其選擇ニ從ヒテ遺贈ヲ履行シ又ハ遺留分ヲ害セサル限度ニ於テ一時ニ評價格ヲ支拂フヿヲ得ルモノナリ本案ニ於テハ被相續人ノ自由ニ處分スルヿヲ得ヘキ範圍ヲ超過シタル遺贈ハ當然無効ニ非スシテ只其滅殺ヲ請求スルヿヲ得ルニ過キサルモノト定メタルカ故ニ減殺權ヲ抛棄シテ遺贈ヲ履行スルヿヲ得ルハ言フヲ俟タサル所ナルカ故ニ之ヲ明言スル必要ナシト雖相續人カ一時ニ評價格ノ支拂ヲ爲スコトヲ得ルハ特別ノ規定アルコトヲ必要トス是レ本條ノ規定ヲ設ケタル所以ニシテ既成法典ノ規定ト實際大差ナカルヘシ
前ニ述ヘタル第二ノ場合即チ相續財產カ金五千圓ノ價格ヲ有スルニ當リ遺贈ノ目的タル終身定期金ノ評價格カ金五千圓ニシテ他ニ金二千圓ノ遺贈アル場合ニ於テ右ノ終身定期金ノ遺贈ノ一部ヲ減殺スヘキカ又ハ被相續人ハ遺留分ヲ害セサル限度ニ於テ一時ニ其評價格ノ支拂ヲ爲スヘキモノト定ムヘキカ又ハ割合ニ應シテ他ノ遺贈ト共ニ之ヲ减殺スヘキモノト定ムヘキカ又ハ遺留分權利者若クハ受遺者ニ一部减殺又ハ評價格ノ支拂ニ付キ選擇權ヲ與フヘキカノ問題ヲ生スヘシ本案ニ於テハ遺留分權利者ハ其遺留分ヲ害セサル限度ニ於テ一時ニ評價格ヲ支拂フヘキモノト定ムルヲ至當ト認メタリ今遺留分權利者ニ右ノ選擇權ヲ與フルモ又受遺者ニ其權利ヲ與フルモ共ニ不公平タルヲ免レス而シテ割合ニ應シテ終身定期金ノ減殺ヲ爲スヘキモノトセハ被相續人カ終身定期金ヲ遺贈シタル目的ヲ達セサルニ至ルヘシ蓋シ受遺者ハ終身年金ノ全部ヲ受クルトキハ之ニ依リテ生活ヲ完フスルコトヲ得ルモ其一部ヲ減セラルルトキハ以テ其生計ヲ維持スルニ足ラサル場合アルヲ以テナリ
以上述ヘタル所ハ條件附權利ヲ以テ遺贈ノ目的ト爲シタル場合及ヒ條件附又ハ存續期間ノ不確定ナル權利ヲ以テ贈與ノ目的ト爲シタル場合ニ付キテモ亦敢テ異ナルコトナシ
第千百三十六條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス蓋シ既成法典ハ贈與ノ減殺ヲ認メサルヲ以テナリ然レトモ一旦贈與ノ減殺ヲ認ムル以上ハ遺贈ヲ減殺シタル後ニ非サレハ贈與ノ減殺ヲ爲スコト能ハサル旨ヲ規定スルヲ至當トス是レ本條ノ規定アル所以ナリ
第千百三十七條
(理由)本條ノ規定ハ財產取得編第三百八十八條ノ規定ヲ採用セルモノトス今諸國ノ立法例ヲ見ルニ遺贈ノ減殺ヲ認ムル法典ニ於テハ孰レモ本條ノ如キ規定ヲ設ケタリ既成法典ニ於テハ包括ノ遺贈ト特定ノ遺贈トヲ問ハス云云トアルモ此事タルヤ敢テ言フヲ要セサルナリ但書ノ規定ハ外國ノ法典ニ於テ槪ネ之ヲ設ケタリト雖モ既成法典ニ於テハ之ヲ設ケス然レトモ既成法典ニ於テモ敢テ別段ノ意思表示ヲ認メサルモノニ非サルヘシ凡遺留分ニ關スル規定ハ公益