明治民法(明治29・31年)

整理案明治三十年六月四日配付

参考原資料

法典調査会 民法整理案 [国立国会図書館デジタルコレクション] 民法商法修正案整理案 [国立国会図書館デジタルコレクション]
第七百五十三条(旧第七百五十一条) 戸主カ疾病、本家ノ相続又ハ再興其他已ムコトヲ得サル事由ニ因リテ爾後家政ヲ執ルコト能ハサルニ至リタルトキハ前条ノ規定ニ拘ラス裁判所ノ許可ヲ得テ隠居ヲ為スコトヲ得但法定ノ推定家督相続人アラサルトキハ予メ家督相続人タルヘキ者ヲ定メ其承諾ヲ得ルコトヲ要ス 第七百五十四条(旧第七百五十二条) 戸主カ婚姻ニ因リテ他家ニ入ラント欲スルトキハ前条ノ規定ニ従ヒ隠居ヲ為スコトヲ得 戸主カ隠居ヲ為サスシテ婚姻ヲ為サント欲スル場合ニ於テ戸籍吏カ其届出ヲ受理シタルトキハ其戸主ハ婚姻ノ日ヲ以テ隠居ヲ為シタルモノト看做ス 第七百五十七条(旧第七百五十五条) 隠居者ノ親族及ヒ検事ハ隠居届出ノ日ヨリ三个月内ニ第七百五十二条又ハ第七百五十三条ノ規定ニ違反シタル隠居ノ取消ヲ裁判所ニ請求スルコトヲ得 女戸主カ第七百五十五条第二項ノ規定ニ違反シテ隠居ヲ為シタルトキハ又ハ前項ノ期間内ニ其取消ヲ裁判所ニ請求スルコトヲ得 旧第七百五十八条 削除 第七百六十三条(旧第七百六十五条) 戸主カ死亡シ又ハ国籍ヲ喪失シタル場合ニ於テ家督相続人アラサルトキハ絶家シタルモノトシ其家族ハ各一家ヲ創立ス但子ハ父ニ随ヒ又父ノ知レサルトキ、他家ニ在ルトキ若クハ死亡シタルトキハ母ニ随ヒテ其家ニ入ル 前項ノ規定ハ第七百四十五条ノ適用ヲ妨ケス