明治民法(明治29・31年)

甲第六十四号議案明治二十九年七月二十四日配付

参考原資料

民法第一議案 [国立国会図書館デジタルコレクション]
第五編 第五章 財産ノ分離 第千二十八条 相続債権者又ハ受遺者ハ相続開始ノ時ヨリ三个月内ニ相続人ノ財産中ヨリ相続財産ヲ分離センコトヲ裁判所ニ請求スルコトヲ得其期間満了ノ後ト雖モ相続人カ現実ニ相続財産ヲ占有セサル間亦同シ 裁判所カ前項ノ請求ニ依リテ財産ノ分離ヲ命シタルトキハ其請求ヲ為シタル者ハ五日内ニ他ノ相続債権者及ヒ受遺者ニ対シ財産分離ノ命令アリタルコト及ヒ一定ノ期間内ニ配当加入ノ申出ヲ為スヘキ旨ヲ公告スルコトヲ要ス但其期間ハ二个月ヲ下ルコトヲ得ス 第千二十九条 財産分離ノ請求ヲ為シタル者及ヒ前条第二項ノ規定ニ依リテ配当加入ノ申出ヲ為シタル者ハ相続財産ニ付キ相続人ノ債権者ニ先チテ弁済ヲ受クル権利ヲ有ス 第千三十条 財産分離ノ請求アルトキハ裁判所ハ相続財産ノ管理ニ付キ必要ナル処分ヲ命スルコトヲ得 裁判所カ特別管理人ヲ選任シタル場合ニ於テハ第二十七条乃至第二十九条ノ規定ヲ準用ス 第千三十一条 相続人ハ単純承認ヲ為シタル後ト雖モ財産分離ノ請求アルトキハ爾後其固有財産ニ於ケルト同一ノ注意ヲ以テ相続財産ノ管理ヲ為スコトヲ要ス但裁判所ニ於テ特別管理人ヲ選任シタルトキハ此限ニ在ラス 第六百四十五条乃至第六百四十七条及ヒ第六百五十条第一項、第二項ノ規定ハ相続財産ノ管理ヲ為ス相続人ト財産分離ノ請求ヲ為シタル者トノ間ニ之ヲ準用ス 第千三十二条 相続財産中ノ不動産ニ付テハ財産分離ノ登記ヲ為スニ非サレハ之ヲ以テ第三者ニ対抗スルコトヲ得ス 第千三十三条 第三百四条ノ規定ハ財産ノ分離ニ之ヲ準用ス 第千三十四条 相続人ハ第千二十八条第一項及ヒ第二項ノ期間満了前ニハ相続債権者及ヒ受遺者ニ対シテ弁済ヲ拒ムコトヲ得 右ノ期間満了ノ後ハ相続人ハ相続財産ヲ以テ財産分離ノ請求又ハ配当加入ノ申出ヲ為シタル各債権者及ヒ受遺者ニ弁済ヲ為スコトヲ要ス此場合ニ於テハ第千十九条第一項、第二項及ヒ第千二十条乃至第千二十三条ノ規定ヲ準用ス 第千三十五条 財産分離ノ請求ヲ為シタル者及ヒ配当加入ノ申出ヲ為シタル者ハ相続財産ヲ以テ全部弁済ヲ受クルコト能ハサリシ場合ニ限リ相続人ニ対シテ其権利ヲ行フコトヲ得但相続人ノ債権者ハ之ニ先チテ弁済ヲ受クルコトヲ得 第千三十六条 相続人ハ其固有財産ヲ以テ相続債権者又ハ受遺者ニ弁済ヲ為シ又ハ之ニ相当ノ担保ヲ供シテ財産分離ノ請求ヲ防止シ又ハ其効力ヲ消滅セシムルコトヲ得 第千三十七条 相続人カ限定承認ヲ為スコトヲ得ル間ハ其債権者ハ財産分離ノ請求ヲ為スコトヲ得 第千十七条乃至第千二十四条及ヒ第千三十五条ノ規定ハ前項ノ場合ニ之ヲ準用ス但第千十七条ニ定メタル公告ハ財産分離ノ請求ヲ為シタル債権者之ヲ為スコトヲ要ス