上ノ規定ナルカ故ニ減殺ニ關スル規定モ亦公益上ノ規定ナリト爲ス者ナキニ非サルヲ以テ但書ノ規定ナキトキハ實際疑ヲ生スルニ至ラン佛民法ニ於テハ別段ノ意思ハ之ヲ明示セサルヘカラスト爲シタリト雖モ本條ニ於テハ遺言ニ別段ノ意思ヲ表示シタルトキハ此限ニ在ラスト爲シタルニ過キス然レトモ實際ノ結果ニ於テハ佛民法ノ規定ト毫モ異ルコトナカルヘシ蓋シ本案ノ主義ニ依レハ遺言ヲ爲スニハ書面ヲ作ルコトヲ必要トスルヲ以テナリ而シテ本條ノ減殺方法ニ依ラサル旨ヲ示ス別段ノ意思表示ハ明確ヲ期スルカ爲メ遺言ニ於テ之ヲ爲ササル可カラストスル必要アル可シ
第千百三十八條
(理由)既成法典ニ於テハ贈與ノ減殺ヲ認メサルカ故ニ本條ノ規定ヲ設ケスト雖モ贈與ノ減殺ヲ認ムル法典ニ於テハ孰レモ本條ノ如キ規定ヲ設ケタリ凡ソ被相續人カ前ノ贈與ヲ爲スニ當リテハ未タ遺留分ヲ害スルニ至ラサル場合アルカ故ニ贈與ノ減殺ハ後ノ贈與ヨリ始メ順次ニ前ノ贈與ニ及フモノトスルヲ至當トス是レ本條ノ規定アル所以ナリ
第千百三十九條
(理由)佛民法、伊太利民法及ヒ西班牙民法ニ於テハ遺留分權利者カ一年內ニ减殺ヲ請求スルトキハ贈與者ノ死亡ノ日以後ノ果實ヲ返還スルヿヲ請求スルヲ得ルモノトシ若シ一年內ニ請求ヲ爲ササルトキハ請求ノ日以後ノ果實ヲ返還スルヿヲ請求スルヲ得ルニ過キサルモノト爲セリ之ニ反シテ葡萄牙民法ニ於テハ本條ト全ク同一ノ主義ヲ採レリ今贈與ノ減殺ヲ許ス以上ハ理論上遺留分權利者ハ受贈者ニ對シテ相續開始ノ日以後ノ果實ヲ返還スルヿヲ請求スルヲ得ルモノト爲ササルヘカラス然レトモ受贈者ハ通常其收取シタル果實ヲ消費スヘキカ故ニ相續開始ノ日以後ノ果實ヲ返還セサルヘカラサルモノナリトスルハ甚タ酷ナリト云フヘシ是理論ヲ棄テ實際ノ便利ヲ主トシテ本條ノ規定ヲ設ケタル所以ナリ
第千百四十條
(理由)今減殺ヲ受ク可キ受贈者カ現物ヲ返還スルコト能ハス又其價格ヲモ償還スルコト能ハサルトキハ之カ爲メ生スル損失ハ他人ノ負擔ニ歸スヘキヤ凡ソ減殺ヲ受クヘキ受贈者カ無資力ト爲リタル場合ニ於テハ遺留分權利者ハ前ノ受贈者ニ對シテ減殺ヲ請求スルコトヲ得ルモノト爲スコトヲ得ヘク又ハ前ノ受贈者ト遺留分權利者トニ於テ損失ヲ分擔スヘキモノト定ムルコトヲ得ヘシ今若シ遺留分ヲ認メタル精神ヲ貫カントセハ第一ノ方法ヲ採ラサルヘカラスト雖モ減殺ノ請求ヲ受クヘキ者カ返還ヲ爲ス資力ナキ場合ニ於テハ被相續人ニ於テ其財產ノ一部ヲ消費シタルモノト看做ストキハ第二ノ方法ヲ採ラサルヘカラサルニ至ル可シ然レトモ或受贈者カ减殺ノ請求ヲ受クヘキ場合ニ於テハ前ノ受贈者ハ第千百三十八條ノ規定ニ依リテ減殺ノ請求ニ應スルコトヲ要セサルモノナルカ故ニ一旦第千百三十八條ノ規定ヲ設ケタル以上ハ其當然ノ結果トシテ減殺ヲ受クヘキ受贈者カ無能力ニシテ返還ヲ爲スコト能ハサル場合ニ於テハ其損失ハ遺留分權利者ノ負擔ニ歸スヘキモノト爲ササルヘカラサルナリ葡萄牙民法ニ於テハ遺留分權利者ト前ノ受遺者トカ損失ヲ分擔スヘキモノト爲シタルカ如シト雖モ白耳義民法草案ニ於テハ前ノ受贈者ノミ損失ヲ負擔シ遺留分權利者ヨリ減殺ノ請求ヲ受クヘキモノト爲セリ佛民法ニ於テハ明文ヲ設ケサルカ爲メ前述ノ二種ノ方法中孰レノ方法ニ依ルヘキモノナルカノ問題ニ關シ學者ノ間ニ議論ヲ生シタリ今此二種ノ方法ハ各理由アルカ故ニ若シ明文ヲ設ケサルトキハ佛民法ニ於ケルカ如ク解釋上疑ヲ生スルニ至ルヘシ故ニ本條ノ規定ハ第千百三十八條ノ結果タルニ拘ラス特ニ之ヲ設クルコトトセリ
第千百四十一條
(理由)贈與ノ減殺ヲ爲スヘキ塲合ニ於テ若シ其贈與カ負擔附ナルトキハ受贈者カ受クヘキ利益ノ實額ハ其負擔ヲ控除シテ始メテ定マルモノナルヲ以テ其贈與ノ目的ノ價額ノ全部ヲ減殺スルトキハ受贈者ハ爲ニ損失ヲ蒙ルヘキヤ論ヲ待タス然レトモ本條ノ明文ナクンハ第千百三十四條ノ規定ニ依リ其全額ヲ減殺セラルルカ如キ不條理ノ結果ヲ生スルノ恐アルヲ以テ本條ヲ置キテ豫メ疑義ノ發生ヲ防止セリ
第千百四十二條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典及ヒ外國ノ法典ニ於テハ之ヲ見ス然レトモ有償行爲ハ孰レノ場合ニ於テモ之カ减殺ヲ爲スヿ能ハサルモノトスルハ皮相ノ見タルヲ免レス盖シ有償行爲ニシテ贈與ト同一視スヘキモノナキニアラサルヲ以テナリ本案ニ於テハ有償行爲ニシテ贈與ト同一視スヘキモノハ之ト同一ニ取扱フヘキモノトスル主義ヲ採リタルノミナラス新民法ニ於テハ債權者ノ取消權ニ關シテ贈與ト有償行爲トヲ區別セサルカ故ニ此㸃ヨリ見ルモ本條ノ規定ハ之ヲ置クノ必要アラン只有償行爲ノ减殺ヲ爲スニハ當事者双方カ遺留分權利者ニ損失ヲ加フルコトヲ知リタルコトヲ必要トスルカ故ニ此㸃ニ付キ多少ノ制限ヲ設ケタリ
第千百四十三條
(理由)佛民法其外多數ノ法典ハ本條第一項ノ場合ニ於テ遺留分權利者ハ受贈者ニ資力アルトキハ先ツ之ニ對シテ辨償ヲ請求シ若シ受贈者カ無資力ナルトキハ讓受人ノ善意惡意ヲ問ハス之ニ對シテ减殺ヲ請求スルコトヲ得ルモノト爲セリ然レトモ讓受人ノ善意ナルニ拘ラス之ニ對シテ減殺ヲ請求スルコトヲ得ルモノトセハ取引ノ安全ヲ害スルニ至ルヘキカ故ニ本案ニ於テハ讓受人ノ惡意ナル場合ニ限リ之ニ對シテ減殺ヲ請求スルコトヲ得ルモノト定メタリ
本條第二項ノ規定モ亦佛民法其他多數ノ法典ト異ナレリ此等ノ法典ニ於テハ受贈者カ贈與ノ目的ノ上ニ設定シタル地役權、地上權、質權又ハ抵當權等ハ當然消滅スルモノトセリ只白耳義民法草案ニ於テハ或期間ヲ超エサル賃貸借ハ依然トシテ存續スルモノト爲セリ然レトモ贈與者カ贈與ノ目的ノ上ニ設定シタル權利ハ之ヲ所有權ト同一ニ取扱フヲ至當トス是レ多數ノ立法例受贈ニ反シテ第二項ノ規定ヲ設ケタル所以ナリ
第千百四十四條
(理由)佛民法其他多數ノ立法例ハ現物主義ヲ採レリ本條ニ於テハ現物返還ヲ本則トシ受贈者及ヒ受遺者ハ贈與又ハ遺贈ノ目的ノ價格ヲ辨償シテ返還ノ義務ヲ免ルルコトヲ得ルモノトセリ蓋シ現物返還主義ハ遺留分權利者カ祖先傳來ノ財產ヲ保持スルニ便ナリト雖モ飽クマテ之ヲ貫クトキハ取引ノ安全ヲ害スルニ至ルヘク且遺留分權利者ハ贈與又ハ遺贈ノ目的ノ價格ヲ受クルトキハ通常其利益ヲ完ウスルコトヲ得ヘキヲ以テナリ又本案ニ於テハ减殺ノ請求權ヲ以テ債權トシ例外ノ塲合ニ限リ之ヲ以テ第三者ニ對抗スルコトヲ得ルモノトセリ蓋シ遺留分權利者ヲ保護スルカ爲メニハ减殺ノ請求權ヲ債權ト爲スヲ以テ足レリトスルヲ以テナリ
右ニ述ヘタルカ如ク受贈者及ヒ受遺者ト雖モ贈與又ハ遺贈ノ目的ノ價格ヲ辨償シテ返還ノ義務ヲ免ルルコトヲ得ルモノトセル以上ハ讓受人ハ惡意ナル塲合ニ於テモ其讓受ケタル物又ハ權利ノ價格ヲ辨償シテ返還ノ義務ヲ免ルルコトヲ得ルモノト爲ササルヘカラサルナリ
第千百四十五條
(理由)本條ノ規定ハ既成法典ニ於テ之ヲ見ス佛民法及ヒ白耳義民法草案ニ於テハ减殺ノ請求權ニ關シテ特別ノ時效ヲ設ケサルカ故ニ其請求權ハ通常ノ時效期間タル三十年ヲ經過シタル後ニ至リ始メテ時效ニ罹ルモノト謂ハサルヘカラス然レトモ此ノ如ク時效ノ期間ヲ長クスルハ其當ヲ得ス近世ノ立法例ニ於テハ槪子减殺ノ請求權ノ時效期間ヲ三年ト爲セリ本條ノ規定ニ最モ近キモノハ獨逸民法ニシテ遺留分權利者カ相續ノ開始及ヒ其遺留分ヲ害スヘキ行爲ヲ知リタル時ヨリ三年間减殺ノ請求權ヲ行ハサルトキ若クハ相續開始ノ時ヨリ三十年ヲ經過スルトキハ其請求權ハ時效ニ依リテ消滅スヘキモノトセリ然レトモ此等ノ期間ハ孰レモ長キニ過クルカ故ニ本案ニ於テハ之ヲ短縮セリ
第千百四十六條
(理由)本條ノ規定ニ依リテ遺留分ニ準用スヘキ條規ハ皆遺產相續ニ關スル規定ナリ或ハ遺留分ハ相續分ナルヲ以テ特ニ遺產相續ニ關スル規定ヲ準用スルノ必要ナシトスル者アリト雖モ遺產相續ニ關スル規定ハ一般ニ遺產相續ニ關シテ適用スヘキモノナルヲ以テ直チニ之ヲ遺留分ニ適用スヘキモノニ非ラス加之遺留分ト相續分トハ假令其本質ヲ異ニスルモノニ非ラストスルモ其範圍ニ於テ異ナルモノナリ遺產相續人ト遺留分權利者ノ範圍ニ於テモ亦然リ是レ特ニ本條ヲ置キテ財產相續ニ關スル規定中遺留分ニ準用スヘキモノヲ明示スルノ必要アル所以ナリ